魔獣の大餌(フィード・バック)

通常罠
(1):自分のEXデッキのカードを任意の数だけ裏側表示で除外し、
その数だけ相手のEXデッキの裏側表示のカードを
ランダムに選んでエンドフェイズまで表側表示で除外する。

 PHANTOM RAGEで登場する通常罠
 自分エクストラデッキ裏側表示で除外し、その数まで相手エクストラデッキ一定期間だけ除外する効果を持つ。

 相手エクストラデッキ一定期間だけ除外するが、そのためには自分エクストラデッキ裏側表示で除外する必要がある上、ランダムなので確実性に欠ける。
 エクストラデッキに頼らないデッキならば15枚全てを除外して相手ターンでの動きを制限できる。
 もっとも、エクストラデッキモンスターには他のエクストラデッキモンスターの展開を前提としたものも多く、15枚全て除外しなくとも動きを封じられる場合も多い。
 8枚程度でも高確率で動きを封じられるため、他のカードとの兼ね合いで除外枚数を決めたい。

 同じく自分エクストラデッキ除外する《強欲で金満な壺》《機巧蛇−叢雲遠呂智》といったカードも採用する場合はエクストラデッキが枯渇し、支障が出ることもある。
 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》軸の【除外ビートダウン】等でも優先して採用すべきかはよく考えたい。
 自分除外するカード表側表示ペンデュラムモンスターを使用することができるため、枚数を増やしてから使用することも考えられる。

 除外されているカード墓地に戻すカードコンボすれば一時的ではないエクストラデッキ破壊となる。
 特に《伝説のフィッシャーマン三世》ならば15枚全てを墓地に置ける。

 一時的ではあるが、相手除外枚数を大幅に増やす点を活かすのも良い。
 《D.D.ダイナマイト》コンボすれば最大4500というカード2枚の消費では破格のバーンが通り、2枚発動すれば1ターンキルとなる。
 このカード共々《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》サーチに対応しているので狙ってみるのも面白いだろう。

 最大30枚を除外するため、《魂吸収》適用されていれば15000ものライフゲインとなる。
 専用構築が必要だが、《No.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター》が存在すれば初期ライフの倍近くものバーンとなる。
 除外時に《No.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター》のみを残し、《魂吸収》効果チェーンして《No.78 ナンバーズ・アーカイブ》効果特殊召喚する手段もある。

  • カード名のルビは「フィード(feed:餌)」+「バッグ(bag[動詞]:獲物を捕らえる)」と「フィードバック」の掛詞だろう。
    「フィードバック」は名詞(feedback)では「反応」「帰還」、動詞(feed back)では「返す・戻す」「戻ってくる」等の意味がある。
    自分エクストラデッキ破壊と同じ反応を相手にも与えるが、相手カードのみエンドフェイズに戻ってくる効果とリンクしている。
    • 大餌(おおえ)」は、現代俳句などで用いられる「大きいエサ」を意味する新字新仮名で、字引きには登録されていない語句である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔獣の大餌》 通常罠

広告