*《マイクロ・コーダー》 [#top]
*《マイクロ・コーダー/Micro Coder》 [#top]
 効果モンスター
 星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守   0
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
 手札のこのカードもリンク素材にできる。
 (2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
 デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
 フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−]]で登場した[[闇属性]]・[[サイバース族]]の[[下級モンスター]]。~
 特定条件下で[[手札]]の自身を[[コード・トーカー]]の[[リンク素材]]にできる[[効果]]、[[コード・トーカー]]の[[リンク素材]]として[[墓地へ送られた]]場合に[[サイバネット]]または[[レベル]]4の[[サイバース族]]1体を[[サーチ]]できる[[効果]]を持つ。~
 特定条件下で[[手札]]の自身を[[コード・トーカー]]の[[リンク素材]]にできる[[ルール効果]]、[[コード・トーカー]]の[[リンク素材]]として[[墓地へ送られた]]場合に[[サイバネット]]または[[レベル]]4の[[サイバース族]]1体を[[サーチ]]できる[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)は、特定条件下で[[手札]]の自身を[[リンク素材]]にできる[[効果]]。~
 [[コード・トーカー]]限定で、[[自分]][[フィールド]]の[[サイバース族]]を含むという条件付きだが、[[【サイバース族】]]ならば容易。~
 [[《コード・トーカー》]]の[[リンク召喚]]時に[[《サイバネット・コーデック》]]で[[サーチ]]できるため、そこからすぐに[[リンク]]3の[[コード・トーカー]]につながる。~
 特に[[《レディ・デバッガー》]]や[[《ROMクラウディア》]]などの、[[フィールド]]に残りつつこの[[カード]]を[[手札]]に加えられる[[サイバース族]]とは相性が良い。~
 これらの[[サイバース族]]を[[フィールド]]に出し、その[[効果]]でこの[[カード]]を[[手札]]に加えれば、[[フィールド]]の[[サイバース族]]と[[手札]]のこの[[カード]]で[[《コード・トーカー》]]を[[リンク召喚]]できる。~
 また、[[《コード・トーカー》]]の[[リンク召喚]]時に[[《サイバネット・コーデック》]]で[[サーチ]]できるため、そこからすぐに[[リンク]]3の[[コード・トーカー]]につなげることもできる。~

 (2)は、[[コード・トーカー]]の[[リンク素材]]として[[墓地へ送られた]]場合に[[発動]]可能な[[サーチ]][[効果]]。~
 (1)の[[効果]]から繋げた場合は[[サイバネット]]のみだが、選択肢は豊富であり、次に備えた[[カード]]を[[サーチ]]可能。~
 [[《サイバネット・オプティマイズ》]]なら[[リンク召喚]]した[[コード・トーカー]]をサポートしつつさらに展開を狙える。~
 [[《サイバネット・コンフリクト》]]なら[[相手]]の動きをけん制することが可能となる。~

 [[フィールド]]から[[リンク素材]]とした場合、[[レベル]]4の[[サイバース族]]1体を[[サーチ]]できる。~
 [[レベル]]が低い事から[[《サイバース・ガジェット》]]などで容易に[[蘇生]]できるため、[[発動]]機会は多い。~

-[[レベル]]4の[[サイバース族]]に関しては[[《SIMMタブラス》]]を参照。~

-[[イラスト]]は[[《デコード・トーカー》]]・[[《コード・トーカー》]]を意識したものとなっている。~

-名前の由来は「マイクロコード」か。~
コンピュータのプロセッサを実装する際の方式の一つ、あるいはその法式に則って作られたプログラムを意味する。

//-原作・アニメにおいて―~
-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsボーマン」(4戦目)でPlaymakerが使用。~
[[《サイバネット・コーデック》]]の[[効果]]で[[《コード・トーカー》]]の[[リンク召喚]]に合わせて[[サーチ]]された。~
(1)の[[効果]]で[[手札]]からそのまま[[《コード・トーカー》]]と共に[[《エンコード・トーカー》]]の[[リンク素材]]となり、(2)の[[効果]]で[[《サイバネット・オプティマイズ》]]を[[サーチ]]した。~
その後、[[《サイバース・ガジェット》]]によって[[蘇生]]され、[[《サイバース・ウィッチ》]]の[[リンク素材]]となった。

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[コード・トーカー]]
-[[サイバネット]]

-[[《コード・ジェネレーター》]]
-[[《コード・ラジエーター》]]
-[[《コード・エクスポーター》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]
**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【コード・トーカー】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−]] SD34-JP004 &size(10){[[Ultra]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《マイクロ・コーダー》,モンスター,効果モンスター,星1,闇属性,サイバース族,攻300,守0);