《-/Beetrooper Descent》

Normal Spell
Special Summon 1 "Beetrooper Token" (Insect/EARTH/Level 3/ATK 1000/DEF 1000),
then if you control an Insect monster with 3000 or more ATK, you can destroy 1 other Spell/Trap on the field.
You can only activate 1 "Beetrooper Descent" per turn.
日本語訳
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「Beetrooper Token」(昆虫族・地・星3・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに攻撃力3000以上の昆虫族モンスターが存在する場合、
さらにフィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 TCGBurst of Destinyで登場する通常魔法
 Beetrooper Tokenを生成し、自分フィールド攻撃力3000以上の昆虫族が存在すれば更に魔法・罠除去も可能な効果を持つ。

 発動後のBeetrooper Tokenの利用に関しては特に制約を課せられるわけではないため、各種素材やリリースコスト要員として自由に利用できる。
 【昆虫族】では《B・F−必中のピン》《ジャイアントワーム》といった展開要員と比較される1枚だが、トークン墓地へ送られない関係上、《デビルドーザー》《Beetrooper Sting Lancer》コストに使えない点でそれらに劣る。
 また、トークン通常モンスターとして扱われるため、リンク素材効果モンスターを要求される《アクセスコード・トーカー》などのリンク召喚にも直接は使用できない。
 しかし召喚権を使わず昆虫族特殊召喚できるカードの中では最も条件が緩く、《Beetrooper Sting Lancer》からサーチ可能な利点も持つ。
 《ゴキポール》《G・ボールパーク》のために通常モンスターを扱う場合、それらと《リンク・スパイダー》リンク素材を共有できたり、そうした通常モンスターの展開サポートをこなす事もできる。
 モンスター効果魔法カードの差で刺さるメタカードも異なるため、サイドデッキから使い分けるのも良いだろう。

 攻撃力3000以上の昆虫族自分フィールドに存在する場合、さらに魔法・罠除去も行える。
 【昆虫族】《マクロコスモス》《アンデットワールド》《センサー万別》といった発動されると致命的となるメタカードが多く、その割に魔法・罠除去効果を持ったものはサポートカードにも少なかったため、貴重な効果ではある。
 しかし元々の攻撃力3000以上の昆虫族は数が少なく、それらの妨害カード発動されている状態で攻撃力の高い昆虫族を展開するのは困難。
 メタカード以外にしても伏せ除去はなるべく展開前に行いたいため、無理に狙うよりは適用できれば御の字程度に見ておくべきだろう。
 何らかの効果昆虫族強化できていれば対応範囲が広がるため、そちらで適用機会を増やすのも良い。

  • 「Descent」は英語で「降下」を意味する。

関連カード

イラスト関連

元々の攻撃力が3000以上の昆虫族

効果モンスター

特殊召喚モンスター

融合モンスター

シンクロモンスター

リンクモンスター

収録パック等


広告