《セブンスロード・マジシャン》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守1500
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×300アップする。

 スターターデッキ 遊我 -切り開け! セブンスロード!!-で登場した闇属性魔法使い族最上級効果モンスター
 デッキトップ墓地へ送り、自身の攻撃力強化する効果を持つ。

 自分ターンのみではあるが、大幅な攻撃力強化が可能であり大ダメージを見込める。
 墓地に4属性以上あれば《青眼の白龍》をも上回り、6属性が揃っていれば攻撃力は3900に達し、マキシマムモードの撃破も視野に入る。
 性質上6つの属性モンスターをバランスよく搭載したデッキで切り札として使いたいところ。

 種族にも恵まれており、《ロード・マジック-エクスプロージョン》などのレベル7以上の魔法使い族条件に指定したカードを使用できる。
 《セブンスロード・ウィッチ》を使えば、リリースなしで特殊召喚もでき、あちらの強化もできる。

 欠点は元々の攻撃力の低さ。
 最上級モンスターでありながら上級モンスターである《火口の番竜》相打ちを取られてしまう数値しかなく、効果が使えない相手ターンにはあっけなく倒されてしまいやすい。
 《ダーク・リベレイション》《火の粉のカーテン》で補助できる状況で召喚したい。
 不利な局面の逆転に強く、しかし逆転され返されやすいカードである。

  • 元々は遊我がゴーハ社主催のデュエル大会を観戦していた際に乱入してきた男・オーティスが所持していたモンスターであり、オーティスが退場処分となった際に遊我に渡された経緯がある。
    後述の召喚口上も本来はオーティスのものである。
  • 「遊我vsロア」戦ではロアの策略によりゴーハ社のデータベースでの検索にヒットせず、一時不正カードの疑惑がかけられていた。
  • ロアと月太はこの情報を意図的に流すことで、多数のギャラリーにゴーハ社に問い合わせるように仕向けた。
    結果、「一定以上の異議があるカードは詳細が判明するまで使用不可となる」「デュエル開始後にデッキ内のカードがその状況に陥った場合、ドローされた瞬間に持ち主は敗北する」というルールを適用させた。
    このデュエルでロアは相手にドローさせるカードを複数使用しており、完全にこのルールを利用したデッキを組んでいた。
    だが、ドローによる反則負け寸前のタイミングでオーティスがデュエル会場に現れ、彼の口から上記事実が明らかとなり、不正カードの疑惑は晴れて反則処分は取り下げとなった。
  • 召喚特殊召喚時の口上は「ゆく手を阻む壁も山も惑星も!ロードを切り開いて突き進む!いくぞ!《セブンスロード・マジシャン》!」。
  • 同作で登場した通常魔法《七・魔・導・連・弾》・《ロード・マジック-レイズオルター》のイラストに描かれている。
    なお、《七・魔・導・連・弾》は条件効果にこのカードを直接指定している。

関連カード

サポートカード

―《セブンスロード・マジシャン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分墓地モンスターがいない場合、《セブンスロード・マジシャン》の効果発動することができますか?
A:《セブンスロード・マジシャン》の効果発動することはできません。(20/04/04)

外部リンク



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-15 (土) 19:52:13 (22h)