これらのキーワードがハイライトされています:悪魔の嘆き

悪魔(あくま)(なげ)き/Fiend Griefing》

通常罠
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手のデッキに戻す。
その後、自分のデッキから悪魔族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した通常罠
 相手墓地からモンスターデッキに戻し、自分デッキから悪魔族モンスター墓地へ送る効果を持つ。

 相手墓地利用を阻むと同時に、自分墓地肥やしを可能とする。
 悪魔族には墓地にいた方が都合がいいモンスターが多いため、即効性こそないものの、様々なコンボに活用できる。
 効果処理時墓地へ送るため、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》《トリック・デーモン》も(チェーン1で発動した場合に限り)タイミングを逃すことなくモンスター効果発動できる。
 悪魔族キーカード墓地に落とす事が大前提の【ファンカスノーレ】での採用も良いだろう。
 儀式魔人《暗黒界の龍神 グラファ》墓地へ送ることで効果使用の準備をしたり、《絶望神アンチホープ》《破壊神 ヴァサーゴ》墓地に置き《ダーク・コーリング》などの墓地融合に繋ぐなど、様々な活用法がある。

 コンボに利用できる一方、相手墓地モンスターを置かないデッキの場合は発動自体ができない。
 【クリフォート】などが相手になると能動的に使用できず、腐る可能性はある。

 また、類似カードとして《煉獄の災天》が存在しており、即効性や相手墓地の状態に左右されない安定性で上回っている。
 こちらを優先する場合、相手ターン発動できる事や墓地アドバンテージを奪える事をどれだけ重視するかが焦点になる。
 自分墓地アドバンテージを重視するならば、併用も検討したい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象に選択したモンスターメインデッキではなくエクストラデッキに戻った場合でも、「その後」の効果適用できますか?
A:はい、適用できます。(15/02/14)


Tag: 悪魔の嘆き 通常罠

広告