*《&ruby(じゃしん){邪神};ドレッド・ルート/The Wicked Dreadroot》 [#a3592099]
 効果モンスター
 星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
 このカードは特殊召喚できない。
 自分フィールド上に存在するモンスター3体を
 生け贄に捧げた場合のみ通常召喚する事ができる。
 このカードがフィールドに表側表示で存在する限り、
 このカード以外のフィールド上のモンスターの攻撃力・守備力は半分になる。

 [[Vジャンプ(2005年6月号) 付属カード>書籍付属カード#p7209f5e]]で登場した[[闇属性]]・[[悪魔族]]の[[最上級モンスター]]で[[三邪神]]の一体。~
 3体[[生け贄]]でしか[[通常召喚]]できない[[召喚ルール効果]]と[[攻撃力]]を半分にする[[永続効果]]を持つ。~
 この[[カード]]以外の[[フィールド]]上の全[[モンスター]]の[[攻撃力]]・[[守備力]]を半減する[[効果]]を持ち、[[《オベリスクの巨神兵》]]や[[《幻魔皇ラビエル》]]等と同じの[[攻撃力]]・[[守備力]]を持つ。~

 この[[カード]]の長所は何といっても、[[ステータス]]の高さだろう。~
 自身の[[効果]]と相まって、[[戦闘]]で[[破壊]]されることはまずない。~
 又[[種族]]にも恵まれており、[[《冥界の魔王 ハ・デス》]]と併用することで[[相手]][[モンスター]]の[[効果]]を[[無効]]化、[[《E−HERO ヘル・ゲイナー》]]の[[効果]]を[[使用]]すれば、[[攻撃力]]4000で[[2回攻撃]]ができる。~
 [[《H−ヒートハート》]]等で[[貫通]][[効果]]を付与すれば、さらに強くなる。~
 その他[[《ダーク・コーリング》]]によって、高[[ステータス]]の[[《E−HERO ダーク・ガイア》]]を[[召喚]]することができる点も評価できる。~
 [[攻撃力]]半減[[効果]]により、[[《連鎖除外》]]の対象を広げることもできる。~

 この[[カード]]の短所は、[[召喚]]に3体の[[生け贄]]が必要となる鈍重さと、[[カード]][[効果]]への[[耐性]]がなく、[[フィールド]]に長く居座れないことである。~
 [[戦闘]]に強いとは言え、[[《魂を削る死霊》]]等は[[戦闘破壊]]できない他、[[《炸裂装甲》]]一枚に[[破壊]]されて[[蘇生]]・[[帰還]]ができないことは非常に痛い。~
 [[《大寒波》]]を[[使用]]し、確実に[[相手]][[モンスター]]を葬る事をオススメする。~
 [[生け贄]]3体を必要とする割に[[《氷帝メビウス》]]等のように、即座に[[アドバンテージ]]を稼いでくれる[[効果]]ではなく、状況により[[効果]]が有効に機能しないこともある。~
 もちろん他の[[上級モンスター]]と比べ[[召喚条件]]が厳しい分、[[手札事故]]が発生する[[確率]]が増える。~
 [[《終焉の焔》]]や[[《地獄の暴走召喚》]]等で[[生け贄]]を揃えることも可能だが、これら[[サポートカード]]を多く採用すると[[デッキ]]を圧迫するので、[[《E−HERO ヘル・ゲイナー》]]等の相性の良い[[カード]]が[[デッキ]]から締め出されては、この[[カード]]の長所を存分に生かすことができないため、兼ね合いが難しい。~
 [[《冥府の使者ゴーズ》]]のように、[[生け贄召喚]]ができる[[トークン]]を生成し、奇襲性に富み、[[悪魔族]]のサポートを受けられる、相性の良い[[カード]]を採用すると良いだろう。~

-[[生け贄]]を揃える方法は下記の方法が考えられる。

--[[《冥府の使者ゴーズ》]] ⇒ この[[カード]]の[[誘発効果]]で2体の[[生け贄]]可能な[[モンスター]]を展開する事ができる。~
--[[【アンデット族】]] ⇒ [[《ダブルコストン》]]、[[《生者の書−禁断の呪術−》]]、[[《ピラミッド・タートル》]]、[[《魂を削る死霊》]]等の存在から、[[フィールド]]上に[[モンスター]]が尽きず、[[召喚]]しやすい。~
--[[《モザイク・マンティコア》]] ⇒ 確実に3体の[[モンスター]]を[[フィールド]]に展開できる。~
--その他[[生け贄]][[サポートカード]] ⇒ [[《終焉の焔》]]等の[[トークン]]生成[[カード]]。~
[[《メタル・リフレクト・スライム》]]等の場持ちがよく、[[汎用性]]が高い[[罠モンスター]]。~
[[《墓守の偵察者》]]や[[ガジェット]]等の[[フィールド]]に[[モンスター]]を多数展開できる[[カード]]。~

-[[上級モンスター]][[召喚]]の強力なサポートとなる[[《死皇帝の陵墓》]]だが、この[[カード]]の[[生け贄召喚]]はこの[[カードの効果]]であるため、[[使用]]する事ができない。~

-この[[カード]]の[[攻撃力]]・[[守備力]]を半分にする[[効果]]は最後に適用する。~
この[[カード]]以外の攻守の変化させる[[効果]]が適用されている場合、先にこの[[カード]]以外の[[効果]]で現状の[[攻撃力]]・[[守備力]]を計算し、最後にこの[[カード]]の[[永続効果]]でその数値を半分にする。~
また、攻守を増減する[[効果]]が適用されている後からこの[[カード]]を出した場合や、この[[カード]]が存在する時に攻守を増減する[[効果]]を適用した場合も同様。~
ただし、[[攻撃力]]確定が同じタイミングである[[《邪神アバター》]]は特殊な処理となる。~
この2体が同時に存在する場合は、後から出された方の[[効果]]が後に適用される。~
(つまり、後からこのカードを[[召喚]]すれば、[[《邪神アバター》]]を[[効果]]で[[攻撃力]]を半分にし[[戦闘破壊]]が可能となる。)~
[[効果]]の処理が普通の処理とは違うため、詳細は[[FAQ>#ma243d7f]]参照。~
--上記の例外として[[《オプション》]]は半減しない。
--[[《ブラック・ガーデン》]]があると非常にややこしい事になる。([[《ブラック・ガーデン》のFAQ>《ブラック・ガーデン》#l6ce0ca6]]参照)~
解釈としては「[[《ブラック・ガーデン》]]の[[効果]]が適用される前にこの[[カードの効果]]で[[攻撃力]]が半分になる」→「[[《ブラック・ガーデン》]]の[[効果]]が適用され[[モンスター]]の[[攻撃力]]は合わせて四分の一になる」→「この[[カードの効果]]は常に最後に適用されるのでまた半分になる」であろうか。~
[[リリース]]確保にも使えないこともないので、投入を検討してみてもいいかもしれない。~

-原作・アニメにおいて―~
「遊戯王R」において、天馬夜行に操られた夜行の兄、天馬月行が[[使用]]。~
三体の幻神獣([[三幻神]])と対を成す存在である[[三邪神]]の一体。~
[[攻撃]]名は「フィアーズノックダウン」。~
~
原作では[[元々の攻撃力・守備力>元々の攻撃力(守備力)]]を半分にする[[効果]]だった。~
また、同族である[[神>幻神獣族]]はその[[効果を受けない]]ようだ。~
[[《アルカナ ナイトジョーカー》]]に敗れ正気を取り戻した月行は、闇遊戯との対戦後この[[カード]]を破り捨てている。~
此処で破り捨てたにもかかわらず、天馬夜行は海馬戦でこの[[モンスター]]を[[使用]]している。~
[[三幻神]]とは違い[[三邪神]]は複数枚生成されているのか、月行がコピー[[カード]]を[[使用]]していたのかは不明である。~
//(もっともインダストリアルイリュージョン社製だから前者の説が正しいと思われる。)~
//オリジナル的なものが在るか否かってことで
~
原作テキストは、以下の通り。~
[[三邪神]]はテキストが英語である。
 《THE DEVILS DREAD-ROOT》
 星10/ATTACK4000/DEFENSE4000
 Fear dominates the whole field.
 Both attack and defense points of all the monsters will halve.
 (フィールドを恐怖が支配する。
  すべてのモンスターの攻撃力と守備力は両方とも半分になる。)

--遊戯王Rにおいて[[三邪神]]は、「[[三幻神]]が暴走した時、その力を抑止するためのカードとしてデザインされた」とある。~
このカードの場合は、全ての神が持つ「[[攻撃力]]を上昇させる[[効果]]」に対応し、その[[攻撃力]]を高い基礎[[攻撃力]]で上回るデザインとなっており、デザインモチーフである[[《オベリスクの巨神兵》]]と同じく[[攻撃力]]・[[守備力]]は共通して4000である。~
補助的に場の[[モンスター]]の[[攻撃力]]を下げる事で「[[生け贄]]を揃えさせない(維持させない)」、([[《ラーの翼神竜》]]に限り)「[[生け贄召喚]]時の[[攻撃力]]を下げる」事ができるが、何故か抑止対象であるはずの[[神属性]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を下げる事はできないとされる。~
また、仮に[[神属性]][[モンスター]]に[[効果]]が通用したとしても(遊戯及び月光のセリフが[[《ラーの翼神竜》]]限定だったとしても)、特に意識しているはずの[[《オベリスクの巨神兵》]]に限り、「[[攻撃力]]を上昇させる[[効果]]」はその[[攻撃力]]が「無限大」に達してしまうため半減させる事が出来ず、[[《ラーの翼神竜》]]にはそのままでは[[効果]]が通じない事も合わせて「抑止力」と呼ぶには疑問が残るカードである。

//--アニメGXのオープニング及びエンディングの映像内にこの[[カード]]が確認できる。~

-コナミのゲーム作品において―~
ほとんどの作品において、[[《邪神アバター》]]及び[[《邪神イレイザー》]]は、通常プレイでは入手できず、特殊な入手手段を用いる必要があるのだが、このカードだけは普通にパックに封入されていることが多い。~
しかも、レアリティもレア程度な作品もあり、他の邪神に比べて不遇である。

**関連カード [#y20407d0]
-[[《オベリスクの巨神兵》]]

―[[三邪神]]
-[[《邪神アバター》]]
-[[《邪神イレイザー》]]

―類似[[効果]]
-[[《BF−疾風のゲイル》]]

-[[《地球巨人 ガイア・プレート》]]

-[[《巨大化》]]
-[[《収縮》]]

-[[《銀幕の鏡壁》]]
-[[《粘着落とし穴》]]

**収録パック等 [#sc5b010f]
-[[Vジャンプ(2005年6月号) 付属カード>書籍付属カード#p7209f5e]] VJC-JP009 &size(10){[[Ultra]]};

**FAQ [#ma243d7f]
Q:この[[カード]]を[[召喚]]するときに[[《ダブルコストン》]]を2体分の[[生け贄]]として使用することは可能ですか?~
A:はい、可能です。~

Q:この[[カード]]の[[召喚]]は[[生け贄召喚]]ですか?~
 もし違うなら[[《スケープ・ゴート》]]で[[召喚]]される[[羊トークン]]を[[生け贄]]にする事はできますか?~
A:[[生け贄召喚]]です。~
 そのため、[[《スケープ・ゴート》]]で[[召喚]]される[[羊トークン]]を[[生け贄]]に[[召喚]]することはできません。~

Q:この[[カード]]は[[表側守備表示]]で[[召喚]]できますか?~
A:[[通常召喚]]扱いですので、[[守備表示]]の場合は[[セット]]([[裏側守備表示]])となります。

Q:この[[カード]]存在中、[[魔力カウンター]]の乗った[[《魔導戦士 ブレイカー》]]に対し[[《収縮》]]を[[発動]]した場合、どうなりますか?~
A:まず[[《収縮》]]の計算をし、次に[[《魔導戦士 ブレイカー》]]の[[効果]]を、最後に《邪神ドレッド・ルート》の[[効果]]を適用します。~
 つまり、まず「1600÷2=800」。次に「800+300=1100」、最後に「1100÷2=550」と計算するため、[[攻撃力]]は550となります。

Q:上記の例の時、[[攻撃力]]550の[[《魔導戦士 ブレイカー》]]が[[効果]]を[[使用]]し[[魔力カウンター]]を失った場合この[[ターン]]の[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:[[攻撃力]]が変動した場合は、再計算します。~
 [[《収縮》]]の[[効果]]が継続しているため「1600÷2=800」。~
 そして《邪神ドレッド・ルート》の[[効果]]を適用するため「800÷2=400」となり、[[攻撃力]]は400となります。

Q:上記の例の時、[[攻撃力]]550の[[《魔導戦士 ブレイカー》]]が[[魔力カウンター]]を乗せたまま[[ターン]]を終了しました。~
 [[《収縮》]]の[[効果]]は失われますが、この場合[[攻撃力]]はどうなりますか?~
A:この場合も、再計算を行います。~
 [[《魔導戦士 ブレイカー》]]の[[効果]]で「1600+300=1900」、続いて《邪神ドレッド・ルート》の[[効果]]で「1900÷2=950」とするため、[[攻撃力]]は950となります。

Q:[[自分]]の[[フィールド]]に[[《邪神アバター》]]と《邪神ドレッド・ルート》が両方とも[[裏側守備表示]]状態で存在しています。~
  [[《停戦協定》]]で同時に[[リバース]]した場合、[[攻撃力]]はどう計算しますか?~
A:両方とも同一の[[プレイヤー]]が[[コントロール]]している場合は、その[[コントローラー]]が「どちらを先に適用するか」を決定します。~
  つまり、「[[《邪神アバター》]]の[[効果]]を先に計算する」「《邪神ドレッド・ルート》の[[効果]]を先に計算する」を自由に選べます。(07/04/24)

Q:[[自分]]の[[フィールド]]に[[《邪神アバター》]]が、[[相手]]の[[フィールド]]に《邪神ドレッド・ルート》が両方とも[[裏側守備表示]]状態で存在しています。~
  [[《停戦協定》]]で同時に[[リバース]]した場合、[[攻撃力]]はどう計算しますか?~
A:この場合は、「[[ターンプレイヤー]]の[[コントロール]]する[[モンスター]]の[[効果]]が先」として計算を行います。~
  [[自分]]の[[ターン]]中に[[《停戦協定》]]が[[発動]]した場合は[[《邪神アバター》]]の[[効果]]が、[[相手]]の[[ターン]]中に[[《停戦協定》]]が[[発動]]した場合は《邪神ドレッド・ルート》の[[効果]]が先に計算されます(07/04/24)

Q:[[《ヴェノム・スワンプ》]]が[[発動]]しており、[[ヴェノムカウンター]]が1つ乗った[[《青眼の白龍》]]と《邪神ドレッド・ルート》が場に居ます。~
  [[《青眼の白龍》]]の[[攻撃力]]はいくつになりますか?~
A:《邪神ドレッド・ルート》が存在し[[攻撃力]]1500の状態で[[ヴェノムカウンター]]が乗ったのならば、1500-500で1000になります。~
  《ヴェノム・スワンプ》適用中([[攻撃力]]2500)の状態で《邪神ドレッド・ルート》が[[召喚]]されたのならば、2500÷2で1250になります。(07/05/27)