*デッキ融合 [#top]
 [[デッキ]]内の[[融合素材]][[モンスター]]を使用して、[[融合モンスター]]を[[特殊召喚]]する[[融合]]方法。~
 [[デッキ]]内の[[融合素材]][[モンスター]]を使用して、[[融合モンスター]]を[[融合召喚]]する方法。~
 第5期に登場した[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]が初出だが、以降は直接[[融合召喚]]しない[[《チェーン・マテリアル》]]を除けば長らく登場しなかった。~
 その後、全体的な[[カード]]パワーが上昇した第9期になってから複数枚登場している。~
 その後、全体的な[[カード]]パワーが上昇した第9期以降に複数登場している。~

-[[手札融合]]や[[フィールド融合]]に比べて[[アドバンテージ]]を失わず、[[墓地融合]]に比べて事前の下準備を必要としない点で優れている。~
[[手札]]1枚で強力な[[モンスター]]を出せるという点で非常に強力な[[融合召喚]]方法であり、[[墓地融合]]と同じく逆転の一手としても優れている。~
[[手札]]1枚で[[融合モンスター]]を出せる上に[[墓地]]に[[カード]]を送れるなど、[[ディスアドバンテージ]]が少ない上に[[メリット]]の多い[[融合召喚]]方法であり、[[墓地融合]]と同じく逆転の一手としても優れている。~
また、[[デッキ圧縮]]及び[[墓地アドバンテージ]]の獲得にも直接つながるため、[[墓地を肥やす]]手段としても重宝される。~

-上記のような多くの利点を持つために、デッキ融合を行う[[カード]]にはいずれも何らかの[[発動条件]]や[[デメリット]]が付いている。~
しかし、それでもなお強力な[[効果]]と大きな[[メリット]]故に、[[環境]]や[[リミットレギュレーション]]に与える影響も少なくない。~
([[エラッタ]]前の)[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]は自身が[[禁止カード]]に指定され、[[《影依融合》]]は[[融合召喚]]先の[[融合モンスター]]1体が[[禁止カード]]になっている。~
しかし、それでもなお大きな[[メリット]]がある故に、[[環境]]や[[リミットレギュレーション]]に与える影響も少なくない。~
//[[エラッタ]]前の[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]は[[禁止カード]]に指定されていた。~

-[[融合素材代用モンスター]]の[[効果]]は[[デッキ]]内では使用できないため、デッキ融合の素材として使う場合は正規素材として使用することになる。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXでは丸藤亮やミスターTが[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]を、アニメARC-Vでは真澄が[[《ブリリアント・フュージョン》]]を用いてデッキ融合を行っている。~
また、[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]で[[墓地へ送られた]][[モンスター]]は[[蘇生]]や[[墓地融合]]の素材に使われたりと有効活用されている。~
この方法での[[墓地アドバンテージ]]獲得の強さを視聴者に示していると言えよう。~

**関連リンク [#link]
-[[《古代の機械融合》]]
-[[《オスティナート》]]
-[[《影依融合》]]
-[[《未来融合−フューチャー・フュージョン》]]
-[[《ブリリアント・フュージョン》]]
-[[《ネオス・フュージョン》]]
-[[《真紅眼融合》]]
-[[《煉獄の虚夢》]]
―デッキ融合を行える[[カード]]は以下を参照~
-[[デッキから>融合#Deck]]
-[[手札・デッキから>融合#HD]]
-[[手札・フィールド・デッキから>融合#HFD]]
-[[手札・フィールド・デッキ・エクストラデッキから>融合#HFDEX]]

-[[《チェーン・マテリアル》]]

―その他のリンク
-[[デッキ]]
-[[融合]]

-[[手札融合]]
-[[フィールド融合]]
-[[墓地融合]]

-[[用語集]]