*《コードブレイカー・ウイルスソードマン/Codebreaker Virus Swordsman》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク2/闇属性/戦士族/攻2300
 【リンクマーカー:上/下】
 効果モンスター2体
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが特殊召喚に成功した時、
 このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
 自分の手札・デッキ・墓地から「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を選び、
 リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
 (2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
 このカードを特殊召喚する。
 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 [[ETERNITY CODE]]で登場した[[闇属性]]・[[戦士族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[相互リンク]]状態で[[特殊召喚に成功した]]時に[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]から[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を[[特殊召喚]]する[[誘発効果]]、[[相手]]によって[[破壊された]][[ターン]]の[[エンドフェイズ]]に[[自己再生]]できる[[誘発効果]]を持つ。~

 (1)は[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
 [[相互リンク]]状態で[[特殊召喚]]し、なおかつ空いている[[リンク先]]を必要とするため下準備が必要となる。~
 [[自分]]・[[相手]]の[[フィールド]]を選べるのであちらの[[弱体化]]を[[適用]]させたり、[[リンク素材]]にしてさらなる展開へと繋げられる。~
 また、[[除外]]されていなければ1枚を使いまわせるので少数採用でも機能しやすい。~
 [[時の任意効果>「時」と「場合」]]なので[[チェーン]]2以降の[[効果]]で[[特殊召喚]]する場合は[[タイミングを逃す]]点に注意。~
 なお、[[リンク召喚]]で[[発動]]させる場合は[[チェーン]]2以降に[[《I:Pマスカレーナ》]]などの[[効果]]を用いた場合くらいなのであまり気にする必要はない。~

 [[自分]][[フィールド]]に展開した場合は[[《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》]]への展開も視野に入る。~
 この動きをできる限り効率よく消費を抑えて行うのならば、左下と下方向の[[リンクマーカー]]を持つ[[リンクモンスター]]と併用したい。~
 [[エクストラモンスターゾーン]]にその[[リンクモンスター]]を予め出しておき、その真下にこの[[カード]]を[[特殊召喚]]する事で、この[[カード]]の左横に[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を[[特殊召喚]]できる。~
 そのまま、2体を素材に[[《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》]]を[[エクストラモンスターゾーン]]の真下に[[リンク召喚]]すれば、あちらの[[効果]]でこの[[カード]]と[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]の両方を[[自分]][[フィールド]]に[[蘇生]]できる。~
 該当する[[リンク]]2はいずれも[[リンク素材]]に[[縛り]]があるが、[[《サイバース・ウィッチ》]]・[[《クロック・リザード》]]は[[《リンクリボー》]]などを経由すれば良いので多少は楽。~
//2020/1現在でX・HEROヘル・デバイサー、クロック・リザード、サイバース・ウィッチ、スレイブパンサー、トリックスター・ディーヴァリディスの5体
 左下/下の[[リンクマーカー]]を含む[[リンク]]3以上を使うのも手で、例えば[[《神聖魔皇后セレーネ》]]なら[[魔法使い族]]を[[蘇生]]させてこの[[カード]]の[[リンク素材]]確保も狙える。~
 [[《天空神騎士ロードパーシアス》]]も[[《創造の代行者 ヴィーナス》]]から展開した[[《神聖なる球体》]]を使って出せるため、この[[カード]]の素材と共に揃えやすい。~


 (2)は[[自己再生]][[効果]]。~
 [[相手]]依存でタイミングも遅いが、[[相互リンク]]状態で[[特殊召喚]]すれば(1)の[[効果]]を[[発動]]できる。~
 [[エクストラモンスターゾーン]]に下向きのものを含む[[リンクマーカー]]を持つ[[リンクモンスター]]が必要になるが、上手くいけば返しの[[ターン]]で態勢を立て直せる。~

 緩い[[リンク素材]]の[[縛り]]且つ[[リンク]]2では最大の[[攻撃力]]を持つため、(1)を無視して[[アタッカー]]としての運用も検討できる。~
 2300という[[攻撃力]]は高いとは言えないが、[[《精神操作》]]などを使用して[[相手]][[モンスター]]がいなくなった場合などでは有用な選択肢となる。~

-理論的には[[自分]][[フィールド]]の[[リンクモンスター]]がこの[[カード]]のみでも(1)で[[自分]][[フィールド]]に[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を出せる。~
[[エクストラモンスターゾーン]]の真正面に上向きの[[リンクマーカー]]を持つ[[相手]][[リンクモンスター]]が存在し、その正面の[[エクストラモンスターゾーン]]に空きがあれば、その位置にこの[[カード]]を[[リンク召喚]]する事でその真下に出せる。~
あるいは、複数の上方向の[[リンクマーカー]]を持つ[[相手]][[リンクモンスター]]が[[エクストラモンスターゾーン]]に存在し、その真正面にこの[[カード]]を[[特殊召喚]]すれば、その真横の[[リンク先]]に出せる。~
もっとも、いずれも滅多に起きる状況ではないため、現実的には(1)で[[自分]][[フィールド]]に[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を出したいのならば他の[[自分]][[リンクモンスター]]の存在が必要不可欠と言える。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs草薙翔一」戦で草薙が使用。~
2体の[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を[[リンク素材]]とし、Playmakerの[[《デコード・トーカー》]]の真正面となる[[リンク先]]に[[リンク召喚]]された。~
[[相互リンク]]状態で[[特殊召喚]]された事で(1)を[[発動]]し、Playmakerの[[フィールド]]の[[《デコード・トーカー》]]の[[リンク先]]に[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]を[[蘇生]]させた。~
これにより、[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]の[[弱体化]][[効果]]、及び[[永続罠]]《コードブレイク・バックファイア》の[[バーン]][[効果]]の[[コンボ]]に繋げている。~
《コードブレイク・バックファイア》により[[戦闘破壊]][[耐性]]が付いた[[《デコード・トーカー》]]を[[攻撃]]する事で[[戦闘ダメージ]]を与えた後に(2)を[[発動]]。~
これに[[カウンター]]される形で[[発動]]された[[《デコード・トーカー》]]の[[効果]]により[[破壊]]されたが、[[エンドフェイズ]]に(3)で[[自己再生]]され、再び《コードブレイク・バックファイア》の[[バーン]]に繋げている。~
次の草薙の[[ターン]]に3体目の[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]と共に[[《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》]]の[[リンク素材]]となった。~
(1)の[[効果]]名は「ウイルスバックアップ」。~

--アニメ版の[[テキスト]]は以下の通り。~
 「コードブレイカー」モンスター2体
 このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):相互リンク状態となるように、このカードが特殊召喚に成功した場合、
 フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
 自分の手札・墓地からレベル4以下の「コードブレイカー」モンスター1体を選び、
 そのモンスターを対象のモンスターのリンク先となる自分または相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
 (2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、
 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
 そのモンスターの攻撃力は、フィールドの「コードブレイカー」モンスターの数×500ダウンし、
 そのダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。
 (3):このカードが相手の効果で破壊され、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
 このカードを墓地から特殊召喚する。
 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
[[OCG]]化の際に(2)が削除されたが、代わりに[[リンク素材]]の[[縛り]]が大きく緩和され、(1)は[[デッキ]]からも選べる様になり、(3)は[[戦闘破壊]]でも[[発動]]するようになった。~
なお、(1)は「レベル4以下のコードブレイカー」と指定されていたが、アニメにおいても[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]以外の[[下級>下級モンスター]][[コードブレイカー]]は登場していない。~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[コードブレイカー]]

-[[《コードブレイカー・ゼロデイ》]]

//―《コードブレイカー・ウイルスソードマン》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[ETERNITY CODE]] ETCO-JP052

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《コードブレイカー・ウイルスソードマン》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク2,闇属性,戦士族,攻2300,コードブレイカー);