*《エヴォルテクター シュバリエ/Evocator Chevalier》 [#obbf9bc7]
 デュアルモンスター
*《エヴォルテクター シュバリエ/Evocator Chevalier》 [#top]
 デュアル・効果モンスター
 星4/炎属性/戦士族/攻1900/守 900
 このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
 通常モンスターとして扱う。
 フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
 このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
 ●自分フィールド上に表側表示で存在する装備カード1枚を墓地へ送る事で、
 相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。
//英語名: ttp://s21.photobucket.com/albums/b283/shriek1/sd17_en/002.jpg
 (1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
 (2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
 ●自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送り、
 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
 その相手のカードを破壊する。

 [[ストラクチャーデッキ−ウォリアーズ・ストライク−]]で登場した[[炎属性]]・[[戦士族]]の[[下級]][[デュアル]][[モンスター]]。~
 [[再度召喚]]する事で、[[相手]][[フィールド上のカード]]を[[破壊]]する[[起動効果]]を得る。~
 [[ストラクチャーデッキ−ウォリアーズ・ストライク−]]で登場した[[炎属性]]・[[戦士族]]の[[下級>下級モンスター]][[デュアルモンスター>デュアル]]。~
 [[デュアルモンスター>デュアル]]共通の[[ルール効果]]を持ち、[[再度召喚]]する事で[[相手]][[フィールドのカード]]を[[破壊]]する[[起動効果]]を得る。~

 [[デメリット]][[アタッカー]]を除くと、[[下級]][[戦士族]][[モンスター]]の中ではトップクラスの[[攻撃力]]を持つので[[【戦士族】]]での採用が考えられる。~
 また、[[装備魔法]]を[[除去]][[カード]]に変換できるので、[[装備魔法]]主体の[[デッキ]]で使えるだろう。~
 [[効果]]は1[[ターン]]内の[[発動]]可能回数に制限がなく、[[破壊]]できる[[カード]]の種類や[[表示形式]]を問わないため、[[装備カード]]がある限り[[相手]][[フィールド上のカード]]を[[破壊]]し続けることが可能。~
 [[デメリット]]のない[[戦士族]][[下級モンスター]]、および[[下級]][[デュアルモンスター>デュアル]]の中でトップクラスの[[攻撃力]]を持つ。~
 また、[[デュアル]]関連カードには[[《昇華騎士−エクスパラディン》]]など同じ[[炎属性]]の[[戦士族]]が多く、これらと連携を取りやすい。~
 [[効果]]自体は汎用的だが、いかんせん[[デュアル]]という癖の強い性質の持ち主のため、[[【装備ビート】]]系[[デッキ]]に搭載しても[[召喚権]]不足に悩まされるだけである。~
 [[炎属性・戦士族軸【デュアル】>【デュアル】#decktype1]]で採用すべきであろう。~

 [[装備カード]]を[[手札]]に[[加える]]方法だが、[[《アームズ・ホール》]]は[[発動]]すると[[通常召喚]]権を失ってしまうため、[[デュアル]]であるこの[[カード]]とはやや相性が悪い。~
 よって、[[《スーペルヴィス》]]を[[サーチ]]する等の工夫が必要になるが、[[《泉の精霊》]]や[[《名工 虎鉄》]]も[[効果の発動]]まで手間がかかり、決して効率が良いとは言い難い。~
 やはりここは、毎[[ターン]]ノー[[コスト]]で[[装備カード]]を[[サーチ]]できる[[《パワー・ツール・ドラゴン》]]を共に並べたいところ。~
 最近では[[装備魔法]]の扱いに長けた[[ヴァイロン]]が登場したので、そちらと組み合わせても良いだろう。~
 [[再度召喚]]により、[[装備カード]]を[[除去]][[カード]]に変換できる[[起動効果]]を得る。~
 この[[効果]]は1[[ターン]]内の[[発動]]可能回数に制限がなく、[[破壊]]できる[[カードの種類]]を問わないため、[[装備カード]]がある限り[[相手]][[フィールドのカード]]を[[破壊]]し続けることが可能である。~
 [[コスト]]にする[[装備カード]]としては、[[墓地へ送られた]]場合に[[通常モンスター]]を[[蘇生]]できる[[《スーペルヴィス》]]が筆頭候補。~
 このカードを[[再度召喚]]状態にする手助けにもなるため一石三鳥となる。~
 この他、[[《昇華騎士−エクスパラディン》]]や[[《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》]]など、[[炎属性]]・[[戦士族]]には[[装備カード]]関連の[[カード]]が多い。~
 これらで確保した[[装備カード]]を[[除去]]に変換する[[カード]]として運用するのが良いだろう。~

 [[《神剣−フェニックスブレード》]]を使う事で、[[墓地コスト]]を[[除去]][[効果]]に変えることが可能となる。~
 [[墓地]]が肥えた状態ならば[[相手]]の[[フィールド]]をガラ空きにすることもできるだろう。~
 自身も[[戦士族]]であり[[シナジー]]が見込めるので、この[[カード]]を使う場合は合わせて採用したい。~
 [[デュアル]][[モンスター]]や[[【ローレベル】]]の[[通常モンスター]]を主軸に組む[[デッキ]]の場合は、[[《下克上の首飾り》]]など専用の[[装備魔法]]が多いのでこの[[カード]]も無理なく組み込める。~
 また同[[ストラクチャーデッキ]]に収録された[[《スーペルヴィス》]]は、即[[モンスター効果の発動]]に繋げられると同時に0:1交換を可能とする[[サポートカード]]となるため、是非合わせて投入したい。
-相性の良い[[装備カード]]や[[デッキ]]は以下の通り。~
//--[[《神剣−フェニックスブレード》]]:[[墓地]]の[[戦士族]][[モンスター]]2体を[[除去]][[効果]]に変えることが可能となる。~
//自身も[[戦士族]]であり[[シナジー]]が見込めるので、この[[カード]]を使う場合は合わせて採用したい。~

 [[《悪魔のくちづけ》]]や[[《デーモンの斧》]]といった[[装備魔法]]は、[[タイミングを逃す]]ため[[デッキ]]に[[戻す]][[効果]]は使えない。~
 また、[[装備カード]]は[[破壊]]ではなく[[墓地に送る]]ため、[[《盗人の煙玉》]]や[[《鎖付き爆弾》]]との[[コンボ]]は行えない。~
 その反面、[[《継承の印》]]や[[《再融合》]]を指定することで[[完全蘇生]]が可能となる。~
//FAQ参照
//できないっぽいような電話での回答。
//そのようなFAQは見当たらないし、そもそも問題が生じるような部分もなさそうなんだが
--[[《スーペルヴィス》]]:即[[モンスター効果の発動]]に繋げられると同時に0:1交換を可能とする[[サポートカード]]。~

 勘違いしがちだが、この[[カード]]自身に装備されている[[装備カード]]である必要はない。~
 [[【サクリファイス】]]や[[【Bloo−D】]]においては、[[吸収]]した[[モンスター]]や[[《契約の履行》]]を[[墓地に送る]]事ができる強力なパートナーとなってくれるだろう。~
 [[《ギガプラント》]]を中心とした[[【植物族】]]では、[[《スーペルヴィス》]]や[[《継承の印》]]の他にも[[《薔薇の刻印》]]や[[《植物連鎖》]]といった有用な[[装備カード]]の選択肢が豊富に存在するため、この[[モンスター]]を隠し味に投入するのも良いだろう。~
 また、[[《ビッグバン・シュート》]]を[[相手]][[モンスター]]に装備させて[[単体除去]]を兼ねる[[コンボ]]も問題なく行うことができる。~
--[[《ビッグバン・シュート》]]:[[相手]][[モンスター]]に[[装備]]させて[[単体除去]]を兼ねる[[コンボ]]が可能。~

 [[装備カード]]なら何でもよいので、[[装備魔法]]はもちろん[[ユニオン]][[モンスター]]や一部の[[罠カード]]も[[墓地に送る]]ことが可能。~
 [[《鎖付きブーメラン》]]等は状況に応じてあ使い分ける事ができるだろう。~
 [[ユニオン]]の[[《六武衆の御霊代》]]や[[《アーマー・ブレイカー》]]は[[戦士族]]であるため[[デッキ]]によっては十分活躍が見込める。~
 変わったところでは[[装備カード]]状態の[[《アームズ・エイド》]]も[[墓地に送る]]ことができる。~
 最後の一撃さえ安全に通せれば勝てるという状況では利用できる。~
--[[【サクリファイス】]]・[[【Bloo−D】]]:[[吸収]]した[[モンスター]]や[[《契約の履行》]]を[[墓地へ送る]]事ができる。~
[[《契約の履行》]]を[[破壊]]せずに[[墓地へ送る]]ことで、[[《サクリファイス》]]を[[完全蘇生]]できる。~
[[《簡易融合》]]で[[融合召喚]]できる[[《サウザンド・アイズ・サクリファイス》]]も併用しやすい。~

-[[表側表示]]で存在する[[装備カード]]しか[[墓地に送る]]ことができない。~
つまり[[《サクリファイス》]]の[[効果]]で[[裏側表示]]のまま[[装備カード]]になっている[[モンスター]]を[[墓地に送る]]ことができない。
--[[【植物族】]]:[[《ギガプラント》]]軸では[[《スーペルヴィス》]]や[[《継承の印》]]の他、[[《薔薇の刻印》]]や[[《植物連鎖》]]といった有用な[[装備カード]]の選択肢が豊富に存在する。~

-[[デュアル]][[モンスター]]の性質上[[効果]]を得る手間は掛かるものの、[[《ガーディアン・シール》]]の[[上位互換]]と見てほぼ間違いないだろう。~
[[墓地に送る]][[装備カード]]がこの[[カード]]に装備されたものでなくても構わない点、[[モンスター]]以外も[[破壊]]可能な点でこちらが勝っている。~
--[[《クロス・オーバー》]]:[[戦士族]]であるため、向こうの[[発動条件]]を満たせる。~
[[装備カード]]化と合わせて2枚の[[除去]]が可能。~

-[[デメリット]]のない[[レベル]]4以下の[[戦士族]]で最も高い[[攻撃力]]を持つのだが、[[《オネスト》]]の補助を受けられることや、[[融合]]によって様々な融合形態になれる[[《E・HERO アナザー・ネオス》]]の方が優先されやすい傾向にある。~
もっとも、[[効果]]や受けられる恩恵、投入を検討できる[[デッキ]]はそれぞれ違うので、一概に比較はできないのだが。
--[[《鎖付きブーメラン》]]:[[装備カード]]なら何でもよいので、一部の[[罠カード]]も[[墓地へ送る]]ことが可能。~
状況に応じて使い分ける事ができるだろう。~

-「シュバリエ(Chevalier)」とは、フランス語で騎士を意味する。~
「エヴォルテクター」は「エヴォリューション(evolution)」と「プロテクター(protector)」の造語だろうか。~
[[英語名]]の「evocator」は「呼び起こす人」や「降霊者」を意味する。
--[[焔聖騎士>聖騎士]]:[[レベル]]4のものは[[墓地]]から繰り返し[[装備カード]]にする事が可能で、[[《焔聖騎士−ローラン》]]は[[コスト]]にした際に追加で[[サーチ]]が行える。~
いずれも[[炎属性]]・[[戦士族]]である事から[[サポートカード]]も共有しやすい。~

//-原作・アニメにおいて―~
-[[発動]][[コスト]]について。~
--[[装備魔法]]を[[墓地へ送る]]のは[[コスト]]である。(09/07/09)~
[[《悪魔のくちづけ》]]や[[《デーモンの斧》]]などは[[タイミングを逃す]]ため[[デッキ]]に[[戻す]][[効果]]は使えない。~

---勘違いしがちだが、この[[カード]]自身に[[装備]]されている[[装備カード]]である必要はない。~

--[[装備カード]]は[[破壊]]ではなく[[墓地へ送る]]ため、[[《盗人の煙玉》]]や[[《鎖付き爆弾》]]との[[コンボ]]は行えない。~
その反面、[[《継承の印》]]や[[《再融合》]]を指定することで[[完全蘇生]]が可能となる。~

--[[表側表示]]で存在する[[装備カード]]しか[[墓地へ送る]]ことができない。~
つまり[[《サクリファイス》]]の[[効果]]で[[裏側表示]]のまま[[装備カード]]になっている[[モンスター]]を[[墓地へ送る]]ことができない。~

-[[デュアルモンスター>デュアル]]の性質上[[効果]]を得る手間は掛かるものの、[[《ガーディアン・シール》]]のほぼ[[上位互換]]となっている。~
[[墓地へ送る]][[装備カード]]がこの[[カード]]に装備されたものでなくても構わない点、[[モンスター]]以外も[[破壊]]可能な点でこちらが勝っている。~

-「シュバリエ(Chevalier)」とは、フランス語で騎士を意味する。~
「エヴォルテクター」は「エヴォリューション(Evolution)」と「プロテクター(Protector)」の造語だろうか。~
[[英語名]]の「Evocator」は「呼び起こす人」や「降霊者」を意味する。

-[[エヴォルド]]でも[[エヴォルダー]]でも[[エヴォルカイザー]]でもないため、[[【エヴォル】]]とは特に[[シナジー]]は無い。~
--特に、「エヴォルテクター」は[[TCG]]では[[【エヴォル】]]共通部分の「Evol」を持たない。~

-原作・アニメにおいて―~
漫画OCGストラクチャーズにおける「尚磨vsライト月子」戦で尚磨が使用。~
[[《デュアル・アブレーション》]]で[[リクルート]]され、[[アタッカー]]として活躍した。~

//-コナミのゲーム作品において―~

//-神話・伝承において―~

**関連カード [#yfeea128]
**関連カード [#card]
-[[デュアル]]
-[[《エヴォルテクター エヴェック》]]

-[[《フルール・ド・シュヴァリエ》]]
-[[《マドルチェ・シューバリエ》]]
-[[《DDプラウド・シュバリエ》]]

―類似[[効果]]を持つ[[モンスター]]
-[[《ガーディアン・シール》]]

―《エヴォルテクター シュバリエ》の姿が見られる[[カード]]
-[[《金剛真力》]]

**収録パック等 [#acd0fc44]
**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【デュアル】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ストラクチャーデッキ−ウォリアーズ・ストライク−]] SD17-JP002 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキR−ウォリアーズ・ストライク−]] SR09-JP006

**FAQ [#y9dcf073]
**FAQ [#faq]
Q:[[効果]]分類は何ですか?~
A:[[起動効果]]になります。(09/06/20)~
A:[[起動効果]]になります。(09/06/20)

Q:[[《戦線復活の代償》]]をこの[[カード]]に[[装備>装備カード]]させている状態で[[効果]]を[[発動]]しました。~
この時この[[カード]]は[[フィールド]]に存在していませんが、どういう処理になりますか?~
A:[[効果発動時]]にこの[[カード]]自身は[[墓地]]へ送られますが、その場合でも[[破壊]]する[[効果]]は[[適用]]されます。(09/06/21)~
Q:[[《戦線復活の代償》]]をこの[[カード]]に[[装備]]させている状態で[[効果]]を[[発動]]しました。~
  この時この[[カード]]は[[フィールド]]に存在していませんが、どういう処理になりますか?~
A:[[効果発動時]]にこの[[カード]]自身は[[墓地]]へ送られますが、その場合でも[[破壊]]する[[効果]]は[[適用]]されます。(09/06/21)

Q:[[《スキルドレイン》]]の[[効果]]が適用されたこの[[モンスター]]が[[フィールド]]に存在します。~
  [[《スーペルヴィス》]]を装備したこの[[モンスター]]は、[[効果の発動]]をして[[装備カード]]を[[コスト]]として[[墓地に送る]]ことができますか?~
  ([[効果]]は[[無効]]化されますが、[[効果の発動]]自体は可能ですか?)~
A:できます。なお、[[効果]]は[[無効]]化されます。(09/08/16)~
Q:[[《スキルドレイン》]]の[[効果]]が[[適用]]されたこの[[モンスター]]が[[フィールド]]に存在します。~
  [[《スーペルヴィス》]]を[[装備]]したこの[[モンスター]]は、[[効果を発動>モンスター効果の発動]]をして[[装備カード]]を[[コスト]]として[[墓地へ送る]]ことができますか?~
  ([[効果]]は[[無効]]化されますが、[[モンスター効果の発動]]自体は可能ですか?)~
A:[[効果]]は[[無効]]化されますが、[[発動]]はできます。(09/08/16)

Q:[[墓地に送る]]のは[[コスト]]ですか?~
Q:[[墓地へ送る]]のは[[コスト]]ですか?~
A:[[コスト]]です。(09/07/09)

Q:[[対象をとりますか>対象をとる(指定する)効果]]?~
A:とります。(10/05/28)

Q:[[相手]][[フィールド]]上に[[《剣闘獣の戦車》]]が伏せてあり、[[剣闘獣]][[モンスター]]が1体のみ存在しています。~
  [[自分]][[フィールド]]上には[[効果モンスター]]状態の《エヴォルテクター シュバリエ》がおり、[[相手]][[フィールド]]の[[剣闘獣]][[モンスター]]に[[自分]]の[[《ビッグバン・シュート》]]を装備してあります。~
Q:[[相手]][[フィールド]]に[[《剣闘獣の戦車》]]が伏せてあり、[[剣闘獣]][[モンスター]]が1体のみ存在しています。~
  [[自分]][[フィールド]]には[[効果モンスター]]状態の《エヴォルテクター シュバリエ》がおり、[[相手]][[フィールド]]の[[剣闘獣]][[モンスター]]に[[自分]]の[[《ビッグバン・シュート》]]を[[装備]]してあります。~
  [[《ビッグバン・シュート》]]を[[コスト]]に《エヴォルテクター シュバリエ》の[[効果]]を[[発動]]する場合、[[相手]][[モンスター]]はどのタイミングで[[除外]]されますか?~
  又、この状況で[[相手]]は[[《剣闘獣の戦車》]]を[[発動]]できますか? ~
A:[[コスト]]を払った時点で、[[剣闘獣]][[モンスター]]は[[除外]]されます。~
  よって、[[《剣闘獣の戦車》]]を[[発動]]するタイミングでは[[剣闘獣]][[モンスター]]は[[フィールド]]から既に存在しなくなっているので、[[《剣闘獣の戦車》]]は[[発動]]ができません。(09/07/09)

Q:[[相手]][[フィールド]]上に、[[自分]]が[[発動]]した[[《ビッグバン・シュート》]]を装備したモンスター1体のみが存在する場合、その[[《ビッグバン・シュート》]]をコストにして[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:[[コスト]]にした時点で、[[相手]][[フィールド]]上に[[カード]]が存在しなくなるため、[[効果]]を[[発動]]すること自体ができません。(09/09/12)
Q:[[相手]][[フィールド]]に、[[自分]]が[[発動]]した[[《ビッグバン・シュート》]]を[[装備]]したモンスター1体のみが存在する場合、その[[《ビッグバン・シュート》]]をコストにして[[効果]]を[[発動]]できますか?~
A:[[コスト]]にした時点で、[[相手]][[フィールド]]に[[カード]]が存在しなくなるため、[[効果]]を[[発動]]すること自体ができません。(09/09/12)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
Q:この[[カード]]が[[通常モンスター]]扱いの時に[[《スーペルヴィス》]]を[[装備]]し、[[《スーペルヴィス》]]を[[墓地]]へ送ってこの[[カードの効果]]を[[発動]]した場合、この[[カード]]に対して[[《エフェクト・ヴェーラー》]]の[[効果]]を[[発動]]する事はできますか?~
A:いいえ、[[《スーペルヴィス》]]を[[墓地]]へ送った時点で[[通常モンスター]]扱いに戻っているのでこの[[カード]]を選択して[[発動]]する事はできません。(12/05/16)

Q:この[[カード]]が[[通常モンスター]]扱いの時に[[《スーペルヴィス》]]を[[装備]]し、[[《スーペルヴィス》]]を[[墓地]]へ送ってこの[[カードの効果]]を[[発動]]した場合、この[[カード]]は[[通常モンスター]]扱いになってますが、この[[カード]]の[[効果]]に対して[[《天罰》]]を[[発動]]する事ができますか?~
A:はい、その場合でも[[効果モンスター]]の[[効果]]として[[発動]]しているので[[《天罰》]]を[[発動]]でき、その[[効果]]を[[無効]]にし[[破壊]]します。(12/05/16)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は遊戯王エキスパートルールHPで調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《エヴォルテクター シュバリエ》,モンスター,デュアルモンスター,効果モンスター,星4/炎属性/戦士族/攻1900/守900);