《-/Steel Star Regulator》

Link/Effect
LINK3/LIGHT/Machine/ATK1000
【Link Arrows:左上/左下/右下】
3 non-Link Monsters
Gains ATK equal to the combined original Levels/Ranks of monsters used for its Link Summon x 100.
You can target 1 non-Link Monster your opponent controls with ATK less than or equal to this card;
destroy it, then if this card was Link Summoned using an Xyz Monster as material,
inflict damage to your opponent equal to half the destroyed monster's original ATK.
You can only use this effect of "Steel Star Regulator" once per turn.
日本語訳
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左上/左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター3体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、
このカードのリンク素材としたモンスターの元々のレベル・ランクの合計×100アップする。
(2):このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ、
リンクモンスター以外の相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
このカードがXモンスターを素材としてリンク召喚されている場合、
さらにそのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

 TCGBlazing Vortexで登場した光属性機械族リンクモンスター
 リンク素材にしたモンスターの元々のレベルランクに応じて自己強化する効果、自身の攻撃力以下のリンクモンスター以外のモンスター破壊し、エクシーズモンスターリンク素材とした場合、破壊したモンスター元々の攻撃力の半分の効果ダメージを与える効果を持つ。

 リンク素材リンクモンスター以外のモンスター3体であり、そのモンスターレベルランク)により(1)の自己強化値及びそれにより(2)の破壊範囲が決定する。
 そのため、できる限り高レベルランク)のモンスターリンク素材にしたいが、その場合リンク召喚自体が重くなりがちである。
 高レベルモンスターを素材に含むなら《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》など別のモンスターを出す方が良い場合もある。
 無理に(1)の効果での強化を大きくすることを狙うよりは、他のカードの効果強化するほうが高攻撃力を得やすいだろう。

 また、エクシーズモンスターリンク素材にすることで、(2)の効果バーン効果が付与される。
 エクシーズモンスターリンク素材にすると更に消費がかさむため、特殊召喚効果を持つエクシーズモンスターなどを上手く活用し消費を軽減したい。
 例えば《聖刻龍王−アトゥムス》から《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》リクルートエクシーズ素材蘇生リンク素材にすれば、エクシーズモンスターリンク素材にしつつ2200の自己強化が可能。

 (1)は自己強化効果
 上述の通り自己強化を大きくしようとするとリンク召喚重くなる。
 倍率も低く、レベル4×3体程度では攻撃力2200と(2)の除去範囲に不安が残る。
 攻撃力3000以上を狙うなら合計は20以上必要であり、最上級モンスターが少なくとも2体は必要になる。

 (2)はこのカード攻撃力以下のリンクモンスター以外の相手モンスター破壊する効果
 破壊範囲が自身の攻撃力に依存するため、どうにか強化して相手の大型モンスター除去を狙いたい。
 耐性の類も持たないため、1ターンの使い切りとして《リミッター解除》強化するのも良い。

 さらにエクシーズモンスターリンク素材にした場合にはそのモンスター元々の攻撃力の半分のバーンがつく。
 除去後の攻撃制限などもないため、除去バーンからの攻撃により相手ライフを大きく削れるだろう。
 あるいは、素材で攻撃を行った後にメインフェイズ2で残ったモンスターを処理する使い方もあり、終盤ではバーンエンドカードにもなり得る。

 自身の強化ではなく相手モンスター攻撃力を下げるという方法でも破壊範囲を広げられる。
 後半のバーン元々の攻撃力を参照するため、弱体化させても問題ない。

関連カード

収録パック等


広告