先史遺産(オーパーツ)ヴィマナ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/機械族/攻2300/守2600
レベル5モンスター×2
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、
自分の墓地の、「先史遺産」モンスターまたはXモンスター1体を対象として発動できる。
そのフィールドのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
対象の墓地のモンスターの攻撃力の半分アップする。
その後、対象の墓地のモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時、
このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

 DAWN OF MAJESTYで登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 フィールドモンスター強化させた後に対象とした墓地先史遺産またはエクシーズモンスターを自身のエクシーズ素材とする誘発即時効果相手モンスター効果発動無効化する誘発即時効果を持つ。

 (1)はモンスター強化と自身のエクシーズ素材補充効果
 強化は自身にも適用できるため単体でも機能し、墓地の条件も【先史遺産】で満たせない事はまず無いだろう。
 フリーチェーンなので自分相手ターンで1回ずつ使えばエクシーズ素材を2つ増やすことができ、(2)に必要なコストを用立てできる。
 強化対象相手モンスターも選ぶことができ、《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》《先史遺産クリスタル・エイリアン》とのコンボにも利用可能。
 相手モンスター強化した後にこのカード《エクシーズ・シフト》を用いれば、《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》特殊召喚できる。

 (2)は相手モンスター効果発動無効効果
 必要なエクシーズ素材は2つだが、(1)で補充できるため複数回の発動も十分に狙える。
 除去こそできないものの汎用性は非常に高く、出しておくだけ一定の制圧力を発揮する。

 どちらの効果汎用性が高く、【先史遺産】のみならずランク5を出せるデッキ全般で採用できる。
 エクシーズ素材縛りのないランク5では制圧効果を持つモンスターは貴重であり、先攻ターン目に立たせる有力候補にもなるだろう。
 序盤でこそ狙いにくいが、このカード以外の先史遺産を採用せずとも、墓地に汎用エクシーズモンスターが何体か存在すれば(1)の発動も狙える。

 《外神ナイアルラ》と同じく、《餅カエル》《No.18 紋章祖プレイン・コート》など墓地へ送られた場合の効果を持つエクシーズモンスターとのコンボを狙うのも面白い。
 ランク4の《外神ナイアルラ》と比較すると出せるデッキは流石に限定されるが、このカード自体が妨害として機能する点が異なる。

  • どちらの効果同名カードの制限は無いので、(相当な展開力は必要だが)複数を並べられれば(2)で固い盤面を築ける。
  • モチーフは、インドの聖典『ヤジェル・ヴェーダ』や叙情詩『ラーマーヤナ』、『マハーバーラタ』に登場する空飛ぶ宮殿・神々の戦車とも称される「プシュパカ・ヴィマナ」だろう。
    紀元前10世紀ごろに書かれた『ヴィマニカ・シャストラ』には、ヴィマナの詳細な設計図や操縦方法が記されており、現在のロケットのような機構を備えていたとされていた。
    なお、後にこの『ヴィマニカ・シャストラ』は20世紀ごろに書かれた物であることが判明している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《先史遺産ヴィマナ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク5 光属性 機械族 攻2300 守2600 先史遺産 オーパーツ

広告