*《&ruby(レッドアイズ・ブラックドラゴン){真紅眼の黒竜};/Red-Eyes Black Dragon》 [#top]
 通常モンスター
 星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
 真紅の眼を持つ黒竜。
 怒りの黒き炎はその眼に映る者全てを焼き尽くす。

 [[Vol.3]]で登場した[[闇属性]]・[[ドラゴン族]]の[[最上級モンスター]]。~
 原作で城之内が愛用した[[カード]]であり、知名度・人気は非常に高い。~

 [[最上級モンスター]]ではあるが、[[攻撃力]]はせいぜい[[上級モンスター]]並と心許なく、同[[属性]]で[[レベル]]6[[通常モンスター]]の[[《デーモンの召喚》]]にも劣る。~
 また同[[属性]]・同[[種族]]の[[最上級>最上級モンスター]][[通常モンスター]]には、[[レベル]]8で、より[[ステータス]]の高い[[《トライホーン・ドラゴン》]]が存在する。~
 しかし、豊富な[[サポートカード]]が存在するため、専用[[デッキ]][[【真紅眼の黒竜】]]では主力[[モンスター]]として大活躍できる。~

 専用[[サポートカード]]としては、[[手札]]からこの[[カード]]を[[特殊召喚]]できる[[《黒竜の雛》]]や、強力な[[バーン]][[効果]]を持つ[[《黒炎弾》]]が存在する。~
 派生[[モンスター]]も多く、この[[カード]]を[[リリース]]することで[[《真紅眼の闇竜》]]を、[[《メタル化・魔法反射装甲》]]を使用することで[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]を[[特殊召喚]]できる。~
 [[《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]・[[《メテオ・ブラック・ドラゴン》]]の[[融合素材]]でもあり、[[融合素材代用モンスター]]を使用することで2種を併用することも可能。~

 [[レッドアイズ]][[サポート>サポートカード]]も充実し、その中核をなす[[カード]]として活躍できる。~
 主だったものでは、[[《伝説の黒石》]]の[[リクルート]]、[[《真紅眼の鎧旋》]]の[[蘇生]]に対応しており、[[《紅玉の宝札》]]の[[手札コスト]]にもなる。~
 また、[[《真紅眼融合》]]によって[[《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]・[[《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》]]の[[融合素材]]とすることができる。~
//・[[《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》]]
//その他、[[《真紅眼の飛竜》]]は[[レッドアイズ]]を[[蘇生]]する[[効果]]を、[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]は[[手札]]・[[墓地]]から[[ドラゴン族]]を展開する[[効果]]を持つ。~

 [[闇属性]]・[[ドラゴン族]]・[[通常モンスター]]の[[サポートカード]]にも対応する。~
 [[聖刻]]・[[《カーボネドン》]]・[[《竜魔人 キングドラグーン》]]・[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]等により、[[手札]]・[[デッキ]]・[[墓地]]からの[[特殊召喚]]が可能。~
 [[蘇生]]手段も、[[《復活の福音》]]・[[《銀龍の轟咆》]]・[[《蒼眼の銀龍》]]・[[《ライトパルサー・ドラゴン》]]・[[《ダーク・クリエイター》]]等、選択肢は多い。~
 [[墓地へ送る]]には、[[《竜の霊廟》]]・[[《竜の渓谷》]]・[[《終末の騎士》]]・[[《ダーク・グレファー》]]等を使用できる。~
 [[《Sin 真紅眼の黒竜》]]や[[《龍の鏡》]]等によって[[除外]]された場合も、[[《闇次元の解放》]]・[[《竜魂の城》]]等で[[帰還]]できる。~
 また、[[《王者の看破》]]・[[《無力の証明》]]・[[《魔のデッキ破壊ウイルス》]]による妨害も可能である。~
 展開しやすい[[レベル]]7であるため、[[レベル]]8の[[シンクロモンスター]]の[[シンクロ素材]]や[[ランク]]7の[[エクシーズ素材]]としても活用しやすい。~

 [[《E・HERO プリズマー》]]とも相性が良く、[[サポートカード]]の[[発動条件]]や派生[[モンスター]]の[[召喚条件]]を満たすことができる。~
 [[《召喚僧サモンプリースト》]]等を用い、[[《ダイガスタ・エメラル》]]を[[エクシーズ召喚]]することで[[蘇生]]に繋げられる。~

-[[公式ルール]]では悪くない活躍ができたが、登場時期前後辺りから[[エキスパートルール]]の導入が始まった事もあり、当初から[[ガチデッキ]]での使用率は芳しくなかった。~
その後、暫く[[サポートカード]]も作られず放置されていたが、第4期の初め頃に専用[[カード]]が出現した事で、以前よりも格段に使いやすくなった。~
以来、間接的な強化はあったものの、時を経ると共にインフレに取り残されていったが、第9期で[[レッドアイズ]]の[[サポートカード]]が多数登場し、大幅な強化を受ける事となった。

--[[《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》]]の現役時代は[[《ブラック・マジシャン》]]共々全く関係ない[[デッキ]]に[[融合素材]]として[[出張]]されていた。~
[[手札]]に来るとほぼ邪魔になる[[最上級>最上級モンスター]][[バニラ]]2種が[[出張]]されるというのは遊戯王[[OCG]]の歴史上でもかなり稀な事態であった。~

-[[《ブラック・マジシャン》]]や[[《青眼の白龍》]]と並ぶ原作の人気[[カード]]ということもあって、[[イラスト]]の種類が非常に多い。~
詳細は[[こちら>イラスト#t55507a4]]を参照。~
--[[アジアチャンピオンシップ2001>プロモカード#ACS]]賞品の《真紅眼の黒竜》は、2010年1月11日1時31分にYahoo!オークションに出品され、1月13日20時34分、30万1000円で落札された。~
--尚、[[Vol.3]]からの[[イラスト]]は原作10巻・城之内VS海馬戦コマから抜粋したものであり、現時点で原作の[[イラスト]]での[[OCG]]化はなされていない。~
また、この[[イラスト]]は[[OCG]]以前にコナミより発売されたゲームソフト『遊戯王デュエルモンスターズ』1作目の付属カードから流用されたものとなっている。~

-対になる[[《青眼の白龍》]]の「白龍」のルビは「ホワイト&size(15){・};ドラゴン」なのに対し、こちらは「ブラックドラゴン」であり、中黒の有無が異なる。~
また、「竜」の漢字にも違いがある。~
--ただし、デュエルリンクスでの3D召喚時の名前ルビなど、一部作品には「ブラック&size(15){・};ドラゴン」と表記されているものもある。~
--当初の[[英語名]]は、当時差別語として問題視された「Black」を含まないよう「Red-Eyes B. Dragon」になっていた。~
[[《Sin 真紅眼の黒竜》]]や、この[[カード]]を[[融合素材]]とする[[《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]・[[《メテオ・ブラック・ドラゴン》]]の[[英語名]]も同様に「B.」が使用されていた。~
第11期の[[Legendary Duelists:Season 1]]に再録された際に、これら4体全ての[[英語名]]が「B.」から「Black」に置き換える形で変更された。~

-[[カード名]]が[[銀色>Rare]]で印刷された[[エラーカード]]が存在する。~

-現在使われている[[フレイバー・テキスト]]は[[《デーモンの召喚》]]などと同じく、第2期の途中に行われた[[エラッタ]]以降使われ続けているものである。~
[[Vol.3]]・[[幻の召喚神−PHANTOM GOD−]]・[[アジアチャンピオンシップ 2001 ジュニアクラス優勝賞品>プロモカード#ACS]]に収録された際のテキストは以下の通り。~
 攻撃力は上級レベル。まぼろしの超レアカードだ!
その後、「[[レアカード]]と書かれた[[ノーマルカード>Normal]]」という矛盾を避けるために[[エラッタ]]が行われている。

-2013年にVジャンプ公式サイトで行われた原作登場[[カード]]の人気投票「レジェンド[[モンスター]]総選挙」では、全20体中4位と好成績を残している。~
2019年9月に公式データベース行われた「デュエリストカードプロテクター」のデザインを決定する投票企画では「[[モンスター]]部門」で1位を獲得し、この[[モンスター]]の図柄のプロテクターの商品化が確定した。
2021年6月にフィギュア発売された

-遊戯王[[ラッシュデュエル]]でも登場している。~
また、この[[カード]]をモデルとした[[《赤眼の黒猫》>rushwiki:《赤眼の黒猫》]]も登場している。~

-原作・アニメにおいて―~
「決闘者の王国編」における「城之内vs竜崎」戦にて竜崎が使用したエース[[カード]]。~
あちらの世界では、「[[《青眼の白龍》]]程ではないが、プレミア価格で数十万もするほどの超[[レアカード]]」ということになっている。~
しかし竜崎自身が提案した[[アンティルール>賭けカード]]によって城之内の手に渡り、その後は彼の最も信頼する相棒として活躍している。~
「バトルシティ編」大会前日にはレアハンターに負けて奪われてしまったが、遊戯が[[アンティ>賭けカード]]で奪い返した。~
その後の「遊戯vs城之内(洗脳)」戦に於ける、この[[カード]]とあらゆる意味で対峙する城之内のシーンは印象的である。~
「遊戯vs城之内(洗脳)」戦以降は遊戯が自身の[[デッキ]]に入れたままにしており、「遊戯vs海馬」戦(4回目)では[[《ドラゴンを呼ぶ笛》]]の[[効果]]で[[手札]]から[[特殊召喚]]され、[[《六芒星の呪縛》]]と併せて[[《青眼の白龍》]]を返り討ちにする活躍を見せた。~
その後は[[戦闘]]には参加しなかったものの最後まで[[フィールド]]に残り、[[《超魔導剣士−ブラック・パラディン》]]の[[攻撃力]]を上げた。~
「記憶の世界編」ではイメージした[[デッキ]]の中に入っていた1枚で、「大邪神ゾーク・ネクロファデス」に対し[[召喚]]したものの、一撃でやられてしまう。~
[[攻撃]]名は「[[黒炎弾>《黒炎弾》]]」。~
一部の放送回とアニメGXでは「ダーク・メガ・フレア」となっていたが、これは本来、[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]の[[攻撃]]名である。~
[[《黒炎弾》]]が[[カード]]化された事により、[[攻撃]]と[[魔法カード]]の[[発動]]が混同されるのを防止するために変更されたものと思われる。~
尚、ドーマ編におけるオレイカルコスの神との対決で[[召喚]]された際の[[攻撃]]名は「ブラック・フレア」だった。~

--この[[カード]]は[[闇属性]]のために[[《荒野》]]の[[効果を受けず>効果を受けない]]、[[攻撃]]は[[炎属性]]として扱うとされていた。~
また、原作では飛行能力を持っているようである。~
「城之内vs竜崎」戦では、[[《時の魔術師》]]の時間経過[[効果]]に巻き込まれ、化石化している。~
「[[&ruby(ダイナソー){恐竜};>恐竜族]][[カード]]は[[攻撃力]]は高いけど、&ruby(タイム・マジック){時魔法};による時間経過で身を滅ぼすんだ!」との台詞があり、[[恐竜族]]だったのかもしれない。~
---「海馬vs城之内」戦では[[炎属性]]の[[攻撃]]に[[耐性]]を持つ[[《ミノケンタウロス》]]と[[戦闘]]を行ったが、[[攻撃力]]の差が大きかったため[[戦闘破壊]]に成功している。~
なお、このときは海馬に通常通りの[[戦闘ダメージ]]を与えている。~

--アニメでは、経緯は明かされていないが「バトルシティ編」の後は城之内の手に戻っている(原作では戻ったかどうか不明だが、記憶編にて城之内により[[召喚]]されている)。~
アニメオリジナル「ドーマ編」の「城之内vs竜崎」戦では、[[《ヘルモスの爪》]]と[[融合]]し、[[《真紅眼の黒竜剣》]]の[[融合素材]]となった。~
また「城之内vsヴァロン」戦では、[[《レッドアイズ・トランスマイグレーション》]]による[[《ロード・オブ・ザ・レッド》]]の[[儀式召喚]]のための[[生け贄>リリース]]となった。~
また、アニメでは海馬も所持している様で、「王国編」ではジュラルミンケースに入れていた。~

--「バトルシティ編」での城之内は上述の理由からこの[[カード]]なしで戦っており、遊戯をはじめ度々[[デッキ]]のパワー不足を懸念されている。~
だが、絽場戦を経て同じ[[攻撃力]]で[[効果]]を備えた[[《人造人間−サイコ・ショッカー》]]が投入されているため、実際の[[デッキパワー]]はむしろ上がっていると言える。~

---「ドーマ編」では、ホプキンス教授が研究していた遺跡の壁画に、この[[カード]]と非常によく似た[[モンスター]]が描かれている。~

---DM16話リマスター版の字幕において《赤眼の黒龍》と誤植されている。

--アニメSEVENSでは、この[[カード]]を指定した[[罠カード]]《黒竜の怒号》が登場している。

--東映版『遊☆戯☆王』の劇場版では物語の[[キーカード]]として登場。~
「[[蒼き龍>《青眼の白龍》]]は勝利をもたらす。しかし、紅き竜がもたらすのは勝利にあらず、可能性なり。」という台詞の通りに、海馬の操る[[《青眼の白龍》]]と対峙する。~
この[[カード]]をパックで当てた翔吾はその可能性の意味に気づかず苛めっ子に自慢するだけで[[デュエル]]を躊躇っていたが、監視モニターでこの[[カード]]を目に付けた海馬により遊戯の千年パズル共々強奪されてしまう。~
その後、城之内により奪還され、自分の強さを保ちたいと[[デュエル]]できない翔吾に変わって遊戯が借りて[[使用]]した。~
[[召喚]]こそされなかったものの、最終的に遊戯によって[[《メテオ・ドラゴン》]]と[[融合]]され、劇場版オリジナルの新[[モンスター]][[《メテオ・ブラック・ドラゴン》]]となる事でその可能性を引き出した。~
この劇場版では「レッドアイズ・ドラゴン」と呼ばれる事もあった。~
---[[OCG]]で[[サポートカード]]が増えたことにより、現在では上記の台詞の通り多種多様な可能性が存在している。~
進化・派生形態は[[融合モンスター]]以外にも、[[儀式>《ロード・オブ・ザ・レッド》]]・[[エクシーズ>《真紅眼の鋼炎竜》]]・[[デュアル>《真紅眼の黒炎竜》]]とバラエティに富み、その内[[《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》]]は後に[[主流デッキ]]の[[キーカード]]として活躍し、最終的に[[禁止カード]]にまで昇り詰めている。~
一方の「[[蒼き龍>《青眼の白龍》]]」も、[[サポートカード]]や派生[[モンスター]]の充実により、第9期の[[主流デッキ]]に躍り出ている。~

--米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)にも登場。~
最初は敵として現れ、城之内本人にアーマーとなって取り憑き、遊戯たちに襲いかかった。~
その後洗脳の源となった「カオスの刃」を破壊し、城之内の[[モンスター]]として仲間になった。~

--アニメGXでは「セブンスターズ」の1人であるダークネス吹雪(天上院吹雪)の[[デッキ]]の象徴として登場。~
ダークネスから解放された後も、ほとんどの[[デュエル]]でこの[[カード]]を使用している。~
吹雪はこの[[カード]]を「ライバル達との絆の[[カード]]」と言っている。~
ちなみに、彼はこの[[カード]]を少なくとも2枚は[[デッキ]]に投入していた。~
また影丸が[[三幻魔]]に精気を吸い取らせる場面で、万丈目兄弟のジュラルミンケースの中で吸い取られていく[[モンスター]]の中に確認できる。~

--同じくGXの「十代vsヨハンvs藤原」戦で十代が使用した[[永続魔法]]《&ruby(とも){好敵手};の名前》の[[イラスト]]に城之内似の決闘者と共に描かれている。~

--アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこの[[カード]]が登場している。~

--劇場版『遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜』においては、パラドックスがこの[[カード]]を[[デッキ]]から[[墓地]]へ送り、[[《Sin 真紅眼の黒竜》]]を[[特殊召喚]]した。~

--アニメZEXALの「遊馬vs六十郎」(1戦目)では、この[[カード]]をモチーフにした《&ruby(レッドアイズ・スタチュー・ドラゴン){真紅眼の木竜};》を六十郎が使用。~
開始早々、[[《スタチュー・ブラック・マジシャン》>《ブラック・マジシャン》]]によって[[戦闘破壊]]された。~
決闘庵にはこの[[モンスター]]の木像も飾られており、その後遊馬が再び決闘庵を訪れた際には、この木像を見て[[夢の中に出てきたドラゴン>《No.107 銀河眼の時空竜》]]を連想している。

--なお、アニメで城之内が使用する[[カード]]は[[Vol.3]]で登場した最初の[[イラスト]]。~
吹雪が使用する[[カード]]は[[PREMIUM PACK 5>PREMIUM PACK#PP5]]で登場した[[イラスト]]である。~
また、パラドックスの使用したこの[[カード]]も城之内が使用したものと同じ[[イラスト]]のようであり、遊戯が知らないところで城之内から奪った可能性もある。

--劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では、城之内の[[デッキ]]の[[カード]]の一枚として登場している。~
原作漫画では「王の記憶編」で登場はしたものの返却されていたかは不明だったが、その1年後が舞台である本作ではすでに彼に返却されていたようだ。~

--Vジャンプ2016年10月号の「サトマサのとことん遊☆戯☆王」の最強カードバトル!紹介での[[デュエル]]中の場面に登場している。~

-コナミのゲーム作品において―~
「フォルスバウンドキングダム」では、ステータスは平均的で行動ポイントが少ないので単体ではあまり機能しないが、[[《青眼の白龍》]]と同じく、[[融合]]する事で活躍が期待できる。~
このゲームでの通常[[攻撃]]名は原作と同じ[[《黒炎弾》]]だが、原作とは違い、小さな火球をたくさん口から出している。全体[[攻撃]]名は「黒炎波」。~
《メタル・チェンジ》という、OCGでは[[《メタル化・魔法反射装甲》]]にあたるアイテムを使えば[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]へと変化できる。~
ダメージ軽減アビリティやステータスの上昇(と、それによるメリット)はあるが、[[融合]]や全体[[攻撃]]はできなくなる。~
さらにこの手のアイテムに共通することだが、一度変化させたモンスターは元に戻せないため、よく考えてアイテムを使う必要がある。~
//改行がおかしい
--[[DUEL TERMINAL]]の[[スピードデュエル]]では、この[[カード]]と[[《黒炎弾》]]をスキャンすると城之内をイメージした隠し[[デッキ]]「レッドアイズ・バーニング」が出現する。~
[[第8弾>DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−]]からはこの[[カード]]のみのスキャンでも吹雪をイメージした隠し[[デッキ]]「ダークネス・ギガフレイム」が登場するようになった。~
なお、こちらの[[デッキ]]にも[[《黒炎弾》]]は入っている。~
//黒炎弾の火力については黒炎弾の方へ

--TAG FORCE SPECIALやデュエルリンクスでは、城之内がこの[[カード]]で[[攻撃]]する際、字幕では[[攻撃]]名が「[[黒炎弾>《黒炎弾》]]」と表示されるが、振り仮名やボイスは「ダーク・メガ・フレア」になっている。~
竜崎と城之内(DSOD)が使用する場合は字幕・ボイス共に「[[黒炎弾>《黒炎弾》]]」で統一されている。~
また、デュエルリンクスにおいては原作やアニメでこの[[カード]]を使用したことがない本田にも専用のボイスがある。~

**関連カード [#card]
-[[レッドアイズ]]

―[[サポートカード]]
-[[《黒竜の雛》]]

-[[《黒炎弾》]]
-[[《真紅眼融合》]]

―派生[[モンスター]]
-[[《Sin 真紅眼の黒竜》]]
-[[《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》]]
-[[《真紅眼の黒炎竜》]]
-[[《レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン》]]

-[[《真紅眼の闇竜》]]

-[[《真紅眼の不死竜》]]
-[[《真紅眼の亜黒竜》]]

-[[《真紅眼の黒竜剣》]]

-[[《真紅眼の鋼炎竜》]]

―その他
-[[《青眼の白龍》]]

―[[融合]]関連
-[[《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》]]
--[[《デーモンの召喚》]]

-[[《メテオ・ブラック・ドラゴン》]]
--[[《メテオ・ドラゴン》]]

-[[《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》]]([[禁止カード]])
--[[《ブラック・マジシャン》]]

-[[《真紅眼の黒刃竜》]]

―《真紅眼の黒竜》の姿が見られる[[カード]]
-[[《黒炎弾》]]
-[[《レッドアイズ・インサイト》]]

-[[《レッドアイズ・スピリッツ》]]
-[[《レッドアイズ・バーン》]]

-[[《トークン》(城之内克也)]]

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【真紅眼の黒竜】]]
-[[【ドラグーンビート】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Vol.3]] &size(10){[[Ultra]]};
-[[幻の召喚神−PHANTOM GOD−]] PG-09 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[Vジャンプ(2001年7月号) 誌面プレゼント>書籍付属カード#VJ2001]] P5-01 &size(10){[[Ultra]]};
-[[アジアチャンピオンシップ 2001 ジュニアクラス優勝賞品>プロモカード#ACS]] T3-05 &size(10){[[Ultra]]};
-[[STRUCTURE DECK−城之内編−]] JY-01
-[[PREMIUM PACK 5>PREMIUM PACK#PP5]] P5-01 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[新たなる支配者]] 301-056 &size(10){[[Ultimate]]};
-[[DUELIST LEGACY Volume.2]] DL2-050 &size(10){[[Ultra]],[[Parallel]]};
-[[STRUCTURE DECK−城之内編− Volume.2]] SJ2-007
-[[BEGINNER'S EDITION 1]] BE1-JP126 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキ−ドラゴンの力−]] SD1-JP002
-[[DUEL TERMINAL −シンクロ覚醒!!−]] DT01-JP003 &size(10){[[Rare]]};
-[[ANNIVERSARY PACK]] YAP1-JP002 &size(10){[[Ultra]]};
-[[BEGINNER'S EDITION 1(第7期)]] BE01-JP107 &size(10){[[Super]]};
-[[ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−]] SD22-JP005
-[[決闘者の栄光−記憶の断片− side:武藤遊戯]] 15AX-JPM07 &size(10){[[Millennium>Parallel#MR]],[[Secret]]};
-[[デュエリストパック−決闘都市編−]] DP16-JP020 &size(10){[[Super]]};
-[[デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−]] DP18-JP000 &size(10){[[Holographic]]};
//括弧はノーマルとノーマル系レアリティが一緒にある時
-[[20thシークレットレア SPECIAL PACK>プロモカード#specialpack20thCP]] 20CP-JPS03 &size(10){[[20th Secret>Secret#SE20th]]};
-[[World Championship 2019 来場記念カード>World Championship Series#WCS2019]] 2019-JPP01 &size(10){[[Millennium>Parallel#MR]]-[[Secret]]};
-[[LEGENDARY GOLD BOX]] LGB1-JPS03 &size(10){[[Premium Gold>Gold]]};

----
&tag(《真紅眼の黒竜》,モンスター,通常モンスター,星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000,レッドアイズ);