《ビッグバン・エッガー》

通常モンスター
星1/闇属性/炎族/攻 600/守   0
卵が先か宇宙が先か。
芸術的な発想の持ち主。

 マキシマム超絶強化パックで登場する闇属性炎族下級通常モンスター

 炎族通常モンスターであるため、《火麺忍者バーリカータ》などと同じく、《火麺上忍ゴックブート》条件効果のいずれにも対応する。
 だが攻撃力が低く守備力に至っては0であるため、アタッカーブロッカーには適さない。
 基本的にはリリース要員として速やかに墓地へ送ることになるだろう。

 レベル1であるため、《サターン・キング・ビートル》《1アップ》効果に対応するのは、他の炎族通常モンスターには無い利点である。
 また、レベルバニラとしては最大の攻撃力を持ち、同条件カードの中では優先して採用できる。
 単体でアタッカーとするのはさすがに厳しいが、一応《千攻ロケット》《ダーク・ソーサラー》らの1500ラインを越えられる事は覚えておこう。

  • カード名の由来は「ビッグバン」+「エッグ(卵)」だろう。
    イラストでは、エッグスタンドの様な胴体と爆炎の様な手足をしたモンスターが描かれている。
  • 「ビッグバン(Big Bang)」とはビッグバン理論(ビッグバン仮説)、つまり「この宇宙には始まりがあって、爆発のように膨張して現在のようになった」とする説における爆発である。
  • 卵のモチーフは、ラーメンのトッピングのひとつ「旨辛煮卵」だろう。
  • フレイバー・テキスト前半は、有名な問い「卵が先か鶏が先か」がモチーフだと思われる。
    後半は、日本の芸術家である岡本太郎の有名な発言「芸術は爆発だ」が由来だろう。

収録パック等



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-08 (日) 09:21:55 (19d)