《-/Pitknight Earlie》

Link/Effect
LINK2/FIRE/Cyberse/ATK1500
【Link Arrows:右上/右】
2 Effect Monsters
When a monster this card points to activates its effect (except during the Damage Step) (Quick Effect):
You can target 1 Effect Monster your opponent controls;
until the end of this turn, change its ATK to 0, also negate its effects.
During the End Phase, if this card is in the GY because it was destroyed by battle or card effect and sent there this turn:
You can Special Summon this card.
You can only use each effect of "Pitknight Earlie" once per turn
日本語訳
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻1500
【リンクマーカー:右上/右】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターが効果を発動した時、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 TCGPower of the Elementsで登場した炎属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスター効果の発動トリガー相手モンスター攻撃力を0にし効果無効にする効果破壊されたターンエンドフェイズ自己再生する効果を持つ。

 (1)は相手モンスター弱体化効果無効化。
 メインモンスターゾーンに置いた場合は自分モンスターが、エクストラモンスターゾーンに置いた場合は相手モンスターリンク先に位置する。
 故に、前者の場合は能動的な発動が可能であり、フリーチェーン効果と併用すればこの効果相手ターンでの制圧や妨害にも利用できる。
 後者の場合は受け身の効果となるが、リンク先相手発動したモンスター効果を実質無効化できるため、牽制として機能する。

 そのリンクマーカー故に使いにくい面もあるが、サイバース族リンクモンスターの中で無効効果を持つカードはめずらしい。
 【サイバース族】では「サイバース族しか特殊召喚できない」縛りが課せられることが多く、その中で制圧効果を持つこのカードは採用の価値があるだろう。

 (2)は破壊されたターンエンドフェイズ自己再生
 復活するのは遅いが、戦闘破壊効果破壊を重視するデッキに対してはしぶとく使い回せる。
 自分効果破壊でも構わないため、除外バウンスを受けそうな場合はこちらから破壊しても良いだろう。
 自己再生させる位置はこちらで決められるので、(1)のトリガーを満たしやすいモンスターの左側に配置できる。

関連カード

収録パック等


広告