獣機界王(じゅうきかいおう)カタパルト・デビルコング》

効果モンスター
星7/闇属性/獣戦士族/攻2200/守1700
【条件】自分フィールドのこのカード以外の
表側表示モンスター(獣戦士族)を2体まで墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの守備表示モンスターを、
[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターの数]だけ選んで破壊する。

 デッキ改造パック 驚愕のライトニングアタック!!で登場した闇属性獣戦士族最上級効果モンスター
 自身以外の獣戦士族モンスター墓地へ送り、その数だけ相手守備表示モンスター破壊する効果を持つ。

 同レベル獣戦士族には元々の攻撃力で上回る上に自己強化が可能な《サベージ・クロー・タイガー》も存在し、このカードのそのものの攻撃力も高いとは言えないが、こちらは守備表示でさえあればどんなステータスモンスターでも効果破壊できる。
 《世紀末獣機界ビーストギア・ワールド》で自身の強化相手弱体化ができれば、ある程度相手守備表示を強要できるだろう。
 このカードを倒すべく後から召喚攻撃してきたモンスターに対しては、《シエスタホールド》《獣機界奥義 獣之拳》で妨害する事で、更に追い打ちをかける事もできる。

 破壊効果は1:1交換でありコストがかかるので、出来るだけ《獣機界ジャイロ・ジャッカル》などの下級モンスター上級モンスター破壊したい。
 下級獣戦士族の数が多過ぎると手札事故を招く可能性も高まるが、数を減らすとリリースコストに欲しい場合に足りなくなる恐れもある。
 自身が効果リリースに使えない事もあり、やはり下級通常モンスター達もある程度の数は採用せざるを得ないだろう。

 コンボ可能なカードとして《風使いトルネ》《闇の訪れ》のような守備表示に変更できるカードが存在するが、こちらが最上級モンスターである事もあって併用するとコストが非常に重い。
 《『攻撃』封じ》ならばコストも必要なく的を作れるため、こちらは是非併用したい。
 単体でも一応《風使いトルネ》に処理されない程度のステータスは備えてはおり、《世紀末獣機界ビーストギア・ワールド》下なら攻撃力は2500と最上級モンスターとしても並みのレベルには達する。

 破壊効果は毎ターン使えるので、罠カードで補助して次のターンでの効果発動を狙っても良いだろう。
 対応するサポートカード魔法使い族《ビースト・サモナー》がおり、あちらを墓地に置いておけば《火の粉のカーテン》が使えるようになるため併用するのも面白い。
 《世紀末獣機界ビーストギア・ワールド》下なら《青眼の白龍》攻撃も返り討ちにする事ができるようになり、場持ちにも期待できるだろう。
 《獣機界トライク・フォックス》ならばノーコスト特殊召喚でき、その後コストにする事もできる。
 条件が厳しいため、どちらを用いるかは一長一短である。

  • 召喚時の口上は「終末世界、一切破壊!いでよ、暴虐と悪逆の支配者、《獣機界王カタパルト・デビルコング》!」

関連カード

―《獣機界王カタパルト・デビルコング》の姿が見られるカード

収録パック等

外部リンク



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-10 (木) 08:13:30 (13d)