《-/The Chaos Creator》

Effect
LV8/DARK/Thunder/ATK2300/DEF3000
Cannot be Normal Summoned/Set. 
Must first be Special Summoned (from your hand) by banishing 1 LIGHT and 1 DARK monster from your GY. 
If you control this card that was Special Summoned from the hand:
You can target 3 banished monsters with different names;
Special Summon 1 of them, then place the rest on the bottom of the Deck in any order. 
You can only use this effect of “The Chaos Creator” once per turn.
日本語訳
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札から特殊召喚されている場合、
除外されている自分及び相手のモンスターの中から3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
その中から1体を選んで自分フィールドに特殊召喚し、残りを好きな順番で持ち主のデッキの一番下に戻す。

 TCGToon Chaosで登場した闇属性雷族特殊召喚モンスター
 カオス共通の召喚条件除外されたモンスター3体の内1体を帰還させ、残りをデッキの一番下に戻す効果を持つ。

 除外されたモンスター帰還できるので、自身の特殊召喚コストに使用し1体を即座に呼び戻す事も可能。
 ただし、コストは2枚、効果の条件は3枚のため、相手除外していない限りもう1枚を何らかの手段で用意しておく必要がある。
 また、効果には3「種類」必要であり、コストで2種類は確実に満たすが、3種目は同名カードばかりを使う構築だと被ることがある。
 条件が他のカオスと被っているため、基本的にはこのカードより前に出した分のコストとで数を揃える、中盤以降向きとなる。
 なお、蘇生制限を満たしたあとは蘇生帰還が可能だが、その場合効果を失ってしまう点には注意。

 召喚条件こそ光属性闇属性が指定されているが、帰還させるモンスター属性レベル等にも特に制限がなく、デメリットも付与されないのは魅力的である。
 ただし、3枚の内2枚はデッキボトムに戻ってしまうため、再利用するにはサーチリクルートなどの手間がかかるのが難点。
 相手除外されているモンスター対象にすることができるため、そちらを戻し相手帰還サルベージの妨害に使うことも可能。
 その場合、《カオス・ソーサラー》等の除外除去持ちカオスと併用すると良いだろう。

 種族属性召喚条件【サンダー・ドラゴン】と噛み合っており、除外されたサンダー・ドラゴンデッキに戻せる点もシナジーする。
 《雷龍融合》発動前にこのカード特殊召喚しておけば実質特殊召喚コストを踏み倒せる。
 また、《雷龍融合》でこのカードや、このカード効果デッキに戻したサンダー・ドラゴンサーチできるなど、小回りの利く運用も可能。

  • イラストでは両手の上にそれぞれ藍色とオレンジ色がかった半分ずつの球体が浮いている。
    これが光と闇を表しているのだろう。

関連カード

収録パック等


広告