*《カウンター・ジェム/Counter Gem》 [#top]
 通常罠
 (1):このカード以外の自分の魔法&罠ゾーンのカードを全て墓地へ送って発動できる。
 自分の墓地から「宝玉獣」モンスターを可能な限り永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
 このターンのエンドフェイズに自分フィールドの「宝玉獣」カードは全て破壊される。

 [[デュエリストパック−ヨハン編−]]で登場した[[通常罠]]。~
 [[墓地]]の[[宝玉獣]]を可能な限り[[永続魔法]]扱いとして[[魔法&罠ゾーン]]に[[置く]][[効果]]、[[エンドフェイズ]]に[[自分]][[フィールド]]の[[宝玉獣]][[カード]]を全て[[破壊]]する[[効果]]を持つ。~

 [[宝玉獣]]を高速かつ大量に[[魔法&罠ゾーン]]に[[置く]]ことができ、[[サポートカード]]の[[発動条件]]を満たす事に役立つ。~
 特にある程度[[墓地が肥えた>墓地を肥やす]]状態で[[発動]]すれば、この[[カード]]1枚から[[《宝玉の氾濫》]]に繋がることが重要である。~
 その他、[[《降雷皇ハモン》]]の[[召喚]][[コスト]]にしたり、[[《マグナ・スラッシュドラゴン》]]・[[《グラビ・クラッシュドラゴン》]]の[[効果]]の[[コスト]]にできる。~

 類似[[効果]]の[[《宝玉の恵み》]]と同様、[[宝玉獣]]が[[墓地]]へ送られやすい[[エクシーズ召喚]]・[[リンク召喚]]主体の場合に採用しやすい。~
 [[A宝玉獣]]主体の場合は[[《アドバンスド・ダーク》]]により序盤から多くの[[宝玉獣]]を置けるだろう。~
 [[全体除去]]を受けた際には、起死回生の反撃手段にもなる。~

 一方でリスクも大きく、[[エンドフェイズ]]に[[モンスター]]扱い・[[永続魔法]]扱いを問わず[[宝玉獣]]が全て[[破壊]]されてしまう。~
 [[《宝玉の氾濫》]]に繋いで勝利すれば無視できるが、やはりこの[[カード]]の用途を狭めないためにも[[デメリット]]回避の手段は用意しておきたい。~
 [[《宝玉の導き》]]等で[[《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》]]を[[特殊召喚]]して、[[宝玉獣]]を全て[[モンスター]]に変えてしまうのが主な方法である。~
 [[A宝玉獣]]軸の場合は特に他の[[カード]]でサポートせずとも[[永続魔法]]にした[[A宝玉獣]]は[[《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》]]で[[モンスター]]に変えられるため、総[[攻撃]]に繋げやすい。~
 [[宝玉獣]]でラッシュをかけた後に[[エクシーズ召喚]]・[[リンク召喚]]で他の[[モンスター]]に変えることで[[自壊]]を回避でき、たとえ[[自壊]]しても[[永続魔法]]として[[フィールド]]には残せる。~
 その[[ターン]]1度も[[宝玉獣]]が[[破壊]]されない必要はあるが、[[《宝玉の守護者》]]の[[ペンデュラム効果]]を[[適用]]するのも良い。~

 また、[[罠カード]]だが[[デメリット]]故に[[自分]]の[[ターン]]での[[使用]]を半ば強要されてしまう遅効性と、単独で[[発動]]できない不安定性も欠点となる。~
 [[コスト]]が大きいために、[[無効]]にされた際の脆弱性も[[《宝玉の氾濫》]]と同様に無視できない。~
 比較[[対象]]として、上述の[[《宝玉の恵み》]]は置く枚数は2枚で固定だが[[デメリット]]がなく即効性もある。~
 このため、この[[カード]]を採用するなら一気に[[相手]]を追い詰めリスクに見合った成果を上げたい。~

 [[ロック]][[デッキ]]を[[相手]]にした場合などは、[[モンスター]]状態の[[宝玉獣]]が[[破壊]]されずに膠着状態に入ることも多い。~
 そのため、[[《宝玉の氾濫》]]の[[発動]]補助のためあえて[[破壊]]の[[デメリット]]を利用することも可能。~

-「[[魔法&罠カードゾーン>魔法&罠ゾーン]]の[[カード]]を〜」なので、この[[カード]]を[[発動]]しても[[フィールドゾーン]]に置かれた[[フィールド魔法]]は残る。~

-この[[カード]]自身はこの[[コスト]]で[[墓地]]へは送らない。~
そのため、[[宝玉獣]]を[[魔法&罠ゾーン]]に[[置く]]事ができる最大数は4枚までとなる。~
-この[[カード]]自身が残るため、[[魔法&罠ゾーン]]に[[置く]]事ができる[[宝玉獣]]は最大4枚までとなる。~

--旧[[テキスト]]では[[コスト]]に自身を含まない事が分かりにくかった。~
そのため、再録時に「このカード以外の」の一文が追加される[[エラッタ]]が行われた。~

--一応、[[効果処理時]]に[[自分]]の[[魔法&罠ゾーン]]を圧迫しない方法でこの[[カード]]を[[破壊]]・[[除外]]できていれば5枚[[置く]]ことが可能である。~
しかし、現状それが可能なのは貴重な[[フリーチェーン]]の[[魔法・罠カード]]の[[破壊]]・[[除外]][[効果]]を持つ[[効果モンスター]]を用意するか、[[相手]]にこの[[カード]]に[[チェーン]]して[[除去]]してもらう方法程度であり、実用に耐えるとは言い難い。~

-名前に「[[カウンター]]」とあるが、それらしい[[効果]]は一切持っていない。~
-[[カード名]]に「[[カウンター]]」とあるが、それらしい[[効果]]は一切持っていない。~
アニメで間接的な[[コンバットトリック]]に使っていた名残だろうか。~

-[[《ゴブリンのやりくり上手》]]との[[コンボ]]も可能。~
四枚目以降の[[《非常食》]]として使えなくも無い。~
//その場合【雑貨貪欲ターボ】のギミックが使える。~

-かつての[[英語名]]は「Crystal Counter」であり、名前に「Crystal」を含んでいた。~
このため、[[TCG]]で「[[Crystal/宝玉>宝玉]]」[[カテゴリ]]が成立したほぼ同タイミングに[[公式データベース>遊戯王カードデータベース]]で[[カード名]]の変更が発表された。~

--なお、同日には同じ立場にあった[[《紫水晶》]]や[[《ハードアームドラゴン》]]及び[[究極宝玉神]]関連の[[カード]]にも[[エラッタ]]が為されている。~
何故かこの[[カード]]のみ[[効果外テキスト]]を追加する[[エラッタ]]ではなく[[カード名]]の変更という処置になっているが、[[ジェム]]に対する配慮でもあったのだろうか。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメGXにおける「ヘルカイザー亮vsヨハン([[ユベル>《ユベル》]])」戦でヨハン([[ユベル>《ユベル》]])が使用。~
[[墓地]]の[[宝玉獣]]5体を[[魔法&罠カードゾーン>魔法&罠ゾーン]]へ呼び戻し、それらを[[《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》]]の[[効果]](アニメ仕様)の[[コスト]]とする事で、[[攻撃力]]を9000にまで上昇させた。~
[[墓地]]の[[A宝玉獣]]5体を[[魔法&罠カードゾーン>魔法&罠ゾーン]]へ呼び戻し、それらを[[《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》]]の[[効果]](アニメ仕様)の[[コスト]]とする事で、[[攻撃力]]を9000にまで上昇させた。~

--アニメでは、[[発動]]したこの[[カード]]自体も[[墓地へ送られ>墓地へ送る]]ていた。~
また、[[イラスト]]は特に背景の爆発などが異なっている。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
//-[[ジェム]]
//「Gem-」ではないのでマジカルシルクハットで変えてもTCGでは含まれない。

-[[宝玉獣]]
-[[《宝玉の恵み》]]

**収録パック等 [#pack]
-[[デュエリストパック−ヨハン編−]] DP07-JP029 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキ−宝玉の伝説−]] SD44-JP038

**FAQ [#faq]
Q:「[[自分]][[フィールド]]の[[魔法&罠カードゾーン>魔法&罠ゾーン]]に存在する[[カード]]を全て[[墓地へ送る]]」ということは、[[発動]]したこの[[カード]]自身も[[墓地へ送って>墓地へ送る]]から[[宝玉獣]]を[[永続魔法]]状態で[[置く]]のですか?~
//  ([[宝玉獣]]を5枚[[魔法&罠ゾーン]]に置けますか?)
A:この[[カード]]以外の[[自分]][[フィールド]]の[[魔法&罠ゾーン]]に存在する[[カード]]を[[発動]][[コスト]]として全て[[墓地へ送って>墓地へ送る]][[発動]]します。(07/10/20)

Q:[[自分]][[フィールド]]の[[魔法&罠ゾーン]]にこの[[カード]]だけが存在する場合に、この[[カード]]を[[発動]]することはできますか?~
A:いいえ、[[発動]][[コスト]]としてこの[[カード]]以外の[[魔法&罠ゾーン]]の[[カード]]を[[墓地]]へ送らなければいけませんので[[発動]]することはできません。(07/10/21)

//Q:[[エンドフェイズ]]時に[[宝玉獣]]の[[カード]]を[[破壊]]する[[効果]]は[[チェーンブロック]]が作られますか?~
//A:いいえ、作られません。(11/01/05)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《カウンター・ジェム》,罠,通常罠,);