世紀末獣機界(せいきまつじゅうきかい)ビーストギア・ワールド》

フィールド魔法
【条件】なし
【効果】このカードがフィールドゾーンに表側表示である限り、
お互いのフィールドの表側表示モンスター(獣戦士族・悪魔族・機械族)の攻撃力は300アップし、
お互いのフィールドの表側表示モンスター(ドラゴン族・魔法使い族・天使族)の攻撃力は300ダウンする。

 デッキ改造パック 驚愕のライトニングアタック!!で登場したフィールド魔法
 獣戦士族悪魔族機械族攻撃力を300上げ、ドラゴン族魔法使い族天使族攻撃力を300下げる効果を持つ。

 強化値のみでも《山》強化値を超える300であり、相手弱体化もできれば、このカードだけで実質600の攻撃力強化になる。
 弱体化相手依存とは言え、現在主流であるドラゴン族魔法使い族両方を弱体化できるため、弱体化が機能することも多いだろう。
 このカード《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》が揃えば、相手ターンでも《青眼の白龍》にすら戦闘破壊されなくなる。
 《獣機界王カタパルト・デビルコング》攻撃力2500となり、相手守備表示を強要させる機会が増え破壊効果も活かし易くなるだろう。
 上級モンスターである《ソニック・イェーガー》は上記2体より出し易く、回復こそさせてしまうが2600ラインまでをケアできる。

 ただし、現在どの対応種族も単体でデッキを組むにはカードが足りず、サポートカードも少ない。
 またカードパワーが低いカードも多く、3種族混成でもデッキを組むのに苦労するだろう。
 上述の通り、現在ドラゴン族魔法使い族の使用率は非常に高いため、強化種族に偏重せずとも弱体化種族をあまり採用しないデッキなら相手全体弱体化カードとして採用してみるのもよい。

  • 界」というカード名ながら悪魔族もサポートしている理由は、このカードのモチーフになっている漫画『北斗の拳』の有名な台詞「今は悪魔が微笑む時代なんだ!!」からだろうか。
    弱体化する種族には統一感がなく、下記のアニメにおいて遊我・ルークが使用する種族であるという都合によるものと、悪魔族の対として天使族が選ばれたのだろう。

収録パック等



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-04 (火) 13:29:53 (7d)