赤酢(あかず)踏切(ふみきり)

永続罠
(1):「赤酢の踏切」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):セットされたこのカードと同じ縦列に相手のカードが存在する場合にこのカードを発動できる。
このカードと同じ縦列の、このカード以外のカードを全て持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
このカードと同じ縦列の使用していないゾーンは使用できない。

 PHOTON HYPERNOVAで登場した永続罠
 自分フィールド1枚しか存在できない効果カードの発動時に同じ縦列の他のカードを全てバウンスする効果、同じ縦列の使用していないゾーンを使用不能にする効果を持つ。

 (2)は同じ縦列のカードバウンス効果
 対象をとらないバウンスにより除去しつつ、(3)でその縦列のゾーン全てを封鎖できる。
 相手がこのカードと同じ縦列にカードを置いてくれなければ腐ってしまうものの、空いているエクストラモンスターゾーンと同じ縦列なら発動機会は決して少なくないだろう。
 自分カードが存在すればそれもバウンスしてしまうことになるが、こちらはプレイングでいくらでも回避できる上、逆に【セルフ・バウンス】に利用する事も可能。
 特に壊獣相手モンスター除去しながらこのカード発動条件を能動的に満たせる上、バウンスによって壊獣の再利用も可能になるため非常に相性がよい。
 共通効果の都合上相手カードの前に特殊召喚することとなるジャックナイツバウンスされやすい上、効果処理時に縦列を参照する効果チェーンされるとそのまま不発となってしまうため特に注意が必要。
 《原始生命態ニビル》とも好相性で、原始生命態トークンを含むこれら3枚を同じ縦列に出すことで、高ステータスとなった原始生命態トークンを処理しつつ手札で再び相手の展開を牽制できる。

 (3)は同じ縦列の使用していないゾーン全てを封鎖する効果
 【リンク召喚】に対しては空いているエクストラモンスターゾーンと同じ縦列、【ペンデュラム召喚】に対してはペンデュラムゾーンと同じ縦列に置くことで相手の戦術を破綻させられる。
 それ以外のデッキに対しては少々拘束力が弱いものの、とりあえず空いているエクストラモンスターゾーンと同じ縦列で発動すれば展開力のあるデッキに対してはそれなりの妨害として機能する。
 この場合、もう一方の自分エクストラモンスターゾーンモンスター除去され相手に使われると自分が厳しくなりかねないのは注意。

  • カード名の元ネタは「開かずの踏切」だろう。
    列車の通過本数が多いために遮断機が下りている時間が長く、歩行者や自動車が通行可能な時間が短すぎる踏切を指す。
    線路の高架化・地下化、あるいは地下通路や歩道橋を設けることで解決するが、どうしても多大なコストがかかるため、解決の難しい問題となっている。
    • (2)の効果は警報器などで線路上から退避させる様子、(3)の効果は遮断機で侵入を防ぐ様子を表しているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《赤酢の踏切》 永続罠

広告