幻竜重騎(げんりゅうじゅうき)ウォームEx(エクス)カベーター》

マキシマム・効果モンスター
星10/地属性/幻竜族/攻2500/守   0
【マキシマムモード:攻3500】
「幻竜重騎ウォームExカベーター[L]」「幻竜重騎ウォームExカベーター[R]」と揃えてマキシマム召喚できる。
【条件】マキシマムモード
【永続効果】このカードは相手の罠カードの効果では破壊されない。

 デッキ改造パック 宿命のパワーデストラクション!!で登場した地属性幻竜族最上級マキシマムモンスター
 マキシマム召喚ができ、マキシマムモードになることで相手罠カード破壊されなくなる永続効果を持つ。

 マキシマムモードの場合、さらに《幻竜重騎ウォームExカベーター[L]》《幻竜重騎ウォームExカベーター[R]》が持つ以下の効果も得る。

【条件】マキシマムモード
【永続効果】このカードの攻撃力は[自分の手札の数]×300アップする。
【条件】マキシマムモード:自分の墓地のカード1枚をデッキの下に戻して発動できる。
【効果】自分または相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊し、自分は1枚ドローする。
この効果でフィールド魔法カードを破壊した場合、さらに自分は1枚ドローできる。

 自身の効果罠カード効果破壊されない永続効果
 他のマキシマムモンスターと同様の効果であり、効果による除去を受けにくくなる。

 《幻竜重騎ウォームExカベーター[L]》効果手札の枚数に比例した自己強化永続効果
 マキシマム召喚後は手札を使い切るのも難しく、《幻竜重騎ウォームExカベーター[R]》効果で継続的にドローを狙えるため貯めることも難しくない。
 倍率も高く手札2枚で攻撃力は4000を超え、5枚で5000に到達できるため高い攻撃力を得やすい。
 永続効果であるため、相手ターンにも攻撃力が下がらない。
 ただ、マキシマム召喚したターンでは手札が減っている可能性が高く、次の相手ターン戦闘破壊される可能性が残る。

 《幻竜重騎ウォームExカベーター[R]》効果魔法・罠カード破壊ドローする効果
 墓地コストのみで除去を行うことができ、ドローにより《幻竜重騎ウォームExカベーター[L]》効果での強化値を増やすこともできる。
 フィールド魔法破壊すると更に追加でドローでき、合わせて2枚ものドローが可能。
 相手フィールド魔法を使用するかどうかは不確定であり、相手カード破壊することだけ考えると2枚ドローできればラッキー程度に捉えれば良いだろう。
 ただ、2枚ドローできれば攻撃力が600上がるため、場合によっては自分フィールド魔法破壊することも視野に入る。

 非常に強力なモンスターだが、《超魔機神マグナム・オーバーロード》同様単体では裏側守備表示を並べられるだけで凌がれてしまう。
 《10sionMAX!!!》などによる対策は必須だろう。

 また他のマキシマムモンスターと異なる点として、このカード単体でも2500と最上級モンスターとして十分な攻撃力を備えている点が挙げられる。
 当然この場合効果を持たないただの最上級モンスターだが、レベル10であるため効果の対象外になることも多くレベルの高さが耐性として機能する。
 《幻竜重騎ウォームExカベーター[L]》《幻竜重騎ウォームExカベーター[R]》下級モンスターであり事故要素にはならないため、【幻竜族】で3種類とも採用するがマキシマム召喚に拘らず、手札に揃えばマキシマム召喚を行うという使い方もできる。

  • モチーフは鉱石の採掘などに使用される大型建設機械「バケットホイールエクスカベーター」だろう。
    中には全長が100mを超えるとてつもない大きさのものもあり、それでいて移動機能も有することから、「人類史上最大の自走機械」とも評される。
    • カード名にある「ウォーム/Worm」にはいくつか意味があるが、ここではヨーロッパの神話などに伝わる翼の無い蛇のようなドラゴンのことを指しているのだろう。
      古くは「Wyrm」とも表記され、これはTCG(海外での遊戯王OCG)において幻竜族の訳語として用いられている。
  • マキシマム召喚時の口上は「目覚めよ!重騎乗りの魂とともに!鳴け!響け!黒鉄の竜よ!マキシマム召喚!山を削り、大地を穿ち、世界中に重騎の道を敷き詰めよ!出でよ!《幻竜重騎ウォームExカベーター》!!」
  • 後に入手経路が明かされており、地中に埋まっていた試作型デュエルディスクに内蔵されていたIDカードを元に作り出されたことが判明した。
    なお、ネイル・遊我の双方が自らIDカードを上書きする形でマキシマムモンスターを生み出したのに対し、このモンスターは「《幻竜重騎ウォームExカベーター》」として発掘されている。
    作中では以下の経緯によって偶発的に誕生したカードだと推察されている。
    1. 遊我がラッシュデュエルのルールをインストールした際にゴーハのシステムにかかった負荷によってゴーハ市の地盤に含まれるゴーハニウムが反応
    2. その衝撃が地中に埋まっていた試作型デュエルディスクに伝わり試作型デュエルディスクにもラッシュデュエルのルールがインストール
    3. ネイルがマキシマム召喚のルールをインストールした際に試作型デュエルディスクにもマキシマム召喚のルールのアップデートが行われ、内部のIDカードを上書きして誕生

関連カード

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-17 (水) 21:03:15 (33d)