*《&ruby(むげん){無限};の&ruby(てふだ){手札};/Infinite Cards》 [#top]
 永続魔法
 このカードがフィールド上に存在する限り、
 お互いのプレイヤーは手札枚数制限が無くなる。

 [[Spell of Mask −仮面の呪縛−]]で登場した[[永続魔法]]。~
 [[お互い]]の[[手札]]枚数制限を無視する[[ルール介入]]型[[カード]]。~

 遊戯王[[OCG]]では基本的に[[デメリット]]のない能動的な[[ドローソース]]は軒並み[[禁止・制限カード]]であり、[[エンドフェイズ]]に[[手札]]が7枚以上であることは稀である。~
 一応、[[《増殖するG》]]・[[《TG ハイパー・ライブラリアン》]]などで爆発的に[[手札]]が増えることはあり得る。~
//[[《凡骨の意地》]]、[[《光神テテュス》]]、[[《超再生能力》]]など、爆発的な[[ドロー]]ができるギミック自体は存在する。~
//しかし、それらのギミックを使う[[デッキ]]は元々[[事故]]率が高く、
//事故を起こしにくいドローギミックは一応はある
 しかし、単体では役に立たないこの[[カード]]を入れると[[事故]]率が上がってしまう。~
 そもそもこの[[カード]]が必要になる程の[[ドロー]]に成功している時点で既に充分な[[アドバンテージ]]を稼げている場合が多い。~
 あまり欲張らず、そのまま[[手札]]調整で[[捨てる]]ことで[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]にする方が賢明だろう。~

-[[《超再生能力》]]や現在[[禁止カード]]の[[《魔導書の神判》]]は[[エンドフェイズ]]に大量[[ドロー]]するため、引いた[[カード]]を活かす前に[[手札]]制限にひっかかりやすい。~
この[[カード]]はそうした状況で有効であり、[[デッキ]]を選べば使い途はある。~
しかし上述したようにこの[[カード]]がなくても勝てそうな時にしか機能せず、それ以外の局面では何の役にも立たない[[カード]]になってしまう。~
そのためそれらの[[カード]]が頻用された[[【征竜】]]や[[【魔導書】]]が全盛の[[環境]]でも採用されることはほぼなかった。~

-原作・アニメにおいて―~
「バトルシティ編」における「闇遊戯vs人形(マリク)」戦において人形(マリク)が使用。~
[[《リバイバルスライム》]]+[[《ディフェンド・スライム》]]+[[《生還の宝札》]]の[[コンボ]]で増強された[[手札]]を維持する事で、[[《オシリスの天空竜》]]の[[攻撃力]]をより高めた。~
原作では[[《生還の宝札》]]による[[ドロー]]枚数が1度に3枚であったので、この[[カード]]の恩恵も大きかった。~
しかし[[デュエル]]中に8000以上の[[攻撃力]]が必要となることはなく、[[フィールド]]に出せる[[カード]]が5枚に限定されている原作では[[手札]]をため込んだところで意義は薄く、結果的に[[フィールド]]を圧迫しただけであった。~
とは言え、闇遊戯はこの[[カード]]によって[[《オシリスの天空竜》]]の[[攻撃力]]が“無限”に上がると誤認していたので(後にそれは[[間違いだった>デッキ切れ]]と気付くのだが)プレッシャーを与える意味はあったと言える。~

--アニメARC-Vの「熱血!デュエル塾」において紹介されたこの[[カード]]は、[[イラスト]]に描かれている[[カード]]の裏面が、アニメZEXALの途中から変更されたものになっている。~
また、「[[魔法&罠ゾーン]]に存在する限り」と明確化された[[テキスト]]となっている。

-コナミのゲーム作品において―~
[[DUEL TERMINAL]]では、この[[カード]]と読みが同一の隠し[[デッキ]]「&ruby(むげんのてふだ){夢幻の手札};」が存在している。~
内容はハンドレスを戦法とする[[【インフェルニティ】]]なので、この[[カード]]で行うこととは正反対となっている。

**関連カード [#card]
-[[《無念の手札》]]

-[[《ヒエログリフの石版》]]

-[[《衰弱の霧》]]

//―《無限の手札》が見られる[[カード]]

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[Spell of Mask −仮面の呪縛−]] SM-26
-[[DUELIST LEGACY Volume.3]] DL3-065
-[[STRUCTURE DECK−マリク編−]] SDM-049
-[[BEGINNER'S EDITION 1]] BE1-JP230
-[[BEGINNER'S EDITION 1(第7期)]] BE01-JP190

**FAQ [#faq]
Q:この[[カード]]と[[《衰弱の霧》]]が存在する場合、どうなりますか?~
A:後に[[適用]]された[[効果]]が優先されます。

Q:[[フィールド]]上にこの[[カード]]が存在する時に、[[《サイレント・ウォビー》]]を[[自分]][[フィールド]]上に[[表側表示]]で出した場合や[[自分]][[フィールド]]上に[[《サイレント・ウォビー》]]が存在する時にこの[[カード]]を[[発動]]した場合、[[自分]]の[[手札]]枚数の制限はどうなりますか?~
A:その場合、[[《サイレント・ウォビー》]]の[[効果]]が[[適用]]され、[[手札]]枚数の制限は3枚になります。(14/01/20)

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《無限の手札》,魔法,永続魔法,);