*《&ruby(ナンバーズ){No.};55 ゴゴゴゴライアス/Number 55: Gogogo Goliath》 [#top]
 エクシーズ・効果モンスター
 ランク4/地属性/岩石族/攻2400/守1200
 レベル4モンスター×2
 このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
 自分の墓地から岩石族・地属性・レベル4モンスター1体を選択して手札に加える。
 「No.55 ゴゴゴゴライアス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
 自分フィールド上の全てのモンスターの守備力は800ポイントアップする。

 [[PRIMAL ORIGIN]]で登場した[[地属性]]・[[岩石族]]の[[エクシーズモンスター]]。~
 [[エクシーズ素材]]を取り除くことで[[岩石族]]・[[地属性]]・[[レベル]]4の[[モンスター]]を[[サルベージ]]する[[起動効果]]、[[守備力]]を800ポイント[[強化]]する[[永続効果]]を持つ。~

 前半の[[効果]]は、[[岩石族]]・[[地属性]]・[[レベル]]4[[モンスター]]を[[サルベージ]]する[[効果]]。~
 だが、同じ[[ランク]]4には、[[岩石族]]を[[レベル]]・[[属性]]問わず[[サーチ]]できる[[《御影志士》]]が存在している。~
 [[サーチ]]と[[サルベージ]]という違いこそあるが、[[サルベージ]]したい[[カード]]の[[同名カード]]が[[デッキ]]にあれば、そちらを[[サーチ]]した方が[[墓地アドバンテージ]]や[[デッキ圧縮]]の点で優れる。~
 [[属性]]や[[種族]]、素材指定も同じなので、この[[効果]]のみを使うならば[[《御影志士》]]の[[下位互換]]に近い。~
 一応、[[攻撃力]]は100上回っている。~

 後半の[[効果]]は、自身が[[フィールド]]に存在する限り[[守備力]]を[[全体強化]]する[[効果]]。~
 強化値は800と高く、[[岩石族]]に多い[[守備力]]2000ラインの[[カード]]を2800まで強化できる。~
 ただ、この[[カード]]自身は[[攻撃力]]2400・[[守備力]]は[[強化]]分を合わせても2000と、さほど打たれ強くないのが欠点。~
 [[反転召喚]]や、[[リバース]]による[[効果]]を活用する[[デッキ]]への採用も考えられる。~
 幸いにも、[[リバース]]系[[デッキ]]の[[サポートカード]]には[[《タックルセイダー》]]や[[《先史遺産コロッサル・ヘッド》]]、[[《岩投げエリア》]]等、この[[カード]]と相性の良いものが多い。~
 なお[[ゴゴゴ]]は[[守備力]]が高い[[モンスター]]が少ないので、相性はいまいちである。~

 単体では[[《御影志士》]]に見劣りする面が強いが、[[ゴゴゴ]]の名を持っているのが特徴。~
 単体では[[《御影志士》]]に見劣りする面が強いが、[[No.]]と[[ゴゴゴ]]の名を持っているのが特徴。~
 [[《ゴゴゴジャイアント》]]で[[蘇生]]したり、[[《ゴゴゴギガース》]]・[[《ドドドドワーフ−GG》]]の[[自己再生]]の[[トリガー]]にできる他、[[《ゴゴゴゴーレム−GF》]]の[[リリース]]にも使える。~
 [[《ゴゴゴゴーレム−GF》]]は[[サルベージ]]対象でもあるので、この[[カード]]をそのまま[[攻撃力]]4800の[[《ゴゴゴゴーレム−GF》]]に変換するということも可能である。~
 [[《ドドドドワーフ−GG》]]は[[エクシーズ素材]]にすることで[[デメリット]]を消すことができ、なおかつ[[コスト]]で[[墓地へ送る]]ことでこの[[カード]]の存在から[[自己再生]]ができる。~
 [[サルベージ]]した[[モンスター]]が[[《ギガンテス》]]ならばさらに次の[[モンスター]]に繋げることが可能。~

//-[[【岩石族】]]以外では、[[【コアキメイル】]]での採用を検討できる。~
//[[《コアキメイル・ウルナイト》]]の[[効果]]により容易に[[エクシーズ召喚]]でき、[[《コアキメイル・ガーディアン》]]などの[[カウンター]][[効果]]を持つ[[コアキメイル]]、[[サーチ]]要員である[[《コアキメイル・ロック》]]を[[サルベージ]]できる。~
//[[《コアキメイル・クルセイダー》]]と合わせれば、途切れぬ[[カウンター]]により[[相手]]を圧倒する事も夢ではない。

-[[イラスト]]では、腹部中央に自身のナンバーである「55」が描かれている。~

-自身の数字「55」の由来は「[[ゴゴゴ]]」か。~
「ご」の発音が多い[[ゴゴゴ]]の中でも特に発音回数が多くなっている。~
//議論板で調整したので記述

-ゴライアス(Goliath)(ゴリアテとも)とは、旧約聖書に登場する巨人の兵士の名である。~
「ゴライアスガエル」や「ゴライアスバードイーター」ら生物の名前等に巨大を意味する言葉として名を残している。~
//[[岩石族]]なのは、石を投げられたせいで死んだからだろうか?
//ギガンテスとかの巨人モチーフの岩石族はいるが

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[No.]]
-[[ゴゴゴ]]

-[[《カオス・シールド》]]
-[[《聖域の歌声》]]

//―《No.55 ゴゴゴゴライアス》の姿が見られる[[カード]]

**地属性・岩石族のレベル4モンスター [#list]
―[[先史遺産]]
#taglist(星4^地属性^岩石族^先史遺産-シンクロモンスター-融合モンスター);

―[[コアキメイル]]
#taglist(星4^地属性^岩石族^コアキメイル-シンクロモンスター-融合モンスター);

―[[ゴゴゴ]]
#taglist(星4^地属性^岩石族^ゴゴゴ-シンクロモンスター-融合モンスター);

―[[ジェム]]
#taglist(星4^地属性^岩石族^ジェム-シンクロモンスター-融合モンスター);

―[[マグネット・ウォリアー]]
#taglist(星4^地属性^岩石族^通常モンスター^マグネット・ウォリアー-シンクロモンスター-融合モンスター);
#taglist(星4^地属性^岩石族^効果モンスター^マグネット・ウォリアー-シンクロモンスター-融合モンスター);

―その他
#taglist(星4^地属性^岩石族^通常モンスター-先史遺産-コアキメイル-ゴゴゴ-ジェム-マグネット・ウォリアー);

#taglist(星4^地属性^岩石族^効果モンスター-先史遺産-コアキメイル-ゴゴゴ-ジェム-マグネット・ウォリアー-シンクロモンスター-融合モンスター-儀式モンスター);

#taglist(星4^地属性^岩石族^儀式モンスター-先史遺産-コアキメイル-ゴゴゴ-ジェム-マグネット・ウォリアー);

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【ゴゴゴ】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[PRIMAL ORIGIN]] PRIO-JP082 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]

Q:[[《H・C エクストラ・ソード》]]と[[《アステル・ドローン》]]を[[エクシーズ素材]]として《No.55 ゴゴゴゴライアス》を[[エクシーズ召喚]]しました。 ~
  「《No.55 ゴゴゴゴライアス》の[[効果]]は[[1ターンに1度]]しか[[使用]]できない。」とありますが、[[《H・C エクストラ・ソード》]]と[[《アステル・ドローン》]]それぞれから得た[[効果]]と《No.55 ゴゴゴゴライアス》が元々持っている[[サルベージ]][[効果]]をこの[[ターン]]に全て[[使用]]することはできますか?~
A:[[《H・C エクストラ・ソード》]]と[[《アステル・ドローン》]]の『●』は、《No.55 ゴゴゴゴライアス》が本来持っている[[効果]]ではありません。~
  したがって、[[《H・C エクストラ・ソード》]]や[[《アステル・ドローン》]]から得た『●』の[[効果]]を[[発動]]する事はできますし、《No.55 ゴゴゴゴライアス》自身の[[効果]]も[[発動]]する事ができます。(14/10/27)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《No.55 ゴゴゴゴライアス》,モンスター,エクシーズモンスター,効果モンスター,ランク4/地属性/岩石族/攻2400/守1200,No.,ゴゴゴ,);