*《ポルターガイスト/Spiritualism》 [#v7558cf0]
*《ポルターガイスト/Spiritualism》 [#top]
 通常魔法
 相手フィールド上の罠・魔法カード1枚を持ち主の手札に戻す。
 (1):相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
 その相手のカードを持ち主の手札に戻す。
 このカードの発動と効果は無効化されない。

 [[Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−]]で登場した[[通常魔法]]。~
 [[効果]]は[[《ハリケーン》]]を弱体化させ、[[発動]]と[[効果]]を[[無効]]化されない、というもの。~
 この後者の[[効果]]は以下の恩恵がある。

+[[《マジック・ジャマー》]]、[[《神の宣告》]]、[[《光と闇の竜》]]、[[《ホルスの黒炎竜 LV8》]]等によって[[無効]]化されない([[【お触れホルス】]]を崩せる)~
+史上最悪の[[ロック]]である[[【トランス】]]を打ち破れる。 ~
(ただし、[[プレイ]]そのものができなくなる[[《禁止令》]]や[[《宇宙の収縮》]]、[[《マジック・キャンセラー》]]には無力)
+[[パーミッション]]に対抗できる
 [[効果]]範囲は[[《ハリケーン》]]に劣るが、[[発動]]と[[効果]]を[[無効]]化されない。~
 これにより[[パーミッション]]や[[《ホルスの黒炎竜 LV8》]]等の影響を受ける事がない。~
 そのため、これらを絡めた[[永続魔法]]・[[永続罠]]を多用する[[ロック]][[デッキ]][[相手]]には力を発揮するだろう。

 だが、この[[カードの発動]]に対して、対象にした[[魔法・罠カード]]を[[チェーン]]されてしまえば、当然のことながら[[手札]]に[[戻す]]ことはできない。~
 よって、[[チェーン]]されない[[魔法・罠カード]]([[永続魔法]]・罠や[[発動条件]]が限定されるカード等)しか狙うことができない。~
 ただし、この[[カードの発動]]に対して、[[対象]]にした[[魔法・罠カード]]を[[チェーン]]されると、永続系以外は当然のことながら[[手札]]に[[戻す]]ことはできない。~
 また、[[スペルスピード]]も[[通常魔法]]であるため遅い。~
 よって、[[チェーン]]されない[[魔法・罠カード]]([[永続魔法]]・[[永続罠]]や[[発動条件]]が限定される[[カード]]等)しか狙うことができない。~
 ゆえに、[[相手]]が[[カウンター罠]]を仕掛けている可能性があり、更に一時的にでも[[フィールド]]から離したい[[魔法・罠カード]]がある、というような[[ロック]]されて封殺されている状況下ではないと使う機会がない。~
 しかし、[[【お触れホルス】]]と敵対したときなどのために[[サイドデッキ]]に忍ばせておくと活躍できる。~

-このカードに[[チェーン]]してこの[[カードの発動]]又は[[効果]]を[[無効]]にするカードを[[発動]]することはできない。~
「[[空撃ち]]」に相当する。
 以上の点から、[[【お触れホルス】]]や[[【トランス】]]対策に[[サイドデッキ]]に忍ばせておく程度にしたい。~
//[[【魔鍾洞】]]
//魔鍾洞は対モンスターのロックだし、これでなくても突破できるのでは

-[[【地縛神】]]・[[【Sin】]][[相手]]には、強力な[[メタカード]]となる。~
[[フィールド魔法]]を確実に戻し、[[地縛神]]・[[Sin]]を確実に[[自壊]]させられる。

-2014年の世界大会一般の部では[[【アーティファクト】]]への[[メタカード]]として[[【インフェルニティ】]]を使用した入賞者の多くが採用していた。~
[[【インフェルニティ】]]同士の[[ミラーマッチ]]においても、[[相手]]に[[手札]]を持たせることで[[《インフェルニティ・ブレイク》]]等の[[発動]]を妨げることができるので、その用途も考えられていたかもしれない。~

-「ポルターガイスト(Poltergeist)」とはドイツ語で「騒々しい幽霊」の意味であり、室内の物が何の外的要因も無しに振動・浮遊したりする心霊現象の一種である。~
[[英語名]]の「Spiritualism」とは「交霊術」という意味である。

-原作・アニメにおいて―~
原作「闇獏良vsゴースト骨塚」戦にてバクラが使用。~
//描写から考えて、このカードでトドメをさしたと思われる。~
//トドメはエクトプラズマーを用いています。~
登場したときは[[効果]]の詳細が不明だったが、[[イラスト]]の雰囲気からか、この[[効果]]になった。~
また、「闇遊戯vs闇獏良」戦でもこのカードらしきカードがバクラの[[手札]]にあったことが確認されている。~
//(遊闘207で[[《死霊伯爵》]]の左にあった、女性が頭を抱え、家具が浮いている[[イラスト]]のカード。)~
//またこのカードのイラストに描かれている幽霊は[[《沈黙の邪悪霊》]]にそっくりである。
//さらに手前のに描かれているものはイラストまでそっくりである。
//流用でもあったのだろうか?
//原作使用シーンのイラスト使ったんだろ
原作「バトルシティ編」の「闇バクラvsゴースト骨塚」戦にて闇バクラが使用した[[カード]]。~
この[[デュエル]]は経過が描写されず、バクラがこの[[カード]]を[[発動]]して骨塚が敗北した事しか分からないため、原作での[[効果]]は不明である。~
アニメでは同[[デュエル]]の経過が明らかになったが、バクラはこの[[カード]]を使用しなかった。~
また、原作の「闇遊戯vs闇バクラ」戦でもこれらしき[[カード]]がバクラの[[手札]]に確認できる。~

-神話・伝承において―~
ポルターガイスト(POLTERGEIST)とはドイツ語で「騒々しい幽霊」の意味であり、室内の物が何の外的要因も無しに振動・浮遊したりする心霊現象の一種である。~
また、英語名のSpiritualismとは交霊術という意味である。

**関連カード [#l764b26f]
**関連カード [#card]
-[[《ハリケーン》]]
-[[《サイクロン》]]

―[[発動]]と[[効果]]を[[無効]]されない[[カード]]
-[[《CNo.92 偽骸虚龍 Heart−eartH Chaos Dragon》]]

-[[《サイレント・バーニング》]]
-[[《沈黙の剣》]]
-[[《電脳増幅器》]]
-[[《超融合》]]

―類似[[効果]]
-[[《アトラの蟲惑魔》]]

-[[《The splendid VENUS》]]

-[[《マジェスペクター・スーパーセル》]]

―[[イラスト]]関連
-[[《沈黙の邪悪霊》]]

**収録パック等 [#ic23f8f5]
//―《ポルターガイスト》が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−]] LN-43 &size(10){[[Rare]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.3]] DL3-126 &size(10){[[Rare]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2]] BE2-JP027 &size(10){[[Rare]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.3]] DL3-126 &size(10){[[Rare]]};
-[[Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−]] LN-43 &size(10){[[Rare]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 2(第7期)]] BE02-JP025  &size(10){[[Rare]]};
-[[スピードスタートデッキ リンク編>プロモカード#JF19]] SSD1-JP013

**FAQ [#f9f0ccfd]
Q:[[《大寒波》]]の[[効果]]適用中にこの[[カードを発動>カードの発動]]できますか?~
**FAQ [#faq]
//Q:~
//A:

Q:[[《大寒波》]]の[[効果]][[適用]]中にこの[[カードを発動>カードの発動]]できますか?~
A:いいえ、できません。

Q:[[《邪神アバター》]]の[[召喚]]時の[[誘発効果]]適用中にこの[[カードを発動>カードの発動]]できますか?~
Q:[[《邪神アバター》]]の[[召喚]]時の[[誘発効果]][[適用]]中にこの[[カードを発動>カードの発動]]できますか?~
A:いいえ、できません。

Q:[[セット]]されているこのカードが[[《心鎮壷》]]で指定されているとき、この[[カードを発動>カードの発動]]できますか?~
A:できません。(09/02/05)~
Q:[[セット]]されているこの[[カード]]が[[《心鎮壷》]]で指定されているとき、この[[カードを発動>カードの発動]]できますか?~
A:できません。(09/02/05)

Q:[[相手]]の場に[[《The splendid VENUS》]]が存在する場合、[[相手]]はこの[[カード]]に対し、[[《神の宣告》]]を[[発動]]することはできますか?~
Q:[[相手]]の[[フィールド]]に[[《The splendid VENUS》]]が存在する場合、[[相手]]はこの[[カード]]に対し、[[《神の宣告》]]を[[発動]]することはできますか?~
A:できません。(09/02/05)

Q:「[[発動]]と[[効果]]を[[無効]]にする」ではなく、「''発動できず''、全ての[[フィールド]]上[[魔法カード]]の[[効果]]は[[無効]]になる」[[効果]]をもつ[[《マジック・キャンセラー》]]が[[表側表示]]で存在している場合、このカードを[[発動]]できますか?~
A:以前は[[発動]]できる裁定でしたが、現在は[[発動]]できない裁定に変わりました。(07/06/12)
Q:「[[発動]]と[[効果]]を[[無効]]にする」ではなく、「''[[発動]]できず''、全ての[[フィールド]]上[[魔法カード]]の[[効果]]は[[無効]]になる」[[効果]]をもつ[[《マジック・キャンセラー》]]が[[表側表示]]で存在している場合、この[[カード]]を[[発動]]できますか?~
A:できません。(07/06/12)

Q:このカードに対して[[《マジック・ジャマー》]]を[[チェーン]]できますか?~
A:いいえ、できません。(07/06/25)~
Q:この[[カード]]に対して[[《マジック・ジャマー》]]を[[チェーン]]できますか?~
A:できますが、[[発動]]と[[効果]]は[[無効]]にされません。(14/11/16)
//データベースではまだ直ってないが、「現在は」このルールとのこと
//A:いいえ、できません。(07/06/25)

Q:このカードを[[発動]]したとき、[[《光と闇の竜》]]の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
A:[[調整中]](09/02/05)
//訂正前文 では、[[《光と闇の竜》]]の[[効果]]は[[発動]]しますか?
//一応これで意味はあっていると思う。間違っていたらすみません。
Q:この[[カード]]を[[発動]]したとき、[[《光と闇の竜》]]の[[効果]]は[[発動]]しますか?~
//A:[[発動]]しますが、[[無効]]にならず[[攻撃力]]・[[守備力]]ダウンのみが適用されます。(10/09/04)
A:[[発動]]しますが、[[《光と闇の竜》]]の[[効果]]は[[適用]]されません。(12/12/17)

Q:この[[カードの発動]]に対して[[《闇の取引》]]を[[チェーン]]し、[[効果]]を書き換えられますか?~
A:可能です。
Q:[[《闇の取引》]]・[[《魔轟神ディアネイラ》]]で[[効果]]を書き換えられますか?~
  できる場合、[[《王宮の勅命》]]が[[フィールド]]上に存在する時でも[[効果]]は有効ですか?~
//A:可能です。
A:はい、この[[カードの効果]]は、[[《闇の取引》]]・[[《魔轟神ディアネイラ》]]で[[効果]]を書き換えることができます。~
  この場合でも、『このカードの発動と効果は無効化されない。』[[効果]]は[[適用]]されているため、[[《王宮の勅命》]]の[[効果]]によって、[[効果]]は[[無効]]にされません。(14/03/19)

Q:[[フィールド]]上に[[《エンド・オブ・アヌビス》]]が存在する時、[[《D−HERO ダイヤモンドガイ》]]の[[効果]]で[[発動]]した《ポルターガイスト》の[[効果]]は[[無効]]になりますか?~
A:[[無効]]になりません。(14/07/18)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《ポルターガイスト》,魔法,通常魔法);