電脳堺狐(でんのうかいこ)仙々(シェンシェン)/Virtual World Kyubi - Shenshen》

シンクロ・効果モンスター
星9/風属性/サイキック族/攻2800/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドから墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):自分のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
除外されている自分または相手のモンスター1体を選んで墓地に戻す。
(3):このカード以外の、元々の種族・属性が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 PHANTOM RAGEで登場した風属性サイキック族シンクロモンスター
 フィールドから墓地へ送られるカード除外する永続効果除外されたモンスター1体を墓地に戻す誘発効果、元々の種族属性が異なるモンスター2体を墓地コスト自己再生する起動効果を持つ。

 (1)はフィールドから墓地へ送られるカード除外する効果
 フィールドに存在するだけで、相手デッキによっては展開を大きく制限できる。
 ただし、自身の展開やこのカードの(3)の効果などの墓地カード除外して発動する効果の邪魔にもなりかねない点は注意。
 なおフィールド以外から墓地へ送られるカード除外されないため、電脳堺モンスターの持つデッキから墓地へ送る効果の邪魔にはならず、エクシーズ素材墓地へ送ることができる。

 (2)は除外されているモンスター墓地に戻す効果
 このカードの(1)の効果などで除外されたモンスター墓地に戻すことで墓地リソースを回復できる。
 とはいえ自分ターンに1枚だけというのは、(1)の無差別除外からのリソースの回復としては少々遅い。
 また相手カード戻せるもののタイミングが限定されているため、効果的に相手モンスター墓地へ戻せることは少ないだろう。

 (3)は自己再生効果
 コストとして元々の属性種族が異なるモンスター2枚を除外する必要があるため、発動にはある程度属性種族がバラついている必要がある。
 このカードも属する電脳堺なら墓地肥やしに長け、2種類の属性種族の組み合わせを有するため、それほど難しくないだろう。
 なお上述するように(1)とは少々相性が悪い点は注意。
 このカードシンクロ素材は(1)で除外されず墓地へ送られるため、それらの属性種族が一致していなければ1回は蘇生できることになる。

 いずれの効果汎用性が高いため、電脳堺を採用しないデッキでも汎用レベルシンクロモンスターとしての採用も可能。
 電脳堺モンスターシンクロ召喚する場合は、レベルモンスター3体か、レベル3+レベル6で出す事になるだろう。
 自己再生可能な《電脳堺姫−娘々》墓地効果レベルを3つ上げられる《電脳堺門−朱雀》を利用すれば消費を抑えられる。
 その他、《電脳堺都−九竜》効果エクストラデッキから直接展開する事も視野に入る。

  • モチーフは中国の妖怪「仙狐」と思われる。
    狐が修行などを積んで神通力を獲得したものであると言われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《電脳堺狐−仙々》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星9 風属性 サイキック族 攻2800 守2400 電脳堺

広告