同契魔術(サイマル・デーモンズ)/Simul Archfiends》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このターン、お互いに自身のフィールドのモンスターと同じ種類(儀式・融合・S・X・リンク)のモンスターを特殊召喚できない。
自分フィールドに儀式・融合・S・X・リンクモンスターのいずれも2体以上存在しない場合、
自分フィールドの全ての儀式・融合・S・X・リンクモンスターの攻撃力は500アップする。

 DARKWING BLASTで登場した通常罠
 お互いに自身のフィールドと同じ種類モンスター特殊召喚できず、自分フィールドに同じ種類モンスターが複数存在しない場合は全体強化適用される効果を持つ。

 発動ターンお互いに特定の種類モンスター特殊召喚が封じられる。
 同じ通常罠である点も含めて《次元障壁》と似た役割のカードであり、それぞれに利点と不利点がある。

 こちらはフィールドモンスターを参照するため1体目の特殊召喚は防げず、効果無効化もないので既に展開されているモンスターに干渉できない。
 代わりに、展開を封じられるモンスターの種類が複数に及ぶので、儀式融合シンクロエクシーズを複数使用するデッキに対する影響度はこちらの方が上と言えるか。
 また、デーモンカテゴリに属する関係上、サーチのしやすさで勝るのは大きな利点であり、先攻サーチすれば相手後攻ターン目の動きに制限をかけやすい。

 最大の違いは干渉するモンスターの種類であり、こちらはリンクモンスターを範囲に含むため【リンク召喚】へのメタとなる。
 逆にペンデュラムモンスターは範囲外であるため、【ペンデュラム召喚】に対しては《次元障壁》の方が有効となる。
 どちらにも言える事だが、相手デッキによって有用性が大きく左右されるため、どちらを採用するにしても環境を読む力は求められるだろう。

 因みに、自分フィールドに同じモンスターの種類が複数存在しなければ500の全体強化適用される。
 複数種類モンスターを満遍なく用いるデッキならば意図的に満たす事も難しくは無いが、そこまでの数値でもないのでこのために展開を制限する程でもないか。

  • カード名の「サイマル」は英語で「同時に」を意味する「Simultaneous(サイマルテーニアス)」から取ったものだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《同契魔術》 通常罠 デーモン

広告