仙人(せんにん)神髄(しんずい)

罠カード
【条件】自分の表側表示モンスター(攻撃力0)が
攻撃を受ける相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターを表側守備表示にする。
この効果でモンスターを表側守備表示にした場合、
自分の墓地の通常モンスター(攻撃力0)1体を選び、
自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

 キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン-で登場した罠カード
 自分攻撃力0のモンスター攻撃された場合に、攻撃モンスター守備表示にし、その後墓地攻撃力0の通常モンスター蘇生できる効果を持つ。

 攻撃モンスター守備表示にすることで攻撃を防ぎつつ、墓地からモンスター蘇生できる。
 蘇生できるのは攻撃力0の通常モンスターに限られるが、攻撃されるモンスター攻撃力0とほぼ同じ条件なので、攻撃力0の通常モンスターを複数入れておけば難しくはないだろう。
 攻撃力0の通常モンスターリリースして《ゆるしま仙女》アドバンス召喚すれば、条件となるモンスター蘇生先を用意できる。
 また蘇生は任意であり、墓地に該当するモンスターが存在しない場合にも、相手モンスター守備表示にするところまでは適用できる。

 攻撃力モンスター表側攻撃表示通常召喚していた場合、2体以上のモンスター攻撃はこのカードではしのげず、攻撃され大きな戦闘ダメージを受ける可能性が高い。
 《ゆるしま仙女》など自身の効果守備表示になるモンスターで条件を満たすようにしたい。

 《右手に盾を左手に剣を》の後のフォローとして併用するのも良い。
 攻撃力2000とした《ユル縞仙人》攻撃すれば条件を満たせる。
 しかし、上記の様に相手に2体以上のモンスターを展開されて戦闘ダメージを受ける可能性は残る。

  • フレイバー・テキストではどうにも邪でだらしのない、煩悩だらけの仙人らしからぬ人物として言及されていた《ユル縞仙人》だが、こちらのイラストでは仁王像を思わせる筋骨隆々な大男の姿に変化を遂げている。
    神通力によるものなのか、それともこちらが本来の姿なのだろうか?

関連カード

イラスト関連

収録パック等



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-11 (月) 04:18:54 (8d)