《-/Krishnerd Witch》

Effect
LV4/LIGHT/Spellcaster/ATK1800/DEF1700
Cannot be destroyed by your opponent's card effects while "Multi-Universe" is on the field.
You can only use each of the following effects of "Krishnerd Witch" once per turn.
If a card(s) in the Field Zone leaves the field by card effect (except during the Damage Step);
You can Special Summon this card from your hand.
When a Field Spell that is already face-up on the field activates its effect (Quick Effect):
You can shuffle 1 of your monsters that is banished or in your GY into the Deck,
or if that monster mentions the Field Spell, you can Special Summon it instead.
日本語訳
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守1700
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドに「Multi-Universe」が存在する限り、このカードは相手の効果では破壊されない。
(2):フィールドゾーンのカードが効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):フィールドの既に表側表示で存在する状態のフィールド魔法カードの効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地・除外状態のモンスター1体をデッキに戻す。
そのモンスターに効果を発動したフィールド魔法カードのカード名が記されている場合、
デッキに戻さず特殊召喚する事もできる。

 TCGLegacy of Destructionで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 《Multi-Universe》が存在する場合、相手効果破壊されない効果フィールドゾーンカード効果フィールド離れた場合に手札から特殊召喚できる効果、既に表側表示で存在しているフィールド魔法効果の発動を行った時に、墓地除外状態の自分モンスター1体をデッキに戻し、そのモンスター効果発動したフィールド魔法カード名が記されている場合、代わりに特殊召喚できる効果を持つ。

 (1)は《Multi-Universe》が存在する場合の破壊耐性
 耐性を得るために必要な《Multi-Universe》は、フィールドに維持するカードではなく能動的に自壊するカードである。
 そのため、基本的にこの耐性を得られていることは少なく、精々召喚・特殊召喚に成功した場合の《激流葬》等を防げることがある程度だろう。

 (2)はフィールド魔法効果フィールド離れた場合の自己特殊召喚
 効果離れる必要があるため、フィールド魔法の張替えではトリガーにならない。
 相手からの除去でもトリガーになる他、相手フィールドゾーンカードでもよいため、相手フィールド魔法を使用すればそれを除去することでも特殊召喚できる。
 《Multi-Universe》とも相性の良い《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》等も使い易いだろう。

 (3)は墓地除外状態のモンスターデッキに戻す効果
 デッキに戻すだけではあまりメリットにならないため、基本的には追加効果である特殊召喚を狙いたい。
 特殊召喚するための条件は効果発動したフィールド魔法カード名が記されたモンスターであること。
 利用できるモンスターはあまり多くないものの、フィールド魔法サーチャーなどの特殊召喚を狙える。
 このカード《Multi-Universe》カード名が記されているため、あちらの効果発動した場合には同名カード蘇生帰還が可能。

関連カード

―《Krishnerd Witch》の姿が見られるカード

―(3)での特殊召喚に対応する組み合わせ

フィールド魔法対応するモンスター
《聖光の夢魔鏡》《夢魔鏡の黒騎士−ルペウス》
《夢魔鏡の魔獣−パンタス》
《夢魔鏡の使徒−ネイロイ》
《夢魔鏡の逆徒−ネイロイ》
《夢魔鏡の夢魔−イケロス》
《夢魔鏡の魘魔−ネイロス》
《闇黒の夢魔鏡》《夢魔鏡の白騎士−ルペウス》
《夢魔鏡の聖獣−パンタス》
《夢魔鏡の使徒−ネイロイ》
《夢魔鏡の逆徒−ネイロイ》
《夢魔鏡の乙女−イケロス》
《夢魔鏡の魘魔−ネイロス》
《深海の都 マガラニカ》
《忘却の都 レミューリア》
《海》として扱う)
《海竜−ダイダロス》
《大要塞クジラ》
《伝説のフィッシャーマン二世》
《海竜神−リバイアサン》
《伝説のフィッシャーマン》
《水陸両用バグロス Mk−11》
《深海の戦士》
《水陸両用バグロス Mk−3》
《マーメイド・ナイト》
《電気海月−フィサリア−》
《デス・クラーケン》
《コダロス》
《海神の巫女》
《海神の依代》
《魚雷魚》
《砲弾ヤリ貝》
《シュトロームベルクの金の城》《ヘクサ・トルーデ》
《鉄の騎士》
《怪鳥グライフ》
《鉄のハンス》
《シンデレラ》
《カボチャの馬車》
《おジャマ・カントリー》《おジャマ・エンペラー》
《暗黒界の門》《暗黒界の門番 ゼンタ》
《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》《悪王アフリマ》
《アンプリファイヤー》《音響戦士ギタリス》
《音響戦士ディージェス》
《音響戦士ロックス》
《イグニスターAiランド》《ダークインファント@イグニスター》
《石版の神殿》《千年の宝を守りしゴーレム》
《VV−百識公国》《ヴァリアンツM−マーキス》
《ヴァリアンツD−デューク》
《VV−真羅万象》《ヴァリアンツの忍者−南月》
《ヴァリアンツの武者−北条》
《クリアー・ワールド》《クリアー・バイス・ドラゴン》
《蟲惑の園》《プティカの蟲惑魔》
《肆世壊=ライフォビア》《スケアクロー・ライトハート》
《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》《サイバー・エッグ・エンジェル》
《スクラップ・ファクトリー》《スクラップ・ラプター》
《SPYRAL RESORT》《SPYRAL−グレース》
《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》《スプリガンズ・ロッキー》
《覇蛇大公ゴルゴンダ》
《ヌメロン・ネットワーク》《ヌメロン・ウォール》
《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》
《ハーピィの狩場》《ハーピィ・クィーン》
《万魔殿−悪魔の巣窟−》《ジェネラルデーモン》
《地獄の番熊》
《プリズンクインデーモン》
《光の結界》《アルカナフォースXV−THE DEVIL》
《氷水底イニオン・クレイドル》《氷水帝コスモクロア》
《ブラック・ガーデン》《ガーデン・ローズ・メイデン》
《白薔薇の回廊》《ローズ・プリンセス》
《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》《魔界劇団−スーパー・プロデューサー》
《ミュートリア進化研究所》《被検体ミュートリアGB−88》
《リボルブート・セクター》《ストライカー・ドラゴン》
《竜の渓谷》《ドラグニティ−レガトゥス》
《ドラグニティ−レムス》
《ドラグニティナイト−ロムルス》
《Divine Domain Baatistina》《Fallen of the Tistina》
《Obsidim, the Ashened City》《Priestess of the Ashened City》
《Shaman of the Ashened City》
《Spearhead of the Ashened City》
《Hero of the Ashened City》
《King of the Ashened City》
《Multi-Universe》《Krishnerd Witch》

収録パック等


広告