*草案提出ページ [#top]

議論板に提出する完成したページ草案を提出する専用のページです。~
[[編集テストページ]]と違い、完成した草案のみを提出してください。~
(''旧[[編集テストページ]]の役割を引き継いだページと認識して頂ければ問題ありません。'')~

#contents

**利用規約 [#terms]
 草案ページは基本的には発議者以外は編集禁止である。~
 ただし、細かい部分の修正については発議者が編集を許可してもよい。~
 その場合は編集前の文章をコメントアウトで残すことを必須とする。~
 また、編集を行った旨をスレッドに記載すること。~
 編集を許可した場合に発生した問題は草案提出者の自己責任とする。~
// 2019/4/12追記
 草案は放置した場合、最終更新日(なければ草案作成日)から1か月で削除される。~

//以下記述用スぺース
//
//※注意!
//議論での決定事項から、どのデッキページも作成にあたり議論が必須となりました。
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1648
//http://yowiki.yugioh-portal.net/bbs/read.cgi?no=1665
//以下の規則に従って、議論用掲示板で議論した後に作成してください。
//
//・掲示板内で必ず草案を提示する。
//・議論期間は最低でも168時間(丸1週間)を設け、議論開始日時・終了日時を明記する。
//・議論期間内に『反対』もしくは『投票の必要性を感じる』という意見が理由付きで出なかった場合、満場一致と見なし投票を行わずに作成できる。
//・議論期間内に上記の意見が理由付きで出た場合、72時間(丸3日)以上の投票期間を設ける。
//
//また、ページ作成の前に以下の点を確認してください。
//一つでも当てはまらない場合、削除議論が行われる可能性があります。
//
//・コンセプトが明確であるか。
//・似たようなデッキがないか。
//・デッキ名に特定のカード名を付ける場合、そのカードがメインと言えるのか。
// そのカードページ内に収まらずデッキページを作るほどの内容があるのか。
//
//最後に、ページ作成後は責任を持ってデッキ集にリンクを貼りましょう。

----


*【アダマシア】 [#Adamas]

//#contents

**[[デッキ]]の概要 [#abstract]
 [[デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ]]で登場した[[アダマシア]]を中心とした[[【シンクロ召喚】]]。~
 [[【岩石族】]]の要素が強いが、[[岩石族]]では数少ない[[炎属性]]・[[風属性]]・[[水属性]]を参照するという特徴がある。~

 《魔救の探索者/Adamancipator Researcher》
 チューナー・効果モンスター
 星2/地属性/岩石族/攻 100/守2100
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。
 このカードを手札から特殊召喚する。
 (2):自分メインフェイズに発動できる。
 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 《魔救の奇跡−ドラガイト/Adamancipator Risen - Dragite》
 シンクロ・効果モンスター
 星8/水属性/岩石族/攻3000/守2200
 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分メインフェイズに発動できる。
 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで
 持ち主の手札に戻す事ができる。
 めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
 (2):自分の墓地に水属性モンスターが存在し、
 相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
 その発動を無効にし破壊する。

 《アダマシア・ラピュタイト/Adamancipator Laputite》
 フィールド魔法
 (1):自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
 (2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、
 好きな順番でデッキの一番上に置く。

**[[デッキ]]構築に際して [#introduction]
 [[アダマシア]]は[[岩石族]]で統一されているのに加え、[[岩石族]]に関する[[効果]]が多いため、[[【岩石族】]]の要素を取り入れられる。~
 また、[[シンクロモンスター]]は[[墓地]]の[[属性]]を参照するが、[[カテゴリ]]以外の[[岩石族]]では条件を満たしにくいため、特化したい[[シンクロモンスター]]に合わせた混成構築も考えられる。~

***[[メインデッキ]]の[[モンスター]]について [#monster]
―[[アダマシア]]~
-[[チューナー]]~
[[地属性]]・[[岩石族]]で統一されており、それぞれ異なる状況での[[特殊召喚]]できる固有[[効果]]と、[[デッキトップ]]をめくってその中の[[岩石族]]を[[特殊召喚]]する共通[[効果]]を持つ。~
--[[《魔救の探索者》]]~
[[同名カード]]以外の[[岩石族]][[モンスター]]が[[自分]][[フィールド]]に存在する場合に[[特殊召喚]]できる。~
混成構築であっても条件を満たしやすいため、優先的に採用したい。

--[[《魔救の追求者》]]~
[[同名カード]]以外の[[アダマシア]][[モンスター]]が[[自分]][[フィールド]]に存在する場合に[[特殊召喚]]できる。~
[[《魔救の探索者》]]より[[特殊召喚]]の条件が厳しいため、採用の優先度は少し下がる。~

--[[《魔救の分析者》]]~
[[相手]][[フィールド]]にのみ[[モンスター]]が存在する場合に[[特殊召喚]]できる。~
[[アダマシア]][[チューナー]]の中で唯一の[[レベル]]4であり、高[[レベル]]の[[シンクロモンスター]]に繋ぎやすい。~
また、[[ランク]]4の[[エクシーズモンスター]]へと繋げることもできる。~

-非[[チューナー]]~
[[アダマシア]][[カード]]によって[[特殊召喚]]された時の固有[[効果]]と、対応する[[属性]]の[[シンクロモンスター]]を[[エクストラデッキ]]に戻して自身を[[デッキトップ]]に[[置く]][[効果]]を持つ。~
[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]の[[発動条件]]を満たす役割もあるため、多めに採用したい。~

--[[《魔救の奇石−レオナイト》]]~
[[炎属性]]の[[アダマシア]]で、固有[[効果]]で[[手札]]・[[墓地]]の[[アダマシア]][[カード]]1枚を[[デッキの一番上]]に[[戻す]]ことができる。~
[[アダマシア]][[チューナー]]や[[《魔救の奇跡−ラプタイト》]]での[[特殊召喚]]へと繋げるのが基本となるだろう。~
[[アダマシア]][[魔法・罠カード]]にも対応するのが[[《魔救の奇石−ラプタイト》]]との差別点となる。~

--[[《魔救の奇石−ラプタイト》]]~
[[風属性]]の[[アダマシア]]で、固有[[効果]]で[[手札]]・[[墓地]]の[[岩石族]][[モンスター]]1体を[[デッキの一番上]]に[[戻す]]ことができる。~
[[モンスター]]に関しては、基本的には[[《魔救の奇石−レオナイト》]]と同じ運用となる。~
こちらは[[岩石族]]全般に対応し、[[ターン]]を跨ぐが疑似的な[[サルベージ]]と見ることもできる。~

--[[《魔救の奇石−ドラガイト》]]~
[[水属性]]の[[アダマシア]]で、固有[[効果]]は1枚[[ドロー]]。~
[[《魔救の息吹》]]による[[蘇生]]を[[トリガー]]とした場合、疑似的に[[サーチ]]として扱うことができる。~

―相性の良い[[モンスター]]~
 [[アダマシア]]はいずれも[[岩石族]]に関する[[効果]]を持つため、[[岩石族]]を中心に採用したい。~
-[[《怒気土器》]]~
[[岩石族]][[モンスター]]を捨てて、その[[岩石族]][[モンスター]]と同じ[[属性]]・[[レベル]]の[[岩石族]]を[[リクルート]]する[[効果]]を持つ。~
[[炎属性]]・[[風属性]]・[[水属性]]は種類が非常に少ないが、捨てた[[モンスター]]と[[同名カード]]でもいいため、単純に[[デッキ圧縮]]として活用できる。~

-[[《ゴゴゴゴラム》]]~
高い[[攻撃力]]を持つが、[[フィールド]]に出たときに[[表示形式]]が変更される[[効果]]を持つ。~
[[デメリット]]になりやすい[[効果]]ではあるが、この[[デッキ]]は[[守備表示]]で[[特殊召喚]]する[[カード]]が多いため、[[アタッカー]]として運用しやすい。~

-[[岩石族]][[コアキメイル]]~
各種[[カウンター]][[効果]]を持つ[[モンスター]]。~
この[[デッキ]]では[[維持コスト]]の確保や[[リクルート]]による展開が容易であり、さらに[[蘇生]]による使いまわしも可能。~
[[《コアキメイル・サプライヤー》]]はこの[[デッキ]]では[[特殊召喚]]が容易であり、(2)の[[効果]]も狙いやすいため相性が良い。~

-[[《泣き神の石像》]]~
自己[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[岩石族]]。~
[[コスト]]に[[チューナー]]を要する、自身が[[岩石族]]である点がこの[[デッキ]]と相性がいい。~

-[[《ブロックドラゴン》]]~
[[戦闘]]以外に対する[[破壊]][[耐性]]と、[[フィールド]]から[[墓地へ送られた]]場合に[[岩石族]]を[[サーチ]]できる[[効果]]を持つ。~
自身の[[特殊召喚]]に[[地属性]][[モンスター]]3体を要求しているが、[[アダマシア]]は[[属性]]がややばらけているため、この[[カード]]を採用する場合は他の[[地属性]][[モンスター]]を多めに採用するように意識したい。~

-[[《地球巨人 ガイア・プレート》]]~
[[戦闘]]時に、[[相手]][[モンスター]]の[[攻撃力]]を半分にする[[効果]]を持つ。~
[[効果の発動]]を伴わないため、[[《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》]]や[[《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》]]にも対応できるのが強み。~
[[《ブロックドラゴン》]]と比べて[[特殊召喚]]に必要なのが[[岩石族]]であるため扱いやすく、[[特殊召喚モンスター]]でもないため[[《魔救の奇跡−ラプタイト》]]での[[特殊召喚]]も可能。~

-[[《マドルチェ・プティンセスール》]]~
[[フィールド]]の状況に左右されず[[特殊召喚]]できる[[モンスター]]。~
1[[ターン]]目から[[ランク]]4や[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]へと繋げやすくなる。~
[[地属性]]なので[[墓地へ送られた]]後は[[《ブロックドラゴン》]]の[[コスト]]へと使用できる。~

-[[チューナー]][[モンスター]]~
[[アダマシア]][[チューナー]]だけでは足りない場合に採用することになるが、[[岩石族]]以外になってしまうため多く採用すると[[事故]]要因になるので注意。~
採用する場合、[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]が参照する[[属性]]をメインに採用したい。~

--[[《灰流うらら》]]~
[[汎用性]]の高い[[手札誘発]][[モンスター]]。~
[[炎属性]]は【アダマシア】で扱いやすい[[モンスター]]が少ないため、[[手札誘発]]の中でも優先度が高い。~
[[効果]]の関係上[[墓地へ送り>墓地へ送る]]やすいのも魅力。~

--[[《レッド・リゾネーター》]]~
[[召喚に成功した]]時に、[[手札]]から[[レベル]]4以下の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]できる[[炎属性]][[チューナー]]。~
この時[[レベル]]4・[[岩石族]]の[[モンスター]]を[[特殊召喚]]した場合、返しの[[ターン]]で[[《魔救の奇跡−レオナイト》]]での[[蘇生]]に繋げることができる。~

--[[《ホップ・イヤー飛行隊》]]~
[[相手]][[ターン]]に自身を[[手札]]から[[特殊召喚]]してそのまま[[シンクロ召喚]]する[[効果]]を持つ[[風属性]][[チューナー]]。~
[[レベル]]4の[[モンスター]]と合わせて[[《魔救の奇跡−ラプタイト》]]を[[シンクロ召喚]]すれば意表を突くことができる。~

--[[《ゾンビキャリア》]]~
[[デッキトップ]]に[[岩石族]]を[[置く]]ことで、[[シンクロモンスター]]のめくって行う[[効果]]を確実に成功させることができる。~
[[レベル]]2であるため[[《魔救の奇跡−レオナイト》]]や[[《魔救の奇跡−ラプタイト》]]に繋ぎやすい。~
[[闇属性]]であるため[[シンクロモンスター]]による[[属性]]の参照はできない。~

***[[エクストラデッキ]]の[[モンスター]]について [#extradeck]
―[[アダマシア]][[モンスター]]~
-[[シンクロモンスター]]~
[[デッキトップ]]をめくって行う固有[[効果]]と、[[墓地]]の[[モンスター]]の[[属性]]を参照する固有[[効果]]を持つ。~
参照する[[属性]]はそれぞれ異なるため、対応する[[属性]]を[[墓地]]に用意する手段を用意しておきたい。~
--[[レベル]]6~
---[[《魔救の奇跡−レオナイト》]]~
めくって行うのは、その中から[[アダマシア]][[カード]]1枚を[[手札]]に[[加える]][[効果]]。~
[[魔法・罠カード]]にも対応し、[[《魔救の奇石−レオナイト》]]と合わせれば疑似的な[[サルベージ]]となる。~
[[墓地]]を参照して行うのは、[[相手]][[ターン]]に[[炎属性]]がいる場合、[[自分]]の[[墓地]]の[[岩石族]]1体を[[蘇生]]する[[効果]]。~
[[表示形式]]を問わないが[[相手]][[ターン]]限定であるため、[[ステータス]]と[[効果]]のどちらを重要視するかは考えたい。~

---[[《魔救の奇跡−ラプタイト》]]~
めくって行うのは、その中から[[岩石族]]1体を[[特殊召喚]]する[[効果]]。~
[[下級]][[アダマシア]]とは異なりこちらは[[レベル]]に制限がないが、[[守備表示]]での[[特殊召喚]]となる。~
//[[《地球巨人 ガイア・プレート》]]のような[[アタッカー]]を採用している場合でも[[特殊召喚]]することができる。~
[[墓地]]を参照して行うのは、[[相手]][[ターン]]に[[風属性]]がいる場合、[[相手]]の[[墓地]]の[[カード]]1枚を[[除外]]する[[効果]]。~
[[公開情報]]であるため奇襲性は低いが、確実に[[相手]]の[[墓地アドバンテージ]]を削ることが可能。~

--[[レベル]]8~
---[[《魔救の奇跡−ドラガイト》]]~
めくって行うのは、その中の[[岩石族]]の数まで[[相手]][[フィールドのカード]]を[[バウンス]]する[[効果]]。~
[[対象]]を取らず、[[カードの種類]]も問わないため非常に強力な[[除去]]であるが、確定で行えないという欠点がある。~
[[デッキトップ]]を操作できる[[カード]]は多いため、それらと組み合わせて確実に[[除去]]できるようにしたい。~
[[墓地]]を参照して行うのは、[[水属性]]がいる場合に使える、[[魔法・罠カード]]に対する[[カウンター]][[効果]]。~
他の[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]とは異なり、[[自分]]の[[ターン]]でも使うことができる。~

―[[アダマシア]]以外の[[モンスター]]~
 [[メインデッキ]]では[[事故]]回避のためやや採用しづらい、[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]が参照する[[炎属性]]・[[風属性]]・[[水属性]]が採用しやすい。~
-[[融合モンスター]]~
--[[《沼地のドロゴン》]]・[[《レア・フィッシュ》]]・[[《マブラス》]]~
[[《簡易融合》]]で[[特殊召喚]]可能な[[レベル]][[融合モンスター]]であり、単純に[[墓地]]に必要な[[属性]]を確保するために用いる。~

-[[シンクロモンスター]]~
対応する[[属性]]の[[シンクロモンスター]]は[[下級]][[アダマシア]]で[[戻す]]ことができるため、採用枚数は少なくてよい。~
また、必要な[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]が[[属性]]が[[墓地]]に存在しない状況も想定されるため、汎用的な[[効果]]を持つものを優先したい。~

--[[《スターダスト・チャージ・ウォリアー》]]~
[[シンクロ召喚に成功した]]時に[[ドロー]]する[[効果]]を持つ。~
[[デッキトップ]]を操作する[[カード]]が多いため、疑似的な[[サーチ]]として活用できる。~

--[[《氷結界の龍 ブリューナク》]]~
[[フィールドのカード]]を[[バウンス]]できる[[効果]]を持つ。~
必要な[[手札コスト]]も、[[除去]]のついでに必要な[[属性]]を能動的に[[墓地へ送る]]手段として捉えることができる。~
同じ[[水属性]]の[[レベル]]6で、[[バウンス]]と[[破壊]]の違いこそあるものの[[除去]][[効果]]を持つ[[シンクロモンスター]]に[[《瑚之龍》]]がいるが、あちらは[[チューナー]]であるため[[《魔救の奇跡−ドラガイト》]]の[[シンクロ素材]]にしにくいのが欠点。~

--[[《氷結界の虎王ドゥローレン》]]~
[[《デーモンの宣告》]]を[[バウンス]]することで再利用できる。~
[[《アダマシア・ラピュタイト》]]も[[バウンス]]できれば[[攻撃力]]3000になり[[アタッカー]]にもなる。~

--[[《獣神ヴァルカン》]]~
[[《氷結界の龍 ブリューナク》]]と比べると[[除去]]の範囲が狭いためやや扱いづらいが、[[手札コスト]]無しで[[バウンス]]できるため状況によって使い分けられる。~
自身を戻して[[自分]]の[[モンスター]]がいない状態にすることで、[[《魔救の分析者》]]の[[特殊召喚]]の条件を満たすことも考えられる。~

--[[《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》]]~
[[シンクロ素材]]として[[チューナー]]+[[シンクロモンスター]]が指定されているが、[[アダマシア]]だけでもこの条件を満たすことができる。~
[[《魔救の奇跡−ドラガイト》]]と比べ、高い[[戦闘]]能力・[[制圧]]力を持つが、[[カウンター]]できる[[カード]]も異なり[[除去]]能力の差もあるため、状況によって使い分けるといいだろう。~

-[[エクシーズモンスター]]~
[[アダマシア]]は[[レベル]]4以下の[[岩石族]]に関する[[効果]]が多いため、基本的に[[ランク]]4が中心となる。~
--[[《御影志士》]]~
[[岩石族]]を[[サーチ]]する[[効果]]を持つ。~
自身も[[岩石族]]であるため、[[《魔救の探索者》]]を[[サーチ]]すればそのまま[[特殊召喚]]に繋げることができる。~

-[[リンクモンスター]]~
--[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]~
[[リンク召喚]]しやすい上、[[チューナー]]を[[リクルート]]することで[[風属性]]や[[炎属性]]を用意しながら展開できる。~

--[[閃刀姫]][[モンスター]]~
連続[[リンク召喚]]により、各[[属性]]を[[墓地]]に揃えることができる。~

--[[《ユニオン・キャリアー》]]~
[[装備カード]]状態から[[墓地へ送られ>墓地へ送る]]ても[[サーチ]][[効果]]が使える[[《ブロックドラゴン》]]を[[装備]]する目的で運用する。~
[[アダマシア]]は[[岩石族]]で統一されているため、この[[カード]]の[[リンク召喚]]も行いやすく、[[装備]][[対象]]にもできるため扱いやすい。~

--[[《転生炎獣アルミラージ》]]~
[[《魔救の探索者》]]・[[《怒気土器》]]から[[リンク召喚]]可能。~
[[アドバンテージ]]を失わずに出せるものの、展開に活かせず[[アドバンテージ]]を得る[[効果]]も持たないのですぐに[[リンク素材]]に使用したい。~

--[[《幻獣機アウローラドン》]]~
[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]から[[《ジェット・シンクロン》]]を[[特殊召喚]]することで[[水属性]]、[[炎属性]]を[[墓地]]へ送りつつ[[リンク召喚]]可能。~
自身の[[効果]]で[[リリース]]できるので[[墓地]]へ送りやすい。~

***[[魔法・罠カード]]について [#spell_trap]
―[[アダマシア]][[カード]]~
-[[《魔救の息吹》]]~
[[岩石族]]専用ではあるが[[完全蘇生]]が可能で、[[アダマシア]]を[[蘇生]]すれば[[デッキトップ]]の操作も可能。~
[[アダマシア]]は[[チューナー]]であれば共通の[[特殊召喚]][[効果]]に繋げることができ、非[[チューナー]]であっても固有[[効果]]の[[トリガー]]にすることができる。~
[[アダマシア]]以外にも対応するが、[[守備表示]]での[[蘇生]]であるため有用な[[効果]]を持つ[[モンスター]]を[[蘇生]]したい。~

-[[《魔救の奇縁》]]~
[[デッキトップ]]をめくり、その中の[[岩石族]]を[[サーチ]]できる[[カード]]。~
最低でも5枚めくることができるため安定性が高く、[[デッキトップ]]と合わせれば確実な[[サーチ]]ができる。~
[[発動]]後に[[特殊召喚]]制限がかかるため、混成構築の場合は[[発動]]するタイミングに注意。~

-[[《アダマシア・ラピュタイト》]]~
[[岩石族]]の[[ステータス]][[強化]]と[[デッキトップ]]操作の[[効果]]を持つ。~
[[デッキトップ]]操作は主に[[アダマシア]][[チューナー]]や[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]と組み合わせるのが前提となる。~
[[アダマシア]][[魔法・罠カード]]を[[置く]]こともでき、[[《魔救の奇石−ドラガイト》]]等の[[ドロー]][[効果]]と合わせれば疑似的な[[サーチ]]として使える。~
総じて、安定した展開のために非常に重要な[[カード]]であるが、[[《魔救の奇跡−レオナイト》]]以外の[[サーチ]]に乏しく、多く採用しすぎてもめくって行う[[効果]]で事故を起こしやすくなる。~

-[[《魔救の救砕》]]~
任意の数の[[アダマシア]]を[[リリース]]して、その枚数+1枚の[[フィールドのカード]]を[[破壊]]することができる。~
複数体[[リリース]]しても比率的には[[1:1交換]]となるが、[[無効]]にされると[[ボード・アドバンテージ]]を大きく失う点は注意。~

-[[《魔救共振撃》]]~
[[モンスター効果]]に対する[[カウンター]][[効果]]を持つ。~
[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]が存在していることを条件としているため、状況によっては[[腐る]]可能性がある。~
[[アダマシア]]に属するため、[[《魔救の奇石−レオナイト》]]で[[デッキトップ]]に戻して使いまわせるのが利点。~

―相性の良い[[カード]]~
-[[《おろかな埋葬》]]~
任意の[[モンスター]]を[[墓地へ送る]]ことができるため、必要な[[属性]]を揃えやすい。~
[[《リバイバルゴーレム》]]と合わせて採用すれば、送って[[蘇生]]して[[シンクロ素材]]として活用することができる。~
わずかではあるが、[[岩石族]]以外の[[モンスター]]を送ることで[[デッキ]]内の[[岩石族]]の比率を高めることができる。~

-[[《奇跡の穿孔》]]・[[《岩投げアタック》]]~
[[岩石族]]の[[墓地肥やし>墓地を肥やす]][[カード]]。~
前者は速攻性があるが[[下級モンスター]]のみ、後者は[[罠カード]]だが[[墓地へ送る]]のは[[コスト]]であるため確実性に優れる。~
また、後者は[[カードの発動]]に[[チェーン]]して[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]の[[効果]]を使うことができる。~

-[[《デーモンの宣告》]]・[[《成金ゴブリン》]]~
どちらも[[デッキトップ]]を[[手札]]に[[加える]]ことができる[[カード]]で、[[デッキトップ]]を操作できるこの[[デッキ]]と相性がいい。~
前者は[[ライフコスト]]があり、[[デッキトップ]]を操作する必要こそあるものの、繰り返し使用できる。~
後者は必ずしも[[デッキトップ]]を操作する必要はないため、安定した運用ができる。~

-[[《天変地異》]]~
1枚だけではあるが[[デッキトップ]]を確認できるようになるため、めくって行う[[効果]]が使いやすくなる。~
上記の[[《デーモンの宣告》]]と合わせて[[【天変地異コントロール】]]の要素を組み込むのもいいだろう。~

**戦術 [#strategy]
 [[アダマシア]][[チューナー]]を起点に[[デッキトップ]]をめくって[[岩石族]]を展開し、[[リンクモンスター]]や[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]などを並べていく。~
 ポイントとなるのは展開過程で[[アダマシア]][[シンクロモンスター]]と同じ[[属性]]の[[モンスター]]を[[墓地]]に用意することである。~
 [[アダマシア]][[シンクロモンスター]]が参照する[[属性]]を[[墓地]]に用意することで、展開力・妨害力を強められ、場を[[制圧]]していける。~

 [[墓地]]に置くのが難しいと判断した場合は[[《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》]]や[[《ヴァレルロード・S・ドラゴン》]]等を出して[[相手]][[ターン]]をしのぐといった手も打てるようにしたい。~

//**[[デッキ]]の種類 [#decktype]

**[[デッキ]]の派生 [#variation]
***【アダマシアドラグーン】 [#variation1]
 【アダマシア】が[[レベル]]6の[[シンクロ召喚]]を行い易いことに着目し、[[《ドロドロゴン》]]からの[[《超魔導竜騎士−ドラグーン・オブ・レッドアイズ》]]を出すギミックを混合した[[デッキ]]。~

***【魔救磁石】 [#variation2]
 [[アダマシア]]と同じ[[岩石族]][[デッキ]]である[[【磁石の戦士】]]との混合[[デッキ]]。~

***【魔救ゴゴゴ】 [#variation3]
 [[岩石族]]の多い[[【ゴゴゴ】]]との混合[[デッキ]]。~
 [[シンクロ召喚]]と[[エクシーズ召喚]]の両方の戦法を使い分けられる。~

**この[[デッキ]]の弱点 [#weakpoint]
 [[墓地]]に対応する[[属性]]を用意することで真価を発揮する[[デッキ]]であるため、[[墓地]]への妨害に弱い。~
 また、[[シンクロモンスター]]を主体とするため[[下級モンスター]]の[[ステータス]]が低く、[[ウイルス]]系統にも弱い。~

 [[フィールド]]の[[岩石族]]を参照に展開を行うので、起点となる[[モンスター]]を[[除去]]されると動けなくなる弱みを抱えている。~
 [[【種族操作】]]や[[【バスター・ブレイダー】]]にも展開を阻害されやすい。~

**代表的なカード [#keycard]
-[[《魔救の探索者》]]

-[[《魔救の奇跡−ドラガイト》]]

-[[《アダマシア・ラピュタイト》]]

**関連リンク [#link]
-[[アダマシア]]

-[[【岩石族】]]
-[[【シンクロ召喚】]]

-[[デッキ集]]