《-/Xyz Align》

Quick-Play Spell
Declare a Level from 1 to 12, then target 2 face-up monsters on the field,
including 1 monster you control;
they become the declared Level (until the end of this turn),
also, for the rest of this turn after this card resolves,
you cannot Special Summon monsters from the Extra Deck, 
except monsters with the same Type as a targeted monster.
You can only activate 1 "Xyz Align" per turn.
日本語訳
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):1〜12までの任意のレべルを宣言し、
自分のモンスターを含むフィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルはターン終了時まで宣言したレベルになる。
このカードの発動後、ターン終了時まで
自分は対象のモンスターと同じ種族のモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 TCGPhoton Hypernovaで登場した速攻魔法
 モンスター2体のレベル宣言したレベルにする効果を持つ。

 基本的には自分モンスター2体を対象にして、宣言したレベルと同ランクエクシーズモンスターエクシーズ召喚することになるだろう。
 残存効果により対象先と同種族以外はエクストラデッキから展開できなくなるものの、ランク13以外のあらゆるランクエクシーズ召喚を狙える。
 ただ、大抵の【エクシーズ召喚】はそもそもメインデッキモンスターは狙うランクと合致するモンスターを採用するため、レベル変更を必要としないデッキが多い。
 このカードを採用するのであれば、メインで狙うランク以外でかつ残存効果の気にならない強力なエクシーズモンスターを採用しておきたい。
 例えば【機械族】であればこのカードに頼らずともエクシーズ召喚できる《天霆號アーゼウス》が存在し、このカードを使用することでメインフェイズ1に出せる様になり、あちらの全体除去から攻撃という動きをとれる。

 残存効果も比較的軽いため、エクシーズ召喚を基本戦術に取らないがエクストラデッキに余裕があるデッキならば、適当なエクシーズモンスターと共に採用してもよいだろう。
 例えば【悪魔族】なら《No.77 ザ・セブン・シンズ》《DDD赦参Ε妊后Ε泪ナ》等の強力な高ランクが存在し、出せた場合の見返りは大きい。

 シンクロ召喚レベル調整としても有用で、チューナーを含むモンスター2体に対して1から6の数字を宣言すれば様々な偶数レベルシンクロモンスターを出せる。
 選んだモンスタードラゴン族ならば8を宣言することで、《アルティマヤ・ツィオルキン》《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》にもアクセスできる。

 単純なレベル調整カードとして使うのも考えられ、F.A.ならレベル12になることでレベル7以上を条件とする効果適用し、攻撃力3600にまで強化される。
 変わったところでは《ザ・カリキュレーター》強化にも利用可能であり、2体のレベルを12にするだけで7200もの攻撃力となる。

 速攻魔法であることを利用し、相手シンクロ召喚エクシーズ召喚を妨害することもできる。
 また、リンク素材レベルの制限があるリンクモンスター召喚条件から外すことも可能。
 これを目当てに採用するのは難しいが、いざという時にはこんな使い方もできる程度には意識しておいて損はない。

  • カード名の「Align」は「調整」などを意味し、エクシーズ召喚するためのレベル調整を意識している。
    また、読みは「アライン」であるため、イラストの「ラインモンスター」はこれを意識して登場していると思われる。
    • なお、イラストの2体は英語名では「ラインモンスター」に該当する部分が削除されており、TCGプレイヤーOCG版の名前を知らない限りこの洒落が理解しにくい。
      海外先行カードでありながらこの様なネタを仕込むのはかなり珍しいケースと言える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


広告