《-/Greater Polymerization》

Normal Spell
Fusion Summon Fusion 1 Monster from your Extra Deck,
using 3 or more monsters from your hand or field as Fusion Material, and if you do, it gains these effects.
● This card cannot be destroyed by card effects.
● If this card attacks a Defense Position monster, inflict piercing battle damage.
日本語訳
通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター3体以上を墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは効果では破壊されない。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 TCGBlazing Vortexで登場した通常魔法
 手札フィールドから融合素材を3体以上墓地へ送り融合モンスター融合召喚し、その融合モンスター貫通効果破壊耐性を付与する効果を持つ。

 手札フィールドからの基本的な融合召喚でありながら、融合素材3体以上のものに限定されているため、消費が非常に重い
 一般的にそうした融合モンスター墓地融合を使用することでアドバンテージ損失を軽減することが多く、手札融合に切り替えるとなると構築段階で動きが変わってくる。
 《V・HERO トリニティー》のように専用の墓地融合手段をもたないようなものであれば、もともと《融合》等を使うことが多いため無理なく入れ変えることができる。

 対応先が狭い代わりに、この方法で融合召喚した融合モンスターには貫通効果破壊耐性を得られる。
 これらの融合モンスターは多くが高い攻撃力や攻撃的な効果を持っているが、耐性が無いために重い消費をあっさり除去されてしまう傾向にあり、欠点を補いつつフィニッシャーへ後押しする恩恵は大きい。
 特に《V・HERO トリニティー》などの高攻撃力で複数回攻撃できるモンスター融合召喚に使うことができれば、一気に勝負を決められるだろう。

 欠点としては、やはりその対応先の性質と、このカード自身が《融合》に比べサーチ手段も限られることから、手札事故を起こしやすいことにある。
 通常の《融合》であれば、たとえば上述の《V・HERO トリニティー》の場合は手札の状況では《V・HERO アドレイション》に切り替えるような妥協が可能であったが、こちらではそれができない。
 そのため、従来以上に小回りが利かないため、手札を整える手段には気を遣うことになる。

 貫通を活かすまでにタイムラグができてしまうが、《チェーン・マテリアル》と併せるのもよい。
 ネックである融合召喚の難易度を下げつつ、あちらの自壊効果はこの効果の付与する耐性で防ぐことができる。

  • 「Greater/グレーター」は英語で「大きな」を意味するGreatの比較級で、「より大きな」を意味する。

関連カード

収録パック等


広告