天孔邪鬼(アマノクジャキ)

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/悪魔族/攻1000/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はこのカード以外の、このカードと同じ属性の特殊召喚されたモンスターの効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードのコントロールを相手に移す。
その後、このカードの属性を次のターンの終了時まで任意の属性に変更できる。
この効果はこのカードの元々の持ち主のターンにしか発動できない。

 BLAZING VORTEXで登場した光属性悪魔族下級モンスターチューナー
 自身と同じ属性モンスター効果自分発動できなくなる永続効果相手コントロールを移し、任意で属性を変更する誘発即時効果を持つ。

 (1)はコントローラー効果の発動を抑制する効果
 自分にのみデメリットを生じさせる効果であり、基本的に(2)で送りつけることが前提の効果と言える。
 なお通常召喚されたモンスターフィールド外のモンスターには影響がなく、永続効果にも干渉できない点は注意。

 (2)はこのカード送りつけ属性を任意で変更する効果
 送りつけ属性を変更できるため、(1)と合わせて任意の属性相手特殊召喚されたモンスター効果の発動を封じられる。
 指定した属性のみではあるが、属性を統一しているようなデッキであればフィールドモンスター全ての効果を封じることもできるだろう。
 発動できるのはコントローラーに関わらず持ち主メインフェイズのみであるため、自分送りつけた場合、相手送り返して来るのは次の自分メインフェイズとなる。

 このカードを残して相手ターンを回せば(1)でロックできる様に見えるが、チューナーなのでシンクロ素材リンク素材にされロック解除される可能性は高い。
 基本的には送りつけターン中に処理してしまいたい。
 相手ターンに維持するコンボとしては、先攻ターン目など相手フィールドモンスターが存在しない状況で神属性に変更し送りつけ《御前試合》発動すれば相手の展開をほぼ封殺できる。
 次の自分ターンモンスターが存在しなければ相手も同じことを行えるが、メインフェイズ最初の行動を通常召喚チェーンブロックを作らない特殊召喚にすれば回避可能である。

 容易に送りつけられるモンスターであり(1)で邪魔なモンスター効果を封じられるため、攻撃の的とするには最適と言える。

  • カード名は「天邪鬼(あまのじゃく)」と「孔雀」の合いの子である。
    (1)(2)はどちらも自分が不利になる効果であり、その様子はまさに天邪鬼と言えよう。
    • クジャクのオスの羽は光を乱反射するホログラムのような構造になっており、角度や光加減によって異なる色を映し出す。
      このカードの(2)の属性変更効果は、クジャクのこの特徴を、属性を色に見立てて表現しているものと思われる。

収録パック等


Tag: 《天孔邪鬼》 モンスター 効果モンスター 星3 光属性 悪魔族 攻1000 守1000

広告