灰覇炎神(ハイパーエンジン)ヴァスト・ヴァルカン》

マキシマム・効果モンスター
星10/炎属性/戦士族/攻1500/守   0
【マキシマムモード:攻3300】
「灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]」「灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]」と揃えてマキシマム召喚できる。
【条件】マキシマムモード
【永続効果】このカードは相手の罠カードの効果では破壊されない。

 デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!で登場した炎属性戦士族最上級マキシマムモンスター
 マキシマム召喚ができ、マキシマムモードになることで相手罠カード破壊されなくなる永続効果を持つ。

 マキシマムモードの場合、さらに《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]》《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]》が持つ以下の効果も得る。

【条件】マキシマムモード:デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで800ダウンする。
その後、相手フィールドのフィールド魔法カードを破壊できる。
この効果でフィールド魔法カードを破壊した場合、さらに相手に800ダメージを与える。
【条件】マキシマムモード:デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分または相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで、[選んだモンスターのレベル]×100ダウンする。
その後、[選んだモンスターのレベル]×100ダメージを相手に与える。

 自身の効果は他のマキシマムモンスター同様の罠カードに対する破壊耐性効果

 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]》効果相手モンスター弱体化と、フィールド魔法除去&800ポイントのバーン
 弱体化量は800とそれなりに大きく、マキシマムモンスター戦闘破壊戦闘ダメージの増加に貢献する。
 更に、相手フィールド魔法を使っていればそれを除去し、追加でバーンも行える。
 なお《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]》効果とは異なり相手モンスターしか弱体化できないため、相手フィールド表側表示モンスターが存在しない場合に、フィールド魔法破壊するために自身を弱体化することは不可能である。

 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]》効果フィールドモンスターレベルに比例した弱体化バーン
 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]》効果と併せて適用できれば、マキシマムモンスターを含めほとんどのモンスターを突破できるだろう。
 またこちらは自分フィールドモンスター弱体化でき、自身を弱体化すれば1000ポイントのバーンになる。
 マキシマム召喚後は相手守備表示モンスターを並べて防御に回ることが多いが、その状況でも毎ターン1000ポイントずつダメージを与え続けられるのはこのカードの強みである。

 2つの弱体化効果によりほとんどの攻撃表示モンスターを撃破でき、バーンも合わせて大きなダメージが見込める。
 レベル10のマキシマムモンスター相手であれば合計1800ポイントも弱体化できるので、攻撃力5100以下のマキシマムモンスター戦闘破壊可能。
 戦闘ダメージバーンの合計値は、レベル4・攻撃力1500のモンスター相手なら3400、レベル7・攻撃力2500の《連撃竜ドラギアス》相手なら3000となり、概ね3000前後のダメージを与えられる。
 対攻撃表示モンスターでこそ威力を発揮するので、《10sionMAX!!!》よりも《天帝の威眼》《ワンサイド・リバース》を採用したい。
 守りに回られるとライフポイントを減らせないという【マキシマム召喚】共通の悩みも、自身を対象にし続けることで安定して1000ダメージを与え続ける事が可能であり、ある程度解決している。

 ただし、MAXIMUM ATKの値がマキシマムモンスターの中で最低であり、相手ターン戦闘破壊されやすいという大きな弱点がある。
 攻撃力3300は《青眼の白龍》《執念の竜》などで比較的容易に超えられてしまう数値であり、特に《セブンスロード・マジシャン》に4属性分の強化で戦闘破壊されてしまうのはあまりに脆い。
 《楽姫の独演》など戦闘から守るカードもあると運用が安定するだろう。
 リスクはあるが、戦士族である点を生かして《火中の栗》を併用し一撃で勝負を決めに行くのも手である。

  • マキシマム召喚上の口上は「行く手を阻む火山も!氷河も!隕石も!セツリとロックとプライドで!ロードを切り開いて燃え上がれ!!マキシマム召喚!!出てこい!《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》!!」
    攻撃時の口上は「限界越えて全てを燃やし、光を越えて 時代を貫け!」
    • 下記の経緯もあってネイル・ロア・アサナも遊我と共に口上に参加している(なお、アサナは初登場時のデュエルが行われた場所にはいなかった)。
      「セツリ」はネイル、「ロック」はロア、「プライド」はアサナが担当し、後半部は4人全員で述べている。

関連カード

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-28 (水) 23:32:55 (20d)