*草案提出ページ [#top]

議論板に提出する完成したページ草案を提出する専用のページです。~
[[編集テストページ]]と違い、完成した草案のみを提出してください。~
(''旧[[編集テストページ]]の役割を引き継いだページと認識して頂ければ問題ありません。'')~

#contents

**利用規約 [#terms]
 草案ページは基本的には発議者以外は編集禁止である。~
 ただし、細かい部分の修正については発議者が編集を許可してもよい。~
 その場合は編集前の文章をコメントアウトで残すことを必須とする。~
 また、編集を行った旨をスレッドに記載すること。~
 編集を許可した場合に発生した問題は草案提出者の自己責任とする。~
// 2019/4/12追記
 草案は放置した場合、最終更新日(なければ草案作成日)から1か月で削除される。~

//以下記述用スぺース
//
//※注意!
//議論での決定事項から、どのデッキページも作成にあたり議論が必須となりました。
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1648
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1665
//以下の規則に従って、議論用掲示板で議論した後に作成してください。
//
//・掲示板内で必ず草案を提示する。
//・議論期間は最低でも168時間(丸1週間)を設け、議論開始日時・終了日時を明記する。
//・議論期間内に『反対』もしくは『投票の必要性を感じる』という意見が理由付きで出なかった場合、満場一致と見なし投票を行わずに作成できる。
//・議論期間内に上記の意見が理由付きで出た場合、72時間(丸3日)以上の投票期間を設ける。
//
//また、ページ作成の前に以下の点を確認してください。
//一つでも当てはまらない場合、削除議論が行われる可能性があります。
//
//・コンセプトが明確であるか。
//・似たようなデッキがないか。
//・デッキ名に特定のカード名を付ける場合、そのカードがメインと言えるのか。
// そのカードページ内に収まらずデッキページを作るほどの内容があるのか。
//
//最後に、ページ作成後は責任を持ってデッキ集にリンクを貼りましょう。



----
*【&ruby(きこう){機巧};】 [#top]

//#contents

**デッキの概要 [#abstract]
 「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」という特徴を強調した個性を持つ[[機巧]]を中心とする[[【機械族】]][[デッキ]]。~
 該当する[[モンスター]]は多く、[[カテゴリ]]単位で該当するものも少なくないため、混合[[デッキ]]も作りやすい。~

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]

***[[メインデッキ]]の[[モンスターカード]]について [#monster]
―[[機巧]]~
 「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」や「[[除外]]([[裏側表示で除外]])」に関する[[効果]]を持つものが多く、相互間に[[シナジー]]が存在する。~
 また、[[レベル]]4以下は[[墓地]][[除外]]で[[発動]]する[[効果]]を、[[《機巧牙−御神尊真神》]]以外の[[レベル]]4以上は[[手札]]からの[[特殊召喚]][[効果]]を持つ。~

-[[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]([[レベル]]1・[[風>風属性]]・攻守50)~
[[ステータス]]は低いが、[[召喚]]時に「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を[[手札]]から[[特殊召喚]]できるので、展開の起点や各種素材に適する。~
[[墓地コスト]]の[[効果]]は1体に[[ステータス]]を集約するものであり、1体しか[[攻撃]]できないが[[相手]]の[[アタッカー]]を[[戦闘]]で処理できる。~
[[デメリット]]が被る[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]や[[守備表示]]で展開する[[《機巧蛙−磐盾多邇具久》]]等とは[[シナジー]]が強い。~

-[[《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》]]([[レベル]]2・[[光>光属性]]・攻守950)~
「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を[[リリース]]し、それ未満の[[レベル]]の「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を[[リクルート]]できる。~
[[ステータス]]の低い高[[レベル]][[モンスター]]は[[コスト]]としても適するが、自身単体でも[[レベル]]1の[[リクルーター]]として機能する。~
[[墓地コスト]]の[[効果]]は[[《機巧伝−神使記紀図》]]や[[《機巧蛇−叢雲遠呂智》]]と[[シナジー]]し、汎用[[カード]]の[[《強欲で貪欲な壺》]]等も採用しやすくなる。~

-[[《機巧蛙−磐盾多邇具久》]]([[レベル]]3・[[地>地属性]]・攻守1450)~
[[召喚]]・[[特殊召喚]]時に「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を[[デッキトップ]]に[[置く]][[効果]]は、[[機巧]]の中では[[《機巧伝−神使記紀図》]]と相性が良い。~
[[墓地コスト]]の[[効果]]は「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」の[[蘇生]]と[[汎用性]]が高く、[[守備表示]]以外の制約も無い。~
[[フィールド]]での[[効果]]よりも[[墓地]][[効果]]の方が癖が少なく扱いやすいため、[[下級]][[機巧]]の中でも積極的に[[墓地へ送り>墓地へ送る]]たい[[カード]]と言える。~

-[[《機巧猪−伊服岐雹荒神》]]([[レベル]]4・[[水>水属性]]・攻守1850)~
「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」が存在する場合に[[手札]]から[[特殊召喚]]できるため、[[下級モンスター]]である点も含めてこの[[デッキ]]では非常に展開しやすい。~
[[墓地コスト]]の[[効果]]は[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]と[[単体強化]]であり、[[墓地]][[効果]]を持つものが多い関係上、[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]の優位性は大きい。~
ただし、[[対象]]先より[[レベル]]が低いという条件があるので、[[レベル]]5以上が持つ[[特殊召喚]][[効果]]と併用して[[墓地肥やし>墓地を肥やす]]の範囲を広げたい。~

-[[《機巧嘴−八咫御先》]]([[レベル]]5・[[光>光属性]]・攻守2050)~
[[通常召喚]]された[[モンスター]]を[[リリース]]する事で[[特殊召喚]]でき、[[下級]][[機巧]]を[[コスト]]に使えばそのまま[[墓地]][[効果]]に繋がるので無駄が無い。~
(2)で任意の[[モンスター]]を追加[[召喚]]できるが、同[[種族]]以外の[[特殊召喚]]が封じられるので、この[[デッキ]]では実質[[機械族]]以外の展開は難しくなる。~
自身を[[リリース]]して(2)で[[アドバンス召喚]]すれば(3)の[[回復]]に繋がるが、[[カード]]消費が多いので無理に狙わずとも良いだろう。~

-[[《機巧牙−御神尊真神》]]([[レベル]]6・[[風>風属性]]・攻守2150)~
[[除外]]枚数が6枚以上の場合に[[リリース]]無しで[[召喚]]でき、[[召喚]]・[[特殊召喚]]時に「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を[[サーチ]]可能。~
[[下級]][[機巧]]や[[《機巧蛇−叢雲遠呂智》]]は(2)の[[手札コスト]]に適し、逆にそれらの[[除外]][[コスト]]がこちらの(1)をサポートするため相互[[シナジー]]する。~
[[レベル]]5以上では唯一[[特殊召喚]][[効果]]を持たないため、[[召喚権]]の管理に気を付けるか、他の[[効果]]で[[特殊召喚]]したい。~

-[[《機巧狐−宇迦之御魂稲荷》]]([[レベル]]7・[[地>地属性]]・攻守2250)~
[[モンスター]]が[[リクルート]]された場合に(1)で[[特殊召喚]]でき、更に(2)で別の[[モンスター]]を[[リクルート]]できる。~
ただし、[[リクルート]]先は[[相手]][[モンスター]]と同[[属性]]に限られるので、なるべく6[[属性]]全てを採用しておき、状況を問わず[[発動]]できる様に構えておきたい。~
(3)の[[バーン]]は微弱ではあるが、展開を多用する[[デッキ]]に対しては意外と馬鹿にならない数値を稼げるので終盤では意味を持つ。~

-[[《機巧蛇−叢雲遠呂智》]]([[レベル]]8・[[闇>闇属性]]・攻守2450)~
[[デッキトップ]]8枚を[[裏側表示で除外]]する事で[[特殊召喚]]でき、他の[[機巧]]とは異なり[[墓地]]からも展開可能。~
また、(1)とは同一[[ターン]]には使えないものの、[[エクストラデッキ]]3枚を[[裏側表示で除外]]して使える[[モンスター除去]]も[[汎用性]]が高い。~
[[機巧]]の中でも特に[[特殊召喚]]の条件が緩く、(2)の[[汎用性]]も相まってエース[[アタッカー]]として機能する。~

-[[《機巧蹄−天迦久御雷》]]([[レベル]]9・[[炎>炎属性]]・攻守2750)~
[[エクストラモンスターゾーン]]が埋まっていれば[[特殊召喚]]でき、更にそのゾーンの[[モンスター]]を[[装備カード]]にできる。~
[[戦闘破壊]]時にはその[[装備カード]]を[[特殊召喚]]できるので、[[ペンデュラム召喚]]・[[リンク召喚]]を中心とする[[デッキ]]に対しては強力な[[メタ]]として機能する。~
また、低[[リンク]]や[[《簡易融合》]]を採用しておけば[[相手]]の構築に関わらず能動的に展開できる[[アタッカー]]にもなる。~

-[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]([[レベル]]10・[[水>水属性]]・攻守2950)~
[[エクストラデッキ]][[から特殊召喚された>○○から特殊召喚された]][[モンスター]]が複数存在すれば[[特殊召喚]]でき、更に(2)で同条件の[[モンスター]]を[[全体除去]]できる。~
[[相手]]が[[エクストラデッキ]]を重視する構築では[[メタカード]]と機能するが、[[腐ら>腐る]]せない為にもある程度はこちらから能動的に条件を作れるよう構築しておきたい。~
この点は上記の[[《機巧蹄−天迦久御雷》]]と同様の特徴なので、この両者を複数採用する構築では意識しておきたい。~


―[[機巧]]以外で[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]~
 特定の[[デッキ]]との混合構築でなくとも単体で(あるいは[[出張]]の範囲で)機能するものを中心に述べる。~
 なお、[[《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》]]や[[《機巧狐−宇迦之御魂稲荷》]]の[[効果]]の都合上、[[レベル]]や[[属性]]も記述する。~

-[[《水晶機巧−クオン》]]([[レベル]]1・[[水>水属性]]・[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]500)~
[[《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》]]単体で[[リクルート]]でき、[[手札]]の[[モンスター]]とで[[相手]][[ターン]]に[[シンクロ召喚]]できる。~
幅広い[[レベル]]の[[モンスター]]を採用する[[デッキ]]なので[[シンクロ召喚]]先の幅は広いが、展開が[[相手]][[ターン]]限定である点を踏まえて展開先を考えたい。~

-[[《ブンボーグ003》]]&[[《ブンボーグ001》]]([[レベル]]3と1・[[地>地属性]]・[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]500)~
単純に性能が高い組み合わせで[[シンクロ素材]]・[[リンク素材]]としても適し、[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を経由して[[《幻獣機アウローラドン》]]にも繋げられる。~
[[《幻獣機アウローラドン》]]の[[トークン]]生成から後者の[[自己再生]]に繋げば[[《機巧伝−神使記紀図》]]の為の[[カウンター]]も稼ぎやすい。~
後者が[[手札]]に来てしまった場合でも[[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]で展開できるのもこの[[デッキ]]の利点。~

-[[《惑星探査車》]]([[レベル]]4・[[地>地属性]]・[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]1000)~
[[《機巧伝−神使記紀図》]]を重視する構築や、複数の[[フィールド魔法]]を採用する構築では[[サーチ]][[効果]]の意味も大きい。~
[[地属性]]なので後述の[[《緊急ダイヤ》]]を採用する場合、あちらが[[腐る]]リスクを下げられるのも利点。~

-[[《古代の機械熱核竜》]]([[レベル]]9・[[地>地属性]]・[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]3000)~
単純に高い[[ステータス]]と汎用的な[[効果]]を持つので[[アタッカー]]として使いやすい。~
上記同様に[[地属性]]なので後述の[[《緊急ダイヤ》]]とも[[シナジー]]するが、その場合は[[アタッカー]]にはできないので素材として活用したい。~

―それ以外で相性の良い[[モンスター]]~
-[[《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》]]~
[[《機巧蛇−叢雲遠呂智》]]や[[《機巧伝−神使記紀図》]]等で[[除外]]枚数を稼ぎやすい[[デッキ]]なので高打点の[[アタッカー]]として機能させやすい。~

-[[《終末の騎士》]]~
エース[[アタッカー]]である[[《機巧蛇−叢雲遠呂智》]]を[[墓地へ送り>墓地へ送る]]、あちらの[[自己再生]]に繋げられる。~

***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]
-[[《簡易融合》]]・[[《簡素融合》]]で出せる[[融合モンスター]]~
[[《機巧蹄−天迦久御雷》]]や[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]の[[特殊召喚]]条件を能動的に作り出すのに貢献する。~
役目が済んだ後は各種素材として活用すれば効率的。~

-[[縛り]]の緩い低[[リンク]]~
上記同様、[[《機巧蹄−天迦久御雷》]]や[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]の[[特殊召喚]]条件を能動的に作り出すのに貢献する。~
主な候補は、[[レベル]]1なら何でも良い[[《リンクリボー》]]、[[通常召喚]]された[[モンスター]]を変換できる[[《転生炎獣アルミラージ》]]や[[《副話術士クララ&ルーシカ》]]など。~
汎用的な[[効果]]を持つ[[リンク]]2の[[トロイメア]]も採用しやすく、[[手札コスト]]に[[下級]][[機巧]]を使えば無駄が無い。~

-[[《幻獣機アウローラドン》]]~
[[機械族]][[縛り]]の[[リンク]]3だが、[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]を経由すれば簡単に出せる。~
汎用的な[[効果]]を持つだけでなく、生成する[[幻獣機トークン]]が「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」である点も[[シナジー]]する。~

-[[《バハムート・シャーク》]]~
[[レベル]]4の[[水属性]][[縛り]]がある[[ランク]]4であり、[[《機巧猪−伊服岐雹荒神》]]が素材に使える。~
他には、[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[《天威龍−シュターナ》]]、[[機械族]]サポートを共有できる[[《ブリキンギョ》]]、[[《簡易融合》]]・[[《簡素融合》]]で出せる[[《レア・フィッシュ》]]等が素材候補。~
[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]の[[特殊召喚]]条件を満たすのにも役立ち、「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」である[[《発条空母ゼンマイティ》]]を出せば[[《機巧伝−神使記紀図》]]の[[カウンター]]稼ぎにも役立つ。~

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
―[[機械族]]の[[サポートカード]]~
-[[《機巧伝−神使記紀図》]]~
毎[[ターン]][[デッキトップ]]3枚から「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」1枚を[[手札]]に加え、残りを[[裏側表示で除外]]する[[フィールド魔法]]。~
この[[デッキ]]ならば[[デッキトップ]]を操作せずとも高[[確率]]で3枚に該当[[カード]]が含まれるので、維持できれば毎[[ターン]][[アドバンテージ]]を得やすい。~
また、「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」の[[召喚]]・[[特殊召喚]]の度に自身に[[カウンター]]を置き、それが10個以上ならば[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]の異なる[[モンスター]]の[[効果の発動]]を妨害する。~
この[[効果]]を軸にして[[制圧]]を試みるのも良いが、[[守備力]]を持たない[[リンクモンスター]]には通じないので別に対策が求められる。~

-[[《緊急ダイヤ》]]~
[[機巧]]の中では(1)に[[《機巧蛙−磐盾多邇具久》]]&[[《機巧狐−宇迦之御魂稲荷》]]が、(2)に[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]が該当する。~
2体で[[リンク召喚]]を行った後に前者の[[墓地]][[効果]]で後者を[[蘇生]]すれば効率的。~
ただ、該当先が2体だけでは[[腐る]]恐れがあるので、他にも[[地属性]]・[[機械族]]を多少採用しておくのが無難だろう。~

-[[《リミッター解除》]]~
[[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]の(2)の[[効果]]を[[適用]]した[[モンスター]]の[[攻撃力]]を倍加すれば一撃で勝負を決するだけの爆発力となる。~

-[[《機械複製術》]]~
[[機巧]]の中では[[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]しか該当しないが、[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]0・100・500といった[[機械族]]は多く、そちらを採用する場合は投入が検討できる。~

―相性の良い[[カード]]~
-[[《強欲で貪欲な壺》]]~
元から汎用的な[[ドロー]][[カード]]だが、この[[デッキ]]では[[除外]][[コスト]]も[[《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》]]や[[《機巧牙−御神尊真神》]]と[[シナジー]]する。~
[[《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》]]も採用して[[【除外ビートダウン】]]風味に構築するのも面白いだろう。~

-[[《星邪の神喰》]]~
[[下級]][[機巧]]の[[除外]]を[[トリガー]]に、別の[[下級]][[機巧]]を[[墓地へ送れ>墓地へ送る]]ば効率的に[[デッキ]]を[[回転]]させられる。~

-[[《名推理》]]・[[《レベル・レジストウォール》]]~
多数の[[レベル]]を採用する[[デッキ]]なので、[[デッキ]]全体の[[レベル]]が散った方が都合が良いこれらの[[カード]]と[[シナジー]]する。~

-[[《妨げられた壊獣の眠り》]]~
[[《機巧狐−宇迦之御魂稲荷》]]と相性が良く、あちらの[[特殊召喚]][[トリガー]]になりつつ、任意の[[属性]]の[[モンスター]]を[[相手]][[フィールド]]に用意できる。~

**戦術 [#strategy]
 [[レベル]]5以上の[[機巧]]の自己[[特殊召喚]]や[[下級]][[機巧]]の展開[[効果]]を活用して[[モンスター]]を並べていく。~
 [[守備表示]]で展開した場合も[[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]の[[墓地]][[効果]]を用いれば間接的に[[戦闘]]に参加できる。~
 [[下級]][[機巧]]の[[墓地]][[効果]]を活用するためにも積極的に[[墓地を肥やし>墓地を肥やす]]ていくのも良いだろう。~
 [[《機巧伝−神使記紀図》]]の(2)(3)を活用して[[制圧]]を狙う場合は、展開力を重視した構築としたい。~
 あちらの[[効果]]は[[リンクモンスター]]には通用しないが、その場合は[[メタカード]]になり得る[[《機巧蹄−天迦久御雷》]]や[[《機巧辰−高闇御津羽オカミ》]]が重宝する。~

//**[[デッキ]]の種類 [#decktype]
//***[[]]軸 [#decktype1]


**このデッキの派生 [#variation]
 下記以外にも「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を採用する様々な[[【機械族】]]系列の[[デッキ]]と混合させやすい。~
***[[【ブンボーグ】]]混合構築 [#variation1]
 [[カテゴリ]]全体が「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」であり、上記の[[《ブンボーグ003》]]&[[《ブンボーグ001》]]以外も採用した構築。~
 [[《機械複製術》]]や[[《緊急ダイヤ》]]といった一部の[[機巧]]に利用できる[[サポートカード]]を共有できるのも[[メリット]]。~
 [[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]と[[《ブンボーグ009》]]の[[攻撃力]]集約[[効果]]を組み合わせれば1回の[[攻撃]]での勝利も十分に見えてくる。~

***[[【機皇】]]混合構築 [#variation2]
 「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」を多数抱える[[カテゴリ]]であり、[[キーカード]]の[[《機皇枢インフィニティ・コア》]]が[[《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》]]単体で[[リクルート]]できるのも利点。~
 [[《機巧菟−稻羽之淤岐素》]]の(2)の[[デメリット]]も元から[[攻撃]]制限がある[[《機皇帝ワイゼル∞》]]や[[《機皇帝スキエル∞》]]ならば問題ない。~

***[[【幻獣機】]]混合構築 [#variation3]
 生成する[[幻獣機トークン]]が「[[攻>攻撃力]][[守>守備力]]が同じ[[機械族]]」なのでサポートを共有しやすく、[[機械族]]なのも相まって各種素材としても適する。~
 特に汎用[[チューナー]]である[[《幻獣機オライオン》]]、[[召喚]]時に[[幻獣機トークン]]を生成できる[[《幻獣機テザーウルフ》]]あたりは単体でも採用しやすい。~
 [[手札]]に来ると邪魔になるが、[[《幻獣機コルトウィング》]]は[[《幻獣機アウローラドン》]]の[[リクルート]]先として適する。~

**このデッキの弱点 [#weakpoint]
 [[【機械族】]]あるいは[[種族]]統一[[デッキ]]の天敵たる[[《システム・ダウン》]]や[[《センサー万別》]]は警戒したい。~
 [[属性]]がばらけているため[[《御前試合》]]、[[下級]][[機巧]]の[[墓地コスト]]を妨害する[[《王宮の鉄壁》]]や[[《アーティファクト−ロンギヌス》]]にも注意。~
 [[レベル]]5以上の[[機巧]]の多くは自己[[特殊召喚]]できるとは言え、条件が満たされなければ[[手札事故]]となってしまうので枚数調整も気にかけたい。~

//**この[[デッキ]]の歴史 [#history]

**代表的なカード [#keycard]
-[[《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》]]

-[[《機巧蛇−叢雲遠呂智》]]

-[[《機巧伝−神使記紀図》]]

**関連リンク [#link]
-[[【機械族】]]

-[[デッキ集]]