*《&ruby(いじげん){異次元};の&ruby(ていさつき){偵察機};/D.D. Scout Plane》 [#o58fe2c8]
*《&ruby(いじげん){異次元};の&ruby(ていさつき){偵察機};/D.D. Scout Plane》 [#top]
 効果モンスター
 星2/闇属性/機械族/攻 800/守1200
 このカードがゲームから除外された場合、
 そのターンのエンドフェイズ時にこのカードを
 自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。
 (1):このカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動する。
 除外されているこのカードを攻撃表示で特殊召喚する(1ターンに1度のみ)。

 [[混沌を制す者]]で登場した[[闇属性]]・[[機械族]]の[[下級モンスター]]。~
 [[除外]]された[[エンドフェイズ]]に、[[除外]]された状況をほぼ問わず(裏側[[除外]]以外)[[自分]][[フィールド]]上に[[攻撃表示]]で[[特殊召喚]]する[[誘発効果]]を持つ。~
 また、[[テキスト]]には書いてないが、「この[[効果]]は1[[ターン]]に1度しか[[発動]]しない。」という追加ルールが設けられている。(後述)~
 [[除外]]された[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に自身を[[攻撃表示]]で[[帰還]]させる[[誘発効果]]を持つ。~

 その性質上、この[[カード]]を本当の意味で「[[ゲームから除外する>ゲームから除外する(取り除く)]]」のは難しいだろう。~
 しかし、[[帰還]]時に[[《王宮の弾圧》]]や[[《天罰》]]を[[発動]]されると[[除外]]されたままとなる。~
 さらに[[《激流葬》]]で[[破壊]]された時、[[《マクロコスモス》]]などでこの[[モンスター]]が[[除外]]されたとしても、前述の「1[[ターン]]に1度しか[[発動]]しない。」という追加ルールによって[[帰還]]できない。~
 [[《異次元の生還者》]]と比べると[[攻撃力]]が低く、[[攻撃表示]]でしか[[特殊召喚]]されないため[[攻撃]]の的にされやすい。~
 しかし、[[フィールド]]以外から[[除外]]された場合にも[[帰還]]できる為、こちらの方が様々な[[コンボ]]が組める。~
 [[《封印の黄金櫃》]]ならば、その1枚だけで[[特殊召喚]]ができる。~
 [[《マクロコスモス》]]や[[《次元の裂け目》]]がある場合には、[[《おろかな埋葬》]]や[[《終末の騎士》]]から[[帰還]]させられる。~
 [[ダークモンスター]]や[[《速攻の黒い忍者》]]、[[《終わりの始まり》]]等の[[効果]]で[[墓地]]から[[除外]]するのもいい。~
 [[《サイバー・ヴァリー》]]の2番目の[[効果]]で[[除外]]すると、[[ドロー]]ブースト役もこなせる。~

 基本的には[[《速攻の黒い忍者》]]等の[[墓地コスト]]として働く。~
 その際に[[フィールド]]に出た《異次元の偵察機》を[[墓地に送る]]ギミックを仕込む事ができれば半無限[[コスト]]になる。~
 もちろん、[[《カオス・ソーサラー》]]の[[餌]]に使うのも良い。~
 [[エクシーズ素材]]として利用するのも有効で、[[《ガチガチガンテツ》]]のような[[相手]][[ターン]]に素材を消費しやすい[[エクシーズモンスター]]に使えば[[帰還]]から更なる素材へと繋げられる。~

 [[《マクロコスモス》]]や[[《次元の裂け目》]]がある場合、[[《おろかな埋葬》]]・[[《終末の騎士》]]で簡単に[[フィールド]]へ出すことが可能となる。~
 [[セット]]時や[[手札]]・[[デッキ]]からの[[除外]]に対応しているのは、[[《異次元の生還者》]]には無い[[メリット]]である。~
 これが、[[【次元帝】]]の肝である。
-''[[エンドフェイズ]]に[[特殊召喚]]したこの[[カード]]がその[[ターン]]中に再び[[除外]]された場合、もう1度[[効果]]を[[発動]]する事はできない。''~
[[帰還]][[効果]]を[[無効]]にされた場合も同様である。~
なお、[[同名カード]]の[[発動]]そのものに制限がかかっているわけではないので、複数の《異次元の偵察機》が[[除外]]された場合は全て[[帰還]]できる。~
括弧書きで文末に記すこの[[テキスト]]は[[サイクル・リバース]]と同じ記載であり、通常の文章内で示される「[[1ターンに1度]]」と違う処理であることがわかるようになっている。~

 [[闇属性]]であるため、[[ダークモンスター>リメイク]]や[[《終わりの始まり》]]などの[[効果]]で[[除外]]するのもいい。~
 [[《サイバー・ヴァリー》]]の2番目の[[効果]]で[[除外]]すると1:2交換となるため[[【次元帝】]]における[[ドロー]]ブースト役もこなせる。~
--ただし、自身の[[効果]]で''[[帰還]]した後に[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]に移動してから[[除外]]された場合には同一[[ターン]]でも[[効果]]を[[発動]]できる''。(15/05/23)~
なぜなら[[同名カード]]の[[発動]]を封じているわけではないため、[[手札]]・[[デッキ]]に[[同名カード]]が存在する場合、それらと既に[[効果]]を[[発動]]した《異次元の偵察機》の区別がつかないからである。~

 [[《異次元の生還者》]]と比べると、貧弱な[[攻撃力]]で[[自分]][[フィールド]]に[[攻撃表示]]で[[特殊召喚]]されるという欠点がある。~
 利点は、[[墓地]][[除外]]に使える事である。
--かつてはこの処理が[[テキスト]]に記されておらず[[特殊裁定]]になっていた。~
この[[裁定]]が出された後、一度[[ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−]]にて再録されたが、この時は[[エラッタ]]されなかった。~
[[トーナメントパック2019 Vol.3]]の再録時に[[エラッタ]]され、[[テキスト]]から読み取れるようになった。

-[[《タイムカプセル》]]等で[[裏側表示]]で[[ゲームから除外>ゲームから除外する(取り除く)]]された場合ならばオートでの[[帰還]]は不可能である。
--[[1ターンに1度]]の[[裁定]]が出されたきっかけは、この[[カード]]と[[《王虎ワンフー》]]、[[《次元の裂け目》]]等の[[除外]][[カード]]の計3枚が揃うと、[[無限ループ]]が発生してしまうのが原因ではないかと見られる。~
この[[カードの効果]]は[[強制効果]]である為、このループが発生してしまうとどちらの[[プレイヤー]]もループを止められなくなってしまう。~
2006年7月下旬に《異次元の偵察機》の[[効果]]は[[1ターンに1度]]しか[[発動]]しないように[[裁定変更]]され、[[無限ループ]]は発生しなくなった。~
同時に、上記ループに[[《サイバー・サモン・ブラスター》]]を絡める事で[[1ターンキル]]を行う[[デッキ]]が消滅した。~

-[[帰還]]するときにのみ、[[チェーンブロック]]を作る。~
[[起動効果]]ではなく[[誘発効果]]なので、「1[[ターン]]に1度」だが[[相手]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]にも[[帰還]]する。~
[[エンドフェイズ]]に[[除外]]された場合も、(その[[ターン]]に[[効果]]が使われてないならば)その[[エンドフェイズ]]に[[帰還]]する。
-[[《タイムカプセル》]]等で[[裏側表示で除外]]された場合は[[帰還]]できない。~

-以前はこのカードと[[《王虎ワンフー》]]と[[《サイバー・サモン・ブラスター》]]と[[墓地]]に行く[[モンスター]]を[[除外]]するカードで、[[無限ループ]]を発生させ勝利することができた。~
しかし、2006年7月下旬に《異次元の偵察機》の[[効果]]は1[[ターン]]に1度しか[[発動]]しないように[[裁定変更]]され、この[[コンボ]]は不可能となった。~
そもそも[[《サイバー・サモン・ブラスター》]]が無ければ脱出不能の[[無限ループ]]となってしまうので当然の裁定といえる。
-[[帰還]]する時にのみ、[[チェーンブロック]]を作る。~
「[[1ターンに1度]]」の条件はそのままで、[[相手]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]にも[[帰還]]する。~
[[エンドフェイズ]]に[[除外]]された場合も、その[[ターン]]に[[効果]]が使われてないならば、その[[エンドフェイズ]]に[[帰還]]する。~

-[[ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−]]にて[[裁定変更]]後初めて再録された。~
しかしそれに伴う[[エラッタ]]はされなかった。~
-[[《マクロコスモス》]][[適用]]中に[[エクシーズ素材]]状態から取り除かれ[[除外]]された場合も、[[帰還]]可能。~

-マスターガイドによると、[[《異次元の戦士》]]が「足代わり」に使っているらしい。
-マスターガイドによると、[[《異次元の戦士》]]が「足代わり」に使っているらしい。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXの惑星イオで行われた「十代vs光の宇宙人」戦において、宇宙人の[[手札]]にあった。~
しかし、場に出ることなく[[《N・アクア・ドルフィン》]]の[[手札破壊]][[効果]]によって[[墓地]]に送られてしまった。~
ただし、場に出ることなく[[《N・アクア・ドルフィン》]]の[[手札破壊]][[効果]]によって[[墓地]]に送られただけだった。~

--アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてアキが使用した[[罠カード]]《次元回帰》の[[イラスト]]に描かれている。~
また、プラシドやホセが使用した[[罠カード]]《ボム・ブラスト》の[[イラスト]]にも火だるまとなって突撃するこの[[モンスター]]が描かれている。~
--アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてアキが使用した[[通常罠]]《次元回帰》の[[イラスト]]に描かれている。~
また、プラシドとホセが使用した[[通常罠]]《ボム・ブラスト》の[[イラスト]]にも火だるまとなって突撃するこの[[モンスター]]が描かれている。~


-コナミのゲーム作品において―~
「[[遊戯王 5D's STARDUST ACCELERATOR -WORLD CHAMPIONSHIP 2009->http://www.konami.jp/gs/game/yugioh_wcs2009/]]」内にてこのカードが[[墓地]]から[[除外]]した場合[[エンドフェイズ]]にこのカードが[[特殊召喚]]されないというバグがある。(ただし、[[墓地]]へ送った[[ターン]]内に[[除外]]すれば通常通り[[帰還]]できる)~
このバグのため、同ゲームの世界大会リストでは[[禁止カード]]に指定されている。~
[[【次元帝】]]にとってはとんだとばっちりである。~
[[WCS2009>ゲーム付属カード#WCS2009]]では、この[[カード]]を[[墓地]]から[[除外]]した場合、[[エンドフェイズ]]にこの[[カード]]が[[特殊召喚]]されないというバグがある(ただし、[[墓地へ送った]][[ターン]]内に[[除外]]すれば通常通り[[帰還]]できる)。~
このバグの為、同ゲームの世界大会リストでは[[禁止カード]]に指定されている。~
[[DUEL TERMINAL]]では一番最初に[[魔法カード]]をスキャンすると登場する[[デッキ]]
「&ruby(ディメンション・コスモス){異次元の小宇宙};」で使用できる。~
[[戦闘破壊]]時には異次元に吸い込まれる演出がある。~
--最強カードバトル!やデュエルリンクスでは、[[OCG]]の[[エラッタ]]に先駆けて[[1ターンに1度]]が明記された[[テキスト]]で収録されている。

**関連カード [#h70617d8]
-[[《異次元の生還者》]]
**関連カード [#card]
―[[除外]]された場合に自身を[[特殊召喚]]できる[[カード]]
-[[《異次元の哨戒機》]]([[エンドフェイズ]])
-[[《異次元の生還者》]]([[フィールド]]からのみ、[[エンドフェイズ]])
-《異次元の偵察機》([[エンドフェイズ]])
-[[《シノビネクロ》]]([[墓地]]から[[効果]]または[[効果]]を[[発動]]するために[[除外]]された場合のみ)
-[[《ジャイアント・レックス》]]
-[[《ドットスケーパー》]]([[デュエル]]中1度のみ)
-[[《メタファイズ・デコイドラゴン》]](次の[[ターン]]の[[スタンバイフェイズ]])

**収録パック等 [#rb3dda38]
-[[《ゼラの天使》]](次の[[ターン]]の[[スタンバイフェイズ]])

-[[《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》]](次の[[自分]][[スタンバイフェイズ]])

-[[天気]]([[天気]][[カード]]の[[効果]]を[[発動]]するために[[フィールド]]から、次の[[ターン]]の[[スタンバイフェイズ]])
--[[《雨天気ラズラ》]]
--[[《晴天気ベンガーラ》]]
--[[《曇天気スレット》]]
--[[《雪天気シエル》]]
--[[《雷天気ターメル》]]

--[[《極天気ランブラ》]]

--[[《虹天気アルシエル》]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【速攻の黒い忍者】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[混沌を制す者]] 306-012 &size(10){[[Rare]]};
-[[EXPERT EDITION Volume.2]] EE2-JP012 &size(10){[[Rare]]};
-[[混沌を制す者]] 306-012 &size(10){[[Rare]]};
-[[公認大会賞品(2006年4月)>プロモカード#PC]] PC8-JP00 &size(10){([[N-Parallel]])};
-[[ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−]] SD14-JP007
-[[プロモカード]] PC8-JP001
-[[トーナメントパック2019 Vol.3]] 19TP-JP303

**FAQ [#nc759736]
Q:この[[カードの効果]]による[[特殊召喚]]を[[無効]]にされ[[破壊]]された場合、これらのカードを[[墓地]]に送りますか?~
A:いいえ。そのまま[[ゲームから除外>ゲームから除外する(取り除く)]]され続けます。[[除外]]され続けている限り、これらの[[カードの効果]]を再び[[発動]]する事はできません。~
**FAQ [#faq]
Q:この[[カード]]が自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]された[[ターン]]中に再度[[除外]]されました。~
  この[[カードの効果]]はもう1度[[発動]]しますか?~
A:基本的に、《異次元の偵察機》の自身を[[特殊召喚]]する[[誘発効果]]は、[[1ターンに1度]]だけ[[発動]]します。~
  したがって、[[エンドフェイズ]]時に自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した《異次元の偵察機》が、その同じ[[エンドフェイズ]]中に再び[[除外]]されたとしても、その《異次元の偵察機》の[[効果]]は[[発動]]しませんので[[除外]]されたままとなります。(15/05/22)~

Q:[[相手]]に[[コントロール]]を奪われたこのカードが[[除外]]された場合、[[エンドフェイズ]]時どちらの場に[[特殊召喚]]されますか?~
A:[[自分]]の[[フィールド]]に[[特殊召喚]]されます。
Q:[[エンドフェイズ]]に自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]された《異次元の偵察機》がその[[エンドフェイズ]]中に[[墓地]]または[[手札]]、もしくは[[デッキ]]に移動し、同じ[[エンドフェイズ]]中にその場所で[[除外]]されました。~
  その《異次元の偵察機》の自身を[[特殊召喚]]する[[効果]]は[[発動]]しますか? ~
A:一度[[フィールド]]から離れて[[墓地へ送られた]]後に[[除外]]された場合や、[[手札]]・[[デッキ]]に戻った後に[[除外]]されたのであれば、その《異次元の偵察機》の[[効果]]は[[発動]]する事ができます。(15/05/23)~

Q:[[《タイムカプセル》]]や[[《封印の黄金櫃》]]を使ってこのカードを[[除外]]した場合、[[発動]]した時点で[[フィールド]]に帰ってきますか?~
A:[[《封印の黄金櫃》]]では[[除外]]した[[ターン]]に[[帰還]][[効果]]が[[発動]]します。[[《タイムカプセル》]]の場合は[[裏側表示]]で[[除外]]されるため、[[効果]]は[[発動]]しません。
Q:元々の[[持ち主]]が[[自分]]のこの[[カード]]が[[相手]][[フィールド]]から[[除外]]されました。~
  どちらの[[プレイヤー]]が《異次元の偵察機》の[[効果]]を[[発動]]し、どちらの[[プレイヤー]]の[[フィールド]]に[[特殊召喚]]されますか?~
A:基本的には、元々の[[持ち主]]である[[自分]]が[[効果]]を[[発動]]し、[[自分]]の[[フィールド]]に[[特殊召喚]]します。~
  ただし、[[《亜空間物質転送装置》]][[《異次元隔離マシーン》]]のような「[[一定期間だけ除外]]」を行う[[カード]]で[[除外]]された場合、[[相手]]が[[効果]]を[[発動]]し、[[相手]][[フィールド]]に[[特殊召喚]]されます。~
  なおこの時、[[コントロール]]が[[《強奪》]]などの[[装備カード]]によって[[相手]]に移っていた場合、[[相手]][[フィールド]]に[[特殊召喚]]された直後に[[コントロール]]が[[自分]]に戻ります。(15/05/24)

Q:[[《次元の裂け目》]]の[[発動]]中[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]に[[戦闘破壊]]された場合、[[帰還]]しますか?~
Q:この[[カード]]の[[特殊召喚]][[効果]]を[[無効]]にされ[[破壊]]された場合、この[[カード]]を[[墓地]]に送りますか?~
A:いいえ、そのまま[[除外]]され続けます。~
  この[[効果]]は原則として[[1ターンに1度]]しか[[発動]]できないので、[[発動]]が[[無効]]になった場合、この[[カードの効果]]を再び[[発動]]する事はできません。(15/04/03)~

Q:[[《タイムカプセル》]]や[[《封印の黄金櫃》]]を使ってこの[[カード]]を[[除外]]した場合、[[発動]]した時点で[[フィールド]]に帰ってきますか?~
A:[[《封印の黄金櫃》]]では[[除外]]した[[ターン]]に[[帰還]][[効果]]が[[発動]]します。~
  [[《タイムカプセル》]]の場合は[[裏側表示で除外]]されるため、[[効果]]は[[発動]]しません。

Q:[[《次元の裂け目》]]の[[適用]]中[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]に[[戦闘破壊]]された場合、[[帰還]]しますか?~
A:[[除外]]された場合は[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]の[[効果を受けない]]ため、[[帰還]]します。(09/03/14)~

Q:場に空きがなかった場合、どうなりますか?~
A:[[除外]]されたままです。(09/01/08)
Q:[[フィールド]]に空きがなかった場合、どうなりますか?~
A:[[特殊召喚]]されず、[[墓地]]へ送られます。(15/04/03)
//A:[[効果]]は[[発動]]しますが[[特殊召喚]]ができず、[[除外]]されたままとなります。(11/06/11)

Q:《異次元の偵察機》が[[除外]]された[[ターン]]中に[[自分]]が[[《スケープ・ゴート》]]・[[《迷える仔羊》]]・[[《終焉の焔》]]など、[[発動]][[ターン]]内に[[召喚]]・[[反転召喚]]・[[特殊召喚]]できないカードを[[発動]]した場合、《異次元の偵察機》はどうなりますか?~
A:この[[ターン]]はもう[[特殊召喚]]できないので[[除外]]され続けます。(08/08/13)
Q:上記の処理の際に[[《マクロコスモス》]]や[[《閃光の追放者》]]等が存在していた場合、この[[カード]]は再び[[除外]]されますか?~
A:いいえ、[[フィールド]]から[[墓地]]へ送られるわけではないため、[[《マクロコスモス》]]等の[[効果]]は[[適用]]されずに[[墓地]]へ送られます。(15/10/25)

Q:[[除外]]された[[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[特殊召喚]]し忘れた場合はどうなりますか?~
A:ルールは定めていませんので審判と相談してください。(09/03/10)
Q:[[《同胞の絆》]]や[[《カードカー・D》]]の[[効果]]を[[発動]]した[[ターン]]、この[[カードの効果]]は[[発動]]しますか?~
A:[[発動]]します。(16/05/22)~

Q:《異次元の偵察機》が[[除外]]された[[ターン]]中に[[自分]]が[[《スケープ・ゴート》]]・[[《迷える仔羊》]]・[[《終焉の焔》]]など、[[発動]][[ターン]]内に[[召喚]]・[[反転召喚]]・[[特殊召喚]]できない[[カード]]を[[発動]]した場合、《異次元の偵察機》はどうなりますか?~
A:この[[ターン]]はもう[[特殊召喚]]できないので[[除外]]され続けます。(15/04/03)

//Q:[[《王虎ワンフー》]]、[[《次元の裂け目》]]等の[[除外]][[カード]]で、[[無限ループ]]を発生させた場合はどのように処理しますか。~
//A:終わることができないループが発生した場合、この[[カード]]の[[効果]]は[[発動]]しません。~
//  [[《王虎ワンフー》]]がある場合は[[効果]]を[[発動]]せずに[[ターン]]を終えます。(15/04/03)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《異次元の偵察機》,効果モンスター,モンスター,星2/闇属性/機械族/攻800/守1200,);