墓守(はかもり)(おさ)/Gravekeeper's Chief》

効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻1900/守1200
このカードは自分のフィールド上に1枚しか存在できない。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分の墓地は「王家の眠る谷−ネクロバレー」の効果を受けない。
このカードが生け贄召喚に成功した場合、自分の墓地に存在する
「墓守の」という名のついたモンスターカード1枚を
フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 ※テキスト中の「生け贄召喚」は「アドバンス召喚」を指す。

 新たなる支配者で登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 自分フィールド1枚しか存在できない分類されない効果自分墓地のみ《王家の眠る谷−ネクロバレー》の影響を受けない永続効果アドバンス召喚に成功した墓守蘇生する誘発効果を持つ。

 アドバンス召喚に成功した時に墓守蘇生できるので、ディスアドバンテージを抑えられる。
 ただし墓守には蘇生できるのがレベル4限定の代わりに下級モンスター特殊召喚にも対応する《墓守の神職》が存在する。
 このカード上級モンスターであり《ネクロバレーの玉座》などのサポートは必須となる。

 こちらの利点は蘇生できる墓守に制限はなく、最上級モンスターである《墓守の大神官》融合モンスター《墓守の異能者》蘇生が可能な点。
 逆に《墓守の神職》蘇生することで、あちらの効果も含めて最大3体の墓守を展開することもできる。
 《墓守の召喚師》蘇生するのも良く、アドバンス召喚リリース要員にもした場合、複数回のサーチ効果使用できる。

 もう1つの効果自分墓地のみ《王家の眠る谷−ネクロバレー》効果を受けなくなる永続効果
 これにより相手墓地アドバンテージ《王家の眠る谷−ネクロバレー》で封じ、自分墓地アドバンテージを最大限活用できるようになる。
 一方で墓守関連のサポートカードである《降霊の儀式》《墓守の石版》は元から影響を受けないため、その点での恩恵は意外と少ない。
 上級モンスターとしても打点が低く、少しでも長く維持したいのならば《王家の眠る谷−ネクロバレー》による強化は必須となる。

  • TAG FORCEでは対戦相手の没データにその姿が見られる。
    同ゲームでは【墓守】の使用者として、アニメGXのサラが登場している。
  • デュエルリンクスではイシズに専用ボイスが存在し、攻撃名はGXでの「王家の怒り」が採用されている。

関連カード

効果関連

――フィールド上に1枚しか存在できないカード同名カードを参照。

――《王家の眠る谷−ネクロバレー》の影響を受けない

――自身の召喚に絡めて蘇生する効果を持つ上級モンスター

―《墓守の長》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:フィールドに1枚しか存在できない効果の分類は何ですか?
A:特にありません。(08/05/09)
  →分類されない効果

Q:《スキルドレイン》適用中に2体目を召喚する事はできますか?
A:できません。
  表側表示で存在するこのカードの効果無効になりますが、手札などに存在する2体目のこのカードの「2体以上存在できない効果」は無効にならないので召喚はできません。(08/05/08)

Q:このカード自分フィールドにいる時、相手《自律行動ユニット》《奇跡の蘇生》効果を使用する事はできますか?
A:可能です。

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》適用中で自分フィールドに《墓守の長》が存在する時、《馬頭鬼》発動できますか?
A:はい、《墓守の長》により墓地から除外できるようになりますので、発動特殊召喚できます。(09/01/19)

Q:《血の代償》によって《墓守の長》がチェーン2以降にアドバンス召喚に成功した場合、タイミングを逃す事なく効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/04/30)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》《アンデットワールド》《墓守の長》が存在します。
  《墓守の長》コントローラーフィールドモンスター種族アンデット族になりますか?
A:フィールドモンスター種族は元々の種族のままです。(18/08/23)


Tag: 《墓守の長》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 魔法使い族 攻1900 守1200 墓守

広告