天帝龍樹(てんていりゅうじゅ)ユグドラゴ》

マキシマム・効果モンスター
星10/光属性/サイバース族/攻2000/守   0
【マキシマムモード:攻4000】
「天帝龍樹ユグドラゴ[L]」「天帝龍樹ユグドラゴ[R]」と揃えてマキシマム召喚できる。
【条件】マキシマムモード
【永続効果】このカードは相手の罠カードの効果では破壊されない。

 マキシマム超絶強化パックで登場した光属性サイバース族最上級マキシマムモンスター
 マキシマム召喚ができ、マキシマムモードになることで相手罠カードへの永続効果耐性を持つ。

 マキシマムモードの場合、さらに《天帝龍樹ユグドラゴ[L]》《天帝龍樹ユグドラゴ[R]》が持つ以下の効果も得る。

【条件】マキシマムモード:デッキの上からカード3枚を墓地に送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選んで破壊する。
【条件】マキシマムモード:デッキの上からカード3枚を墓地に送って発動できる。
【効果】相手フィールドの守備表示モンスター1体を選んで表側攻撃表示にする。

 自身の効果罠カード効果破壊されない永続効果
 《ダーク・リベレイション》等に邪魔されないため、安定して攻撃を行うことができる。
 なお破壊されないだけであり罠カード効果は受けるため、《火の粉のカーテン》などで弱体化することはできる。

 《天帝龍樹ユグドラゴ[L]》効果デッキの上から3枚墓地へ送りレベル8以下の相手モンスター破壊する効果
 高攻撃力モンスター破壊することで高い戦闘ダメージを狙うことが可能だが、レベル8以下であるため同じマキシマムモンスター破壊は狙えない。

 《天帝龍樹ユグドラゴ[R]》効果デッキの上から3枚墓地へ送り守備表示モンスター攻撃表示にする効果
 この効果により《天帝龍樹ユグドラゴ[L]》破壊できない裏側守備表示モンスターマキシマムモンスター攻撃を耐えることも許さない。

 総じて攻撃的な3つの効果と4000という高い攻撃力により、マキシマム召喚に成功してしまえば毎ターン安定してライフポイントを削ることができる。
 攻撃力が高く戦闘破壊は困難であり、レベル10であるためモンスター効果魔法カード破壊する場合でも手段が限られてしまう。
 加えて守備表示にすることもできないため、現状このカードを突破する方法は非常に限られる。
 対処できるカードにしても汎用性に欠けていたり、特定のデッキでないと採用できないものも多く、デッキによっては対処手段が用意されていない場合もあるだろう。

 マキシマム召喚の難易度の高さに見合った強さは持つため、《アトロン》などの効果を使い、このモンスターマキシマム召喚に特化する価値はあるだろう。

  • 名前の由来は「ユグドラシル」+「ドラゴ(ン)」だろう。
    「ユグドラシル」は北欧神話に登場する巨木で、「世界樹」とも訳される。
    また「天帝」は、古代中国の思想において、天地・万物を支配する神を意味する。
  • マキシマム召喚の口上は「天、地、光、闇、創造、絶望、永遠、終焉、運命…… 其れは世界を貫き羽ばたく、新たなる神話……三つ首の眼で、今こそ万物に理を与えんが為……MAXIMUM!!出でよ!《天帝龍樹ユグドラゴ》!!」。
    再登場時には「MAXIMUM!!」の箇所が「マキシマム召喚!」に変化していた。
    また、攻撃時にも「新たなる創世の日の出を迎えるため、宇宙を揺るがす鉄槌で全てを焼き払え!」と口上めいた台詞が見られた。
  • 初登場となった「vs遊我」(1戦目)では全体像が薄いシルエットで覆われおり、対戦相手やギャラリーには具体的なモンスター情報は明かされなかった。
    また、その回の本編終了後のモンスター紹介ではこのカードが選出されているが、ここでも通常の紹介とは異なり具体的な能力には触れられなかった。
    再登場の「vs遊我」(2戦目)で初めてシルエットが無い全体像が明らかとなり、同時にその攻撃力モンスター効果などが説明された。
    また、その回の本編終了後のモンスター紹介で改めてこのカードが紹介され、今度は通常回と同じ形式での紹介となった。
  • モンスター紹介で複数回紹介された初のカードである。
  • 非常に巨大なモンスターであり、ゴーハ本社内部で開始された「vs遊我」(2戦目)では召喚と同時に社屋を突き破り周辺に若干の被害が出た。
    その巨大さは遠目からでも確認でき、胴体はゴーハ本社に巻き付く程である。

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-09 (土) 08:03:30 (15d)