魔将(ましょう)ヤメルーラ》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2500
【条件】このカードを召喚したターンに、このカードの表示形式を変更して発動できる
(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)。
【効果】次の相手ターン終了時まで、このカードが表側表示の間、
お互いはモンスター(レベル7以上)をアドバンス召喚できない。

 デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!で登場した闇属性戦士族最上級効果モンスター
 召喚したターンに自身の表示形式を変更する事で、次の相手ターンの間最上級モンスターアドバンス召喚を禁止する効果を持つ。

 召喚したターン表示形式を変更することで、次のターン終了時までお互い最上級モンスターアドバンス召喚を封じられる。
 基本的には攻撃表示アドバンス召喚を行い、表側守備表示にすることで効果発動することになる。
 相手レベル7以上のアドバンス召喚を封じ、なおかつこのカードが居座るため、相手は次のターンにこのカード戦闘破壊しにくくなり、逆転しにくくなる。
 罠カードなどの対抗策のない先攻ターン目などでこのモンスターアドバンス召喚してしまえば、相手を非常に厳しい立場に追い込める。

 ただし、特殊召喚によってこのカード戦闘破壊可能なモンスターを出される可能性もある。
 【マキシマム召喚】など、最上級モンスターアドバンス召喚を狙ってこないデッキもある。
 また、除去されたり裏側守備表示にされたりすると最上級モンスターアドバンス召喚され、突破されてしまう。

 なお、効果を使用すると召喚ターン攻撃できないということになる。
 このカードアドバンス召喚のために自分カードを消費しているため、他にアタッカーを出すことも簡単ではない。
 《オジギプス》《闘将ナンデス》など、表示形式を変更する効果を併用し、このカード攻撃可能にするといい。

 相手フィールドに既に大型モンスターが存在する場合、制圧効果も活かしにくい。
 1ターン待っている間に罠カード等を補充され対処される可能性もあるため、効果に期待するならある程度場持ちを補助するカードも投入したいところである。

 発動条件に種族等の縛りはなく、攻守ともに優れる最上級モンスターとしてグッドスタッフ的に採用することも可能。

  • カード名の由来は、下記のアニメでの扱いからすると「やめる」+「ルーラー(ruler:支配者)」だろう。
    更にガクトの口上を考慮すると、「やめましょう」というダジャレも含まれていると考えられる。
  • デュエル外では朝の占いとして引かれている(このカードは「大吉」とのこと)。
  • 作中においては「ヤメルーラ」を「辞める」とのダジャレで言うことも多い。

関連カード

サポートカード

―《魔将ヤメルーラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手が《魔将ヤメルーラ》の効果を使った次の自分ターンに、自分レベル7以上のモンスターセットすることはできますか?
A:自分レベル7以上のモンスターセットすることはできません。(20/04/14)

Q:《魔将ヤメルーラ》の効果が適用されている時に、《ジャスティス・ドラゴン》効果発動する事はできますか?
A:《ジャスティス・ドラゴン》効果発動する事はできません。(21/01/28)

外部リンク



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-21 (火) 19:40:13 (3h)