*必須カード [#top]
 その[[デッキ]]を組む上で、なくてはならないほど重要な[[カード]]のこと。~
 または、極端に相性の悪い[[デッキ]]以外なら、ほぼ確実に投入される[[汎用性]]の高い[[カード]]のこと。~

//狭義では[[ビートダウン]][[デッキ]]における定番[[カード]]を指す。~

-前者の意味は[[キーカード]]と同義で、特定のコンセプトの[[デッキ]]を組む際にその基幹となる[[カード]]のことである。~
それぞれの[[デッキ]]の必須カードについては[[デッキ集]]の各[[デッキ]]ページを参照のこと。~

--[[【魔轟神】]]等の一部の[[デッキ]]においては、非常に貴重な[[カード]]が必須カードとなるケースがある。~
//【インフェルニティ】はデーモンが入手しやすくなったので削除。~
このために[[カード]]が揃わず、構築を諦めざるを得ないこともしばしばある。~
その場合は、[[プロキシ]][[カード]]を使ってテストプレイしてみるのも一つの手。

-後者の意味は[[パワーカード]]の下位概念で、「[[デッキ]]に入れてまず損はない[[カード]]」とも言い換えられる。~
[[【スタンダード】]]にも採用される、[[コンボ]]・[[シナジー]]に関係なく単体で使える[[カード]]のことである。~
むしろ、それらの[[カード]]を入れていなければ悪状況が打破できない可能性もあるため、よほど相性が悪いコンセプトの[[デッキ]]でもなければまず入れるべきとされる。~
[[コスト]]や[[発動条件]]の概念が他のカードゲームに比べて乏しいこのゲームでは特にこの傾向が顕著である。~

--必須カードの存在はデッキ構築の幅を狭めているという指摘もあるが、逆に[[コスト]]や[[発動条件]]が緩いからこそ、他のカードゲームよりも[[コンボ]]・[[シナジー]]の幅が広く、[[デッキ]]構築の自由度を高く保てていることもまた事実である。~
そのため、必須カードの存在だけで、一概にゲームバランスを語ることはできない。~

--[[抑制>制限強化]]のために度々[[禁止カード]]指定が出されたが、[[デザイナーズデッキ]]のインフレも相まって今なお現役の[[カード]]も多い。~
例としては、万能[[メタ]]の[[《灰流うらら》]]・[[《増殖するG》]]、万能[[蘇生]]の[[《死者蘇生》]]、[[魔法・罠カード]]を一方的に[[除去]]できる[[《ハーピィの羽根帚》]]等が挙がる。~
またこうした[[カード]]を[[デッキ]]に投入しない例として、[[除外]][[デッキ]]では[[蘇生]][[カード]]を採用しない、ということもある。~

--これらの[[カード]]を欠いた状態では[[デッキ]]構築自体がままならないため、初心者はこれらの[[カード]]を入手する事が最初の目標となる。~
これらを多く収録している各種[[ストラクチャーデッキ]]等を購入するのが、決闘者の第一歩となるだろう。~
//[[GOLD SERIES]]は現時点で全て絶版のためCO
中には[[《ハーピィの羽根帚》]]等[[汎用性]]と[[レアリティ]]が高いが故に高価な[[カード]]も存在するが、これらの[[カード]]を入手してこそ初心者を脱することができる。~

--第9期以降、優秀な結果を残す[[デッキ]]の中には、必須カードとされるような[[パワーカード]]を投入していない[[環境]][[デッキ]]が大会やイベント等で多く入賞している。~
[[《サンダー・ボルト》]]や[[《死者蘇生》]]、[[《ハーピィの羽根帚》]]といった[[カード]]がその代表格である。~
上述の通り必須カードは単体で機能するものであるが、それは逆に言えば[[サーチ]]しにくいという弱点にもなる。~
また[[デュエル]]が特に高速化し、安定して初手から強力な布陣を敷けない[[デッキ]]が大会で勝ち残ることは難しくなった。~
そう言った理由から、素引きを待つしかない[[パワーカード]]よりも[[カテゴリ]]内[[サーチ]]が効く[[カード]]が好まれていると思われる。~
一方で、必須カードが[[主流デッキ]]にも[[刺さる]]ような場合には、[[環境]]の内外で必須カードとして扱われることになる。~

--[[エクストラデッキ]]の[[カード]]は引き当てるのを待つ必要がないため、[[汎用性]]の高い[[カード]]がそのまま必須カードとなりやすい。~
極端な[[環境]]では、複数の[[デッキ]]で1つの[[エクストラデッキ]]を使い回す事も珍しくない。~
第6期で[[シンクロ召喚]]のギミックが登場した直後の[[《ゴヨウ・ガーディアン》]]・[[《氷結界の龍 ブリューナク》]]や、第8期から第9期前半にかけての[[ランク]]4[[エクシーズモンスター]]、[[第10期>新マスタールール]]で登場した[[《リンクリボー》]]・[[《水晶機巧−ハリファイバー》]]・[[《サモン・ソーサレス》]]などは非常に高い[[汎用性]]を持ち、事実上の必須カードと言えた。~

-原作・アニメにおいて―~
キャラクター毎に扱う[[デッキ]]が大きく異なり、使用[[カード]]もそのキャラクターのイメージに合わせる必要があるためか、後者の意味で言う必須カードは殆ど見られない。~
ただし例外も存在しており、中でも[[《死者蘇生》]]は多くの作品・キャラクターが扱う必須カードとして登場している。~
原作で幾度か行われた「遊戯vs海馬」戦では、対戦[[相手]]の[[デッキ]]に[[《死者蘇生》]]があることを前提とした戦略や思考が見られるほどである。~
それ以外では、[[《強欲な壺》]]・[[通常魔法]]《エクシーズ・トレジャー》等の強力な[[ドロー]][[カード]]や、[[《天使の施し》]]・《&ruby(スピードスペル){Sp};−エンジェル・バトン》の様な[[汎用性]]の高い[[手札交換]][[カード]]も多くの[[デュエル]]で登場している。~
それ以外では、[[《強欲な壺》]]・《エクシーズ・トレジャー》等の強力な[[ドロー]][[カード]]や、[[《天使の施し》]]・《&ruby(スピードスペル){Sp};−エンジェル・バトン》の様な[[汎用性]]の高い[[手札交換]][[カード]]も多くの[[デュエル]]で登場している。~

--アニメARC-Vでは、LDSに必須カード論という講座が存在する。~
また21話において、遊矢が読んでいた雑誌「Dステップ」の[[付録カード>書籍付属カード]]の[[《黄泉ガエル》]]の触れ込みには「[[アドバンス召喚]]超必須カード!!」と書かれている。~
現在の[[OCG]]では必須とはいえないが、スタンダード次元の[[環境]]はこちらの世界でいう[[第2〜3期>デッキ・カードプールの変遷#lab6bbf3]]辺りであり、そのような[[環境]]ならば「超必須カード」という触れ込みも誇張ではない。~

-コナミのゲーム作品において―~
[[環境]]やルール自体が異なるため、ゲーム特有の「必須カード」が発生する場合もある。~

**関連リンク [#link]
-[[パワーカード]]
-[[汎用性]]

-[[スタンダード]]
-[[グッドスタッフ]]
-[[【スタンダード】]]

-[[用語集]]