()とし(あな)

罠カード(LEGEND)
【条件】相手がモンスター(攻撃力1000以上)を召喚した時に発動できる。
【効果】そのモンスターを破壊する。

 マキシマム超絶強化パックで登場する罠カードレジェンドカード
 相手モンスター召喚時に発動し、そのモンスター破壊する効果を持つ。

 攻撃力1000以上のモンスターであれば、レベル等を問わずコストも必要なくなんでも破壊できる。
 召喚時というタイミングの都合上、《魔将ヤメルーラ》の様な厄介なモンスターにも効果を使わせることなく除去できる。
 ラッシュデュエルでは現状、下級モンスター召喚して上級最上級モンスターアドバンス召喚するのが展開の基本の為、発動機会は多い。
 アドバンス召喚したモンスター破壊できれば1:2~3交換となる。
 しかし、アドバンス召喚してこず、下級モンスターのみで攻めてくる可能性も十分あり得るため、タイミングの見極めが難しい。

 また、特殊召喚に対しては発動できず、既にフィールドに出ているモンスターに対しても無力である。
 多くの切り札級モンスター破壊可能であるが、《邪影ダーク・ルーカー》の様にこれをすり抜けて来る例外も存在し、他にも《青眼の白龍》の様にある程度守備力の高いモンスターはこのカードを警戒しアドバンスセットからのリバースで回避して来る可能性もある。

 既に召喚されてしまったモンスターには効果がないため、攻撃を妨害できるカードと併用するとより使い易くなるだろう。
 居座っている厄介なモンスターバウンス系のカード戻す事で通常のドローを妨害し、再び召喚してきたところをこのカードで迎撃するのも面白い。

 強力な罠カードなのだが、このカード最大の弱点はレジェンドカードである事だろう。
 この手のカードは3枚積む事で効果を最大限に発揮するもので、また貴重なレジェンドカードの枠を消費してモンスター1体を破壊して終わり、というカードに採用価値があるかは疑問ではある。
 現状、罠カード墓地コストにしたりサルベージするカードは無い為、1度きりの使い切りのカードとなるもネック。
 召喚反応系の除去カードには、それぞれ条件が重く破壊できる範囲も異なるが、レジェンドカードでもない《狂暴と共謀》《激唱デモンズロック》も存在するので、使用するデッキに合わせてどのカードを採用するのか吟味したい。
 もちろん、これらから複数種を採用して召喚反応に特化したデッキを作ってみるのもいいだろう。

  • 遊戯王OCGにも登場していたカードの1枚であり、OCGでは以下のテキストだった。
    通常罠
    (1):相手が攻撃力1000以上のモンスターの召喚・反転召喚に成功した時、
    そのモンスター1体を対象として発動できる。
    その攻撃力1000以上のモンスターを破壊する。
    OCG版では「反転召喚」に対応していたが、ラッシュデュエルではそれが削除されたため召喚にしか対応できなくなり、弱体化している。
  • イラストは新規描き下ろしであり、《落とし穴》に落ちているモンスターの容姿が若干変わり、底から上を見上げている構図だったものが落下している最中の様な状態になり、OCG版ではかなり暗かった穴の中にこちらでは外の光が届いている。
  • 使用者のネイルはゴーハ市地下に存在する「セツリの庭」の管理者であり、遊我達一行との「勝負」に際して彼らを度々落とし穴に引きずり込んだり、敗北した手下を落とし穴に落としている。

関連カード

収録パック等



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-09 (月) 11:14:19 (18d)