*《&ruby(むげんきどうようさい){無限起動要塞};メガトンゲイル/Infinitrack Fortress Megaclops》 [#top]
 リンク・効果モンスター
 リンク3/地属性/機械族/攻4000
 【リンクマーカー:右/左下/右下】
 Xモンスター3体
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
 このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
 Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
 (2):自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
 その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。
 この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

 [[デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ]]で登場した[[地属性]]・[[機械族]]の[[リンクモンスター]]。~
 [[エクシーズモンスター]]以外の[[効果を受けず>効果を受けない]]、[[戦闘破壊]]されない[[永続効果]]、[[墓地]]から[[エクシーズモンスター]]を[[蘇生]]し[[相手]][[フィールドのカード]]をその[[エクシーズ素材]]にする[[起動効果]]を持つ。~

 [[リンク素材]]は[[エクシーズモンスター]]3体と非常に[[重い]]。~
 [[無限起動]]の[[自己再生]][[効果]]や[[《連鎖召喚》]]などで揃えておきたい。~
 [[エクシーズモンスター]]を複数並べやすい[[デッキ]]や[[カード]]については[[《連鎖召喚》]]のページも参照。~
 [[エクシーズモンスター]]3種類を並べられる[[【超量】]]でも[[リンク召喚]]が狙える。~

 [[《十二獣モルモラット》]]なら1枚からこの[[カード]]の[[リンク召喚]]が可能。~
 全体的に[[モンスター]]の[[攻撃力]]が伸び悩みがちな[[【十二獣】]]では有効な手になり得る。~
>
+[[《十二獣モルモラット》]]を[[召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ラム》]]を[[墓地へ送る]]。~
+[[《十二獣モルモラット》]]の上に重ねて[[《十二獣ライカ》]]を[[エクシーズ召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ラム》]]を[[蘇生]]。~
+[[《十二獣ライカ》]]の上に重ねて[[《十二獣ドランシア》]]を[[エクシーズ召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ラム》]]を[[破壊]]。~
+[[破壊された]][[《十二獣ラム》]]の[[効果]]で[[《十二獣ライカ》]]を[[蘇生]]。~
+[[《十二獣ドランシア》]]の上に重ねて[[《十二獣タイグリス》]]を[[エクシーズ召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ライカ》]]の下に[[《十二獣モルモラット》]]を重ねて[[エクシーズ素材]]にする。~
+[[《十二獣ライカ》]]の[[効果]]で[[《十二獣ドランシア》]]を[[蘇生]]。~
+[[《十二獣タイグリス》]]・[[《十二獣ドランシア》]]・[[《十二獣ライカ》]]の3体で《無限起動要塞メガトンゲイル》を[[リンク召喚]]。~
<

 (1)は[[エクシーズモンスター]]以外の[[モンスター効果]][[耐性]]と[[戦闘破壊]][[耐性]]。~
 非常に強固な[[耐性]]となり、[[エクシーズモンスター]]を使わない[[デッキ]]ではこの[[カード]]を突破するのは困難となる。~
 ただし、[[魔法・罠カード]]による[[耐性]]は無く、[[エクシーズモンスター]]の中でも採用率の高い[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]や[[《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》]]には突破されてしまい、[[壊獣]]による[[リリース]]にも無力。~
 ただ、[[蘇生]]からでも[[適用]]されるため使い回せれば[[相手]]としても厄介になるだろう。~

 (2)は[[エクシーズモンスター]]を[[蘇生]]し、[[相手]]の[[カード]]を[[エクシーズ素材]]とする[[効果]]。~
 [[リンク素材]]とした[[エクシーズモンスター]]が[[墓地]]に存在するので[[蘇生]][[対象]]は自動的に用意できる。~
 [[除去]]と展開を一度に行うことができ、この[[モンスター]]の[[リンク召喚]]に行った[[ディスアドバンテージ]]を軽減できる。~
 [[相手]]への[[ダメージ]]が半減するが、[[モンスター]]を[[除去]]できるため[[直接攻撃]]につなげやすく、[[フィニッシャー]]として使うことも十分狙える。~
 [[メインフェイズ]]2に[[発動]]し、[[耐性]]と合わせて[[相手]]への詰めに使うのもよい。~

 [[効果]]は[[カテゴリ]]指定がなく、[[エクシーズモンスター]]を複数並べられる[[デッキ]]なら使用する事も不可能ではない。~
 素材にした[[モンスター]]を(2)の[[効果]]で[[蘇生]]させ、再びその[[効果]]を使うといった事も狙える。~
 [[【バハムート・シャーク】]]などでの採用も考えられる。~

 [[《十二獣モルモラット》]]なら1枚からこの[[カード]]の[[リンク召喚]]が可能。~
 全体的に[[モンスター]]の[[攻撃力]]が伸び悩みがちな[[【十二獣】]]では有効な手になり得る。~
>
+[[《十二獣モルモラット》]]を[[召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ラム》]]を[[墓地へ送る]]。~
+[[《十二獣モルモラット》]]の上に重ねて[[《十二獣ライカ》]]を[[エクシーズ召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ラム》]]を[[蘇生]]。~
+[[《十二獣ライカ》]]の上に重ねて[[《十二獣ドランシア》]]を[[エクシーズ召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ラム》]]を[[破壊]]。~
+[[破壊された]][[《十二獣ラム》]]の[[効果]]で[[《十二獣ライカ》]]を[[蘇生]]。~
+[[《十二獣ドランシア》]]の上に重ねて[[《十二獣タイグリス》]]を[[エクシーズ召喚]]し、[[効果]]で[[《十二獣ライカ》]]の下に[[《十二獣モルモラット》]]を重ねて[[エクシーズ素材]]にする。~
+[[《十二獣ライカ》]]の[[効果]]で[[《十二獣ドランシア》]]を[[蘇生]]。~
+[[《十二獣タイグリス》]]・[[《十二獣ドランシア》]]・[[《十二獣ライカ》]]の3体で《無限起動要塞メガトンゲイル》を[[リンク召喚]]。~
<
さらにここから[[《十二獣ドランシア》]]を[[蘇生]]することで前述の[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]などにも備えることができる。~

-[[召喚制限]]の無い[[リンクモンスター]]の中で最高の[[元々の攻撃力]]を持つ。~
[[リンク召喚]]するのは大変だが[[特殊召喚]]のための制限は特にないので、[[《やぶ蛇》]]を用いて[[相手]]に委ねるというのも1つの手かもしれない。~

-「メガトンゲイル」という名称は100万トンを意味する「メガトン」とギリシャ神話に登場する巨人族である「ヘカトンケイル」を掛けたものと思われる。~
--ヘカトンケイルはギュゲス・コットス・[[アイガイオン>《魔海城アイガイオン》]]の三兄弟で、50の頭と100の腕を持ち、1本の腕で山を持ち上げて投げるほどの巨体であったという。~
[[イラスト]]の機械も(100本とは言わないが)多数のショベルを持っており、外見上のモチーフにもなっている事が窺える。~

--重機側のモチーフは日立建機が開発した双腕重機「ASTACO(アスタコ)」だろう。~
ちなみに「ASTACO」とはスペイン語でザリガニを意味する。~

//-原作・アニメにおいて―~

//-コナミのゲーム作品において―~

**関連カード [#card]
-[[無限起動]]

//―《無限起動要塞メガトンゲイル》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
-[[【エクシーズ召喚】]]
--[[【無限起動】]]
--[[【十二獣】]]
--[[【魔人】]]
//素材に特定ランクXを必要としないため【ランク○】表記は無しに

**収録パック等 [#pack]
-[[デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ]] DBIC-JP011 &size(10){[[Super]]};

//**FAQ [#faq]
//***(1)の効果について [#faq1]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、「事務局に電話で回答をもらった日付」「回答メールに記載された日付」「公式データベースに回答が掲載された日付」のいずれかを(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。
----
&tag(《無限起動要塞メガトンゲイル》,モンスター,リンクモンスター,効果モンスター,リンク3/地属性/機械族/攻4000);
//無限起動のタグは現状(2/2現在)では付けない様に