《バスター・ブレイダー》

効果モンスター(LEGEND)
星7/地属性/戦士族/攻2600/守2300
【条件】なし
【永続効果】このカードの攻撃力は、[相手フィールドの表側表示モンスター(ドラゴン族)の数と
相手の墓地のモンスター(ドラゴン族)の数の合計]×500アップする。

 デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!で登場した地属性戦士族最上級効果モンスターレジェンドカード
 相手フィールド墓地ドラゴン族の数×500自己強化する永続効果を持つ。

 相手フィールド墓地ドラゴン族の数が多いほど攻撃力を飛躍的に強化できる。
 高い攻撃性能を持つ《連撃竜ドラギアス》、最も元々の攻撃力が高い《青眼の白龍》は、デッキを問わず広く採用されており、それらを一方的に戦闘破壊可能なのは他のレジェンドカードに無い利点。
 上記2枚だけでなく、アドバンス召喚の補助として優れる《ドラゴンズ・アップセッター》《ドラゴンズ・セットアッパー》を採用しているデッキも多いため、自身の効果強化できる機会は多いだろう。

 弱点は相手ドラゴン族を使用していなければ強化はできず、効果を活きるかどうかはどうしても相手依存になってしまう点。
 《TCB》を使用すればある程度は効果を活かせるが、コンボ前提になってしまいデッキ構築の幅が狭まってしまう。
 《青眼の白龍》と違い、比較的豊富な通常モンスターサポートを受けられないのもネック。
 また、守備力強化されないため、《『攻撃』封じ》などで守備表示にされると【ドラゴン族】などにも戦闘破壊される可能性はある。

 それでも、最上級モンスターの基準値である2500を超える元々の攻撃力を持っているのは魅力的。
 レベル7であるため《トライアングル・リボーン》蘇生することもでき、再利用手段も少なくない。
 【戦士族】あるいは【鳥獣族】ならば、《鳥呪戦術》墓地からの再利用が狙える。

  • 原作「遊☆戯☆王」及び遊戯王OCGにも登場していたカードの1枚である。
    主人公・武藤遊戯の使用カードであり、原作でも「《青眼の白龍》を上回れるモンスター」として投入されていたと思われる1枚であった。
    なお、原作では強化のカウント対象に相手墓地は含まれなかった(アニメでは途中からOCG同様に含まれるようになった)。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-03 (木) 10:43:17 (21d)