*【シンクロ&ruby(しょうかん){召喚};】 [#top]

#contents

**概要 [#abstract]
 2008年の[[マスタールール]]制定と同時に登場した[[シンクロ召喚]]は[[メインデッキ]]に[[上級モンスター]]を搭載せずとも強力な[[モンスター]]を出せ、[[カード]]消費、[[召喚権]]の消費も少ないという従来にはない特性を持ち、幅広い[[デッキ]]に採用された。~
 その後もアニメ5D'sの放映と共に[[カード]]プールが充実していくにつれて多彩なギミックの開発・改良が続けられ、2011年上半期までの[[環境]]を席巻した。~
 2011年下半期〜2013年では[[デッキ]]を選ばず採用できる[[汎用性]]を持つ[[チューナー]]や[[シンクロモンスター]]が[[規制>制限強化]]された。~
 2014年〜2017年では[[デッキ]]を選ばず採用できる[[汎用性]]を持つ[[チューナー]]が増加した反面、[[シンクロモンスター]]の[[エラッタ]]による[[弱体化]]、[[汎用性]]の高い[[エクシーズモンスター]]の充実により、[[環境]]に対する影響力は相対的に低下。~
 2017年以降は[[新マスタールール]]によって[[シンクロモンスター]]を2体以上並べる場合は基本的に[[リンクモンスター]]の併用が求められるようになったため、[[シンクロ召喚]]のみに特化した[[デッキ]]は大幅に力が落ちてしまっている。~

 このページでは、[[シンクロ召喚]]を行うために有用な[[モンスター]]やギミック、そして[[シンクロ召喚]]に特化し、なおかつ他の[[デッキ]]にも組み入れやすい性質を持った[[デッキ]]を幅広く紹介する。~

**[[シンクロ召喚]]を狙うために [#introduction]

 どの様な形であれ、[[シンクロ召喚]]を行うためには3つの注意点がある。~

+[[シンクロ素材]]の[[特殊召喚]]~
必ず2体以上の[[モンスター]]を必要とするため、[[特殊召喚]]は必要不可欠となる。~
特に[[効果]]使用後に場に残り、[[シンクロ素材]]として使うことのできる[[効果モンスター]]に比重は大きく置かれる。~
+[[レベル]]調整~
一定の[[レベル]]の組み合わせにしか対応できなければ、[[シンクロ召喚]]の最大の強みである柔軟性を活かすことはできない。~
そのため、[[デッキ]]の[[モンスター]]に[[レベル]]の幅を持たせつつも、それら複数の対象を[[サーチ]]・[[特殊召喚]]する[[カード]]や、ギミック次第では[[レベル]]を変化させる[[カード]]が必要である。~
+[[ディスアドバンテージ]]の回避~
2体以上の[[モンスター]]を消費する性質上、[[通常召喚]]のみで[[シンクロ素材]]を調達するのは[[ディスアドバンテージ]]が大きい。~
そのため1〜0枚の消費で[[シンクロ召喚]]を行える[[カード]]が、一般的に強力とされている。~

 他には[[トークン]]を含む[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[カード]]や、[[《精神操作》]]を筆頭とした[[コントロール奪取]]も有用である。~
 そうしたギミックは[[【アドバンス召喚】]]等からも流用できる。~

***[[チューナー]][[モンスター]]について [#o28b4686]
 [[チューナー]]は、他の[[モンスター]]と同時に並べ、[[シンクロ素材]]とする事で真価を発揮する[[モンスター]]群である。~
 そのため、自身あるいは他の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]を持っている[[チューナー]]はそれだけで評価の対象となる。~
 何らかの[[耐性]]を持つ[[チューナー]]も同様の状況を作りやすい。

 以下、そうした[[効果]]を持つ[[チューナー]]を[[レベル]]ごとに列挙する。~

//この項目について議論が行われ、この項目全体をリスト化することになりました。
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1382
//尚、モンスターの追加や削除、記述の変更には制限を設けていません。

//自分か他のカードを特殊召喚できるチューナー(未記入のもの。未記入または不適切とされ次第削除)
//除草獣  スーパイ ツヅ−3 フィッシュボーグ−ランチャー  X−セイバー パロムロ 紅蓮地帯を飛ぶ鷹 ジュラック・アウロ SR−OMKガム WW−スノウ・ベル 影六武衆−フウマ フィッシュボーグ−アーチャー スクラップ・オルトロス カオスエンドマスター 幻獣機ウォーブラン アロマセラフィ−アンゼリカ 湖の乙女ヴィヴィアン 魔轟神獣ペガラサス DDラミア ヘル・セキュリティ 調律の魔術師 光竜星−リフン インフェルニティ・リベンジャー 妖刀−不知火 レアル・ジェネクス・オラクル ガスタ・イグル ガスタ・スクイレル 霞の谷の幼怪鳥 ガスタ・ファルコ 魔轟神オルトロ  レアル・ジェネクス・コーディネイター スクラップ・マインドリーダー ガスタ・ガルド DDナイト・ハウリング 孤炎星−ロシシン グレイドル・スライムJr. D・スマホン ミラー・リゾネーター 赤蟻アスカトル 捕食植物バンクシアオーガ BF−流離いのコガラシ BF−天狗風のヒレン グレイドル・スライム ソード・マスター 青き眼の巫女 青き眼の祭司 太古の白石 青き眼の乙女 BF−突風のオロシ ラヴァル・コアトル BF−隠れ蓑のスチーム メタファイズ・ラグナロク 極星獣グルファクシ BF−そよ風のブリーズ SR電々大公 ドラグニティ−ファランクス ドラグニティ−ブラックスピア XX−セイバー フラムナイト 闇竜星−ジョクト 破壊剣士の伴竜 破壊剣−ドラゴンバスターブレード

//個人の環境によって画面サイズ・解像度が変わるのだからセル幅は固定すべきではないと思う
-自身を[[特殊召喚]]できる[[チューナー]]
|CENTER:|LEFT:|LEFT:|LEFT:|c
|[[レベル]]|[[カード名]]|[[特殊召喚]][[効果]]の[[発動条件]]|備考|
|1|[[《アンノウン・シンクロン》]]|[[相手]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在し、[[自分]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない|[[デュエル]]中1度のみ|
|~| [[《異次元の精霊》]]|[[自分]][[フィールド]]上の[[表側表示]][[モンスター]]1体を[[除外]]する|この[[カード]]が場に残っていれば[[除外]]した[[モンスター]]は次の[[スタンバイフェイズ]]に戻る|
|~|[[《ジェット・シンクロン》]]|この[[カード]]が[[自分]]の[[墓地]]に存在する時、[[手札]]を1枚[[墓地へ送る]]|自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した場合、[[フィールド]]から[[離れる]]時に[[除外]]される|
|~|[[《シンクローン・リゾネーター》]]|[[フィールド]]に[[シンクロモンスター]]が存在する|自身の方法による[[特殊召喚]]は[[1ターンに1度]]&br;[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合、[[同名カード]]以外の[[リゾネーター]]を[[サルベージ]]可能|
|~|[[《グローアップ・バルブ》]]|この[[カード]]が[[自分]]の[[墓地]]に存在する時、&br;[[デッキトップ]]を[[墓地へ送る]]|[[デュエル]]中1度のみ|
|~|[[《スポーア》]]|この[[カード]]が[[自分]]の[[墓地]]に存在する時、&br;この[[カード]]以外の[[植物族]][[モンスター]]を[[墓地]]から[[除外]]する|[[除外]]した[[モンスター]]の[[レベル]]分だけ[[レベル]]が上がる&br;[[デュエル]]中1度のみ|
|~|[[《魔轟神獣チャワ》]]|[[手札]]の[[魔轟神]]1体を[[捨てる]]|[[手札]]を捨てるのは[[効果]]処理|
|~|[[《リ・バイブル》]]|この[[カード]]が[[自分]]の[[墓地]]に存在し、自分のエクストラデッキの枚数が相手よりも5枚以上少ない場合に2000LPを払う|自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した場合、[[フィールド]]から[[離れる]]時に[[除外]]される|
|~|[[《レッド・ノヴァ》]]|フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、手札から|この方法による特殊召喚は1ターンに1度のみ|
|2|[[《ゾンビキャリア》]]|この[[カード]]が[[自分]]の[[墓地]]に存在する時、[[手札]]を1枚[[デッキトップ]]に[[戻す]]|自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した場合、[[フィールド]]から[[離れる]]時に[[除外]]される|
|~|[[《TG ストライカー》]]|[[相手]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在し、[[自分]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない|[[破壊]]され[[墓地へ送られた]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]時、&br;[[デッキ]]から[[同名カード]]以外の[[TG]]を[[サーチ]]可能|
|~|[[《ナチュル・コスモスビート》]]|[[相手]]が[[通常召喚に成功した>召喚に成功した]]時||
|~|[[《魔轟神獣ケルベラル》]]|この[[カード]]が[[手札]]から[[墓地へ捨てられた]]時|[[強制効果]]なので他の[[カード]]の[[手札コスト]]でも[[特殊召喚]]可能|
|3|[[《A・ジェネクス・バードマン》]]|[[自分]][[フィールド]]上の[[表側表示]][[モンスター]]1体を[[バウンス]]する|[[バウンス]]した[[モンスター]]が[[風属性]]の場合[[攻撃力]]アップ&br;自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した場合、[[フィールド]]から[[離れる]]時に[[除外]]される|
|~|[[《クリエイト・リゾネーター》]]|[[自分]][[フィールド]]上に[[レベル]]8以上の[[シンクロモンスター]]が[[表側表示]]で存在する||
|~|[[《BF−疾風のゲイル》]]|[[自分]][[フィールド]]上に[[同名カード]]以外の[[BF]]が存在する|1[[ターン]]に1度、[[相手]][[モンスター]]1体の[[攻撃力]]・[[守備力]]を半分にする|
|~|[[《シンクロ・マグネーター》]]|[[自分]]の[[シンクロモンスター]]の[[シンクロ召喚に成功した]]時|[[通常召喚]]できない|
|4|[[《極星獣グルファクシ》]]|[[相手]][[フィールド]]上に[[シンクロモンスター]]が存在し、&br;[[自分]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない||
|5|[[《クイック・シンクロン》]]|[[手札]]の[[モンスター]]1体を[[墓地へ送る]]|[[シンクロン]]を素材とする[[シンクロモンスター]]のみ[[シンクロ召喚]]可能|
|~|[[《こけコッコ》]]|[[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在しない&br;または[[相手]][[フィールド]]上に[[モンスター]]が存在し、[[自分]][[フィールド]]上に[[カード]]が存在しない|自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した場合、[[レベル]]が下がる&br;[[フィールド]]から[[離れる]]時に[[除外]]される|
|~|[[《虚栄の大猿》]]|[[手札]]から[[獣族]]1体を[[墓地]]に送り、[[手札]]から|[[特殊召喚モンスター]]&br;条件付きで自身の[[レベル]]を変更可|
|~|[[《死の代行者 ウラヌス》]]|[[フィールド]]に[[《天空の聖域》]]が存在するとき、[[手札]]から|自身の[[レベル]]を変更可|
//|~|[[《BF−朧影のゴウフウ》]]|[[自分]][[フィールド]]に[[モンスター]]が存在しないとき、[[手札]]から|[[特殊召喚モンスター]]&br;[[特殊召喚]]時に[[トークン]]を2体生成|
|7|[[《亡龍の戦慄−デストルドー》]]|この[[カード]]が[[手札]]または[[墓地]]に存在し、[[自分]][[フィールド]]に[[レベル]]6〜1の[[モンスター]]が存在するとき、その[[モンスター]]1体を[[対象]]にとって[[ライフ]]を半分払う|[[フィールド]]から離れた場合[[デッキ]]に戻る&br;[[対象]]にした[[モンスター]]の[[レベル]]分この[[カード]]の[[レベル]]を下げる&br;[[同名カード]]は[[1ターンに1度]]のみ|

-他の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できる[[チューナー]]
|CENTER:|LEFT:|LEFT:|LEFT:|c
|[[レベル]]|[[カード名]]|[[特殊召喚]][[効果]]の[[発動条件]]及び[[対象]]範囲|備考|
|1|[[《エーリアンモナイト》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[レベル]]4以下の[[エーリアン]]と名のついた[[モンスター]]1体|[[特殊召喚]]した[[モンスター]]は[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]|
|~|[[《ナチュル・チェリー》]]|この[[カード]]が[[相手]]によって[[フィールド]]上から[[墓地へ送られた]]時、&br;[[デッキ]]内の[[同名カード]]2体まで|[[裏側守備表示]]で[[特殊召喚]]|
|~|[[《屈強の釣り師》]]|この[[カード]]の[[直接攻撃]]で[[戦闘ダメージ]]を与えた時、[[自分]]の[[墓地]]の[[モンスター]]1体|[[守備表示]]限定|
|~|[[《ライティ・ドライバー》]]|この[[カード]]の[[召喚]]時、[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]のいずれかに存在する[[《レフティ・ドライバー》]]1体|自身を[[シンクロン]]扱いとして[[シンクロ素材]]にできる&br;[[同名カード]]は1[[ターン]]に1度のみ|
|~|[[《チェーン・リゾネーター》]]|この[[カード]]の[[召喚]]時に[[シンクロモンスター]]が存在する場合、[[デッキ]]から[[リゾネーター]]1体||
|~|[[《ターボ・シンクロン》]]|この[[カード]]の[[攻撃]]で[[戦闘ダメージ]]を''受けた''場合、その数値以下の[[攻撃力]]を持つ[[手札]]の[[モンスター]]|この[[カード]]の[[攻撃]]宣言時、[[攻撃対象]]を[[守備表示]]にできる|
|~|[[《レッド・ノヴァ》]]|このカードがチューナー2体以上を素材とするS召喚に使用され墓地へ送られた場合、デッキにある悪魔族・炎属性モンスター||
|2|[[《深海のディーヴァ》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[デッキ]]の[[レベル]]3以下の[[海竜族]][[モンスター]]1体|[[同名カード]]も[[特殊召喚]]可能|
|~|[[《BF−極北のブリザード》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[レベル]]4以下の[[BF]]と名の付いた[[モンスター]]1体|[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]&br;この[[カード]]は[[特殊召喚]]できない|
|~|[[《インフェルニティ・ビートル》]]|[[自分]]の[[手札]]が0枚の時この[[モンスター]]を[[リリース]]し&br;[[デッキ]]内の[[同名カード]]2体まで||
|~|[[《プチトマボー》]]|この[[カード]]が[[戦闘]]によって[[破壊]]され[[墓地へ送られた]]時、&br;[[デッキ]]内の[[デッキ]]から[[トマボー]]と名のついた[[モンスター]]を2体まで|この[[効果]]で[[特殊召喚]]した[[モンスター]]はこの[[ターン]]は[[シンクロ素材]]にできない|
|~| [[《レッド・リゾネーター》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[手札]]の[[レベル]]4以下の[[モンスター]]1体||
|~|[[《フルール・シンクロン》]]|この[[カード]]が[[シンクロ素材]]に使用されて[[墓地]]に送られた時、[[手札]]の[[レベル]]2以下の[[モンスター]]||
|~|[[《森の聖獣 ヴァレリフォーン》]]|[[手札]]を1枚捨て、[[同名カード]]以外の[[墓地]]の[[レベル]]2以下の[[獣族]]1体|[[同名カード]]は1[[ターン]]に1度のみ|
|~|[[《幻獣機オライオン》]]|この[[カード]]が[[墓地]]に送られた場合、[[トークン]]を1体|[[同名カード]]は1[[ターン]]に1度のみ|
|~|[[《横綱犬》]]|この[[カード]]の[[召喚]]時、[[手札]]または[[墓地]]の[[チューナー]]1体|[[特殊召喚]]した[[モンスター]]の[[効果]]は[[無効]]化|
|3|[[《ジャンク・シンクロン》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[レベル]]2以下の[[モンスター]]1体|[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]&br;[[特殊召喚]]した[[モンスター]]の[[効果]]は[[無効]]化|
|~|[[《D・スコープン》]]|[[攻撃表示]]の時、1[[ターン]]に1度、&br;[[自分]]の[[手札]]の[[レベル]]4の[[ディフォーマー]]1体|[[特殊召喚]]した[[モンスター]]は[[エンドフェイズ]]に[[破壊]]&br;[[守備表示]]の時は[[レベル]]4になる|
|~| [[《夜薔薇の騎士》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[手札]]の[[レベル]]4以下の[[植物族]][[モンスター]]1体|この[[カード]]が[[表側表示]]で存在する限り[[植物族]][[モンスター]]を[[攻撃対象]]にできない|
|~|[[《ブラック・ボンバー》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[レベル]]4の[[機械族]]・[[闇属性]][[モンスター]]1体|[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]&br;[[特殊召喚]]した[[モンスター]]の[[効果]]は[[無効]]化|
|~|[[《炎星師−チョウテン》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[守備力]]200以下の[[レベル]]3[[炎属性]][[モンスター]]1体|[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]&br;この[[ターン]][[自分]]は[[獣戦士族]]以外の[[モンスター]]で[[攻撃]]できない。&br;1[[ターン]]に1度しか使用できない|
|~|[[《妖海のアウトロール》]]|[[起動効果]]で自身と同じ[[レベル]]・[[属性]]を持つ[[手札]]の[[獣戦士族]]|[[同名カード]]は1[[ターン]]に1度のみ&br;[[召喚]]・[[特殊召喚]]成功時、自身の[[属性]]と[[レベル]]を変更可|
|4| [[《デブリ・ドラゴン》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[攻撃力]]500以下の[[モンスター]]1体|[[攻撃表示]]で[[特殊召喚]]&br;[[特殊召喚]]した[[モンスター]]の[[効果]]は[[無効]]化&br;[[シンクロ召喚]]できるのは[[ドラゴン族]][[シンクロモンスター]]のみ&br;他の[[シンクロ素材]]は[[レベル]]4以外限定|
|~| [[《カメンレオン》]]|この[[カード]]の[[召喚に成功した]]時、&br;[[自分]]の[[墓地]]の[[守備力]]0の[[モンスター]]1体|[[表側守備表示]]で[[特殊召喚]]&br;[[特殊召喚]]した[[モンスター]]の[[効果]]は[[無効]]化&br;この[[ターン]][[自分]]は[[エクストラデッキ]]以外から[[モンスター]]を[[特殊召喚]]不可|
|7|[[《タツノオトシオヤ》]]|自身の[[レベル]]を1つ下げることで[[トークン]]1体|1[[ターン]]に3回まで使用可能&br;この[[カード]]は[[幻竜族]][[モンスター]]以外の[[効果]]で[[特殊召喚]]できない|

//|5||||

-何らかの[[耐性]]を持つ[[チューナー]]
|CENTER:|LEFT:|LEFT:|LEFT:|c
|[[レベル]]|[[カード名]]|[[耐性]]|備考|
//|1|||||
|2|[[《X−セイバー パシウル》]]|[[戦闘破壊]]されない|[[相手]][[スタンバイフェイズ]]時に[[表側守備表示]]で存在する場合1000[[ダメージ]]|
|~|[[《クレボンス》]]|自身を[[対象]]にした[[攻撃]]を[[無効]]にする|[[ライフコスト]]が必要|
|~|[[《氷弾使いレイス》]]|[[戦闘破壊]]されない|[[レベル]]4以上の[[モンスター]]に対してのみ|
|3|[[《クロック・リゾネーター》]]|[[破壊]]されない|1[[ターン]]に1度のみ&br;[[表側守備表示]]限定|
|~|[[《ダーク・リゾネーター》]]|[[戦闘破壊]]されない|1[[ターン]]に1度のみ|
//|4||||
//|5||||

-その他の[[チューナー]]
|CENTER:|LEFT:|LEFT:|LEFT:|c
|[[レベル]]|[[カード名]]|利点|備考|
|1|[[《エフェクト・ヴェーラー》]]|[[手札]]から[[墓地へ送る]]事で[[相手]][[モンスター]]の[[効果]]を[[無効]]にする|[[相手]][[メインフェイズ]]のみ[[発動]]可能|
|~|[[《ガード・オブ・フレムベル》]]|2000という高い[[守備力]]を持つ|[[通常モンスター]]|
|~|[[《ハネワタ》]]|[[手札]]から捨てる事で[[効果ダメージ]]を0にする|[[相手]][[ターン]]でも[[発動]]可能|
|2|[[《シェイプシスター》]]|[[罠モンスター]]|1[[ターン]]に1枚しか[[発動]]できない|
|3|[[《X−セイバー エアベルン》]]|高い[[攻撃力]]と[[手札破壊]][[効果]]を持つ||
|~|[[《幽鬼うさぎ》]]|[[効果]]の[[発動]]に反応してその[[カード]]を[[破壊]]する|1[[ターン]]に1度のみ|
|~|[[《A・O・J サイクロン・クリエイター》]]|[[魔法・罠カード]]を[[バウンス]]|[[手札コスト]]が必要|
|4|[[《ヴァイロン・プリズム》]]|[[モンスターカードゾーン]]から[[墓地へ送られた]]時、&br;[[装備カード]]となって[[攻撃力]]を[[強化]]できる|[[ライフコスト]]が必要&br;[[シンクロ素材]]としても[[タイミングを逃さない>タイミングを逃す]]|
|~|[[《ライトロード・アサシン ライデン》]]|恵まれた[[種族]]・[[属性]]と高めの[[ステータス]]を備え、&br;[[ライトロード]]の名を持つ|1[[ターン]]で最大4枚の[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]が行える|
|~|[[《霞の谷の戦士》]]|[[攻撃力]]、[[効果]]共に[[アタッカー]]として有用||
|~|[[《ロード・シンクロン》]]|自身の[[効果]]で[[レベル]]が変化する|[[《ロード・ウォリアー》]]以外の[[シンクロ素材]]とする場合は[[レベル]]を2下げ、[[攻撃]]した[[ターン]]は[[レベル]]が1上がる|
//|5||||

***[[チューナー]]以外の[[モンスター]]について [#n28b2df6]
 素早く[[シンクロ素材]]を揃えるためには、他の[[カード]]に頼らず自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]できる[[効果モンスター]]が重宝する。~

-[[戦闘]]を介さない[[リクルーター]]・[[サーチャー]]~
[[リクルーター]]では[[《召喚僧サモンプリースト》]]、[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]、[[《ローンファイア・ブロッサム》]]が有用。~
[[サーチャー]]では[[《黒き森のウィッチ》]]・[[《ゴブリンゾンビ》]]等が重宝する。

-[[特殊召喚]]可能な[[半上級モンスター]]~
[[チューナー]]の[[通常召喚]]と合わせて1[[ターン]]で[[シンクロ素材]]を揃えられる。~
[[レベル]]が高いので、[[レベル]]7以上の[[シンクロモンスター]]を出す場合に特に有効。~
代表的なものは[[ノーコスト>コスト]]の[[《超量士レッドレイヤー》]]、[[《プリミティブ・バタフライ》]]、[[《太陽風帆船》]]、場に左右されない[[《THE トリッキー》]]や[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]等がある。~

-その他の[[手札]]から[[特殊召喚]]可能な[[特殊召喚モンスター]]~
[[《炎の精霊 イフリート》]]や[[《ギガンテス》]]等は、[[墓地]]の[[モンスター]]を[[除外]]して自力で[[特殊召喚]]できるため、場に左右されず[[召喚権]]を残したまま場に出せる。~
[[手札]]に[[チューナー]]が存在すれば、[[召喚]]することですぐに[[シンクロ召喚]]に繋げることができる。~
[[除外]]する[[コスト]]の指定が緩いものでは、1体の[[除外]]を要し[[炎>炎属性]]・[[風>風属性]]・[[地属性]]を指定する[[レベル]]4[[モンスター]]がそれぞれ2種類、[[光>光属性]]・[[闇>闇属性]]・[[水>水属性]]に1種類が存在。~
また、高[[レベル]]の[[シンクロモンスター]]に繋げやすい[[《カオス・ソーサラー》]]・[[《ギガストーン・オメガ》]]・[[《霊魂の護送船》]]などの[[上級モンスター]]も存在する。

-[[自己再生]][[効果]]を持つ[[モンスター]]~
比較的低[[レベル]]の[[モンスター]]が多いため、[[レベル]]調整に使ったり低[[レベル]]の[[シンクロモンスター]]に繋げることが可能。~
代表的なものは[[《ボルト・ヘッジホッグ》]]・[[《黄泉ガエル》]]・[[《ファラオの化身》]]など。~
//・[[《レベル・スティーラー》]]

-他の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]~
[[効果]]で[[チューナー]]を[[特殊召喚]]することで即座に[[シンクロ召喚]]に繋げられる。~
比較的緩い制限で[[手札]]から任意の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[《切り込み隊長》]]や[[《ゴブリンドバーグ》]]などは[[シンクロモンスター]]の選択肢も広い。~

-[[トークン]]を生成したり、指定された[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[モンスター]]~
[[特殊召喚]]される対象は低[[レベル]]の場合が多く、[[レベル]]調整や低[[レベル]][[シンクロモンスター]]の[[シンクロ召喚]]に有効。~
[[シンクロ素材]]として[[墓地へ送られた]]時に[[トークン]]を生成する[[モンスター]]の場合、[[自己再生]][[効果]]を持つ[[チューナー]]と併用することで1[[ターン]]に複数回の[[シンクロ召喚]]を狙うことができる。~
[[トークン]]を生成するもので代表的な[[カード]]は[[《ダンディライオン》]]・[[《ドッペル・ウォリアー》]]など。~
特定[[モンスター]]を[[特殊召喚]]するもので代表的な[[カード]]は[[《創造の代行者 ヴィーナス》]]([[《神聖なる球体》]])や[[《雲魔物−タービュランス》]]([[《雲魔物−スモークボール》]])など。~

-[[戦闘破壊]][[耐性]]を持つ[[モンスター]]~
比較的場持ちがよいことを生かして次の[[ターン]]での[[シンクロ召喚]]を狙う。~
代表的なものは[[《マシュマロン》]]・[[《魂を削る死霊》]]など。~

-[[レベル]]変更[[効果]]を持つ[[モンスター]]~
[[シンクロ召喚]]先に幅を待たせたり、[[上級モンスター]]を採用せずに高[[レベル]]の[[シンクロ召喚]]を狙えるようになる。~
代表的なものは[[《覚星師ライズベルト》]]や[[《EMプラスタートル》]]など。~

―[[出張]]要素~
 少ない消費で[[シンクロ素材]]を集めやすい[[コンボ]]が採用される。~
 [[カテゴリ]]に関係なくとも有用であることが多く、採用される。~

-[[《ブリリアント・フュージョン》]]・[[《ギャラクシーサーペント》]]・[[《ジェムナイト・ラズリー》]]・[[《ジェムナイト・セラフィ》]]~
[[《ブリリアント・フュージョン》]]で[[《ギャラクシーサーペント》]]、[[《ジェムナイト・ラズリー》]]を[[融合素材]]に[[《ジェムナイト・セラフィ》]]を[[融合召喚]]。~
[[《ジェムナイト・ラズリー》]]の[[効果]]で[[《ギャラクシーサーペント》]]を回収し、[[《ジェムナイト・セラフィ》]]の[[効果]]で[[召喚]]する。~
[[手札]]消費1枚で[[レベル]]7の[[シンクロモンスター]]を出せるため、使いやすい。~
[[《ブリリアント・フュージョン》]]も[[《シンクロ・フュージョニスト》]]で[[サーチ]]できる。~

-[[《邪竜星−ガイザー》]]+[[《タツノオトシオヤ》]]~
[[《邪竜星−ガイザー》]]で自身を[[破壊]]し、[[《タツノオトシオヤ》]]を[[リクルート]]して[[レベル]]5〜7の[[シンクロ召喚]]を狙う。~
[[レベル]]調整が可能な他、[[レベル]]1[[チューナー]]があれば[[《TG ハイパー・ライブラリアン》]]、[[《フォーミュラ・シンクロン》]]を展開して2枚の[[ドロー]]まで繋がる。~

-[[《流星方界器デューザ》]]+[[《方界合神》]]~
[[《流星方界器デューザ》]]を出して[[《方界合神》]]を[[墓地へ送る]]。~
その後[[《流星方界器デューザ》]]を[[シンクロ素材]]にすることで[[《方界合神》]]の[[効果]]を[[発動]]。~
また[[《流星方界器デューザ》]]を出して[[《方界合神》]]を[[墓地へ送る]][[コンボ]]。~
[[レベル]]4が尽きず、繰り返し[[シンクロ召喚]]も狙いやすい。~

―[[リンクモンスター]]~
 冒頭に記したように[[新マスタールール]]では[[エクストラデッキ]]からの展開に大幅な制限がかかったため、従来の展開を行いたい場合は[[リンクモンスター]]の採用が必要不可欠となっている。~

-[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]~
両斜め下の[[リンクマーカー]]を持ち、[[チューナー]]が1体以上[[リンク素材]]に必要な[[リンク]]2。~
[[リンク召喚に成功した]]場合に[[レベル]]3以下の[[チューナー]]を[[リクルート]]でき、[[相手]][[ターン]]に自身を[[コスト]]に[[シンクロチューナー]]を[[エクストラデッキ]]から[[特殊召喚]]できる。~
[[リンクマーカー]]・[[モンスター効果]]の両方が重要であり、ほぼ[[必須カード]]と言っても過言ではない。~

***代表的な[[シンクロモンスター]] [#extradeck]
 ここでは[[シンクロ素材]]の[[縛り]]が緩く、比較的どの[[デッキ]]でも扱える[[シンクロモンスター]]を挙げる。~

-[[レベル]]2
--[[《フォーミュラ・シンクロン》]]~
[[シンクロ素材]]に指定がないとはいえ、[[チューナー]]とそれ以外の[[モンスター]]の両方が[[レベル]]1である必要があり、[[シンクロ召喚]]できる[[デッキ]]は限られている。~
それでも1枚の[[ドロー]]と、その上で更なる[[シンクロ召喚]]はかなり優秀なので、[[シンクロ召喚]]を狙える[[デッキ]]ならば積極的に狙っていきたい。~
//--[[《焔紫竜ピュラリス》]]~
//発動の容易な[[全体弱体化]][[効果]]を持つ[[チューナー]]。~
//[[《フォーミュラ・シンクロン》]]に比べると地味ではあるものの、3枚目以降の[[《フォーミュラ・シンクロン》]]としての採用を検討できるだろう。~

-[[レベル]]3
--[[《霞鳥クラウソラス》]]~
[[相手]]の厄介な[[モンスター]]を無力化したうえで、より高[[レベル]]の[[シンクロモンスター]]に繋げられる。
--[[《たつのこ》]]~
[[チューナー]]であり、[[シンクロ召喚]]していれば[[手札]]の[[モンスター]]を[[シンクロ素材]]に使える。~
より高い[[レベル]]の[[シンクロ召喚]]ができるだけでなく、[[墓地へ送られた]]時の[[効果]]を使うこともできる。~

-[[レベル]]4
--[[《古神ハストール》]]~
[[シンクロ素材]]に[[縛り]]がなく、[[レベル]]4[[シンクロモンスター]]の中では最高[[攻撃力]]を持つ。~
緩い条件かつ[[タイミングを逃さず>タイミングを逃す]]に[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃]]と[[効果]]を封じる[[装備カード]]となり、[[装備カード]]として[[フィールド]]を離れた際には[[コントロール奪取]]ができる。~
--[[《古神クトグア》]]~
[[レベル]]4[[シンクロモンスター]]の中では2番目に高い[[攻撃力]]を持つ他、[[バウンス]]による[[ランク]]4の[[エクシーズモンスター]]の[[全体除去]]と[[融合素材]]もしくは[[エクシーズ素材]]となれば、[[ドロー]]に繋げられる2つの優秀な[[効果]]を併せ持つ。~
--[[《魔界闘士 バルムンク》]]~
緩めの発動条件で[[下級モンスター]]を[[蘇生]]できる[[効果]]を持つ。~
[[《インヴェルズ・ローチ》]]を[[戦闘破壊]]可能であることも強み。~
--[[《アームズ・エイド》]]~
[[コントロール奪取]]や、低[[レベル]]の[[モンスター]]が多い[[デッキ]]はもちろん、展開力のある[[デッキ]]なら高[[攻撃力]][[モンスター]]に装備できれば、[[デュエル]]の[[フィニッシャー]]ともなり得る。~
--[[《HSR快刀乱破ズール》]]~
[[特殊召喚]]された[[モンスター]]に対してのみではあるが、[[攻撃力]]2600の[[アタッカー]]として運用できる。

--[[《魔轟神獣ユニコール》]]~
[[レベル]]4[[シンクロモンスター]]最大[[攻撃力]]と、癖は強いが強力な[[ロック]][[効果]]を併せ持つ。~
[[素材>シンクロ素材]]の指定は[[チューナー]]のみなので、[[《魔轟神獣ケルベラル》]]や[[《魔轟神獣キャシー》]]を採用する場合は、是非とも用意したい。~

-[[レベル]]5
--[[《A・O・J カタストル》]]~
[[シンクロ素材]]に指定がなく、[[闇属性]]以外の[[モンスター]]全てに[[メタを張れる>メタを張る]]。~
[[機械族]]のため、[[《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》]]になれる[[《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》]]の[[エクシーズ素材]]にもなる。~
--[[《TG ハイパー・ライブラリアン》]]~
[[素材>シンクロ素材]]指定がない[[レベル]]5[[シンクロモンスター]]の中では2番目に高い[[攻撃力]]を持ち、[[シンクロ召喚]]が行われるたびに[[アドバンテージ]]を稼ぐ[[効果]]も備える。~
[[闇属性]]であり、[[《A・O・J カタストル》]]を[[戦闘破壊]]できるという点も見逃せない。~
--[[《幻層の守護者アルマデス》]]~
[[相手]]の厄介な[[カードの発動]]を妨害できる。~
[[自分]]の[[カードの発動]]は妨害されないのが強みで、[[《オネスト》]]にも対応している。~
対[[《A・O・J カタストル》]]要員としても重宝する。~
--[[《HSRチャンバライダー》]]~
[[2回攻撃]]と[[戦闘]]時の[[自己強化]][[効果]]を持ち、[[下級モンスター]]の一掃や[[直接攻撃]]による[[フィニッシャー]]として運用できる。~
--[[《水晶機巧−アメトリクス》]]~
[[シンクロ素材]]に[[縛り]]がない[[レベル]]5[[シンクロモンスター]]の中では最高[[攻撃力]]を持ち、[[特殊召喚]]された[[相手]][[モンスター]]を全て[[守備表示]]に変更する[[効果]]により、[[戦闘]]を補助できる。~
--[[《転生竜サンサーラ》]]~
[[レベル]]5[[シンクロモンスター]]の中でも高い[[守備力]]を持ち、[[破壊]]を[[トリガー]]とする[[蘇生]][[効果]]により、[[相手]]の[[破壊]]を牽制しやすい。~

--[[《アクセル・シンクロン》]]~
[[チューナー]]であり、[[シンクロン]]を[[墓地]]に送って[[レベル]]を変動させることで柔軟な動きと更なる展開が可能。~

--[[《ヘル・ツイン・コップ》]]~
[[連続攻撃]]と[[自己強化]][[効果]]を持った非常に攻撃的な[[モンスター]]。~
[[悪魔族]]の[[チューナー]]を投入するなら、是非用意しておきたい。~
--[[《魔轟神レイジオン》]]~
[[《魔轟神獣ユニコール》]]と共に、[[魔轟神]][[チューナー]]を投入している[[デッキ]]ならば採用を検討したい。~
[[ドロー]][[効果]]から、自身を[[素材>シンクロ素材]]としてして更なる[[シンクロ召喚]]を狙うのもよい。~
--[[《ジェット・ウォリアー》]]~
[[バウンス]]と[[自己再生]]できる[[効果]]を持つため、展開の幅が広がる。~
//[[《クイック・シンクロン》]]と[[《レベル・スティーラー》]]を採用する[[デッキ]]では必須と言ってもいいだろう。~

-[[レベル]]6
--[[《BF−星影のノートゥング》]]~
[[バーン]][[効果]]を持ち、[[弱体化]][[効果]]もある為[[攻撃力]]が実質3200となる。~
--[[《大地の騎士ガイアナイト》]]~
[[素材>シンクロ素材]]指定がない[[レベル]]6としては現役[[カード]]最高の[[攻撃力]]を持つ。~
--[[《氷結界の龍 ブリューナク》]]~
[[手札]]を任意の枚数捨ててその数だけ[[相手]][[フィールド]]の[[カード]]を[[バウンス]]する[[効果]]を持つ。~
[[手札]]さえあれば一度に複数枚の[[除去]]を狙えるため、露払いや[[フィニッシャー]]として高い性能を持つ。~
--[[《獣神ヴァルカン》]]~
[[攻撃力]]は低いが、[[シンクロ召喚]]成功時に[[お互い]]の[[表側表示]]の[[カード]]を1枚ずつ[[手札]]に戻す[[効果]]を持つ。~
--[[《HSR魔剣ダーマ》]]~
[[攻撃力]]はやや低いが、[[貫通]]・[[自己再生]]・[[バーン]]と多彩な[[効果]]を持つ。~
--[[《天狼王 ブルー・セイリオス》]]~
[[上級モンスター]]の水準である2400ラインの[[攻撃力]]に加え、[[破壊]]された際に[[相手]][[モンスター]]を[[弱体化]]させる[[効果]]も備えている。~
--[[《スプレンディッド・ローズ》]]~
[[コスト]]にする[[植物族]][[モンスター]]さえ用意できれば[[攻撃力]]4400までの[[モンスター]]を[[戦闘破壊]]できる。~
[[【植物族】]]以外の[[デッキ]]で使用する場合は[[植物族]]の[[自己再生]][[チューナー]]や[[《ダンディライオン》]]が使いやすい。~

--[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]~
[[チューナー]]に[[地属性]]を指定しているが、[[レベル]]6[[シンクロモンスター]]における、最高[[攻撃力]]と[[戦闘破壊]]と[[トリガー]]とする[[コントロール奪取]][[効果]]を持つ。~

-[[レベル]]7~
--[[《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》]]~
[[レベル]]5以上の[[モンスター効果]]と[[レベル]]5以上の[[モンスター]]を[[対象]]とする[[モンスター効果]]を封殺。~
--[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]~
優秀な[[リセット]][[効果]]を持つため、[[エクストラデッキ]]には必ず用意しておきたい。~
--[[《月華竜 ブラック・ローズ》]]~
強力な[[バウンス]][[効果]]を持ち、[[上級モンスター]]の展開を妨害できる。~
--[[《ダーク・ダイブ・ボンバー》]]~
[[エラッタ]]により[[弱体化]]したものの、[[攻撃力]]の高さは変わらず、[[相手]]の[[ライフ]]が1400以下なら自身を[[射出]]して[[フィニッシャー]]になり得る。~
--[[《スクラップ・デスデーモン》]]~
[[効果]]は持たないが、[[シンクロ素材]]に[[縛り]]がない[[レベル]]7[[シンクロモンスター]]では最高の[[攻撃力]]を持つ。~
[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]の[[効果]]に強い[[《スターダスト・ドラゴン》]]を[[戦闘破壊]]できるので、[[エクストラデッキ]]に余裕があれば投入しておきたい。~
--[[《パワー・ツール・ドラゴン》]]・[[《妖精竜 エンシェント》]]・[[《機械竜 パワー・ツール》]]~
//[[《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》]]・
[[攻撃力]]はやや頼りないが、[[シンクロ素材]]に[[縛り]]がないので出しやすく、[[コンボ]]で[[アドバンテージ]]を稼げる。~

--[[《BF−アーマード・ウィング》]]~
自身より[[ステータス]]が高い[[モンスター]]にも対抗できる[[効果]]を持ち、[[戦闘]]では無類の強さを発揮するが、[[BF]]と名のついた[[チューナー]]が必要。~
[[《BF−疾風のゲイル》]]を採用する場合、一枚忍ばせておくとよいだろう。~
--[[《デーモン・カオス・キング》]]・[[《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》]]~
こちらも[[チューナー]]を指定するので、採用する[[チューナー]]を基準に選ぶ。~
--[[《氷結界の龍 グングニール》]]・[[《アーカナイト・マジシャン》]]~
[[チューナー]]以外の[[モンスター]]を指定するが、[[召喚に成功した]]時点で2400以上の[[攻撃力]]を持ち、[[戦闘]]を介さない[[除去]][[効果]]も備えている。~
指定に適合する[[融合モンスター]]が複数の[[レベル]]に存在するため、[[メインデッキ]]の[[属性]]や[[種族]]を絞らずに[[《簡易融合》]]を投入するだけでも運用できるが、[[エクストラデッキ]]を圧迫するので[[《簡易融合》]]のみに頼る場合は種類を抑える必要がある。~
--[[《カラクリ将軍 無零》]]~
こちらも[[チューナー]]以外の[[モンスター]]に指定があるが、[[《簡易融合》]]で用意できる[[シンクロ素材]]は[[レベル]]5のみ。~
[[レベル]]7[[シンクロモンスター]]の中でも高めの[[攻撃力]]にくわえて[[表示形式]]変更[[効果]]も併せ持つため、[[戦闘]]を介する必要はあるが高[[ステータス]]の[[モンスター]]を[[ノーコスト>コスト]]で[[除去]]できるのが利点。~

-[[レベル]]8
--[[《スターダスト・ドラゴン》]]~
[[攻撃力]]でやや劣るものの、[[破壊]][[効果]]の[[無効]]化能力は非常に優秀。~
[[自分]]が有利な状況ではこれを優先して出すと良い。~
--[[《閃こう竜 スターダスト》]]~
[[光属性]]であり、1[[ターン]]に1度の[[破壊耐性>耐性]]付与[[効果]]を持つ。~
特定の[[カード]]を守る必要がある場面ではこちらを優先したい。~
--[[《ギガンテック・ファイター》]]~
実質[[戦闘破壊]][[耐性]]を持っているに等しく、[[ビートダウン]][[デッキ]]を[[相手]]にする場合は重宝する。~
--[[《スクラップ・ドラゴン》]]~
[[戦闘]]を介さない万能[[破壊]][[効果]]を持ち、[[フリーチェーン]]の[[カード]]を多用する[[デッキ]]とは特に相性が良い。~
--[[《メンタルスフィア・デーモン》]]~
[[ライフゲイン]][[効果]]を持ち、[[【サイキック族】]]のみならず[[ライフコスト]]のかかる[[カード]]を多用する[[デッキ]]とは特に相性が良い。~
また[[対象をとる>対象をとる(指定する)効果]][[魔法・罠カード]]に[[耐性]]があるため、[[シンクロモンスター]]が弱点とする[[《強制脱出装置》]]等を気にせず[[攻撃]]できる。~
--[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン》]]・[[《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》]]・[[《えん魔竜 レッド・デーモン》]]~
高い[[攻撃力]]を持ち、それぞれ範囲の異なる対象をとらない[[破壊]][[効果]]を持つ。
//前者は[[守備表示]][[モンスター]]を、後者は[[攻撃表示]][[モンスター]]を[[効果]]で[[破壊]]できる。~
[[リクルーター]]や[[戦闘破壊]][[耐性]]を持った[[モンスター]]には無類の強さを誇る。~
--[[《ブラックフェザー・ドラゴン》]]~
[[メインデッキ]]を圧迫せずに[[【フルバーン】]]などへの対策ができる。~
--[[《クリムゾン・ブレーダー》]]~
[[シンクロ素材]]に指定がなく、[[ステータス]]も高い。~
[[ランク]]4以下の[[エクシーズ召喚]]に対しては無意味だが、[[ミラーマッチ]]や高[[レベル]][[モンスター]]を多用する[[デッキ]]なら活躍が期待できる。

--[[《ダークエンド・ドラゴン》]]・[[《神聖騎士パーシアス》]]~
前者は[[戦闘]]を介さない[[除去]][[効果]]を持ち、後者は[[表示形式]]変更と[[貫通]][[効果]]を併せ持つ。~

-[[レベル]]9
--[[《鬼岩城》]]~
[[チューナー]]以外の[[シンクロ素材]]は1体で良いので、[[シンクロ召喚]]自体は容易。~
[[攻撃力]]アップ以外の[[効果]]を持たないが、最低でも[[攻撃力]]は3100になるため、[[アタッカー]]としては十分。~
--[[《灼銀の機竜》]]~
[[シンクロ素材]]に[[縛り]]がなく、2体で出せる[[除去]][[効果]]持ちとして非常に優秀。~
[[効果]]で[[破壊]]された時の[[除外]]された[[チューナー]]を回収できる効果も[[除去]][[効果]]の[[コスト]]として[[除外]]した[[チューナー]]を選択でき、損失を補える。~
--[[《A・O・J フィールド・マーシャル》]]~
高い[[攻撃力]]と[[ドロー]][[効果]]を持つが、[[耐性]]及び[[除去]][[効果]]を持たないため[[フィニッシャー]]としては不安が残る。~
--[[《ミスト・ウォーム》]]~
[[攻撃力]]こそ低めだが、[[シンクロ召喚に成功した]]時に[[バウンス]]できる枚数が3枚と多いため、[[相手]][[フィールド]]をこじ開けて[[フィニッシャー]]にしやすい。~
--[[《氷結界の龍 トリシューラ》]]~
[[シンクロ召喚]]するだけで巨大な[[アドバンテージ]]を得られる。~
[[レベル]]9の[[シンクロ召喚]]が可能な[[デッキ]]ならば是非用意しておきたい。

-[[レベル]]10
--[[《神樹の守護獣−牙王》]]・[[《天穹覇龍ドラゴアセンション》]]~
高い[[攻撃力]]に加え、[[カード]][[効果]]に強い。~
[[チューナー]]以外の[[シンクロ素材]]は1体でよく、[[シンクロ召喚]]が非常に容易。~
--[[《A・O・J ディサイシブ・アームズ》]]~
高い[[攻撃力]]に加え、[[光属性]][[デッキ]]に対して鬼のような強さを発揮する[[効果]]を持つ。~

-[[レベル]]11
--[[《星態龍》]]~
高い[[攻撃力]]と[[耐性]]を持ち、更に唯一[[シンクロ素材]]に制限がない[[レベル]]11なので、多様性を広げる意味でも投入しておくのもよいだろう。~

-[[レベル]]12
--[[《A BF−神立のオニマル》]]~
[[シンクロ素材]]に縛りのない唯一の[[レベル]]12の[[シンクロモンスター]]。

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
 [[モンスター]]を[[特殊召喚]]するものが中心となる。~
 他には[[コントロール奪取]]も使いやすい。~

-[[トークン]]を生成する[[魔法カード]]~
複数の[[トークン]]を[[特殊召喚]]できれば、[[シンクロ召喚]]先の選択肢が広がる。~
[[発動]][[ターン]]の[[召喚]]・[[特殊召喚]]に制限がかかるものが多いが、[[速攻魔法]]である[[《スケープ・ゴート》]]や[[《終焉の焔》]]等は[[相手]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[発動]]して[[デメリット]]を回避できる。~
4体もの[[トークン]]を生み出す[[《スケープ・ゴート》]]は[[自分]][[フィールド]]上の[[モンスター]]の数に注意しなければならないが[[シンクロ召喚]]できる範囲が[[チューナー]]の[[レベル]]+1〜4と幅広い。

-[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[魔法・罠カード]]全般~
[[《リビングデッドの呼び声》]]や[[《リミット・リバース》]]といった各種の[[蘇生]][[カード]]、[[《ワン・フォー・ワン》]]や[[《緊急テレポート》]]のように[[手札]]や[[デッキ]]から[[モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[カード]]は素早く[[モンスター]]を並べるという点で非常に有効。~
[[《簡易融合》]]は[[メインデッキ]]を圧迫することなく[[レベル]]3〜5の[[融合モンスター]]を[[特殊召喚]]できる柔軟さが利点だが、大幅に種類を増やした[[シンクロモンスター]]のみならず[[リンクモンスター]]にも[[エクストラデッキ]]の枠を割かざるを得ない現在、そちらの圧迫が非常に大きな欠点となっている。

-[[罠モンスター]]~
自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]可能な[[モンスター]]と同様に1[[ターン]]で[[シンクロ素材]]を並べる。~
ただし、[[罠カード]]であるため[[発動]]に1[[ターン]]かかるのが欠点。~
[[チューナー]]である[[《シェイプシスター》]]、[[種族]]・[[属性]]を任意に指定出来る[[《鏡像のスワンプマン》]]や[[《量子猫》]]などが[[シンクロ素材]]向きの能力を有している。

-[[コントロール奪取]]~
[[相手]][[モンスター]]を[[除去]]しながら[[シンクロ召喚]]につなげることができるのが利点。~
欠点は[[相手]][[モンスター]]に左右されるため高[[レベル]]の[[モンスター]]に対して使いづらい点。~
代表的なものは[[《精神操作》]]など。

**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
 いくら[[シンクロ召喚]]に特化すると言っても、上述したギミック・[[モンスター]]を全て取り入れると言うのは現実的ではない。~
 「既存の[[デッキ]]に[[シンクロ召喚]]ギミックを取り入れる」形が基本となる。~

***[[通常モンスター]]軸 [#NORMAL]
 [[《思い出のブランコ》]]等の[[蘇生]][[カード]]により、[[通常モンスター]]の[[シンクロ素材]]を揃え、[[シンクロ召喚]]へとつなげるタイプ。~
 [[《戦線復活の代償》]]を用いることで、[[シンクロモンスター]]の[[蘇生]]も可能である。~
 [[通常モンスター]]の[[チューナー]]は[[《ウォーター・スピリット》]]・[[《ガード・オブ・フレムベル》]]・[[《チューン・ウォリアー》]]・[[《ジェネクス・コントローラー》]]・[[《A・マインド》]]・[[《ラブラドライドラゴン》]]・[[《ギャラクシーサーペント》]]らが存在する。~
 ここから[[サポートカード]]を共有できるものや、[[レベル]]調整を主眼に選択する必要がある。~

 [[《ジェネクス・コントローラー》]]と[[《A・マインド》]]は[[種族]]・[[属性]]の共通以外にも合計[[レベル]]が8であることから[[《高等儀式術》]]を用いる[[デッキ]]にも有効。~
 [[蘇生]]を殆ど行わない例では、[[《魔の試着部屋》]]の利用できる[[レベル]]3以下の[[チューナー]]を交えた[[【ローレベル】]]が代表的である。~

***[[《A・マインド》]]軸 [#ALLYMIND]
 上記の[[通常モンスター軸>【シンクロ召喚】#NORMAL]]の派生その1。~
 [[レベル]]5で[[通常モンスター]]の[[チューナー]]である[[《A・マインド》]]は[[《思い出のブランコ》]]や[[《黙する死者》]]等で容易に[[蘇生]]でき、[[《終末の騎士》]]や[[《ダーク・グレファー》]]等で簡単に[[墓地]]に用意できる。~
 その後、[[《レベル・スティーラー》]]と併用し[[レベル]]5の[[シンクロ召喚]]を行う。~
 また、[[《アンノウン・シンクロン》]]や[[《異次元の精霊》]]等の[[特殊召喚]]しやすい[[レベル]]1[[チューナー]]を併用する事で、[[《シューティング・クェーサー・ドラゴン》]]の[[シンクロ召喚]]も狙える。~
 [[《アクセル・シンクロン》]]で[[《ジェット・シンクロン》]]を[[墓地]]に送れるので、[[《グローアップ・バルブ》]]など[[墓地]]で[[発動]]するものも使いやすい。~
 他の[[モンスター]]の[[レベル]]を下げて[[《レベル・スティーラー》]]を[[蘇生]]すれば[[《A・マインド》]]と[[《地底のアラクネー》]]を[[シンクロ召喚]]でき、[[相手]][[モンスター]]を[[除去]]できる。~
 [[《クイック・シンクロン》]]などと[[《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》]]を経由して[[《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》]]になることも出来るが、[[墓地]]に[[《A・マインド》]]が行かなくなり次の展開を阻害するため注意したい。~

-[[《レベル・スティーラー》]]が[[禁止カード]]となり、[[コンボ]]の幅が狭まった。~

***[[《ラブラドライドラゴン》]]軸 [#LABRADORITE]
 [[通常モンスター軸>【シンクロ召喚】#NORMAL]]の派生その2。~
 こちらは[[レベル]]が6で[[《銀龍の轟咆》]]にも対応している。~
 [[《A・マインド》]]と違い[[レベル]]が6のため[[《レベル・スティーラー》]]を使えばそのまま[[《地底のアラクネー》]]を[[シンクロ召喚]]できる。~
 [[《レベル・スティーラー》]]が[[墓地へ落とせ>墓地へ送る]]なくても[[《ラブラドライドラゴン》]]と[[《ラブラドライドラゴン》]]を[[墓地へ送る]]ために使った[[《終末の騎士》]]や[[《ダーク・グレファー》]]だけでも[[《神樹の守護獣−牙王》]]を[[シンクロ召喚]]することができる。~
 [[《終末の騎士》]]と[[《ダーク・グレファー》]]を共有できる[[《D−HERO ディアボリックガイ》]]を投入して[[ランク]]6[[エクシーズモンスター]]を狙うのも面白い。~

-[[《レベル・スティーラー》]]が[[禁止カード]]となり、[[コンボ]]の幅が狭まった。~

***[[聖刻]]軸 [#HIERATIC]
 [[通常モンスター軸>【シンクロ召喚】#NORMAL]]の派生その3。~
 [[聖刻]]と[[ドラゴン族]][[チューナー]][[通常モンスター]]を多く搭載した構築。~
 [[《聖刻龍−トフェニドラゴン》]]らから[[聖刻]][[上級モンスター]]と[[《ガード・オブ・フレムベル》]]・[[《ギャラクシーサーペント》]]・[[《ラブラドライドラゴン》]]を展開すれば、[[レベル]]6〜8と11〜12の[[シンクロ素材]]が即座に整う。~
 自然と[[【ドラゴン族】]]寄りの構築となるので、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]といった[[ドラゴン族]]サポートも数枚投入してよいだろう。~
 また、[[《ラブラドライドラゴン》]]を使用することで[[《アルティマヤ・ツィオルキン》]]へのアクセスも可能。~

***[[戦士族]]軸 [#WARRIOR]
 [[《増援》]]及び[[《戦士の生還》]]により、高い柔軟性を持つ[[戦士族]]を中心とする型。~
 [[《ジャンク・シンクロン》]]や[[《切り込み隊長》]]、[[《マジック・ストライカー》]]は[[《地獄の暴走召喚》]]との相性も良く、[[レベル]]調整にはもってこい。~
 [[《ギガンテック・ファイター》]]と[[《X−セイバー ウェイン》]]の[[効果]]を活用できるのもポイント。~

 これら[[シンクロモンスター]]を[[戦士族]]中心に用いれば、半永久的に[[自己再生]]し[[シンクロ素材]]に最適な[[《不死武士》]]を中心にした構築も可能。~
 詳しくは[[【不死武士シンクロ】>【不死武士】#uac31254]]を参照の事。

***[[機械族]]軸 [#MACHINE]
// [[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]による[[デッキ圧縮]]兼[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]と[[《機械複製術》]]による大量展開を狙った型。~
 [[《ニトロ・シンクロン》]]及び[[《チューニング・サポーター》]]、[[チューナー]]と[[《精神操作》]]を共有する[[《サイバー・ヴァリー》]]は、[[《機械複製術》]]により大量[[ドロー]]が期待できる。~
 [[《キメラテック・オーバー・ドラゴン》]]の素材である[[《サイバー・ドラゴン》]]の[[シンクロ召喚]]との相性は勿論、大量展開からの[[《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》]]の[[攻撃力]]増強も望める。~
// [[《機械複製術》]]対応外では、[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]からの[[シナジー]]が強力な[[《ボルト・ヘッジホッグ》]]・[[《シンクロン・エクスプローラー》]]、全体的に低い打点を補う[[《ジェネクス・ニュートロン》]]などが有力。~
 自身は[[機械族]]ではないが多くの[[蘇生]]対象をもつ[[《ジャンク・シンクロン》]]も優秀である。~

 性質上[[シンクロン]]と名のつく[[チューナー]]が多く投入される場合があるが、そちらについては[[【シンクロン】]]を参照。~
 [[《ブラック・ボンバー》]]は[[《機械複製術》]]と相性が良くないので、こちらを主軸とするには工夫が必要。~

***[[リクルーター]]軸 [#RECRUITER]
 [[チューナー]]が固定されないのが特徴で、場持ちは悪いが[[シンクロ召喚]]時に[[効果]]を発揮する[[《ダーク・スプロケッター》]]や[[《ファラオの化身》]]といった[[カード]]が扱いやすくなる。~
 また[[レベル]]選択の幅が広く、[[光属性]]・[[地属性]]・[[炎属性]]・[[風属性]]は専用[[リクルーター]]から[[レベル]]1から4までの[[チューナー]]を自在に呼び出すことができる。~
 [[レベル]]5以上の[[モンスター]]も呼べるので、[[リクルート]][[効果]]さえ通れば[[レベル]]調整は容易。~
 [[シンクロモンスター]]より、[[シンクロ素材]]の能力を活かす[[デッキ]]といえる。~
 [[リクルーター]]の[[効果]]の特性から[[バトルフェイズ]]中に素材を揃えることが多いので、[[《緊急同調》]]も役に立ちやすい。~

 [[《召喚僧サモンプリースト》]]と[[《レスキューキャット》]]を軸にしたタイプは、[[【レスキューシンクロ】]]を参照。~

***[[リゾネーター]]軸 [#RESONATOR]
 多数の[[サポートカード]]を有する[[リゾネーター]]を[[シンクロ召喚]]に用いる型。~
 [[レベル]]1〜3までと[[レベル]]選択の幅は広く、[[《ダーク・リゾネーター》]]や[[《クロック・リゾネーター》]]、[[《バリア・リゾネーター》]]等場に[[モンスター]]を絶えにくくさせる[[モンスター]]も存在する。~
 [[《レッド・リゾネーター》]]の[[回復]][[効果]]のおかげで長期戦にも強い。~
 [[《シンクローン・リゾネーター》]]の[[サルベージ]][[効果]]で各[[リゾネーター]]の使い回しも容易。~
 [[《チェーン・リゾネーター》]]等の[[効果]]で複数の[[チューナー]]が並ぶことも多い。~
 他にない利点としては、[[悪魔族]][[シンクロモンスター]]を容易に採用できる点、そして[[《共鳴破》]]によって[[シンクロ召喚]]時の[[ディスアドバンテージ]]を軽減できる点である。~
 全ての[[リゾネーター]]が[[チューナー]]なのを考慮し、[[《イージーチューニング》]]や[[《チューナーズ・バリア》]]等を採用して[[【チューナー】]]色を強めてもいいだろう。~
 [[シンクロモンスター]]の中でも[[レッド・デーモン]]との相性がいいので、[[【レッド・デーモン】]]軸にされることも多い。~

***[[《ゾンビキャリア》]]軸 [#ZOMCARRI]
 [[手札]]こそ必要だが、[[デッキ]]から[[墓地]]に[[落とす]][[効果]]が[[特殊召喚]]と同義となる。~
 そのため[[《おろかな埋葬》]]や[[《終末の騎士》]]等を利用する[[デッキ]]を中心に、かなりの広範囲にわたり採用できる。~
 [[《ボルト・ヘッジホッグ》]]は上記に加え[[《異次元からの埋葬》]]や[[《王宮の鉄壁》]]、[[《リミット・リバース》]]を共有。~
 [[《D−HERO ディアボリックガイ》]]は[[《王宮の鉄壁》]]以外の上記の[[カード]]の他、[[《闇の誘惑》]]と[[《終末の騎士》]]、[[《ダーク・グレファー》]]を共有できる。~
 [[《馬頭鬼》]]は[[《ゴブリンゾンビ》]]や[[《生還の宝札》]]、[[《生者の書−禁断の呪術−》]]、[[《異次元からの埋葬》]]を共有する等、[[種族]]・[[属性]]・[[攻撃力]]・[[墓地]]送り・[[蘇生]]・[[除外]]と多くの項目に網目のように繋がっている。~

 [[【シンクロアンデット】]]を始め、[[【ダムドビート】]]、[[【バスター・モード】の《レッド・デーモンズ・ドラゴン》軸>【バスター・モード】#tafe8e28]]など非常に[[1ターンキル]]性の高いものが多い事も特徴である。~

//-[[《ゾンビキャリア》]]が[[制限カード]]に指定された今でも使用率は高く、特に[[《終末の騎士》]]・[[《ダーク・グレファー》]]と共に用いられることが多い。

***[[《緊急テレポート》]]軸 [#KINTERE]
 状況に応じたレベル1〜3の[[チューナー]]・非[[チューナー]]を[[リクルート]]できる[[《緊急テレポート》]]を利用した型。~
 [[《幽鬼うさぎ》]]は単体性能が高いため腐りにくく、[[《調星師ライズベルト》]]は高[[レベル]]の非[[チューナー]]として扱える。~
 [[《邪帝ガイウス》]]を備えた[[【ダムドビート】]]では、[[《緊急テレポート》]]と[[《クレボンス》]]は[[リリース]]確保兼[[墓地]]調整をこなす。~
 [[【コアガジェット】]]では[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]による[[《歯車街》]]の[[破壊]]や、[[《サモンチェーン》]]の[[チェーン]]稼ぎ等ができる。~
 [[【サイキック族】]]に至ってはこれら全てが相互的に[[シナジー]]しているといっても過言ではない。~

 [[デッキ]]スペースをわずかに[[サイキック族]][[チューナー]]に割くだけで多くの[[デッキ]]に採用できるため、【緊テレ○○】とも呼ばれる。

***[[ペンデュラム召喚]]軸 [#PENDULUM]
 [[シンクロ素材]]の非[[チューナー]]に[[ペンデュラムモンスター]]を使い再利用したり、[[ペンデュラム召喚]]で[[チューナー]]を展開するなどして、[[ディスアドバンテージ]]を軽減する型。~

-[[音響戦士]]~
[[《音響戦士ギータス》]]の[[リクルート]][[効果]]により[[《音響戦士マイクス》]]、[[音響戦士]][[チューナー]]を展開し、[[シンクロ召喚]]に繋ぐ。~
[[《音響戦士マイクス》]]は[[レベル]]5の非[[チューナー]]の[[ペンデュラムモンスター]]であり、[[半上級モンスター]]を無理に入れずとも[[シンクロ素材]]として活用しやすい。~
[[《音響戦士マイクス》]]により[[召喚権]]が増えるため、[[シンクロ召喚]]の過程で[[サーチ]]・[[ドロー]]・[[サルベージ]]した[[カード]]も活用しやすい。~

-[[魔術師]]・[[イグナイト]]~
どちらも[[チューナー]]の[[サーチ]]が可能なペンデュラムテーマであるが、[[音響戦士]]よりも枠の圧迫をするため[[出張]]ではなくメインに据える必要がある。~

-[[《召喚師ライズベルト》]]~
[[レベル]]を上げる[[効果]]を持つため[[シンクロ召喚]]の[[レベル]]調整に役立つ。~
自身の[[ペンデュラムスケール]]は低いため[[レベル]]3以上の[[ペンデュラム召喚]]を行える。~
[[サイキック族]]サポートも併用可能。~

***[[【シンクロ帝】>【帝コントロール】#SYNCHRO]] [#MIKADO]
 [[【帝コントロール】]]に[[シンクロ召喚]]のギミックを採用する。~
 [[シンクロ召喚]]も[[帝]]も、[[コントロール奪取]]や[[蘇生]]と相性が良いため、[[サポートカード]]を共有できる。~
 [[チューナー]]に、[[戦闘破壊]][[耐性]]を持つ[[《クレボンス》]]や[[アタッカー]]として運用できる[[《サイコ・コマンダー》]]、これらの[[サポートカード]]・[[《緊急テレポート》]]を採用しておけば、[[アドバンス召喚]]と[[シンクロ召喚]]の両方を狙える。~
 これに加え、[[自己再生]]が可能な[[《ゾンビキャリア》]]等の強力な[[チューナー]]を追加しても良い。~
 ただし[[上級モンスター]]や[[サポートカード]]が多いため、[[手札事故]]を引き起こしやすい。~
 その他、特殊な組み方として[[【シンクロン】の上級モンスター軸>【シンクロン】#k512f597]]も参照の事。~

***【スチーム・シンクロン】 [#STEAM]
 [[《スチーム・シンクロン》]]により、[[相手]][[ターン]]中に[[シンクロ召喚に成功した]]時の[[誘発効果]]を持つ[[シンクロモンスター]]を[[シンクロ召喚]]する変則的な[[【シンクロ召喚】]]。~
 [[《スチーム・シンクロン》]]が一種の[[罠カード]]に変わり、[[コントロール]][[デッキ]]の様な動きを基本とする。~

 [[相手]][[ターン]]での[[シンクロ召喚]]を基本としているため、[[《カードカー・D》]]や[[《強欲で謙虚な壺》]]といった「[[特殊召喚]]できない」[[デメリット]]や、[[《シンクロ・マテリアル》]]といった「[[バトルフェイズ]]を行えない」[[デメリット]]を持つ[[カード]]をある程度まで無視して使用できる。~
 さらに、[[相手]][[ターン]]での[[シンクロ召喚]]という点から[[《エフェクト・ヴェーラー》]]などのタイミングが限定された[[メタカード]]を無視できるという特性も存在し、[[メタカード]]への対応力もそれなりである。~
 [[自分]][[ターン]]で[[チューナー]]・非[[チューナー]]を用意した状態で、[[相手]][[ターン]]に回せることから、[[《サモンリミッター》]]・[[《サモンブレーカー》]]を自身に影響のない[[メタカード]]として採用することもできる。

 [[《スチーム・シンクロン》]]は、[[シンクロン]]の名を持ち[[水属性]]・[[機械族]]であるため[[《調律》]]から直接的に、[[《ジェネクス・ウンディーネ》]]・[[《スクラップ・リサイクラー》]]から間接的に[[サーチ]]が可能である。~
 [[《スターライト・ジャンクション》]]は[[《スチーム・シンクロン》]]を[[リクルート]]できるだけでなく、[[相手]][[ターン]]中の[[シンクロ召喚]]によって[[デッキ]]に[[バウンス]]する[[除去]]も備えている。~
 [[《リビングデッドの呼び声》]]だけでなく[[《リミット・リバース》]]にも対応するため[[相手]][[ターン]]に[[蘇生]]をすることで奇襲的な妨害も可能となる。~
 その際、[[《炎舞−「天キ」》]]に対応する[[《TG ワーウルフ》]]や[[《増援》]]に対応する[[《ドッペル・ウォリアー》]]も[[特殊召喚]]できれば、そのまま非[[チューナー]]も用意できる。~
 [[《スチーム・シンクロン》]]を利用するには[[《リビングデッドの呼び声》]]・[[《TG ワーウルフ》]]などがある状況では[[墓地]]へ、[[《ジャンク・フォアード》]]などがある状況では[[手札]]へ確保すると良い。~
 これにより必ず[[相手]]の[[ターン]]中いつでも「[[《スチーム・シンクロン》]]+非[[チューナー]]」が用意できる様にしたい。~

 [[《リビングデッドの呼び声》]]・[[《リミット・リバース》]]・[[《炎舞−「天キ」》]]が[[フィールド]]に残りやすいため、[[《獣神ヴァルカン》]]・[[《霞の谷のファルコン》]]など[[【セルフ・バウンス】]]の要素を組み込むのも良い。

-[[《スチーム・シンクロン》]]を[[シンクロ素材]]にできる、[[シンクロ召喚に成功した]]時に[[発動]]する[[効果]]を持つ[[シンクロモンスター]]一覧
>
|[[レベル]]|[[シンクロモンスター]]|[[効果]]|備考|
|5|[[《A BF−五月雨のソハヤ》]]|[[墓地]]から[[A BF]]1体を[[特殊召喚]]|[[任意効果]]([[チェーン]]2以降で[[シンクロ召喚]]すると[[タイミングを逃す]])|
|~|[[《X−セイバー ウェイン》]]|[[手札]]から[[レベル]]4以下の[[戦士族]]1体を[[特殊召喚]]|[[任意効果]]([[チェーン]]2以降で[[シンクロ召喚]]すると[[タイミングを逃す]])|
|~|[[《水晶機巧−アメトリクス》]]|[[相手]]の[[特殊召喚]]された[[モンスター]]を[[守備表示]]にする|[[任意効果]]|
|~|[[《源竜星−ボウテンコウ》]]|[[竜星]]1枚を[[サーチ]]|[[任意効果]]&br;[[シンクロ召喚]]以外の[[特殊召喚]]でも[[効果]]が[[発動]]&br;[[同名カード]]の[[特殊召喚]]は[[1ターンに1度]]のみ|
|~|[[《TG ワンダー・マジシャン》]]|[[フィールド]]上の[[魔法・罠カード]]1枚を[[破壊]]|非[[チューナー]]は[[《TG カタパルト・ドラゴン》]]のみ|
|6|[[《甲化鎧骨格》]]|[[戦闘]]・[[効果]]では[[破壊]]されず、自分が受ける全ての[[ダメージ]]は0になる||
|~|[[《オリエント・ドラゴン》]]|[[相手]]の[[シンクロモンスター]]1体を[[除外]]|[[シンクロモンスター]]のみ対処可能|
|~|[[《グラヴィティ・ウォリアー》]]|自身の[[攻撃力]]を[[相手]][[フィールド]]上の[[表側表示]][[モンスター]]の数×300ポイントアップ||
|~|[[《獣神ヴァルカン》]]|[[自分]]と[[相手]]の[[表側表示]]の[[カード]]を1枚ずつ[[バウンス]]|[[同名カード]]の[[効果]]は[[1ターンに1度]]のみ|
|~|[[《スターダスト・アサルト・ウォリアー》]]|[[自分]][[フィールド]]に他の[[モンスター]]が存在しない場合に[[自分]]の[[墓地]]の[[ジャンク]]1体を[[蘇生]]|[[任意効果]]&br;[[同名カード]]の[[効果]]は[[1ターンに1度]]のみ|
|~|[[《スターダスト・チャージ・ウォリアー》]]|[[自分]]は[[デッキ]]から1枚[[ドロー]]|[[任意効果]]&br;[[同名カード]]の[[効果]]は[[1ターンに1度]]のみ|
|~|[[《XX−セイバー ヒュンレイ》]]|[[フィールド]]上の[[魔法・罠カード]]を3枚まで[[破壊]]|[[任意効果]]|
|~|[[《BF−星影のノートゥング》]]|[[相手]]に800[[ダメージ]]を与え、[[相手]][[モンスター]]1体の[[攻撃力]]・[[守備力]]を800ダウン|[[シンクロ召喚]]以外の[[特殊召喚]]でも[[効果]]が[[発動]]&br;[[同名カード]]の[[効果]]は[[1ターンに1度]]のみ|
|~|[[《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》]]|[[シンクロ素材]]にした[[チューナー]]以外の[[モンスター]]の種類によってそれぞれの[[効果]]を[[発動]]できる。||
|~|[[《ラヴァル・グレイター》]]|[[自分]]の[[手札]]1枚を[[墓地へ送る]]|[[効果]]が基本的に[[ディスアドバンテージ]]|
|7|[[《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》]]|[[ペンデュラムゾーン]]の[[カード]]を[[特殊召喚]]|[[任意効果]]([[チェーン]]2以降で[[シンクロ召喚]]すると[[タイミングを逃す]])&br;[[シンクロ召喚]]以外の[[特殊召喚]]でも[[効果]]が[[発動]]|
|~|[[《カラクリ将軍 無零》]]|[[デッキ]]から[[カラクリ]]1体を[[特殊召喚]]|[[任意効果]]|
|~|[[《月華竜 ブラック・ローズ》]]|[[相手]]の[[特殊召喚]]された[[モンスター]]1体を[[バウンス]]|[[シンクロ召喚]]以外の[[特殊召喚]]でも[[効果]]が[[発動]]&br;[[同名カード]]の[[効果]]は[[1ターンに1度]]のみ|
|~|[[《ブラック・ローズ・ドラゴン》]]|[[フィールド上のカード]]を全て[[破壊]]|[[任意効果]]|
|~|[[《白闘気一角》]]|[[墓地]]から[[魚族]]1体を[[特殊召喚]]|[[任意効果]]|
|~|[[《ラヴァル・ステライド》]]|[[自分]]の[[手札]]1枚を[[墓地へ送る]]|[[効果]]が基本的に[[ディスアドバンテージ]]|
|8|[[《カラクリ大将軍 無零怒》]]|[[デッキ]]から[[カラクリ]]1体を[[特殊召喚]]|[[任意効果]]|
|~|[[《覇王眷竜クリアウィング》]]|[[相手]][[フィールド]]の[[表側表示]][[モンスター]]を全て[[破壊]]|[[任意効果]]|
|~|[[《白闘気白鯨》]]|[[相手]][[フィールド]]の[[攻撃表示]][[モンスター]]を全て[[破壊]]|[[任意効果]]|
|9|[[《水晶機巧−グリオンガンド》]]|[[シンクロ素材]]の数まで[[相手]]の[[フィールド]]上・[[墓地]]の[[カード]]を[[除外]]|[[任意効果]]|
|~|[[《蒼眼の銀龍》]]|[[自分]]の[[ドラゴン族]]は次[[ターン]]終了時まで、[[効果]]の[[対象]]にならず、[[効果破壊]]されない|[[シンクロ召喚]]以外の[[特殊召喚]]でも[[効果]]が[[発動]]|
|~|[[《氷結界の龍 トリシューラ》]]|[[相手]]の[[手札]]・[[フィールド]]上・[[墓地]]の[[カード]]を1枚ずつ[[除外]]|[[任意効果]]|
|~|[[《浮鵺城》]]|[[自分]]の[[墓地]]の[[レベル]]9[[モンスター]]1体を[[蘇生]]|[[任意効果]]|
|~|[[《ミスト・ウォーム》]]|[[相手]][[フィールド]]上の[[カード]]を3枚まで[[バウンス]]||
|10|[[《天穹覇龍ドラゴアセンション》]]|自身の[[攻撃力]]を[[自分]]の[[手札]]の数×800ポイントアップ||

***[[【レッド・デーモン】]] [#REDDRAGON]
//アニメ・漫画での使用者から[[【ジャック・アトラス】>《トークン》(ジャック・アトラス)]]とも呼ばれる。~
 [[レッド・デーモン]]の連続[[シンクロ召喚]]とそのパワーが特徴の[[ビートダウン]][[デッキ]]。~
 多くが[[シンクロ素材]]に[[縛り]]は無いものの、一部の[[サポートカード]]や連続[[シンクロ召喚]]のために低[[レベル]]の[[チューナー]]の採用が基本となる。~
 それ以外については自由度が高く、[[デーモン]]・[[リゾネーター]]・[[シンクロン]]・[[ラヴァル]]といった様々なテーマと相性が良い。~
 詳細は該当ページを参照。

***[[【竜星】]] [#YANGZING]
 [[幻竜族]]の[[シリーズモンスター]]・[[竜星]]軸の[[デッキ]]。~
 [[シンクロモンスター]]の高めの打点に加え、多くの[[リクルーター]]による戦線維持力と、[[相手]][[ターン]]中に[[シンクロ召喚]]可能な共通[[効果]]で戦術妨害を行う[[コントロール]]色が特長。~
 詳細は該当ページを参照。


***その他[[シンクロ召喚]]を狙いやすい[[デッキ]] [#OTHER]
-[[【魚族】]]~
[[《超古深海王シーラカンス》]]による大量展開で容易に[[シンクロ召喚]]が可能。~
[[チューナー]]には[[《フィッシュボーグ−ランチャー》]]・[[《竜宮の白タウナギ》]]などが存在するが、共に[[シンクロ召喚]]に関する制限を持つため、使用する[[シンクロモンスター]]に柔軟性を持たせづらい。~
//[[チューナー]]には[[《フィッシュボーグ−ガンナー》]]・[[《竜宮の白タウナギ》]]が存在する。~

-[[【植物族】]]~
[[《ローンファイア・ブロッサム》]]を用いることで、[[植物族]]ならばどの[[レベル]]の[[モンスター]]でも[[リクルート]]することが可能。~
[[《グローアップ・バルブ》]]・[[《スポーア》]]・[[《コピー・プラント》]]のような[[汎用性]]の高い[[チューナー]]が存在する点も強みだが、[[12/03/01>禁止・制限カード/2012年3月1日]]の[[制限改訂]]で前者2体が[[禁止カード]]指定を受けてしまい、攻勢の大きな見直しを強いられてしまった。~
現在では[[《グローアップ・バルブ》]]と[[《スポーア》]]は共に[[無制限カード]]に復したものの、依然旧来の威勢を取り戻したとは言い難い状況である。~

-[[【サイキック族】]]~
優良な[[シンクロモンスター]]、[[チューナー]]が揃っている。~
[[《緊急テレポート》]]・[[《念動収集機》]]等によって場に[[モンスター]]を揃えやすく、[[シンクロ召喚]]自体も行いやすい。~

-[[【サイバー・ダーク】]]・[[【ドラグニティ】]]~
どちらも[[《ドラグニティ−ファランクス》]]によって次々と[[シンクロ召喚]]を行える。~
前者は[[《ブラック・ボンバー》]]も使うことができ、後者は専用の[[シンクロモンスター]]を多数有する。~

-[[【X−セイバー】]]~
[[《XX−セイバー フォルトロール》]]や[[《ガトムズの緊急指令》]]等によって大量展開が行え、[[チューナー]]にも優秀なものが揃っている。~
[[地属性]]故に[[ナチュル]]の[[シンクロモンスター]]を活用できるのもポイント。~

-[[【BF】]]~
[[特殊召喚]]しやすい[[モンスター]]が揃っており、特に[[《BF−極北のブリザード》]]・[[《BF−大旆のヴァーユ》]]・[[《BF−蒼炎のシュラ》]]の存在から極めて少ない[[ディスアドバンテージ]]で[[シンクロ召喚]]を行える。~
優秀な[[チューナー]]である[[《BF−疾風のゲイル》]]を最大限活かすことができるのも強み。~

-[[【フレムベル】]]・[[【ラヴァル】]]~
[[《フレムベル・ヘルドッグ》]]の[[リクルート]][[効果]]による高速[[シンクロ召喚]]が売り。~
[[墓地が肥えて>墓地を肥やす]]くれば[[《真炎の爆発》]]によって[[モンスター]]を揃えることで[[手札]]1枚からでも複数回の[[シンクロ召喚]]も狙える。~

-[[【インフェルニティ】]]~
[[手札]]0枚の時に発揮出来る各種[[効果]]を[[シナジー]]させた展開力は圧巻。~
[[《インフェルニティ・ビートル》]]を始め優秀な[[シンクロ召喚]]用ギミックを抱える。~

-[[【TG】]]~
多くの[[TG]]はお互いを[[サーチ]]する[[効果]]を持つが、中でも[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[《TG ストライカー》]]と[[《TG ワーウルフ》]]が光る。~
前者は[[《サイバー・ドラゴン》]]と同様の[[特殊召喚]]条件を持つ[[チューナー]]で、本来[[シンクロ召喚]]を前提としない[[デッキ]]でも気軽に投入できる。~
後者は[[自己再生]]効果を持つ[[チューナー]]と合わせれば[[シンクロモンスター]]の[[レベル]]調整に役立ち、[[相手]]の、そして[[相手]][[ターン]]中の[[特殊召喚]]にも対応しているので緊急時の[[壁]]としても使える。~
また、[[シンクロチューナー]]の[[《TG ワンダー・マジシャン》]]も地味ながら優秀な中継役として機能する。

-[[【超重武者】]]~
[[守備表示]]状態での[[戦闘]]を得意とする[[機械族]][[デッキ]]。~
[[カテゴリ]]のエース[[シンクロモンスター]]に、パワフルかつトリッキーな性能を持つ[[《超重荒神スサノ−O》]]を有する。~
[[自分]]の[[墓地]]に[[魔法・罠カード]]が存在しない事を条件にした[[効果モンスター]]が多いため、[[シンクロ召喚]]軸は[[【フルモンスター】]]構成で真価を発揮する。~

//-[[【DD】]]~
//少ない[[手札]]消費で[[融合召喚]]を行えるため容易に[[墓地を肥やす]]ことができる[[悪魔族]][[デッキ]]。~
//[[《DDラミア》]]が[[自己再生]][[効果]]を持つのに加え、他の[[DD]][[モンスター]]が[[蘇生]][[効果]]を持つので連続で[[レベル]]7・8の[[シンクロ召喚]]を狙える。~
//[[DD]]の[[召喚]]または[[特殊召喚]]をトリガーとする[[《DDD烈火王テムジン》]]・[[《DDD疾風王アレクサンダー》]]の[[モンスター効果]]や[[《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》]]の[[ペンデュラム効果]]などがあり独特の展開力を持つ。~
//2016/04/01現在の【DD】入賞デッキの《DDラミア》及びシンクロモンスターの採用数から妥当な編集だと思うので、削除しようとする人は、具体的な反論等をコメントしてください。
//どうでもいいけど改行ちゃんとして
//意味不明な改行をするな


**[[シンクロ召喚]]主体の[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[シンクロ召喚]]に繋げるうえで[[蘇生]]や[[リクルート]]、大量展開を主軸にした構成にする必要があるため、弱点が明確であり以下の[[メタカード]]がほぼ全て[[刺さる]]。~
 そのため、それら[[メタカード]]が対抗手段が無いまま[[先攻]]で出されると最悪詰みかねない。~
 よって、[[モンスター]]及び[[サポートカード]]の[[リクルート]]能力を活かして大量展開を行うためには、如何にバランスを崩さずに[[打開策>メタカード]]を[[サイドデッキ]]から投入できるかが鍵となる。~
 [[環境]]次第では[[《コズミック・サイクロン》]]や[[《幽鬼うさぎ》]]等[[除去]][[カード]]の採用も検討したい。~

-[[特殊召喚]][[封じ>メタを張る]]~
大量展開や[[リクルート]]を主軸にした構成にする以上、[[《虚無魔人》]]や[[《虚無空間》]]などの[[特殊召喚]][[メタカード]]は厄介。~
特に[[【アルティメット王虎】]]には多くの[[チューナー]]が封殺され、[[シンクロ召喚]]どころではなくなってしまう。~
[[《神の宣告》]]・[[《神の警告》]]・[[《ライオウ》]]などの[[特殊召喚]]阻害[[カード]]群にも注意したい。~
これらの要素が全て投入されている[[【メタビート】]]は相性最悪の天敵である。~

-[[エクストラデッキ]][[封じ>メタを張る]]~
[[アタッカー]]や[[フィニッシャー]]を[[シンクロモンスター]]に依存した[[デッキコンセプト>#introduction]]であるため、[[エクストラデッキ]]への依存度が高く、[[《浮幽さくら》]]を始めとする[[エクストラデッキ]][[メタカード]]の[[相手]]も厄介。~
特に[[《真帝王領域》]]や[[《轟雷帝ザボルグ》]]を有する[[【帝王】]]等は天敵といえる。~

-[[破壊]]以外の方法での[[除去]]~
一部のものを除き、[[シンクロモンスター]]は[[バウンス]]されると[[除去]]と等しい被害を受ける。~
これらの[[除去]]・[[カウンター]]を[[シンクロモンスター]]のみに頼らず、適宜対応できるようにしたい。~

-大量展開[[封じ>メタを張る]]~
[[属性]]・[[種族]]が混合している[[デッキ]]の場合、[[《群雄割拠》]]や[[《御前試合》]]等があるとこちらの挙動が鈍くなり、攻め込まれてしまう。~

-[[シンクロ召喚]][[封じ>メタを張る]]~
[[シンクロモンスター]]の展開が命題である以上、[[シンクロ召喚]]そのものができなくなる[[《不協和音》]]、[[レベル]]を変動させられる[[《デビリアン・ソング》]]も厄介である。~
// いずれも[[フリーチェーン]]なので[[《大寒波》]]も意味をなさない上に、これらが出ているだけで最悪の場合、[[シンクロ召喚]]を行うことそのものができなくなる可能性があるので、これらの[[カード]]は確実に阻止、除去しなければならない。~

**備考 [#zdf7cf03]
 [[シンクロモンスター]]は着実に増加しているが、[[エクストラデッキ]]に15枚という制限がある上、[[融合モンスター]]・[[エクシーズモンスター]]・[[リンクモンスター]]との兼ね合いもあるため、常に取捨選択を迫られることになる。~
 投入を諦める[[シンクロモンスター]]が多いほど、柔軟性が乏しくなることには注意したい。~

**関連リンク [#link]
-[[【インティ&クイラ】]]
-[[【クリストロン】]]
-[[【ジャンク・ウォリアー】]]
-[[【シンクロン】]]
-[[【スピードロイド】]]
-[[【デブリダンディ】]]
-[[【ジャンクドッペル】]]
-[[【シンクロアンデット】]]
-[[【シンクロダーク】]]

-[[【バスター・モード】]]

-[[【チューナー】]]

-[[シンクロモンスター]]
-[[シンクロ召喚]]

-[[デッキ集]]