*暗黒界/Dark World [#o932d154]
 [[ELEMENTAL ENERGY]]で登場した「暗黒界」の名を持つ[[モンスター]]群。~
 属する[[モンスター]]の全てが[[闇属性]]の[[悪魔族]]で統一されており、[[効果]]は[[手札]]から捨てられたときに[[発動]]するものが多い。~
*&ruby(あんこくかい){暗黒界};/Dark World [#top]
 [[ELEMENTAL ENERGY]]で[[カテゴリ]]化した「暗黒界」と名のついた[[カード]]群。~
 属する[[モンスター]]は全て[[闇属性]]・[[悪魔族]]で統一されており、一部を除く[[効果モンスター]]は[[効果]]で[[手札]]から[[墓地へ捨てられた]]場合に[[発動]]する[[誘発効果]]を持つ。~

-暗黒界の「[[効果]]で[[手札]]から[[墓地]]に[[捨てられた>捨てる]]ときに[[発動]]」する[[誘発効果]]について。
--「[[効果]]で[[墓地に捨てられた>墓地に捨てる]]とき[[発動]]する[[効果]]」である。
---「[[コスト]]として[[捨てた>捨てる]]」場合には[[効果]]が[[発動]]しない。~
[[効果発動時]]に[[発動]]と同時に[[手札]]を[[捨てて>捨てる]]も暗黒界の誘発効果は発動しない。~
例:[[《マジック・ジャマー》]]の[[手札コスト]]では発動しない。
---「[[効果]]で[[手札]]から[[墓地に送られた>墓地に送る]]」場合も[[発動]]しない。~
-共通[[効果]]について。~
--現在のところ全て[[強制効果]]で、[[捨てた>捨てる]]後に別の処理を挟む[[《暗黒界の門》]]や、[[チェーン]]2以降に[[発動]]した[[《罰則金》]]で[[捨てた>捨てる]]場合でも[[タイミングを逃す]]ことはない。~

--「[[相手]]の[[効果]]によって[[墓地に捨てられた>墓地に捨てる]]」時[[発動]]する[[効果]]は、基本的に「[[相手]]の[[コントロール]]するカードの[[効果]]」で、という意味である。
---元々が[[自分]]のカードである[[《メタモルポット》]]を[[相手]][[フィールド]]上に[[コントロール転移]]し発動させた場合、[[相手]]の[[効果]]という扱いになる。~
逆に元々が[[相手]]の[[カード]]を[[自分]][[フィールド]]上で[[発動]]させても[[相手]]の[[効果]]とは扱わない。
--[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]等が[[相手]]の[[効果]]で捨てられた場合、「[[蘇生]][[効果]]」と「追加[[効果]]」は1つの[[効果]]として処理される。~
「[[蘇生]]してから追加[[効果]]の[[発動]]」ではないため、手順をミスしないよう注意。
--→「[[自分]]の[[手札]]を[[捨てる]][[効果]]を持つカード」は[[捨てる]]の項目参照。
---''「[[コスト]]として[[捨てた>捨てる]]場合」には[[効果]]が[[発動]]しない。''~
例:[[《サンダー・ブレイク》]]や[[《天罰》]]等の[[手札コスト]]では[[発動]]しない。~

--DS用ソフトWCS2009の攻略本には「[[《全弾発射》]]で暗黒界の効果を発動させよう。」という''大嘘''が書いてあるが騙されないように。~
集英社の本は本当にミスが多い。
---[[効果]]による場合でも「[[捨てる]]」または「[[墓地へ捨てる]]」と[[テキスト]]に書かれているものでなければ[[効果]]は[[発動]]しない。~
例:[[《マッド・リローダー》]]や[[《手札断殺》]]等の「[[手札]]を[[墓地へ送る]]」と書かれている[[効果]]では[[発動]]しない。~

-「暗黒界」は英語の場合「Dark World」なのだが、[[《魔界の機械兵》]]など[[カード]]名に「Darkworld」と付くものがあり紛らわしい。
--一部の[[モンスター]]は[[相手]]の[[効果]]で[[墓地へ捨てられた]]場合に[[適用]]される「追加[[効果]]」とも言える[[効果]]を持つ。~
この時、[[自分]]の[[効果]]で[[捨てて>捨てる]]も[[発動]]する「基本の[[効果]]」と、[[相手]]の[[効果]]で[[捨てられた>捨てる]]場合の追加[[効果]]は1つの[[一連の効果]]として処理される。~

-[[レベル]]4以下の暗黒界[[モンスター]]はなぜか体の一部から粘液が垂れている。
---[[《剣闘獣ベストロウリィ》]]等は[[特殊召喚に成功した]]後に新たに[[チェーンブロック]]を作って[[除去]][[効果]]を発揮する。~
その一方で、[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]は[[蘇生]][[効果]]と[[除去]][[効果]]を1つの[[チェーンブロック]]で処理することになる。~
ただし、[[《暗黒界の魔神 レイン》]]については[[蘇生]][[効果]]と[[除去]][[効果]]でそれぞれ[[チェーンブロック]]を作る。~

---[[墓地]]での[[発動]]かつ1つの[[チェーンブロック]]で処理されるため、追加[[効果]]は[[《スキルドレイン》]]によって[[無効]]にされない。~

---基本の[[効果]]の処理後に追加[[効果]]の処理を行うため、基本の[[効果]]の処理を[[発動条件]]とする[[効果]]は[[タイミングを逃す]]。~
例:追加[[効果]]を[[適用]]した[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]に対して[[《奈落の落とし穴》]]は[[発動]]できない。~

---全てが[[強制効果]]だった基本の[[効果]]とは異なり、追加[[効果]]は[[強制効果]]のものと[[任意効果]]のものがある。~

--「[[相手]]の[[効果]]で[[墓地へ捨てられた]]」とは、基本的に「[[相手]]の[[コントロール]]する[[カードの効果]]で」という意味である。~
[[捨てる]][[カード]]を[[自分]]で選ぶ場合でも、それが[[相手]]が[[発動]]した[[《リグラス・リーパー》]]等の[[効果]]によるものなら、追加[[効果]]は[[発動]]する。~

---元々の[[持ち主]]が[[自分]]の[[《メタモルポット》]]を[[相手]][[フィールド]]に[[コントロール転移]]し[[発動]]させた場合、[[相手]]の[[効果]]という扱いになる。~
逆に、元々の[[持ち主]]が[[相手]]の[[カード]]を[[自分]][[フィールド]]で[[発動]]させても[[相手]]の[[効果]]として扱わないので注意。~

--現在、この[[効果]]を持っていない[[効果モンスター]]は[[《暗黒界の狂王 ブロン》]]と[[《暗黒界の斥候 スカー》]]の2体。~

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|[[カード名]]|基本の[[効果]]|>|追加[[効果]]|
|~|~|[[効果]]|強制・任意|
|[[《暗黒界の狩人 ブラウ》]]|1枚[[ドロー]]|1枚[[ドロー]]|[[強制効果]]|
|[[《暗黒界の策士 グリン》]]|[[フィールド]]の[[魔法・罠カード]]1枚を[[破壊]]|-|-|
|[[《暗黒界の刺客 カーキ》]]|[[フィールド]]の[[モンスター]]1体を[[破壊]]|-|-|
|[[《暗黒界の術師 スノウ》]]|暗黒界1枚を[[サーチ]]|[[相手]][[モンスター]]1体を[[自分]][[フィールド]]に[[守備表示]]で[[蘇生]]|[[任意効果]]|
|[[《暗黒界の尖兵 ベージ》]]|[[自己再生]]|-|-|
|[[《暗黒界の導師 セルリ》]]|[[相手]][[フィールド]]に[[守備表示]]で[[自己再生]]|-|-|
|[[《暗黒界の鬼神 ケルト》]]|[[自己再生]]|[[悪魔族]]1体を[[自分]]・[[相手]][[フィールド]]に[[リクルート]]|[[任意効果]]|
|[[《暗黒界の軍神 シルバ》]]|[[自己再生]]|[[相手]]は[[手札]]を2枚[[デッキボトム]]に[[戻す]]|[[強制効果]]|
|[[《暗黒界の闘神 ラチナ》]]|[[自己再生]]|[[悪魔族]]を[[単体強化]]|[[強制効果]]|
|[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]|[[自己再生]]|[[相手]][[フィールドのカード]]を2枚まで[[破壊]]|[[任意効果]]|
|[[《暗黒界の魔神 レイン》]]|-|[[自己再生]]&br;[[相手]][[フィールド]]の[[モンスター]]または[[魔法・罠カード]]を全て[[破壊]]|[[強制効果]]|
|[[《暗黒界の龍神 グラファ》]]|[[相手]][[フィールドのカード]]1枚を[[破壊]]|[[相手]]の[[手札]]を[[ランダム]]に1枚[[確認]]&br;[[モンスター]]の場合は[[自分]][[フィールド]]に[[特殊召喚]]できる|[[強制効果]]|

-「[[自分]]の[[手札]]を[[捨てる]][[効果]]を持つ[[カード]]」は、[[捨てる]]の項目を参照。~
代表的な[[カード]]としては[[《手札抹殺》]]・[[《暗黒界の取引》]]・[[《魔轟神レイヴン》]]等がある。~

-[[《暗黒界の術師 スノウ》]]の登場により、「暗黒界」と名のついた[[魔法・罠カード]]も正式にこの[[カテゴリ]]に含まれるようになった。~
また、暗黒界とは[[カード名]]も含め直接の関係はないが、この[[カテゴリ]]のために設計したと思われる[[カード]]もいくつか見られる。~
[[暗黒界の初登場時>ELEMENTAL ENERGY]]に収録された[[《闇の取引》]]や、[[暗黒界のストラクチャーデッキ>ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−]]収録の[[《暗黒の謀略》]]等がこれにあたる。~

-第5期以降新規[[カード]]が登場しなくなったが、第7期の[[ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−]]で再登場を果たす。~
[[《暗黒界の番兵 レンジ》]]が登場した[[TACTICAL EVOLUTION]]から、およそ4年の年月を経ての復活であった。~
その後は再びまとまった輩出は途絶えるが、[[EXTRA PACK 2012]]で[[《暗黒界の闘神 ラチナ》]]、[[PRIMAL ORIGIN]]で[[《暗黒界の鬼神 ケルト》]]、更に[[CODE OF THE DUELIST]]にて[[《暗黒界の洗脳》]]が登場。~
[[《暗黒界の闘神 ラチナ》]]以後のそれらは間隔も空き、他の暗黒界関連[[カード]]の再録の無いパックであり、非常に分散した収録状態が続いている。~

-「暗黒界」が[[カテゴリ]]になる前に登場していた[[《ジェノサイドキングサーモン》]]の[[フレイバー・テキスト]]内にもその存在が示されている。~
また[[《ジェノサイドキングサーモン》]]と[[《暗黒の海竜兵》]]の[[フレイバー・テキスト]]では、「暗黒海」という良く似た単語が登場している。~

-[[《暗黒界の騎士 ズール》]]・[[《暗黒界の番兵 レンジ》]]の[[フレイバー・テキスト]]を見る限りでは暗黒界の住民達は邪悪な感じは無さそうである。~
「マスターガイド2」でも、「見た目は怖いけど、本当は優しい」と説明されている。~
しかし下記のアニメでの登場に関する記述を読めば、アニメでは残虐な集団であることが分かり、OCGとアニメとで設定に大きな違いがある。~
[[マスターガイド2>書籍付属カード#MG2]]でも、「見た目は怖いけど、本当は優しい」「[[モンスター]]を外見で判断しちゃいけないぜ!」と説明されており、暗黒界の平和と住人を守る戦士たちであると解説されている。~
また[[コアキメイル]]の設定によれば、[[ライトロード]]との戦争が近いと解説されている。~

-[[モンスター]]の名前は、全て「色」に関係する英語から取られている。~
これにアニメオリジナル(未OCG)の暗黒界[[モンスター]]も加えると、以下の通り。
--[[モンスター]]の[[名前>カード名]]は、全て「色」に関係する英単語に由来しており、それに相当する色が体の一部に使われている。~
こちらの詳細に関しては「暗黒界」と名のついた各[[モンスター]]の個別のページをそれぞれ参照。~

|CENTER: ''暗黒界一覧'' |CENTER: ''色'' |
|CENTER: [[《暗黒界の騎士 ズール》]] |CENTER: アズール(淡青色) |
|CENTER: [[《暗黒界の番兵 レンジ》]] |CENTER: オレンジ(橙色) |
|CENTER: [[《暗黒界の斥候 スカー》]] |CENTER: スカーレット(緋色) |
|CENTER: [[《暗黒界の策士 グリン》]] |CENTER: グリーン(緑色) |
|CENTER: [[《暗黒界の刺客 カーキ》]] |CENTER: カーキ(枯れ木色) |
|CENTER: [[《暗黒界の狩人 ブラウ》]] |CENTER: ブラウン(茶色) |
|CENTER: [[《暗黒界の尖兵 ベージ》]] |CENTER: ベージュ(灰黄色) |
|CENTER: [[《暗黒界の狂王 ブロン》]] |CENTER: ブロンズ(青銅色) |
|CENTER: [[《暗黒界の軍神 シルバ》]] |CENTER: シルバー(銀色) |
|CENTER: [[《暗黒界の武神 ゴルド》]] |CENTER: ゴールド(金色) |
|CENTER: [[《暗黒界の魔神 レイン》]] |CENTER: レインボー(虹色) |
|CENTER:  《暗黒界の導師 セルリ》 |CENTER:  セルリアン(青空色)|
|CENTER:  《暗黒界の発掘師 コバル》|CENTER: コバルト(濃青色)|
|CENTER:  《暗黒界の混沌王 カラレス》 |CENTER:  カラーレス(無色)|
--未[[OCG]]の《暗黒界の発掘師 コバル》はコバルトブルーで濃青色、《暗黒界の混沌王 カラレス》はカラーレスで無色を意味する。~
なお《暗黒界の混沌王 カラレス》は姿形が明らかになっていないため、体に対応する色が使われているかは不明となっている。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXで登場しており、異世界(第2階層)で人々を支配している集団である。~
別の次元の世界で伝説に伝わる怪物たちだったのだが、この世界では実体化している。~
戦士たちを収容所に強制幽閉し、女子供老人の多くを虐殺したらしい。~
劇中でデュエリストとして十代と[[デュエル]]をしたのは、[[《暗黒界の斥候 スカー》]]・[[《暗黒界の騎士 ズール》]]・[[《暗黒界の狂王 ブロン》]]の3体。~
「十代vs[[《暗黒界の狂王 ブロン》]]」戦では《暗黒界の導師 セルリ》・《暗黒界の発掘師 コバル》といったアニメオリジナルの[[カード]]が登場している。~
また《暗黒界路》という、[[デッキ]]から「暗黒界」と名の付く[[モンスター]]を[[手札]]に加え、その後[[手札]]を1枚[[捨てる]]という[[魔法カード]]も登場した。~
さらに、暗黒界最強の[[モンスター]]として《暗黒界の混沌王 カラレス》の存在が示唆されたが、結果的に[[フィールド]]に出されることはなかった。~
よって姿形は全くの不明であり、分かることは[[《超融合》]]によって[[融合召喚]]される[[融合モンスター]]であるという事と、その[[星の数>レベル]]はなんと[[三幻神]]を超える12ということだけである。~
アニメGXで登場しており、異世界(第2階層)で人々を支配している。~
同じく異世界に飛ばされた別の次元の人々の世界では伝説に伝わる怪物たちだったのだが、この世界では実体化しているらしい。~
また、アニメGXの暗黒界は弱き者を蹂躙する残虐な集団である。~

-コナミのゲーム作品において―~
遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONでは、プレイヤーが初めて課金した時にサービスで貰える[[ストラクチャーデッキ]]があるが、その中のひとつは暗黒界モンスターが含まれている[[【悪魔族】]][[デッキ]]である。~
初心者相手に[[ハンデス]]を行うとこちらが痛い目によく遭う。~
また[[遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE 3>ゲーム付属カード#jb54b06c]]では、[[オリジナルカード]]として《暗黒界の導師 セルリ》が登場する。~
--[[スカー>《暗黒界の斥候 スカー》]]、[[ズール>《暗黒界の騎士 ズール》]]、[[ブロン>《暗黒界の狂王 ブロン》]]の3体が劇中で[[デュエル]]を行っており、中でも[[ブロン>《暗黒界の狂王 ブロン》]]が[[【暗黒界】]]を使用している。~

**関連リンク [#ed7d20a6]
―暗黒界[[モンスター]]
-[[《暗黒界の騎士 ズール》]]
-[[《暗黒界の番兵 レンジ》]]
--未[[OCG]][[カード]]として[[効果モンスター]]《暗黒界の発掘師 コバル》、[[融合モンスター]]《暗黒界の混沌王 カラレス》、[[通常魔法]]《暗黒界路》が登場している。~
この内、《暗黒界の混沌王 カラレス》は劇中で直接登場せず存在が示唆されただけであり、[[カード名]]や[[レベル]]12の[[融合モンスター]]である事しか情報が明らかにされなかった。~
また[[サポートカード]]として[[永続魔法]]《邪心教典》とそれに付属する5種類の「邪心教義」[[速攻魔法]]が登場している。~

-[[《暗黒界の狩人 ブラウ》]]
-[[《暗黒界の狂王 ブロン》]]
-[[《暗黒界の策士 グリン》]]
-[[《暗黒界の刺客 カーキ》]]
-[[《暗黒界の斥候 スカー》]]
-[[《暗黒界の尖兵 ベージ》]]
**関連リンク [#link]
―「暗黒界」と名のついた[[モンスター]]~
 ※は「暗黒界」に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]
-[[通常モンスター]]
--[[《暗黒界の騎士 ズール》]]
--[[《暗黒界の番兵 レンジ》]]

-[[《暗黒界の軍神 シルバ》]]
-[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]
-[[効果モンスター]]
--[[《暗黒界の狩人 ブラウ》]]
--[[《暗黒界の狂王 ブロン》]]
--[[《暗黒界の策士 グリン》]]
--[[《暗黒界の刺客 カーキ》]]
--※[[《暗黒界の術師 スノウ》]]
--※[[《暗黒界の斥候 スカー》]]
--[[《暗黒界の尖兵 ベージ》]]
--※[[《暗黒界の導師 セルリ》]]

-[[《暗黒界の魔神 レイン》]]
--[[《暗黒界の鬼神 ケルト》]]
--[[《暗黒界の軍神 シルバ》]]
--[[《暗黒界の闘神 ラチナ》]]
--[[《暗黒界の武神 ゴルド》]]

―[[サポートカード]]
-[[《暗黒界に続く結界通路》]]
--[[《暗黒界の魔神 レイン》]]
--※[[《暗黒界の龍神 グラファ》]]

―「暗黒界」と名のついた[[魔法・罠カード]]~
 ※は「暗黒界」に関する[[効果]]を持つ[[魔法・罠カード]]

-[[通常魔法]]
--[[《暗黒界の雷》]]
--[[《暗黒界の援軍》]]
--[[《暗黒界の取引》]]

-[[速攻魔法]]
--※[[《暗黒界に続く結界通路》]]

-[[永続魔法]]
--[[《暗黒界の書物》]]

-[[フィールド魔法]]
--[[《暗黒界の門》]]

-[[永続罠]]
--※[[《暗黒界の洗脳》]]

―「暗黒界」に関する[[効果]]を持つ[[カード]]
-[[《暗黒よりの軍勢》]]

―その他のリンク
-[[《暗黒界の雷》]]
-[[《暗黒界の書物》]]
-[[《暗黒界の取引》]]

-[[【暗黒界】]]

-[[捨てる]]
-[[墓地に捨てる]]
-[[墓地へ捨てる]]

-[[カードの名前]]
-[[ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−]]

-[[カテゴリ]]

**FAQ [#faq]
Q:「元々の[[持ち主]]が[[自分]]の」[[《暗黒界の魔神 レイン》]]が[[相手]]の[[手札]]に存在しています。~
  [[自分]]の[[カードの効果]]で捨てさせた場合、「[[相手]]の[[効果]]によって[[墓地へ捨てられた]]」条件を満たせますか?~
A:いいえ、満たせません。~
  上記の場合、[[自分]]の[[カードの効果]]で捨てさせても[[相手]]の[[カードの効果]]で捨てられても「[[相手]]の[[効果]]によって[[墓地へ捨てられた]]」という条件は満たせません。(13/04/29)