電脳堺凰(でんのうかいおう)凰々(ファンファン)

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/地属性/幻竜族/攻2600/守2000
レベル6モンスター×2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除き、
相手フィールドの表側表示カード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):X召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
種族・属性が同じ「電脳堺」モンスター2体をデッキから特殊召喚する。

 PHANTOM RAGEで登場した地属性幻竜族エクシーズモンスター
 相手フィールド表側表示カード及び自分または相手墓地カードをそれぞれ除外する起動効果種族属性が同じ電脳堺モンスター2体をリクルートする誘発効果を持つ。

 エクシーズ召喚の方法は【ランク6】を参照。
 自身も属する電脳堺では、《電脳堺悟−老々》レベル6の電脳堺モンスター蘇生するのが手っ取り早い。
 《電脳堺門−朱雀》の(2)で《電脳堺龍−龍々》《電脳堺甲−甲々》ランクを3つ上げて《エクシーズ・シフト》を使っても出せるが、効果が使えないので出す意味は薄い。

 (1)は相手フィールド及び墓地カード除外効果
 基本的には相手フィールド相手墓地カード除外する事になるだろう。
 対象を取る必要はあるが、破壊耐性を持つカード除去でき、墓地アドバンテージも減らせるため有用性は高い。
 自分墓地除外する意味のあるカードがあるのならば、そちらを除外してコンボに繋げるのも良い。

 効果の発動にはエクシーズ素材2つが必要なので、基本的に1回しか使えない効果と把握しておけばよい。
 汎用性が高く、この効果のみを目当てに【ランク6】等に汎用モンスターとしての採用も十分に検討できる。
 《セイクリッド・トレミスM7》に比べて若干攻撃力が低いが、バウンスよりも除外の方がアドバンテージは稼ぎやすく、1度にフィールド墓地の両方に対応できるため除去能力では勝る。

 (2)は種族属性が同じ電脳堺モンスター2体のリクルート効果
 電脳堺風属性サイキック族地属性幻竜族が存在するのでいずれかの組み合わせとなる。
 基本的にはチューナーを含みレベル3に複数体が存在する風属性サイキック族を展開する事になるだろうか。
 トリガー相手モンスター攻撃による戦闘破壊相手による効果破壊に限定されているので発動相手の行動に委ねられる。
 発動できたらラッキー程度に捉えておき、過度な期待はしない方がいいだろう。

  • 凰は一字で「おおとり」と読むが、炎をまとった鳥のようなデザインからモチーフは鳳凰だろう。

関連カード

―《電脳堺凰−凰々》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《電脳堺凰−凰々》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク6 地属性 幻竜族 攻2600 守2000 電脳堺

広告