*&ruby(ディーディー){DD};/D/D[#top]
 [[週刊少年ジャンプ(2014年36号) 付属カード>書籍付属カード#WJ]]で[[カテゴリ]]化した「DD」と名のついた[[カード]]群。~
 属する[[モンスター]]は[[悪魔族]]で統一されており、[[メインデッキ]]に入る[[モンスター]]は全て[[闇属性]]である。~
 また、[[契約書]]に関する[[効果]]を持つものも多く、[[契約書]]とは密接な関係にある。~

-属する[[モンスター]]自体は[[Vジャンプ(2014年9月号) 付属カード>書籍付属カード#VJ2014]]で[[《DDD怒濤王シーザー》]]が登場していた。~
正式な[[カテゴリ]]になったのは[[《DDケルベロス》]]が登場した上記の付属[[カード]]からである。~

-続けて「DD」と書かれていなければならないため、[[《D.D.アサイラント》]]等はこの[[カテゴリ]]に含まれない。~
ただ、アニメによれば「DD」の意味は「D.D.」と同じく「[[異次元(Different Dimention)>シリーズカード]]」であるようだ。~
[[《D.D.アサイラント》]]など[[除外]]に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]が[[イラスト]]に描かれている[[カード]]もある。~
なお、その名前に反して[[除外]]関係の[[効果]]を持つものは少ない。~

-[[融合モンスター]]・[[シンクロモンスター]]・[[エクシーズモンスター]]・[[ペンデュラムモンスター]]・[[リンクモンスター]]の五種を擁する[[カテゴリ]]。~
登場したばかりの[[ペンデュラムモンスター]]との共存は当然ながら、前の三種が共存する[[カテゴリ]]も特殊な事例である[[デーモン]]を除くと初になる。~

-アニメで登場した[[カテゴリ]]だが、[[契約書]]を含め[[魔法・罠カード]]の[[イラスト]]にはこの[[カテゴリ]]ではなく[[OCG]]出身の[[モンスター]]達や[[王宮]]が描かれており、[[効果]]とは関連性がないものもある。~
DDが異次元をテーマにしているため、書籍などで書かれるデュエル&ruby(ワールド){世界};がアニメ世界にとっての異次元である事を示しているのだろうか。~

-テーマは「企業」となっており、[[DDD]]の冠詞や関連[[カテゴリ]]の[[契約書]]にその片鱗が見られる。~
アニメ・漫画ARC-Vにおける使い手である赤馬零児が「レオ・コーポレーション」の社長であることが影響していると思われる。~
ただし、企業の経営者が[[悪魔族]]であり、かつ[[《契約洗浄》]]などの[[カード]]が存在することを見る限り、あまりまっとうな経営は行っていないようだ。~

--属する[[モンスター]]のうち、[[ペンデュラムモンスター]]の多くは「魔導賢者+歴史上の科学者や発明家の名前」、それ以外は魔物の名前を持つ。~

-この[[カテゴリ]]を中心に収録した商品は[[ブースターSP−レイジング・マスターズ−]]と[[ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−]]の2種類が存在するが、[[TCG]]版が前者は該当する商品が発売されず、後者は登場が日本語版発売より1年後と遅かった。~
そのため、大部分の[[カード]]が長らく[[海外未発売カード]]となっていた。~
収録の機会に恵まれず[[海外未発売カード]]の[[TCG]]化が遅れる例は度々あるが、[[カテゴリ]]単位でこれ程の間隔が空くのは珍しい。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメ・漫画ARC-Vにおいて、赤馬零児が使用する[[モンスター]]群。~

--零児は同じ[[モンスター]]を[[効果]]を利用して何度も[[召喚]]し、[[融合召喚]]、[[シンクロ召喚]]、[[エクシーズ召喚]]に使い回すことが多い。~

--零児の弟である零羅は、同様の[[カテゴリ]]名の「&ruby(シーシー){CC};」を使用している。~
また、[[DDD]]にあたる「&ruby(シーシーシー){CCC};」も使用しており、どちらも多様な[[召喚]]法を操ることから、一種の関連[[カード]]といえる。~

--アニメARC-Vでは、前作ZEXALと同様に[[OCG]]化された後でもアニメ内で[[カードの効果]]は変更されなかったが、この[[カテゴリ]]及びその関連[[カード]]のみ[[OCG]][[効果]]に変更されての再登場であった。~
劇中では特に説明されなかったが、このテーマを開発したLDSが自由に[[カード]]を開発できる設定と何らかの関係があったのだろうか。~

--未[[OCG]][[カード]]として、アニメARC-Vで[[ペンデュラムモンスター]]《DD魔導賢者ディラック》・《DD魔導賢者シュレディンガー》・《DD魔導賢者アルベルト》、[[ペンデュラム>ペンデュラムモンスター]][[チューナー]]《DDブラウニー》が、漫画ARC-Vで[[効果モンスター]]《DDデスティニー・サーベイヤー》・《DDゼロ・サーベイヤー》、[[ペンデュラムモンスター]]《DDカウント・サーベイヤー》・《DDスケール・サーベイヤー》・《DDエクストラ・サーベイヤー》、[[罠モンスター]]《DDコールド・ゴーレム》・《DDグリーディ・ゴーレム》、[[罠カード]]《GO−DD・WORLD》が、最強デュエリスト遊矢!!で[[魔法カード]]《DDD&ruby(アドバンス){昇進};》が登場。~
また[[サポートカード]]としては漫画ARC-Vで[[罠カード]]《ディメンション・ドレープ》が登場している。


//-コナミのゲーム作品において―~

**関連リンク [#link]
―「DD」と名のついた[[モンスター]]~
 ※は「DD」に関する[[効果]]を持つ[[モンスター]]
-[[効果モンスター]]
--※[[《DDアーク》]]
--※[[《DDイービル》]]
--※[[《DDオルトロス》]]
--※[[《DDゴースト》]]
--※[[《DDスワラル・スライム》]]
--※[[《DDケルベロス》]]
--※[[《DDナイト・ハウリング》]]
--[[《DDネクロ・スライム》]]
--※[[《DDバフォメット》]]
--※[[《DD魔導賢者ケプラー》]]
--※[[《DD魔導賢者コペルニクス》]]
--※[[《DDラミア》]]
--※[[《DDリリス》]]

--[[《DDドッグ》]]
--[[《DDパンドラ》]]
--※[[《DDプラウド・オーガ》]]
--※[[《DDプラウド・シュバリエ》]]
--※[[《DD魔導賢者ニコラ》]]

--※[[《DDヴァイス・テュポーン》]]
--※[[《DD魔導賢者ガリレイ》]]
--※[[《DD魔導賢者トーマス》]]
--※[[《DD魔導賢者ニュートン》]]

-[[DDD]]

―「DD」と名のついた[[チューナー]]
-[[レベル]]4
--[[《DDオルトロス》]]
-[[レベル]]3
--[[《DDナイト・ハウリング》]]
-[[レベル]]2
--[[《DDゴースト》]]
-[[レベル]]1
--[[《DDラミア》]]

―「DD」と名のついた[[魔法・罠カード]]~
 ※は「DD」に関する[[効果]]を持つ[[魔法・罠カード]]
-[[通常罠]]
--※[[《DDDの契約変更》]]
--※[[《DDDの人事権》]]
--※[[《DDリクルート》]]

-[[永続罠]]
--※[[《DDリビルド》]]

―「DD」を素材に指定する[[モンスター]]
-[[融合素材]]
--[[《DDD剋竜王ベオウルフ》]]
--[[《DDD神託王ダルク》]]
--[[《DDD烈火王テムジン》]]
--[[《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》]]

-[[シンクロ素材]]
--[[《DDD疾風王アレクサンダー》]]
--[[《DDD呪血王サイフリート》]]
--[[《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》]]

-[[エクシーズ素材]]
--[[《DDD双暁王カリ・ユガ》]]

-[[リンク素材]]
--[[《DDD深淵王ビルガメス》]]

―「DD」に関する[[効果]]を持つ[[カード]]
-[[《GO−DDD神零王ゼロゴッド・レイジ》]]
-[[《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》]]
-[[《DDD極智王カオス・アポカリプス》]]
-[[《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》]]

-[[《DDD剋竜王ベオウルフ》]]
-[[《DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク》]]
-[[《DDD烈火王テムジン》]]
-[[《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》]]

-[[《DDD疾風王アレクサンダー》]]
-[[《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》]]
-[[《DDD呪血王サイフリート》]]

-[[《DDD双暁王カリ・ユガ》]]
-[[《DDD狙撃王テル》]]
-[[《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》]]

-[[《DDD深淵王ビルガメス》]]

-[[《地獄門の契約書》]]
-[[《魔神王の契約書》]]
-[[《闇魔界の契約書》]]

-[[《戦乙女の契約書》]]
-[[《誤封の契約書》]]
-[[《常闇の契約書》]]

―その他のリンク
-[[契約書]]

-[[異次元の>シリーズカード]]

-[[ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション− ]]
-[[ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−]]

-[[【DD】]]

-[[カテゴリ]]

//**FAQ [faq]
//Q:~
//A:

//質問だけの投稿は禁止。ここは「質問と、それに対する事務局の回答」の両方を同時に記述する項目です。
//記述する場合、事務局に質問した日付を(05/01/01)のような形式でA:の最後に追加してください。
//未発売カードに限り、『A:(発売をお待ちください)』とセットでコメントアウトに質問を残すことが可能です。
//ルールやカードの処理等についての質問は、公式サイトの「遊戯王カードデータベース」で調べるか、ルール質問BBSを利用してください。