《-/Heavy Beetrooper Mighty Neptune》

Effect
LV8/EARTH/Insect/ATK3000/DEF3000
Cannot be Normal Summoned/Set.
Must first be Special Summoned (from your hand) by shuffling 3 of your banished Insect monsters into the Main Deck.
During the Main Phase, if this card in its owner's control is destroyed or banished by an opponent's card effect:
You can Special Summon this card.
You can only use this effect of "Heavy Beetrooper Mighty Neptune" once per turn.
Once per turn, during the End Phase: You can target 1 other Insect monster you control; it gains 1000 ATK.
日本語訳
特殊召喚・効果モンスター
星8/地属性/昆虫族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の昆虫族モンスター3体をデッキに戻した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドのこのカードが相手の効果で、破壊された場合または除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):自分・相手のエンドフェイズに、
このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は1000アップする。

 TCGBurst of Destinyで登場した地属性昆虫族特殊召喚モンスター
 除外ゾーンの昆虫族3体をデッキ戻し特殊召喚できる召喚条件お互いメインフェイズ相手効果破壊除外された場合に蘇生帰還できる効果お互いエンドフェイズに自身以外の昆虫族攻撃力を1000強化できる効果を持つ。

 特殊召喚条件除外されている昆虫族3体をデッキ戻すこと。
 昆虫族除外ゾーンを肥やす手段としては、《デビルドーザー》《ジャイアントワーム》により墓地から除外するのが最も用いやすいだろう。
 《Beetrooper Armor Horn》自己再生コストに用いる事でも除外でき、シンクロ召喚を扱うデッキでは《B・F−決戦のビッグ・バリスタ》効果を用いる事でも一気に昆虫族除外できる。
 他にも能動的に活かす事は難しいが《応戦するG》の無差別除外に巻き込んだ昆虫族や、自身を除外して効果発動する《黒光りするG》を利用するといった手段も考えられる。
 昆虫族は元々除外されたモンスターの再利用手段に乏しく、除外する事にメリットがあるカード《共振虫》程度しか存在しなかったため、除外メリットに転換でき、さらにデッキバウンスによる再利用も可能なこのカードの有用性は高い。

 (1)の効果メインフェイズ限定の蘇生帰還
 実質的に1ターンに1度破壊除外耐性として機能し、特に除外に対して強い昆虫族はこのカードが初めてと言ってよいほど。
 【昆虫族】除外に非常に弱いデッキで、召喚条件も含めて弱点である除外に対して強く出られる点は大きい。
 とはいえバウンス墓地へ送る効果には無力だったり、バトルフェイズフリーチェーンカードによるスタンバイフェイズエンドフェイズでの除去など抜け穴自体は多いため、過信し過ぎないように注意したい。

 (2)の効果エンドフェイズ発動する昆虫族単体強化
 ノーコストかつ永続的な強化であり、上昇値も大きいが、発動エンドフェイズと遅いため即効性はない。
 また、強化対象は自身以外であり、効果を活かそうとすると隣に別の昆虫族を並べる必要がある。
 その代わり相手ターンエンドフェイズ時にも発動できるため、このカードを維持しておくだけで自分フィールド昆虫族攻撃力を凄まじい速度で上げていく事ができる。

 昆虫族手札から特殊召喚できる高打点モンスターとしては《デビルドーザー》が存在する。
 特殊召喚が容易な《デビルドーザー》に比べてこのカード召喚条件を整えるために少し手間はかかるが、攻撃力で勝る上に有用な効果を備えている。
 また、《デビルドーザー》と異なり蘇生制限を満たせば墓地からの蘇生も可能である。
 しかし召喚条件の関係上、このカード《デビルドーザー》の相性はよく、両者の併用も十分に可能。
 《デビルドーザー》特殊召喚後、他に1体でも昆虫族除外されていればこのカードを並べられ、(2)の効果によって《デビルドーザー》攻撃力を3800まで強化する事も、ランク8のエクシーズ召喚に繋げる事もできる。
 2体で合計攻撃力5800と十分な数値なので、相手フィールドががら空きの場合は一気にライフを削れるだけでも仕事をする。
 このカード《共振虫》から容易にサーチが可能であり、これも《デビルドーザー》と共有できるため無理なく採用できる。

 その他、効果発動すると墓地リソースを失うため迂闊に扱いづらかった《B・F−決戦のビッグ・バリスタ》効果発動後のフォローが可能。
 (2)の効果ノーコストエンドフェイズ毎に発動できるため、《No.3 地獄蝉王ローカスト・キング》を並べればわざとこの効果無効にし、あちらの蘇生効果トリガーにする事もできる。
 《No.3 地獄蝉王ローカスト・キング》はこのカード蘇生する事も可能なため、並べる手段さえ用意できれば相性は悪くない。

関連カード

収録パック等


広告