*《&ruby(いじげん){異次元};への&ruby(すきま){隙間};/Crevice Into the Different Dimension》 [#top]
 通常罠
 属性を1つ宣言し、お互いの墓地に存在する
 宣言した属性のモンスターを合計2体選択して発動する。
 選択したモンスターをゲームから除外する。

 [[THE SHINING DARKNESS]]で登場した[[通常罠]]。~
 [[宣言]]した[[属性]]の[[モンスター]]を[[墓地]]から[[除外]]する[[効果]]を持つ。~

 枚数だけで考えると[[《魂の解放》]]に劣るため、[[通常罠]]である点を活かす事になる。~
 しかし、単に[[相手]]の[[墓地]]の[[モンスター]]を[[除外]]したいのならば、[[手札誘発]]であり[[無効]]にされにくい[[《D.D.クロウ》]]の方が[[汎用性]]が高い。~
 必ず2枚[[除外]]する性質上、[[除外]]したい[[モンスター]]と同じ[[属性]]の[[モンスター]]が他に居ないと[[発動]]する事はできない。~
 [[【帝コントロール】]]における[[《黄泉ガエル》]]辺りを狙うのは難しく、[[【植物族】]]・[[【ドラゴン族】]]・[[【E・HERO】]]などにはうまく刺さらないことも多いだろう。~
 [[魔法・罠カード]]を対象に選ぶ事もできないので[[《ロスト》]]とも[[相互互換]]である。~
 [[フリーチェーン]]で[[墓地]]の[[モンスター]]を[[除外]]できるので、[[蘇生]]や[[サルベージ]]の妨害が可能。~
 一度に2体[[除外]]できるのは[[《D.D.クロウ》]]や[[《墓穴の指名者》]]に勝るのだが、2体の[[属性]]が同じでなければならないという欠点がある。~
 [[相手]]が複数の[[属性]]を使う[[デッキ]]だった場合、[[除外]]したい[[モンスター]]を選べず[[腐る]]可能性がでてくる。~
 一応[[自分]]の[[墓地]]に同[[属性]]の[[モンスター]]がいれば、狙いの[[属性]]が[[相手]][[墓地]]に1体だけでもペアにして[[除外]]できるので、[[腐らせない>腐る]]ための選択肢として覚えておくとよい。~

 だが、[[【インフェルニティ】]]・[[【ライトロード】]]・[[【ガエル】]]・[[【魔轟神】]]など、[[墓地]]利用を頻繁に行う[[デッキ]]のほとんどは[[属性]]が統一されている。~
 1回で[[《D.D.クロウ》]]2枚分の[[効果]]を[[適用]]できるのは非常に強力で、相手の計算を大きく狂わせることができるだろう。~
 特に[[【インフェルニティ】]]に対しては強力な[[メタカード]]となり、[[《インフェルニティガン》]]・[[《インフェルニティ・ミラージュ》]]を完全に阻止することができる。~
 これらの[[カードの効果]]を[[《D.D.クロウ》]]で対応すると、残りの[[モンスター]]が[[特殊召喚]]されてしまう。~
 さらに[[相手]]は[[手札]]0枚の状態から[[墓地を肥やし>墓地を肥やす]]直さなければならず、苦しい展開を強いられる。~
 この[[カード]]より扱いやすく、[[除外]]ではなく[[デッキ]]に[[戻す]][[効果]]を持つ[[《転生の予言》]]の方が良い場合もあるが、逆に[[除外]]することで[[《インフェルニティ・デーモン》]]などの[[サーチ]][[効果]]を気にせず[[発動]]できるこの[[カード]]の方が良い場合もある。~
 [[相手]]の[[デッキ]]によって選ぶといいだろう。~
 阻害の役割としてはこの[[カード]]を4枚目以降として採用することもできる。~
 一方で[[相手]]が[[属性]]統一[[デッキ]]ならば序盤以外なら[[発動]]機会には困らず、妨害[[カード]]として十分に働いてくれるだろう。~
 [[メタ]]を読んで使用する[[サイドデッキ]]向けの[[カード]]と言える。~

-逆にこの[[カード]]を[[相手]]に使われることも考え[[【植物族】]]・[[【ドラゴン族】]]・[[【E・HERO】]]などでは、同じ[[属性]]の[[モンスター]]を[[墓地]]に送らないように気を付けながら[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を行うプレイングも考えられる。~
 同じく[[フリーチェーン]]で2枚の[[墓地]]利用妨害ができる[[カード]]には、[[除外]]ではなく[[デッキ]]に[[戻す]][[《転生の予言》]]が存在する。~
 あちらは[[属性]]の条件などもなく[[魔法・罠カード]]にも対応するのでこちらより使いやすいが、[[サーチ]]・[[リクルート]]によって再利用される恐れがある。~
 [[相手]]の[[デッキ]]によって使い分けたり、片方をもう片方の4枚目以降として採用してもいいだろう。~

-この[[カード]]を[[相手]]に使われることも考え、同じ[[属性]]の[[モンスター]]を[[墓地]]に送らないように気を付けながら[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]を行うプレイングも考えられる。~

-なかなか有用な[[カード]]であるものの、[[DUELIST EDITION Volume 4]]では再録から漏れてしまい[[絶版]]になる。~
当時は[[《転生の予言》]]が[[制限カード]]だったため、こちらで代用とはいかなかった。
そのため、当時[[制限カード]]だった[[《転生の予言》]]の代用として使用するのは難しかった。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[《魂の解放》]]

-[[《D.D.クロウ》]]

-[[《ディメンション・ポッド》]]

-[[《ロスト》]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[THE SHINING DARKNESS]] TSHD-JP078 &size(10){[[Rare]]};

**FAQ [#faq]
Q:[[自分]]の[[墓地]]から2体と[[相手]]の[[墓地]]から2体で合計4体[[除外]]するのですか?~
  それとも[[自分]]と[[相手]]の[[墓地]]から合計2体を[[除外]]するのですか?~
A:全てあわせて合計2枚です。(10/02/20)

Q:[[相手]]または[[自分]]の[[墓地]]の[[モンスター]]だけ[[除外]]することはできますか?~
A:はい、できます。(10/02/20)

Q:[[宣言]]して選択した[[属性]]の[[モンスター]]が[[チェーン]]されて片方[[除外]]された場合、残りはどうしますか?~
A:[[効果処理時]]に残りを[[除外]]します。(10/02/20)

Q:[[自分]]の[[墓地]]に[[モンスター]]がなく、[[相手]]の[[墓地]]に[[闇属性]]が2体いるとします。~
  この[[カード]]を[[発動]]できますか?~
A:できます。(10/06/10)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《異次元への隙間》,罠,通常罠,);