《デーモンの召喚(しょうかん)

通常モンスター(LEGEND)
星6/闇属性/悪魔族/攻2500/守1200
闇の力を使い、人の心を惑わすデーモン。
悪魔族ではかなり強力な力を誇る。

 デッキ改造パック 幻撃のミラージュインパクト!!で登場した闇属性悪魔族上級通常モンスターレジェンドカード

 上級モンスターだが、攻撃力最上級モンスターと同じ水準であり、ほとんどのモンスターを一方的に戦闘破壊できる。
 リリース1体でこの攻撃力は破格であり、最上級アタッカーと比較すると手札事故腐る可能性も減るため非常に扱いやすい。
 下級アタッカーの最大攻撃力1500に《カウンター・シールド》を使われると相打ちに持ち込まれる数値だが、下記の強化があればそれも回避できる。

 弱点としては、高い攻撃力の割りに守備力が1200と低く、これは下級モンスターの最大攻撃力の1500を下回る為、表示形式変更効果を受けると容易に突破されてしまう。
 場持ちが悪くなるデメリットであるが、それでも最低限《カウンター・シールド》コストになれる程度は備えている。
 相手が使ってきた場合は《風使いトルネ》《『攻撃』封じ》等で守備表示にして攻めるのが良いだろう。
 また、レベル6である点はメリットも多いが、《狂暴と共謀》に引っかかってしまうため過信は禁物である。

 しかし守備力を突かれて戦闘破壊を喰らったとしても、《ロイヤルデモンズ・パンク》サルベージが可能であり使い回しも視野に入れる事ができる。
 《世紀末獣機界ビーストギア・ワールド》を併用すれば攻撃力2800となり、さらにあちらの弱体化により《青眼の白龍》すら戦闘破壊が可能。
 レジェンドカードの名に恥じぬ、他のレジェンドカードと立派に枠を争うポテンシャルを秘めていると言える1枚だろう。

 また、同じレベル6の悪魔族である《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》はライバルと言える。
 あちらはレジェンドカードではないため3枚積め、単体で最大攻撃力3400までを戦闘破壊可能で、更にコストにより若干ながら墓地を肥やす事ができる点で勝っている。
 しかしこちらにも素のステータスで勝り攻撃を受ける際は有利な点、あちらは効果を使いたい場合アドバンス召喚にひと手間必要だがこちらにはそういった手間がない点、通常モンスター並びに専用のサポートに対応する点など独自の利点がある。
 瞬間的な突破力では劣るものの、扱いやすさ・汎用性ではこちらに軍配が上がると考えて良いだろう。

 同じレジェンドカードレベル6・闇属性《人造人間-サイコ・ショッカー》も競合先となる。
 攻撃力はこちらより100低いが守備力は300高く、更にあちらは永続効果により罠カードによる除去弱体化を受けにくい利点がある。
 悪魔族サポートや通常モンスターサポートを受けられるのはこちらの利点なので、その辺りも見極めて適した方を選びたい。

  • モデルは別TCGである「Magic: the Gathering」のクリーチャー、「奈落の王/Lord of the Pit」であると思われる。
  • 召喚時の口上は、「地獄の漆黒を喰らい、混沌を産み落とす者よ。ソロモンすら一目置く頂上の恐怖で、今こそすべての光を滅びの色に染めんがため…出でよ!《デーモンの召喚》を召喚!」。
    《真紅眼の黒竜》と同様に、過去作品でも登場しているカードであるが、専用の召喚口上が付くのはこれが初めてである。
  • 原作「遊☆戯☆王」及びアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」でこのカード召喚する際、「《デーモンの召喚》を召喚」という言い回しは避けられていたが、オーティスが使用した際は上記の通り「《デーモンの召喚》を召喚!」と発言している。
  • デュエル以外では、アニメSEVENSの25話において、デュエル博物館に展示された模型の1つとして登場している。
    また、39話の移動デュエル装置R零号の開発場面で、壁に投影されていたカードの1枚としても登場している。

関連カード

サポートカード

―《デーモンの召喚》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-14 (水) 09:57:25 (26d)