*《&ruby(ししおう){獣王};アルファ》 [#top]
 特殊召喚・効果モンスター
 星8/地属性/獣族/攻3000/守2500
 このカードは通常召喚できない。
 相手フィールドのモンスターの攻撃力の合計が、
 自分フィールドのモンスターの攻撃力の合計より高い場合に特殊召喚できる。
 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
 その後、手札に戻した数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選んで持ち主の手札に戻す。
 この効果の発動後、ターン終了時まで自分の「獣王アルファ」は直接攻撃できない。
//英語名未表記カード 英語名を表記したらこの部分は削除

 [[PHANTOM RAGE]]で登場した[[地属性]]・[[獣族]]の[[特殊召喚モンスター]]。~
 [[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]の合計が[[自分]][[モンスター]]の[[攻撃力]]の合計より高い場合に[[特殊召喚]]できる[[召喚条件]]、[[獣族]]・[[獣戦士族]]・[[鳥獣族]]を任意の数だけ[[バウンス]]し、その数まで[[相手]][[モンスター]]を[[バウンス]]する[[起動効果]]を持つ。~

 [[召喚条件]]により[[フィールド]]の[[攻撃力]]の合計が[[相手]]の方が高い場合に[[手札]]から[[特殊召喚]]できる。~
 (1)で[[対象]]にする[[獣族]]を並べることを得意とし、総[[攻撃力]]が低くなりがちな[[【メルフィー】]]とは相性が良い。~
 他には[[送りつけ]]を行えば[[召喚条件]]を満たしつつ、[[モンスター効果]]での再利用が狙える。~
 また[[後攻]]1[[ターン]]目などなら[[表側表示]]の[[モンスター]]が1体でも存在すれば概ね[[特殊召喚]]できるため、単に[[特殊召喚]]の容易な[[レベル]]8として採用するのもよい。~
 この[[特殊召喚]]には[[1ターンに1度]]の制限はないため、(1)でこの[[カード]]自身を[[対象]]として[[戻し>戻す]]た後、まだ[[召喚条件]]を満たしていれば再び[[特殊召喚]]できる。~

 (1)は[[獣族]]・[[獣戦士族]]・[[鳥獣族]]を[[対象]]に[[バウンス]]し、[[手札]]に[[戻った>戻す]]数と同じ数だけ[[相手]][[フィールド]]の[[表側表示]][[モンスター]]を[[手札]]に[[戻す]][[効果]]。~
 3[[種族]]の[[モンスター]]は[[対象をとる>対象をとる(指定する)効果]]ものの、その後の[[バウンス]]は[[対象をとらない>対象をとらない効果]][[バウンス]]であり、[[対象]][[耐性]]や[[破壊]][[耐性]]に邪魔されず[[相手]][[モンスター]]を一掃できる。~
 上述の通りこの[[カード]]自身も[[対象]]にできるため、他に[[モンスター]]がいなくとも、1体を[[対象とらず>対象をとらない効果]][[バウンス]]できる。~
 《獣王アルファ》は[[直接攻撃]]できなくなってしまうが、素材にしてしまえばよいため、[[攻撃]]制限もあまり問題にならない。~
 なお、[[手札]]に戻った《獣王アルファ》は条件を満たしていれば何度でも[[特殊召喚]]可能であり、戻す[[モンスター]]を調整すれば[[攻撃力]]の低い[[モンスター]]を[[攻撃]]することも可能。~
 [[手札]]に[[戻っても>戻す]][[メインデッキ]]の[[効果モンスター]]共通の[[効果]]として、[[自分]][[エンドフェイズ]]での[[手札]]からの[[特殊召喚]]を行える[[【メルフィー】]]はこの点においても相性が良い。~

 [[《トーチ・ゴーレム》]]なら[[特殊召喚]]の条件を満たす補助になり、[[バウンス]]して再度[[特殊召喚]]すれば[[トークン]]を4体生み出せる。~
 [[《レスキューキャット》]]から[[《EMドラネコ》]]+[[《EMオッドアイズ・ユニコーン》]]を[[リクルート]]後、その2体を[[対象]]にこの[[カードの効果]]を使えば、[[相手]]方2体の[[バウンス]]に加えて、[[ペンデュラムスケール]]2と8の[[ペンデュラムモンスター]]が[[手札]]に揃う。~
 [[《魔獣の懐柔》]]で[[獣族]]3体を展開した後にこの[[カード]]を[[特殊召喚]]してそれらを[[バウンス]]すれば3枚の[[アドバンテージ]]となり、[[メルフィー]]なら[[エンドフェイズ]]に自身の[[効果]]で展開して[[自壊]][[デメリット]]を帳消しにできる。~
 変わった所では[[《天輪の双星道士》]]とは相性が良く、自身の[[効果]]で[[特殊召喚]]した[[獣族]]・[[獣戦士族]]・[[鳥獣族]]を戻せば4枚もの[[アドバンテージ]]となる。~
 [[《天輪の双星道士》]]自体が[[シンクロチューナー]]であるため、[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]で[[相手]][[ターン]]に[[シンクロ召喚]]すれば、[[エクストラデッキ]]からの[[特殊召喚]]を制限する[[デメリット]]も解除でき、二重の意味で相性が良い。~
 他には[[墓地]]に[[魔法カード]]が必要なものの、[[《トレジャー・パンダー》]]との相性も良く、ここでも[[バウンス]]の枚数を増やすことができる。~
 [[自分]]の[[手札]]に[[バウンス]]した[[通常モンスター]]は[[手札コスト]]に使用すれば無駄が無く、[[蘇生]][[カード]]の[[《トライワイトゾーン》]]へとつなげる布石を作り出せるためこちらも相性が良い。~

 [[召喚条件]]さえ満たしていれば[[ノーコスト]]で[[特殊召喚]]できる[[獣族]][[モンスター]]であり、[[蘇生]][[カード]]の[[《エアーズロック・サンライズ》]]や[[サーチ]]手段の[[《メルフィー・キャシィ》]]を擁する[[【獣族】]]ではエース[[アタッカー]]として活躍が期待できる。~
 自身を[[バウンス]]しながら[[相手]]を[[バウンス]]し続ければ、毎[[ターン]]使える[[除去]][[魔法カード]]のような動きもでき、いざとなれば高[[攻撃力]]を活かした[[アタッカー]]にもなり、[[特殊召喚]][[条件>召喚条件]]の容易さから各種素材にも使いやすいため、サポート[[種族]]である[[【獣戦士族】]]や[[【鳥獣族】]]は勿論のこと、自身を[[バウンス]]する前提で考えるなら、[[除去]][[効果]]を備えた[[《サイバー・ドラゴン》]]の互換[[カード]]として[[【スタンダード】]]でも採用できるポテンシャルを持っているといえるだろう。~

-(1)の[[効果]]で[[相手]]の[[表側表示]][[モンスター]]の数より多く[[対象]]を選ぶことはできない。~
また[[効果処理時]]、[[相手]][[モンスター]]の数が[[戻し>戻す]]た[[モンスター]]の数より少ない場合、[[自分]]の[[モンスター]]を[[手札]]に[[戻し>戻す]]て処理を終了する。~

-同パックでは[[獣族]]・[[獣戦士族]]・[[鳥獣族]]に関連した[[カテゴリ]]である[[トライブリゲード]]が登場しており、そちらとの[[シナジー]]も考慮されてデザインされたのだろう。~

-[[《神獣王バルバロス》]]等とは異なり「&ruby(じゅうおう){獣王};」ではなく「&ruby(ししおう){獣王};」と読むので、[[《マインドクラッシュ》]]などの[[カード名]][[宣言]]の際には注意が必要である。~

--[[イラスト]]では立派な鬣があることから「しし」は「獅子」と掛けてあると思われる。~
また、しし座のα星である[[レグルス>《レグルス》]]は、ラテン語で「王」を意味する言葉であり、こちらも意識した[[カード名]]になっている。~
一方で読み方の同じ[[十二獣]]とは特に[[シナジー]]は持たない。~

---動物行動学における、ある集団の中でリーダーとなる個体をアルファと呼ぶため、[[カード名]]後半はこちらの意味も掛かっている様だ。~
---動物行動学では集団の中でリーダーとなる個体を「アルファ」と呼ぶため、こちらの意味も掛かっている様だ。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[獣族・獣戦士族・鳥獣族に関連する効果を持つカード>《激昂のミノタウルス》#card]]

//―《獣王アルファ》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[PHANTOM RAGE]] PHRA-JP023 &size(10){[[Ultra]],[[Ultimate]],[[Secret]],[[Prismatic Secret>Secret#PS]]};

**FAQ [#faq]
***召喚条件について [#faq0]
Q:[[自分]][[フィールド]]に[[モンスター]]が存在しない場合、《獣王アルファ》の[[テキスト]]に記された方法で[[特殊召喚]]することはできますか?~
A:[[自分]][[フィールド]]に[[モンスター]]が存在しない場合にも、「相手フィールドのモンスターの攻撃力の合計が1以上」であれば《獣王アルファ》を[[特殊召喚]]することができます。(20/08/08)~

***(1)の効果について [#faq1]
Q:[[手札]]に[[戻ら>戻す]]ない[[融合モンスター]]などを[[対象]]に[[発動]]することはできますか?~
A:[[自分]][[フィールド]]上に存在する[[融合モンスター]]を[[対象]]に《獣王アルファ》の(1)の[[効果]]を[[発動]]することができます。~
  その場合、その[[融合モンスター]]は[[手札]]には[[戻ら>戻す]]ず[[エクストラデッキ]]に[[戻り>戻す]]ますので、「その後、手札に戻した数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選んで持ち主の手札に戻す」[[効果]]は[[適用]]されません。~
  なお、「この効果の発動後、ターン終了時まで自分の「獣王アルファ」は直接攻撃できない」[[効果]]は通常通り[[適用]]されます。(20/08/08)~

Q:[[相手]][[フィールド]]の[[表側表示]]の[[モンスター]]の数を超えるように[[対象]]を選び[[発動]]することはできますか?~
A:[[相手]][[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する[[モンスター]]の数を超えるように、[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]を《獣王アルファ》の(1)の[[効果の対象]]にすることはできません。(20/08/08)~

Q:[[効果処理時]][[対象]]とした[[モンスター]]より[[相手]][[フィールド]]の[[表側表示]]の[[モンスター]]が少なくなっている場合どのように処理しますか?~
A:ご質問の場合、[[対象]]の[[自分]][[フィールド]]の[[モンスター]]は[[手札]]に[[戻り>戻す]]ますが、[[相手]][[フィールド]]の[[モンスター]]を[[手札]]に[[戻す]]処理は行われません。~
  なお、その場合でも、「この効果の発動後、ターン終了時まで自分の「獣王アルファ」は直接攻撃できない」[[効果]]は[[適用]]されます。(20/08/08)~

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《獣王アルファ》,特殊召喚モンスター,効果モンスター,モンスター,星8/地属性/獣族/攻3000/守2500);