【イビルツイン】

デッキの概要

 デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズで登場したイビルツインを主軸としたコントロールデッキ
 キスキルリィラの互いをサポートしあう効果で、アドバンテージを稼ぎつつ立ち回る動きが特徴。

《Live☆Twin キスキル》
効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻 500/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他のモンスターが存在せず、
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手モンスターが攻撃宣言する度に、自分は500LP回復する。
《Live☆Twin リィラ》
効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 500/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他のモンスターが存在せず、
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「キスキル」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は500LP払わなければ攻撃宣言できない。
《Evil★Twin キスキル》
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/悪魔族/攻1100
「キスキル」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在し、
このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在しない場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の墓地から「リィラ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
このターン、自分は悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
《Evil★Twin リィラ》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1100
「リィラ」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在し、
このカードが特殊召喚に成功した場合に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在しない場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の墓地から「キスキル」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
このターン、自分は悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
《シークレット・パスフレーズ》
通常魔法
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ライブツイン」魔法・罠カード
または「イビルツイン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
代わりに「イビルツイン」モンスター1体を手札に加える事もできる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ライブツイン
 召喚・特殊召喚に成功した場合に、相方をリクルートする共通効果を持ち、初動カードとして機能する。
 これらをいかに初手で握るかが重要と言っても過言ではない。

イビルツイン

─その他のモンスター
 召喚権はできる限りライブツインの2体に割きたいため、他のモンスター特殊召喚が可能であったり、手札発動する効果を持つものが望ましい。
 また自分フィールドモンスターが存在するとライブツインリクルート効果発動できないため、《サイバー・ドラゴン》のような条件を持つものは採用しづらく、リンク素材要員にする場合はイビルツインの展開後でも特殊召喚できるものが必要になる。
 特にライブツイン手札に来なかったり、展開を阻害されたりした際でも戦えるものは用意しておいて損はなく、ステータスの低いイビルツイン戦闘方面でサポートできると尚よいだろう。
 メインデッキモンスターであればイビルツインエクストラデッキから悪魔族以外が特殊召喚できなくなる制約は気にならないため、汎用性が高く単体運用しやすいものからデッキとのシナジーを意識して採用してみるとよい。

エクストラデッキモンスターについて

イビルツイン
 相方を蘇生する効果と相方が存在する時に特殊召喚に成功した場合に発動できる効果を持つこのデッキアドバンテージ獲得の要となるリンクモンスターである。
 なお、リンク素材縛りキスキルリィラ指定なので適当なモンスターを1体用意すれば、自身を使って同名リンクモンスターリンク召喚することもできる。

─その他のリンクモンスター
《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》種族《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》効果使用後の制約の関係上、悪魔族サイバース族が中心となる。

リンクモンスター以外

魔法・罠カードについて

─【イビルツイン】のサポートカード

─その他の魔法・罠カード

戦術

 まずは《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》のどちらかを召喚特殊召喚して、相方をリクルートする。
 次に《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》のどちらかをリンク召喚し、そのリンクモンスター蘇生効果リンク素材にしたライブツインを蘇生し、今度は先のリンク召喚で出さなかった方のリンクモンスターリンク召喚
 蘇生効果発動して、リンク素材にしたリンクモンスター蘇生することにより、1枚ドロー又は1枚破壊効果発動
 その後、それら2体のリンクモンスターリンク素材に2体目の《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の片方をリンク召喚する。
 これにより、次の相手ターンに再び蘇生効果特殊召喚効果発動できるようになり、それによってじわじわと相手とのアドバンテージ差を広げていく。

展開例

 例1:手札《Live☆Twin キスキル》(または《Live☆Twin リィラ》)1枚からリンク2〜4の悪魔族を用意できる。

条件:手札《Live☆Twin キスキル》自分フィールドモンスターが0。
結果:1枚ドローフィールドリンク2〜4の悪魔族
※手順2.で《Evil★Twin リィラ》リンク召喚すれば手順5.で得られるものは1枚ドローから1枚破壊に変わる。
 また、《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》は入れ替えても成立する。
 上記の戦術で述べたように、6.で出すリンクモンスター《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》にすれば、相手メインフェイズで再び5.の構えを取れる。
 

  1. 《Live☆Twin キスキル》召喚し、効果《Live☆Twin リィラ》特殊召喚
  2. 2体をリンク素材《Evil★Twin キスキル》リンク召喚
  3. 《Evil★Twin キスキル》効果により《Live☆Twin リィラ》蘇生
  4. 《Evil★Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》リンク素材《Evil★Twin リィラ》リンク召喚
  5. 《Evil★Twin リィラ》効果《Evil★Twin キスキル》蘇生
  6. 2体でリンク2〜4の悪魔族リンク召喚

 例2:上記の展開に《Live☆Twin エントランス》が加われば、さらに強力な布陣を築ける。

条件:手札《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin エントランス》手札コスト1枚、自分フィールドモンスターが0。
結果:1枚手札交換、1枚ドロー、1枚破壊フィールド《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》リンク2〜4のリンクモンスター

  1. 《Live☆Twin キスキル》召喚し、(1)の効果《Live☆Twin リィラ》特殊召喚
  2. 《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》をそれぞれ単体でリンク素材に、《リンク・ディサイプル》《リンク・ディヴォーティー》リンク召喚
  3. 《リンク・ディサイプル》効果《リンク・ディヴォーティー》リリースリンクトークン2体を特殊召喚
  4. リンクトークン2体で《I:Pマスカレーナ》リンク召喚
  5. 《Live☆Twin エントランス》で2体目の《Live☆Twin キスキル》リクルートし、《リンク・ディサイプル》と共に《Evil★Twin キスキル》リンク召喚
  6. 展開例1の3.〜5.と同様の行動をして、ターンを終了。
  7. 相手メインフェイズ時に、《I:Pマスカレーナ》効果《Evil★Twin リィラ》《I:Pマスカレーナ》リンク素材リンク2〜4のリンクモンスターリンク召喚
  8. 《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》蘇生

 《Live☆Twin エントランス》は、通常召喚した《Live☆Twin キスキル》(または《Live☆Twin リィラ》)のリクルート効果が妨害された場合のリカバリーにもなり、手札消費は増えるが展開例1に持っていくことができる。

このデッキの弱点

 初動が基本的に《Live☆Twin キスキル》《Live☆Twin リィラ》ありきなので、それを《灰流うらら》などで妨害されると機能不全に陥る危険がある。
 基本となる動きとして蘇生リンク召喚を繰り返し途中で止める事も難しいため、《増殖するG》発動されると大量のドローを許してしまう他、《原始生命態ニビル》刺さる
 攻撃力も全体的に低く、高い攻撃力モンスターを複数展開されると除去が追い付かなくなることも多い。
 墓地への依存度が高いため、除外にも弱くキスキルリィラモンスターのどちらかが除外されて墓地から消えれば、展開がストップしてしまう。
 悪魔族サイバース族の混合デッキではあるが、サイバース族2体から悪魔族リンク召喚するのが基本戦術の為、種族メタ《群雄割拠》《センサー万別》のどちらにも弱い。
 ただし、《群雄割拠》についてはサイバース族だけで展開できれば《アクセスコード・トーカー》で突破できるため、エクストラデッキにはサイバース族の連続リンク召喚ギミックを搭載しておきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告