*《ゴブリン&ruby(とつげきぶたい){突撃部隊};/Goblin Attack Force》 [#l53b8c4b]
 効果モンスター
 星4/地属性/戦士族/攻2300/守   0
 このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
 次の自分ターン終了時までこのカードは表示形式を変更できない。

 [[Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−]]で登場した、[[地属性]]・[[戦士族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[表側守備表示]]になり、自身の[[表示形式]]の変更を封印する[[永続効果]]を持つ。~

 [[攻撃]]後に強制的に[[守備表示]]となるため一撃しか見舞えない場合が大半だが、[[下級モンスター]]としては破格の[[攻撃力]]を誇る。~
 2[[ターン]][[守備表示]]になる[[デメリット]]は確かに少々の難ではあるが、使い捨ての強力[[アタッカー]]としては十分な性能である。~
 先攻で出せば牽制になり、[[除去]]カードに近い感覚で運用するのであれば、ただの使い捨てではなく一回限りの[[攻撃]]を防ぐ盾にもなる。~
 無論、直撃を与えられたのなら、十分な痛手を被らせることも可能。~
 先攻で出せば牽制になり、[[除去]][[カード]]に近い感覚で運用するのであれば、ただの使い捨てではなく一回限りの[[攻撃]]を防ぐ盾にもなる。~
 無論、直撃を与えられたのなら、十分な痛手を被らせる事もできる。~

 [[《スチームロイド》]][[《ゴブリンエリート部隊》]]等、少し違った能力を持つ[[デメリット]][[アタッカー]]が存在する。~
 だが、こちらは[[《増援》]][[《戦士の生還》]]といった[[戦士族]]の[[サポートカード]]の[[効果]]を受ける事ができる[[メリット]]がある。~
 [[《異次元の女戦士》]][[《D.D.アサイラント》]][[《ならず者傭兵部隊》]]等と共に[[《増援》]]で[[サーチ]]できるのは大きい。~
 この[[カード]]一番の魅力は、奇襲性があること。~
 [[相手]]からしても、条件なしでいきなり[[攻撃力]]2300の[[モンスター]]を[[召喚]]されるのは脅威であろう。~
 だが、こちらは[[《増援》]][[《戦士の生還》]]等の[[戦士族]]の[[サポートカード]]の[[効果]]を受ける事ができる[[メリット]]がある。~
 [[《異次元の女戦士》]][[《D.D.アサイラント》]][[《ならず者傭兵部隊》]]等と共に[[《増援》]]によって[[サーチ]]する事ができるのは大きい。~
 この[[カード]]一番の魅力は、奇襲性がある事。~
 [[相手]]からすれば条件なしでいきなり[[攻撃力]]2300の[[モンスター]]を[[召喚]]されるのは脅威であろう。~

 [[【戦士族】]]や、[[《増援》]]を使う[[デッキ]]ならば、使い捨ての強力[[アタッカー]]として活躍できる。~
 [[【戦士族】]]や、[[《増援》]]を使う[[デッキ]]ならば、使い捨ての強力[[アタッカー]]として活躍する事ができる。~
 [[上級モンスター]]である[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]や[[《ホルスの黒炎竜 LV6》]]とも相殺が見込める。~
 [[《コマンド・ナイト》]]、[[《連合軍》]]などがあれば[[攻撃力]]2400を上回り[[帝]]や[[《ネフティスの鳳凰神》]]すら殴り倒せる。~
//こういう理論は際限がなくなる。

 [[《最終突撃命令》]]か[[《スキルドレイン》]]を使えば毎[[ターン]][[攻撃]]が可能となるため、[[コンボ]]として使われることがある。~
 [[相手]]が[[守備表示]]の《ゴブリン突撃部隊》を[[攻撃]]した際に[[《最終突撃命令》]]を[[発動]]する事で、そのまま[[攻撃モンスター]]を迎撃できる。~
 [[《最終突撃命令》]]か[[《スキルドレイン》]]を使えば毎[[ターン]][[攻撃]]が可能となるため、[[コンボ]]として使われる事がある。~
 [[相手]]が[[守備表示]]の《ゴブリン突撃部隊》を[[攻撃]]した際に[[《最終突撃命令》]]を[[発動]]する事で、そのまま[[攻撃モンスター]]を迎撃する事ができる。~
 [[モンスター効果]]によって[[守備表示]]になっていた時以外に、元々[[裏側守備表示]]で[[フィールド]]に[[セット]]していた場合も、問題なく迎撃可能。~
 詳しくは[[《最終突撃命令》]]の項を参照。

 ちなみに、[[《魔法の筒》]][[《攻撃の無力化》]]等で、[[攻撃]]自体を[[無効]]化された場合は[[守備表示]]にならない。~
 また、[[《薄幸の美少女》]][[《閃光弾》]]等で[[守備表示]]になるべきタイミングを飛ばされた場合も[[守備表示]]にはならない。~
 ちなみに、[[《魔法の筒》]]や[[《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》]]などによって[[ダメージ計算]]に至らなかった場合、自身の[[永続効果]]によって[[守備表示]]にならない。~
 また、[[《薄幸の美少女》]][[《閃光弾》]]などによって、自身の[[永続効果]]によって[[守備表示]]になるべきタイミングが訪れなかった場合も自身の[[永続効果]]によって[[守備表示]]にはならない。~

-「[[表示形式]]を変更できない[[効果]]」は「[[カードの効果]]ではない『1[[ターン]]に1度』の[[表示形式]]変更ができない」という意味である。~
「[[表示形式]]変更を含む[[効果]]は[[発動]]できず[[無効]]になる」という意味ではない。
-「[[表示形式]]を変更する事ができない[[永続効果]]」は「[[カード]]の[[効果]]ではない『1[[ターン]]に1度』の[[表示形式]]の変更ができない」という意味である。~
「[[表示形式]]変更を含む[[効果]]は[[発動]]する事ができず[[無効]]になる」という意味ではない。

-第2期の頃は、[[《ヴァンパイア・ロード》]]等を[[戦闘で破壊>戦闘破壊]]するために[[《黒き森のウィッチ》]]から[[サーチ]]されていた。~
-第2期の頃は、[[《ヴァンパイア・ロード》]]などを[[戦闘で破壊>戦闘破壊]]するために[[《黒き森のウィッチ》]]から[[サーチ]]されていた。~

-第1期シリーズで登場した強烈な[[デメリット]][[アタッカー]]である[[《地雷蜘蛛》]]よりも100ポイント[[攻撃力]]が高い。~
さらに[[デメリット]]も[[守備表示]]になるだけで、直接的な被害は少ない。~
この[[カード]]が初めて登場した当時にしては革新的で、かなり騒がれた。~
その結果として再録パックでは[[レアリティ]]が[[ノーマル>Normal]]から[[スーパーレア>Super]]に昇格し、現在でも[[下級>下級モンスター]][[デメリット]][[アタッカー]]における一つの基準となっている。

-第2期初期から登場し、以降地味にカード[[イラスト]]に登場し続けている。~
「[[《絶対魔法禁止区域》]]」「[[《アースクエイク》]]」「[[《ハンマーシュート》]]」など、よく「やられ役」となっているので目にする機会は多い。~
魔法や罠の[[効果]]を我が身をもって喰らう事でカード[[イラスト]]に体現している、影の功労者である。~
カード[[イラスト]]に登場するたびに毎度毎度ロクな目にあっていない。~
[[魔法カード]]や[[罠カード]]の[[効果]]を我が身をもって喰らう事で[[カード]]の[[イラスト]]に体現している、影の功労者である。~
[[カード]]の[[イラスト]]に登場するたびに毎度毎度ロクな目にあっていない。~
時々[[休息>《トークン謝肉祭》]]をとって楽しそうにしているのは伺えるのだが、休んでいる間に[[襲われて>《反撃準備》]]、結局[[ロクな目にあわない>《本陣強襲》]]。~
他にも[[石化させられた事>《メデューサ・ワーム》]]や[[精気を吸われた事>《精気を吸う骨の塔》]]、[[小さくなった事>《ミクロ光線》]]もあり、[[敵>《巨人ゴーグル》]]を倒したかと思えば[[道連れにされてしまう>《二重の落とし穴》]]。~
さらには[[《侵食細胞「A」》]]に寄生されて[[操られ>《集団催眠》]]、挙句の果てに[[爆破>《細胞爆破ウイルス》]]までされる始末。~
[[《トゥーン・ゴブリン突撃部隊》]][[《ゴブリンエリート部隊》]][[《ゴブリン暗殺部隊》]][[《ゴブリン偵察部隊》]][[《ゴブリン陽動部隊》]]など類似[[カード]]も多く、[[《成金ゴブリン》]]同様、スタッフやデュエリストに愛されている[[カード]]の1枚。

-原作・アニメにおいて―~
アニメにおける、「DDM編」のオリジナル[[デュエル]]「城之内vs御伽」戦において城之内が使用。~
用意されたパックを用いて即興で作り上げた[[デッキ]]の中に入っていたものであり、その打撃力で御伽に痛手を与える。~
しかし、最終的にはこのカードの[[デメリット]]を突かれ、御伽に逆転のチャンスを与えてしまう。~
その後の「乃亜編」以降では、城之内の[[デッキ]]の中に入っている事が確認できる。~
BIG3(大岡)に追い込まれた城之内は、[[ギャンブル]]カード《苦渋の決断》でこのカードを場に出し、逆転勝利した。~
また、「KCグランプリ編」の「城之内vsマスク・ザ・ロック」戦でも城之内が[[召喚]]。~
[[攻撃]]を仕掛けるも[[《旅人の試練》]]の[[効果]]により[[手札]]へ戻されてしまったが、最終的には勝利に貢献した。~
//マスク・ザ・ロックにダイレクトアタックする時の攻撃の仕方が「オヤジ狩り」や「高齢者虐待」のようであった。~
//こういう場でこういった表現は不適切では?
なお、[[召喚]]されるゴブリンの数は3体だったり5体だったりと不規則である。~
//ジーク戦では3体、ロックの時は5体。
//アニメGXではプロデュリストも使用。首に首飾りをつけ攻撃力が2000になっていて
//攻撃はおちゃらけた感じだった
//それは《ゴブリン舞踏隊》という未実装のカード

--アニメGXの異世界(第2階層)で登場。~
どうやら、[[暗黒界]]の[[モンスター]]達の配下に当たるらしい。

--アニメGXで[[バオウ>《ガーディアン・バオウ》]]が使用した[[永続罠]]《レベル包囲網−グラビティ・ゲイン−》、ミスターTが使用した[[速攻魔法]]《パワー・ギフト》等の[[イラスト]]に登場している。~
あちらの世界でも多くの[[カード]]の[[イラスト]]に登場しているものの、やられ役が多いようである。~

--アニメ5D'sではチーム・サティスファクション時代の回想シーンでジャックとデュエルしたM地区のデュエリストが使用している。~
[[守備表示]]になっている所を[[《ツイン・ブレイカー》]]に倒された。~
「遊星vsルドガー(ラリー)」戦にて、ルドガーが[[フィールド]]上の[[昆虫族]]以外の[[モンスター]]に対して、この[[カード]]と同じ[[効果]]を与える[[フィールド魔法]]《スパイダーウェブ》を使用した。~
--アニメ5D'sではチーム・サティスファクション時代の回想シーンにおいて、ジャックと[[デュエル]]したM地区のデュエリストが使用している。~
[[守備表示]]になっている所を[[《ツイン・ブレイカー》]]に[[戦闘破壊]]された。~
「遊星vsルドガー(ラリー)」戦において、ルドガーが[[フィールド]]上の[[昆虫族]]以外の[[モンスター]]に対して、この[[カード]]と同じ[[効果]]を与える[[フィールド魔法]]《スパイダーウェブ》を使用した。~

**関連カード [#h70617d8]
―ゴブリン部隊
-[[《ゴブリンエリート部隊》]]
-[[《ゴブリン暗殺部隊》]]
-[[《ゴブリン偵察部隊》]]
-[[《ゴブリン陽動部隊》]]

―このカードの[[トゥーン]]
-[[《トゥーン・ゴブリン突撃部隊》]]

―[[攻撃]]後、[[守備表示]]になる[[モンスター]]
-[[《アックス・ドラゴニュート》]]
-[[《サーチ・ストライカー》]]
-[[《ジャイアント・オーク》]]
-[[《スピア・ドラゴン》]]
-[[《不屈闘士レイレイ》]]
-[[《竜影魚レイ・ブロント》]]
-[[《D−HERO ダッシュガイ》]]
-[[《E・HERO ダーク・ブライトマン》]]
-[[《アルカナフォースEX−THE DARK RULER》]]

―《ゴブリン突撃部隊》の姿の見られるカード
―《ゴブリン突撃部隊》の姿の見られる[[カード]]
-[[《精気を吸う骨の塔》]]
-[[《メデューサ・ワーム》]]
-[[《アースクエイク》]]
-[[《絶対魔法禁止区域》]]
-[[《ハンマーシュート》]]
-[[《トークン収穫祭》]]
-[[《トークン謝肉祭》]]
-[[《反撃準備》]]
-[[《本陣強襲》]]
-[[《ミクロ光線》]]
-[[《振り出し》]]
-[[《集団催眠》]]
-[[《細胞爆破ウイルス》]]
-[[《二重の落とし穴》]]

**収録パック等 [#v4f96474]
-[[BEGINNER'S EDITION 1]] BE1-JP202 &size(10){[[Super]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.3]] DL3-037 &size(10){[[Super]]};
-[[Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−]] TB-44
-[[STRUCTURE DECK−城之内編−]] JY-16
-[[ストラクチャーデッキ−戦士の伝説−]] SD5-JP004

**FAQ [#vfb1dd3b]
Q:[[守備表示]]になる[[効果]]は[[チェーン]]に乗りますか?~
A:乗りません(08/08/20)
Q:[[守備表示]]になる[[効果]]は[[チェーンブロック]]を作りますか?~
A:いいえ。[[永続効果]]なので[[チェーンブロック]]は作られません(08/08/20)

Q:[[セット]]状態の[[《グラビティ・ボール》]]を[[攻撃]]しました。~
  この場合、《ゴブリン突撃部隊》は自身の効果ではなく[[《グラビティ・ボール》]]の[[効果]]で[[守備表示]]になりますが、次ターンに[[攻撃表示]]になれますか?~
A:なれません。[[攻撃]]が成功したならば、別の[[効果]]で[[守備表示]]になっても「表示形式変更不能の制約」は適用されます。
Q:《ゴブリン突撃部隊》が[[裏側表示]]の[[《グラビティ・ボール》]]を[[攻撃]]しました。~
  この場合、《ゴブリン突撃部隊》は自身の[[永続効果]]ではなく[[《グラビティ・ボール》]]の[[リバース効果]]によって[[守備表示]]になりますが~
  次の[[ターン]]に[[攻撃表示]]に変更する事ができますか?~
A:いいえ、できません。[[ダメージ計算]]まで行ったのであれば、別の[[効果]]によって[[守備表示]]になった場合であっても「表示形式変更不能の制約」は適用されます。

Q:[[攻撃]]し[[守備表示]]になったこの[[モンスター]]が、次の[[相手]][[ターン]]に[[《強奪》]]されました。~
  [[相手]]は、[[《強奪》]]したターンにこの[[モンスター]]を[[攻撃表示]]にできますか?~
Q:《ゴブリン突撃部隊》が[[攻撃]]し[[守備表示]]になった次の[[相手]][[ターン]]に[[《強奪》]]により[[相手]]が[[コントローラー]]になりました。~
  [[相手]]は、[[コントロール]]を得たこの[[ターン]]にこの《ゴブリン突撃部隊》を[[攻撃表示]]に変更する事ができますか?~
A:[[表示形式]]変更の制約は、「[[効果]]が適用された[[プレイヤー]]の[[ターン]]」をカウントする基準にします。~
  途中で[[コントロール]]が移動してもその基準は変わらないため、[[相手]]はその[[ターン]]に([[カードの効果]]以外では)[[表示形式]]変更できません。
  途中で[[コントロール]]が移動してもその基準は変わらないため、[[相手]]はその[[ターン]]に([[カードの効果]]以外では)[[表示形式]]変更する事ができません。